FC2ブログ

今年の漢字                  No.672

本年もご訪問いただきありがとうございました。

今年の漢字は 『衛 (まもる)』 です。
(元に戻るまで 頑張るのは変わりません。)
今年は 地震・台風の自然災害も大変多い一年でした。
災害がある度に、この犯罪とのかかわりについて疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
加害組織は、一方的にテクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカーで被害者を攻撃する行為をし、 証拠を残さない為に逃げます。
写メも撮られているように感じています。
防ぐ手段すらないのですが、まもらねばならないと思っております。
自分自身を。
大事な人達を。 本人に戻るまで。
被害者全員が救済されて基本的人権を取り戻すまで。
加害組織が一網打尽に捕まり、この犯罪が周知の事実となり、撲滅・終息するまで。
少しでも早期解決することを祈念しております。

週が始まるとき、月が変わるとき、新しい一年が始まるときのむなしさはありません。
また何も変わらずに 新しい週、月、一年が始まるのかと思うと空しく悲しくなります。
被害者には基本的人権がありません。
一方的に殺傷行為を受けております。
何のかかわりもない加害者からです。

周知いただかなければ、思考操作されていることすら知ることがなく、
身体攻撃されていることすら知らずに、例えばがんにり患して死を迎えることになりかねないと思われます。
大変理不尽な犯罪です。
知らない方々にこの犯罪を知っていただき、
国の法律に則り、加害者が一網打尽にされることを願って
拙い文章でも 綴ってゆかねばならないと思っております。

来年こそ、進展があることを祈っております。
よろしくお願いいたします。

続きを読む

スポンサーサイト



消した記事                  No671

「消さなければならない」 と思わされて消した記事(約100)を 思い出した時に随時記載予定

内容は 集団ストーカーに会い その後電磁波照射が始まった 何が起こっているのかわからない中での被害記事や
PCで検索中 NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークを偶然見つけることができたので 
「集い」に参加して 知り合った方から色々教わったことが多かったと思う

・電車内でも攻撃
 大男がノートパソコンを膝にのせている 携帯ラジオをもって近寄ると 大きな雑音が入った 即男が捜査したため 攻撃は小さくなった
 始発電車故 空席がたくさんある 私の横に座ってきた男が 時刻表を取り出し 北海道の地図を広げ カード大のラジオのようなものを取り出し 私のほうに向けた 「それが 盗聴器ですか」 と脳内で問いかけると 驚いた態度をして 次の駅で急いで降車した
 近くにいる乗客は 私の施行をほのめかす道具を身に着けて 私を意識していた
・火事に気付き119番通報した
・Oo母(80歳代)が 面と向かって 「証拠がない」 と言った
・蜂に刺された 救急外来へ行くと 待合室に祖父母と孫2の四人が 大仰に驚く役割の地域集団ストーカーが待ち構えていた
もう一度行った時も同じ人たち(孫が一人少なくなっていた)が 待合室で私を凝視していた
・電磁波照射が始まったときは 体調が酷く辛かった 
何もわからなかった 警察が何もしてくれないことさえ
警察署の駐車場で一夜を過ごそうと思っていくと 心臓を強く攻撃をされた 
証拠を残すことができるのではないかと病院へ行ったが 異常はなかった
夜中だったが 駐車場に3人の女が喋っていた 乗車した途端 心臓を攻撃をされた 
後ろを見ると 人がいなくなっていたが 車のエンジン音も聞こえなかった 今思えば 幻視だったということがわかる
・賃貸住宅に住み始めた2015年3月下旬にブログを書くしかないと思い始めた
隣の見張り役と夫のブレインジャック役が PCを同時に見ているようだった
マウスを動かすことができなくなった
ノートPCを持って来たり 拝借しても 邪魔されてブログの更新はできなかった


犯罪に便利な幻視             No.670

幻視を利用した加害行為を列挙

・被害者と知る前には見たことのなかった風貌の人物が次々と現れ ストーカー行為をする
・使おうと思っているものを手に取ると 小動物の排泄物が付着している
・室温15度以下の部屋で 蚊が活発に飛んでいる
たたくと落ちたがすぐに 復活し羽をバタバタさせた後 活発に飛び回った 
ある時は 本物のように落下した蚊を紙でつまむと ゴム製品のような硬さと見えていた以上の大きさがあった
・洗濯する衣類に汚れがないか見ていると それまでなかった汚れが見えた (ブレインジャックしている加害者に魅せられた)
・脳内送信で声をかけてくる 見た瞬間幻視と思っても 思考操作 操られ ストーリー展開に付き合わされる 周囲にいる人から見れば 「精神異常」と見えるだろう 実際に精神異常は 加害組織である 

上記は全て幻視である
加害者の好きなマニュアル 『証拠は残らない』
学校等で 「いじめ」に使われたなら リアルな最強の手段であると想像する
そして 思考盗聴を駆使して 幻視の人物を本物の人に見せることができる
都合の悪い時は 記憶の削除ができる

以下の入力中に邪魔が入ったので 現在進行形で見張っている加害者にとって 困惑する文章である可能性があるので 文字色を変えた
幻視の回避方法は 見ないことである
幻視の操りは 被害者の『眼と反応』 であるので 無視することである
見せてきているので見てはいけない

続きを読む

宅配便からの電磁波照射          No.669

クール宅配便の車がエンジンをかけた状態で 数分停車している
頭の中では いつもと違う電磁波が強く鳴り響いている
反対側から同社の一般荷物車が来た 取り出した荷物を先に停車していたドライバーに渡した
ドライバーは意識してこちらを見ない
2台とも去って行った
尋ねたい事があった
数日前に 歩いている私の目の前に車を止め 躊躇している私の横で 前輪の向きを私のほうに向けた
尋ねると 「会社の規則で 停車した時の前輪の処し方 見回っている人がいる」
とのことだった
この場所は アイドリングしている車が絶えず駐車している (駐禁の標識があり 曲がり角から5mない)
上記2台の前輪は真っすぐだった
3台とも 集団ストーカー車に間違いないと思われた

数年前 宅配便の車は集団ストーカー車両だと思っていた
ハザードランプをつけて停車・すれ違う・賃貸住宅居住中 角部屋だったので 毎回家の前にエンジンをかけたまま停車していた(朝9時ごろ荷物はほとんどなかった・荷物を持たずに伝票だけ持ってゆき荷物を取りに戻ったこともあった)
慣れると 極端に少なくなった
最近よく見かけるようになった

成長する家                  No.668

加害者の家は増大する?

・ある加害者の実家は 「母親が隣の独居老人の面倒を見たので その男性亡き後の家土地をもらった」
近所で周知の事実だった
1年間掛かかり 民家が3軒分つながったような構造の豪邸が建った 庭は優に2軒分ある
台風が来ない好天に恵まれた年だった

・近隣の完成した新築住宅は 元は2軒だった
境界は 隣家の古くから住んでいる家の壁になっている
その家の屋根は 新築住宅内にある
近隣でこのような境界がある
(我が家は 同様の対象になっていたようだが 立会人が首を横に振っていた
台風の後で瓦を飛ばして屋根を壊したのは報復?)
古い家である いずれの家も 境界は誰が見ても別の位置になると思われる

・長年電磁波照射と盗聴をしていたと思われるKi電器工事店・向かい・●i●o●o宅も空き家ができて 
1軒分の駐車場になった

「偶々運が良かった」のではないと感じる
加害者だからできたことではないだろうか?
加害組織は 掛かる年数を厭わないと実感している

でっち上げのマニュアル          No.667

下書き保存時の日時設定が
1901 年 12月14日 05時 45分 52秒 になっていた為
NO.667が消えていた
加害者が入力したのは 「1901」だけと推測できるので
早朝の5時45分52秒に私のブログを操作したことになる
法を犯していないのだろうか?

番号順になるよう日時設定する

以下本文
『ストーリーをでっちあげて PCに記録する』 方法は被害者を陥れる嫌がらせの加害マニュアルであると思われる

・某所受付で PC画面の文字を読んでいる
渡してくれる前に 大仰に目の前で確認をとるようになった
何度かあった
通常は不愉快な思いをするであろう行為

・a社
使用中の携帯電話が使用できなくなると 新たな携帯を送付してきたことがあった
初期設定?が面倒だったので 近隣のショップに行って話したところ
担当してくれた男性が どこかに電話をかけて 苦情を言ってくれた
その後 a社に行くたびに 長々とPC画面を読んだ後 態度が改まる不愉快さを味わうことになった
「個人情報保護法」 は 個人の情報を本人に見せない法律 と思う

憶 測                  No.666

被害経験と状況からの 直観と想像を膨らませた記事

・車中泊をしていた4年前のこと
広い駐車場は 3の倍数の時刻が交代時刻のようであった
駐車場に入ってきた車から降車した人が 別の車に乗車して夫々出て行く状況を見かけた
目の前に停車した車の男女の表情は 相反するものだった
30歳代と見える男は 「ではまた」と言ったような感じで降車したが 「次回はない」と 「満足している表情」に見えた
ドライバーの女性は 狐につままれたような 違和感を感じたような顔に見えた
推察は
男は加害者組織で新人発掘役 
女は初めての経験(車で走行する集団ストーカーと推測)
疑問を感じたのではないだろうか?
説明されたことと 実際に感じたことに落差があった?
直観は
男女の組み合わせと 同性二人組の組み合わせがあるようだ
理由はあるのだろうか?

・知らずに加害行為に加担させられていたかもしれないと想像したこと
数年前 息子をブレインジャックする男の目の下が黒かった
その数日前 目の周囲が殴られた後のように青く腫れ 眼は充血していた
加害行為について知らなかった男が やめることができなくて 暴力を振るわれ 薬剤を使用されたりしたのではないかと想像した 
某所の男性の目の下に黒っぽいクマがある
数人見かけた
想像が膨らむ

被害者のすることに反応する加害者   No.665

秋植えの球根を植えた時の 加害者の反応

母の植えた水仙を 増えた分盗まれて 今年は数年前より少なくなっている 通常は1球が 5球くらい増える
球根を盗られて空いている場所に球根を植えた
姉宅の植木鉢にも植えた
隣家S会の人がブレインジャックされた人の家に 同居している女が出てきて 睨みながら階段を下りている
当日の顔は 眼・体ともに細く 30歳代に見えた
翌日 残った球根を植える場所を見ていると 隣の2階の玄関で音が何度かするので見上げると 睨んでいた
眼が大きく 体格が大きく 50歳代くらいだった
義兄宅で 掃除をしていた女 隣の植木屋さんの妻と名乗った女に酷似

通常は 挨拶するものだが
加害者は 人の家を自分の家と勘違いしているように 球根を植える行為は 我慢ならない様だ
完全に せいしんてきにいじょうをきたしている
「あたしの新聞だ 見るな!」 ピンヒールが姉をブレインジャックしているときに 持ち去ったことがあったが
加害者のクライアントは 操られている可能性を否めないかもしれない

「日本を滅ぼすにはせんそうをしなくてよい 内面から腐らせればよい」
被害者は 加害者に一方的に攻撃されている 
電磁波照射(=脳への干渉と殺傷行為) 器物損壊 盗聴盗撮による見張りにより日常生活を制約される 
人権侵害である
非日常の生活を余儀なくされている

認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している

電話・郵便物・新聞・宅配・ガス       No.664

電話・郵便・新聞・宅配・ガス等 加害者が嫌がらせしていると思われる記事
法を犯していないだろうか?

通販の会社に電話で問い合わせした
会話内容から 電話が乗っ取られていることがわかる
・定期購入の物品のお届け日を設定しているが 届く日にちに幅がある
 加害者が何かをしているのではないかとの不信感がある
・出荷日~荷受け日~配達日の間に 日数がかかっている
 例えば 出荷日4日 荷受け日10日 配達日12日
通販会社のシステム上の措置ならば 何ら問題はないが
料金後納郵便の配達に疑問を感じているので 
問い合わせの電話を掛けた旨を話した
機械音声 「フリーダイヤルでおつなぎしております」
「○○会社 (苗字)です」
電話がつながってから必ず 「少々お待ちください」の後 人が変わる
「お届け日が近くなると まとめてトラックで出荷します」
「土日を挟むと 日数がかかる場合があります」
「配達票の日付ですか?」 ポスト投函メール便故 配達票は無い
「よろしいですか」
高圧的な受け答え 話の進み方で ごまかしていると感じる
電話の話し方の雰囲気が 以前と変わった

郵便
郵便物の配達時刻は 長年 昼前だったが 夕方届くようになった 
遅いときは 夜7時を過ぎる時もある
私の外出の都合に合わせていることも度々ある
昼前 出かけるとき郵便配達の人が来た
顔は Nu‐Kaの特徴があった
 口を開けている 鼻の下が長い 小鼻の両脇のしわの間隔が離れている
配達時刻が変わったのは 大変太い特徴のある男性が配達するようになってから
車で走行中 見かけることもあった
バイクの後ろの容器の蓋を閉める姿を見せる 大きな音がする
何の為?と疑問

新聞
朝刊の配達時刻が 2:30頃から4時ごろに変わった
新聞の入れ方が違う ポストに入れるときに大きな音を立てる
バイクの音が違う

宅配業者
長年荷物を届けてくれる男性をブレインジャックするのは
小さな男が多い
頭髪の癖・背丈・動作が変わる
昨日来たのは 「Nu‐Ka+誰か」がブレインジャックしていた
初めて見る顔 話し方が違う

ガスの検針
ガス会社の名称が変わっただけだが
検針する社員らしき男性が2交代して 更に
女性の検針員に代わった
次の検針の時には 背が低くなっていた
小さな男(Nu‐Kaの孫と推察している)がブレインジャックしていると思われる
ガスボンベ交換の男性と同じ動作をした
ブレインジャックされている

ガスの交換
検針の10日後 ガスボンベの交換に来た
3年来 来てくれている男性 (小柄で均整の取れた体格 頭も小さい)
我が家に来ると ブレインジャックされている
今回は体格と顔が大きい アンパンマンのように頬が丸く大きい 輪郭は四角 (Nu‐Kaの特徴) 目が白く濁っている 
同時に大きな女(Nu‐Kaの妻の姪と推察)がブレインジャックしているようだ Nu‐Kaだけでは 無理があるらしい 
話しかけても返事をしない間があった 
以前と同じ話をしたのは 脳内送信? 

空飛ぶ小動物                No.663

真横で何かが横切った 
私の眼の視野は180度あることになる
もちろん幻視である
見直すと 黄色い蚊(思考操作で そう思わされた)が水平に1m ハイスピードで飛んだ
ありえない 幻視の上塗りだ 
(加害者は 嘘の上塗りが得意である)
加害者が見せたかった幻視は 小動物が出没したと思わせたかった と推察
場所と 設定に不都合があり できなかった と推察
その場所は 台所の流し台の手前の空間
「空中を水平飛行する小動物」 というあり得ない場所だった
未発達のAIだろうか?
加害者は 道理の通らないことのみするから いいのだろう

以下 公衆浴場の幻視の記録

続きを読む

食後すぐに身につくと思わせる嫌がらせ  No.662

食物を消化吸収するには 数時間かかる
過剰な栄養成分を脂肪として蓄えるには 更に時間がかかる 筈であるが
被害者を見張る加害者は 食後すぐに 脂肪として蓄えられていると思わせる行為をする
個々により 脂肪の蓄積場所が異なるらしいが
脂肪のたまりやすい場所がむずむずしてくる
ありえないことだ
加害者は 道理に沿わないことをするのが得意だ
数年前 Si‐Saが電磁波照射により 「半径1km以内の人の心が読める」 といった頃は
よくされていた
このような犯罪があるとは夢にも思っていなかった頃のことなので 「まさか」と思う外なかった

加害者は道理のないことを平気でする
実ではなく 嘘だけをするのが マニュアルだろうか?

きせい行為(獣)             No.661

ささやかな楽しみの後 帰路でまた転ばされた
つまずいてはいない 
躓いたと思わされて それを認識した瞬間に 後ろから突き倒されたような勢いで転んでいる
帰路の転ばされるところまでは 大変軽やかに歩いていたが 
また身体が重くなり 足が思うように動かない 歩きにくくなった
ブレインジャックされたと想像する
悔しかったのだろうか
何ら罪のない被害者の人生を乗っ取り 壊し 
殺す目に合わせた被害者の 全てを乗っ取り
家の器具等の破壊
縦横無尽に跳梁跋扈

車のナンバープレートが 今まで見たことのない全国の地域のものを見るようになった
奪った車を加害者末端が使用 走行していると思われる
・「今日はこの車でいいね」 「そう このナンバー」
宗教色濃い大きな建物から出てきた 二人連れの女性が車を探していた
・「お弁当を食べるときに箸がないと困るので どの車にもお箸を常備している」
・広い無料の駐車場に 加害者の車が駐車している
駐車場に入ってきた車から降りて別の車に乗り 夫々出て行く
また その逆もある
駐車している車の数より 客の数が少ないと感じる時もよくある

加害者の習慣?                No.660

高い場所から被害者を見下ろしてほくそ笑む という行為についての記録
被害者の方のブログで 見たことはなかったと思う
不思議な行為に感じた
幻視について知らなかった頃にもあった
幻視をよく見せられる今は 幻視だろうと推察できる

・回る寿司店の 繁忙時間帯でのこと
寿司のベルトを挟んだ隣の席で 店員が上の棚の上から顔を出しほくそ笑んでいた
棚の上を拭き掃除している
食事中の横で拭き掃除をするはずはないので 幻視だったと思われる

・公衆浴場の 更衣場所でのこと
脚立に乗り 自販機の上を掃除しながら 被害者を見下ろして ほくそ笑んでいた
幻視の嫌がらせ担当おばあさん 従業員 以前の居住地(80km離れている)の公衆浴場の従業員の三人
複数回見せられた

子供の頭に手をのせてなでるという仕草は 子供に対する愛情とほめる行為とがあるが
ある国では 人の頭に手をのせる行為を許さないらしい
上記の 「脚立に乗った位置から被害者を見下ろしてほくそ笑む」 という行為は 
加害者にとって 人を見下す行為なのかもしれない
ほくそ笑んでいるので 不思議な行為に首をかしげただけ である

じえい                   No.659

TVや新聞だけでご尊顔を拝する方達の印象が違って見える
ある講演会に参加する機会を得たとき
特徴・雰囲気・話し方が違うと感じた
新聞に掲載される写真が大きく鮮明になった それについての印象が違う 大丈夫?
この犯罪はなぜか報道されない
ブレインジャックは 目の前に身体を残した○○ではないだろうか
誰もが 「ブレインジャック」 を認知する必要がある
この犯罪を周知徹底することは最大の防御になるかもしれない

そして 「じえい」することが肝要だが その方法はわからない
見知らぬ加害者が 一方的に攻撃してくる犯罪である
唯一思いつくことは 常日頃から 大事な人たちとのコミュニケーションを頻繁に行うことが大事だと思う
会えなくとも 頻繁に会話をすることは大事である
詐欺行為の顕著な例 「オレオレ」 で信じてしまうのは 疎遠になっているからではないだろうか
ブレインジャックされたときは 声室も含めて ブレインジャックする加害者の特徴が出るため 一目瞭然でわかる

放置していると 蔓延してしまう
認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念する

続きを読む

縦横無尽な加害者              No.658

ピンヒールの記録
姉はブレインジャックされた現在も 毎朝来る習慣であるが
ピンヒールが担当した日曜日は 来たり来なかったりするようになり
12月第一土曜日は来なかった
土曜日は出勤日なので 必ず来ていた
駐車場に車はなかったが
午後 母に持って行く洗濯物がなくなっていたので クライアントをサーポートする担当者が不法侵入し 持って行ったと推察

賃貸住宅に住んだ当初 夫をブレインジャックするのはNu‐Ka夫婦だった
ブレインジャックする場合 隣家に住むのが常のようだが Nu‐Kaを見たのは一度 妻を見たことはなかった
隣にブレインジャック担当者がいると(=機器を操作できる?) 遠隔操作できるということだろうか?
サポート役は 隣室に住む女と姪だった
勤務するようにブレインジャックする加害者の時間割は一定だった
数か月後に ピンヒールと くせ毛の男と 大きな女が姿を現して以来 夫を操る役はこの三人がメインになった
目立ったのは ピンヒールの休憩時間と思われる時刻が一定でなく すれ違う事が度々だった
加害者は被害者の思考を読むようなので 偶然であるとは思えない

クライアントは縦横無尽に振る舞える組織のようだ
被害者から奪った金品を上納しているかもしれないし
ブレインジャックを 組織に委ねることで 加害者末端に加害行為を分担していることも推察できる (=経験上)
ピンヒールが姉をブレインジャックするとき 「忙しい いそがしい」 と言って 姉の行動ををよく休んでいた

姉の仕事上で 搬入する品物の検品をしないで OKマークを示していた
縦横無尽にふるまうと 被害者本人の品位を貶めることになる 

タイムリーな嫌がらせ            No.657

民家の前にトラックが入庫、隙間がない。 振動がそのまま伝わっているだろうことは一目で理解できる
いつも通る道ではないが数回見かけた。
やがて民家のあった土地は 更地になっていた。 
ドライバーは 大口をあけて薄ら笑いをしていた。
顔色は赤黒く 雰囲気は日本人離れしていた
加害者は 楽しみながら真綿で首を絞めるような行為をする組織である

無差別攻撃の 地域担当の集団ストーカーもいるだろう
クライアントは大事な人たちをブレインジャック担当
家のなかでも居場所が分かるらしく ピンポイントで攻撃してくる
家の中で部屋を移動しても 必ず近くで音が聞こえる
24時間365日 盗聴・盗撮して見張り 嫌がらせ・電磁波照射・音を出す
人を殺傷する 嫌がらせ行為を 仕事と思っているかもしれない
それによって対価を得ているかもしれない
執拗に頑張っている
殺した人・殺す目に合わせた人から奪った金を食らって生きる鬼畜 魑魅魍魎

「ゴンゴンゴン」という照射音が聞こえる 気づかれないように? 音は小さめ
庭にいたので声に出して真似た
スイッチの切れる音がした 人の気配がした
場所は 向かい勝手口の近くの家の中
向かいの孫が小学校低学年の時に スイッチのオンオフで30分間遊んでいた時と同じ場所のようだ
孫は 我が家のラジオからスイッチの音が聞こえることが面白かったようだ

家の中の電磁波が大変強いのは 盗聴している我が家の音がよく聞こえるようにだと思われる
エコーがかかる 拡声器を使用しているように大きく聞こえる
うがいの音すら大きく聞こえる 
タイムリーに嫌がらせすることができるのは 24時間355日見張っているからである
人間にあるまじき行為である
そして 長年電磁波照射をしてきた人たちがブレインジャックされている場合がある
長年おつきあいしてきた近隣の人たちが攻撃してくるときは
ブレインジャックされていることが多いのではないかと思われる

電磁波照射するストーカー車        No.656

「9967 D社 軽 淡黄色」が 10km弱の距離を付きまとい 電磁波照射している =濃い黄色のライトが煌煌と点灯
100~200m離れて後続するが目立つ
目的地の2km手前で先に行っていただくと 姉宅の隣の車だった
この車は 帰宅後すぐに同じ方向から来ることが度々あった
「車でストーカー+電磁波照射」していたことが判明したことになる
頭の中で鳴り響く音が すれ違う車のものとは違っている
電磁波照射の周波数が違うためと思われる
そして 酷く強い

今回は 250cc~バイクだった
上記ストーカー車と同じ場所で 最接近したライトがルームミラーに映った
ライトの色も9967と同様で 煌々とついている
途中から幹線を走行していった

続きを読む

プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR