虫・鳥・猫を操ることが好きな加害者   [記事番号 379] 

テクノロジー犯罪の機械は虫・鳥・猫を操ることができる

最近多いのは 虫を私の周辺で飛ばすこと
但し 本物の虫だけでなく 恐らく幻視であろうと思われるものを使用することが多くなった
動き方が本物と違っている
幼児が新しく覚えたことを何度も繰り返すが如く 技術を覚えて乱用しているのだろうか
大変大きなゴキブリが突然現れて 「動かないな」 と思うと徐にゆっくり動く
無視すると 翌日死体となって転がっていた 但し一回り小さくなった 色が違う 干からびている
姉をブレインジャックする加害者の目につく場所へ置いた 翌日更に小さく干からびた 色が濃い 変

庭に出る 外出すると見かけない鳥が飛びまわる 被害者を監視することができるのだろうか?
鳴き声が大きく聞こえる 鳴き声のみ聞こえることもある 日没後暗闇迫るときに鳴き声が聞こえる 電柱と電磁波照射する家の二階外壁辺りから音が移動する 電磁波照射と思われる
自宅に居住していた20年間 毎年2月から数か月間 1羽の鶯の鳴き声が聞こえていた
生まれたての鶯が鳴く練習を始めて 鶯らしい鳴き方に成長する様子だった
この加害者は鶯の鳴き声が好きなようで 木の無い場所でも鶯の鳴き声がすることがあった

庭で除草していると猫が現れる Nu‐Kaが猫をブレインジャックして私のすることを監視しているような態度に見える 立ち止まり私の顔を必ず見る
大きな態度でのっそりと歩き去る
夜中電磁波が強くて目が覚めた どこから電磁波が出ているか外に出た
行き交う車・バイク・自転車・人はいない しばらくすると猫が現れた とてもいいタイミング  
本日は大きな蜘蛛だった 
今までいた場所に目を向けさせる
通常とは全てが異なる
無視した 
姉がやってきたが 蜘蛛に対する動きはなさそうだ
幻視?
:6/18追記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR