入院中に日焼けした母      [記事番号 365]

同じ病棟内で 数回病室が変わった
新しい病室は 南向きで日当たりが良い

母は入院中に日焼けした 大きなシミが顔の周囲を覆っている
入院以前にデイケアに通っていた時のほうが日焼けしなかった

母は数年前からブレインジャックされている ブレインジャックする加害者によって顔や姿かたちが変わる
Nu‐Kaがブレインジャックした時は色黒で大きなシミが顔の半分を覆う 頬骨周辺がアンパンマンのように出っ張る 顔が大きくなる
Nu‐Ka妻とその姪がブレインジャックすると  顔・目・口・口唇が大きく下唇が突き出る
ピンヒールがブレインジャックすると 頬の肉が斜めに盛り上がり目が小さく細くなる 流動食を食べることができない クシャおじさん顔になっている
ブレインジャックされていることは疑う余地がないのに 私が病室に行くとわからない言葉を話す芝居をする
大声で唸っているときは阻止した 以来その病棟で唸り声は聞こえなくなった
正月 孫ひ孫が来た時には ブレインジャックされている姉も一緒に楽しく歓談していた 勝手なものだ
人を殺す目に合わせている加害者に付き合う度量は 私にはない
「鏡を見たほうが良い 怪物みたいだ」 「入院中にどうして日焼けするの? シミが大変多くできている」 「どうして濁声になったの?」 「今日は顔が大きいね」

日当たりのよい病室にいるから日焼けしたと 筋の通らないことを宣う為に病室を変わったのではないだろうか?
繊細な看護をしてくれる大変良い病院だったのだが どういう絡繰りになっているのか分からない
病院全体が乗っ取られたのだろうか?
人体実験の為に
どこが得をしているのだろうか?
追記6/15:
副院長が詰め所にいた
いつもより背が高い 詰め所を出たり入ったり ウロウロして業務をしていない ブレインジャックしているのは大きな女と推定
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR