幻視 +脳内送信           [記事番号 401]

幻視と脳内送信を組み合わせると 「人」が出来上がる と思われる
 
PCを拝借した
半透明の衝立で仕切られた個室のような場所 ここでの嫌がらせは
・歩き回る足音・見ないときは人物がいないと感じるときもある
・大きな音が出るもの(台車等)を運ぶ音と人物
・点灯している照明などから出る電磁波照射(視点をずらすと実際の照明と別の強い光が見える)
・強い光が何もない通路で光る
・音は 実際の音+脳内送信=大きな音

横で立ち止まり 会話をする 二人とも実際の人物より全体に太く身長が高い 頭が膨らんでいる
聞こえている声は脳内送信の大音量
幻視+脳内送信=二人の人が話しているように見せかけている(と思われる)  そこにいて当然の人たちだ

PC利用中の両隣で大声が聞こえる
片側は 知的障がい児が片言を大声で読み上げている 内容は催眠療法のような言葉
もう一人は 何語かわからない早口言葉を喋り続けている (以前ブレインジャックされた夫や息子がPCに接続したイヤホンから漏れ聞こえた機械音と似ている 嫌がらせ以外にも何らかの目的があるだろう 某FM放送に雑音が入っているのも同様の音)
ハーフの低学年男児 (Nu‐Ka孫の小さな男似) 
大声で聞こえているので脳内送信である 耳を塞ぐと 同じ音量で聞こえている 自身が聞いている音楽も同様に聞こえている

某所で大声と大きな足音が聞こえる
おじいさんと孫2歳
孫は雪道を歩くように膝を高く上げて床を踏みしめて歩き(2歳未満の幼児にはできない行動) 同時に大変大きな足音が響き渡っている
はしゃぐ声も大きい
歩くなら外でやってもらいたいと思うが おじいさんは私を意識している
幻視?大声と大きな足音は 脳内送信である
幼児を操るのは Nu‐Ka妻の姪の孫の担当である

静かな場所で 大声で話す声が聞こえるときは 脳内送信である
実際の人がいる場所から聞こえてくるように細工できるようだ
人物が二人いるところに 幻視を一人増やしていた時があった (二人が一人を無視して歓談)
車内街宣の文言を頭の中でつぶやき続けると消える
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR