FC2ブログ

一個人対多勢                   No.528

表現方法・言葉が見つからない
人間性皆無の犯罪
イナゴの大群が押し寄せている感じ
(一個人に対して 加害組織が群がっている )
被害者皆が感じていることではないだろうか

拝借しているPCのヘッドホンから機械音が 昨日から聞こえている
夫・息子がPCに接続したイヤホンから漏れ聞こえてきた音と同一
自宅のラジオからも聞こえてくる音と同一 (音を表現するのは難しいが「クチュクチュ・ギュルギュル・亡国の言葉を早送りしたような音にも聞こえる」等複合的な機械音)
ラジオ(AM・FM)には 鼻を啜る音・エヘン・音楽に合わせてカウントする音・その他不快な音を挿入してくる
ヘッドホン以外にも 設置されている機械音に合わせて攻撃音が聞こえてくる
街燈や照明に電磁波照射する電磁波を合わせるのと同様であろう

何処に行っても加害組織が待ち受けている
A市役所
手続きの仕方がわからないので尋ねると 加害獣がブレインジャックしている職員と 組織の一員の職員とが 「嘘=ミスリード」を教えてくれる
手続きのし直し 費用発生等 被害者に不都合が生じた

B市役所
払い戻しの手続きを拒否された
手続きの手順を教えるふりを装い 加害者に都合のよいように物事を運ぼうとした

この犯罪を放置しているとどうなるか 
加害者の組織マニュアルは被害者を逃がさない
一刻も早い犯罪の撲滅と被害者救済を望んでいる
スポンサーサイト



画  策                  No.527

インターホンが鳴ったが 宅配の予定がないので出なかった
インターホンが鳴る前後に いつもの嫌がらせの音がにぎやだった
対処法は 家の中で音を出すこともあるが この時は静かにしていた
正解だった
近所の方がチラシを入れていた
もし 家の中で音を出していると 加害者の思うつぼだったと推測
奈良の実刑を受けた女性はこういうこともあったのだろうと想像してしまう

加害者が虚構のストーリーをでっちあげ テクノロジー犯罪( electronic harassment)・ブレインジャック・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー等の攻撃を一方的に仕掛けてくる 
目的は事例からの状況判断で推測する {傷病害・致死・強奪・ブレインジャック(操る・体の乗っ取り・動産不動産の乗っ取り)・戦争をする代わりに日本を内面から腐らせる為}
被害者は一方的に攻撃され対処方法がない
加害者曰く「証拠がない」
早期 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している 

ブログ改ざん                No. 526

PC拝借するところに来ない日の訪問者数は少ない
ブログをアップする・しないで訪問者数が変わるのは 加害組織が関与している証拠であろう
ブログ入力と同時進行で 加害者側が邪魔しているので 内容を把握しているだろう
遡ってブログを見ると 誤字や文章の違和感を見つけることがある
加害者はパスワードも当然知り得ているので 改ざんされていると思うことは度々ある 
消された記事があるため タイトル欄にナンバーを付けた
コマーシャルが挿入されているのも不可解である
跳梁跋扈

虚の音で電磁波攻撃のマニュアル   No.525

日付が変わる頃から起床時まで続いた 
「蚊の飛ぶ音+掻痒感+腫れ」=電磁波照射による攻撃
両手の 小指下部の側部中央が腫れだけでなく 1cm弱赤く硬くなっている
考えられる目的は
・睡眠の邪魔
・精神的ダメージ
・身体敵ダメージ
室温15度以下で 1匹の蚊が夜が明けるまでず~っと刺し続ける筈もなく
頭から被っている物がある為 耳元で蚊が飛べる筈もなく
だが 加害者はアウトローの攻撃を続ける
精神異常獣と思わざるを得ない
執拗である
手軽にできる電磁波照射の攻撃のようだ
幻視の蚊を付き纏わせる

ラジオ放送からも 同じ被害状況が聞こえてくる
放置していていいのだろうか?

幻視を何度も見せられた日       No.524

平日のある日 外出の度に幻視とわかるものを見せられた
声をかけてくる見知らぬ人もいた 脳内音声送信である
加害者がこのブログを見た上での攻撃と思われる

午後 駐車場に姉の車があるのは珍しい
ピンヒールが操る歩行者の幻視を見せられた
歩行時両手を大きく振る・ピンヒールを履いて歩く特徴が出ている・腰を前かがみにして歩く・歩行速度が速い等の特徴がある
向かい夫婦が●本さんと呼ぶおばあさんだった
この名前は 今住んでいる前の持ち主の名前と同姓である
数十年前●本さんのお父さんが我が家を数回訪ねて来た 晩酌をしながら話している姿を覚えている 食卓に並ぶのは●本さんの商品だったと思う
初めてその名前を聞いたとき 呟いて説明をするとその名を出すことはなくなっていたが
最近 ストーリー展開に入れたようだ
●本おばあさんは 集団ストーカーが酷くなった頃 息子の暴力があり夫の指示で実家で半年間過ごした時に
公衆浴場で集団ストーカーされた時の一員だった
一糸纏わぬ姿で 10人余りの人が記念撮影風に縦2列横6人くらい並んだ中にいた
その時はブレインジャックされていなかったようだ 今は陽子と空調がブレインジャックされた人と一目でわかる
露天風呂では Nu‐Kaの声が30分間聞こえていた 声が大変大きかったので脳内送信だったと その時は知ることができなかった
今のストーリー展開をするピンヒール達は 上記事情を知らないのだろうと推測できる

買い物に行くと ドラッグ部門の制服を着た男が付き纏った 
「いらっしゃいませ」 頭を頷く様にした
商品を探していると5回接近してきた 一度は菓子を抱えている 設定がイマイチ不明であるのも特徴だ 
隠れるようにする動作・眼鏡をかけている・小さな顔と身体・外側にはねる髪型・歩き方に特徴がある

執拗に付き纏う
目的?
仕事をせずに イジメ・嫌がらせ・電磁波を使う殺傷攻撃・人体実験等をする人間性皆無の犯人組織
一刻も早く 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している

電磁波で覆われている?        No.523

夜 大変強い電磁波で体調不良を感じたので 声を出してみた
いつものエコーがかかっているときよりさらに大きく声が響いた
家中が電磁波でおおわれているような感じだった
外に出ると 向かいの駐車場から黒軽自動車が走り去った
(髪形を五分刈りにして黒から金髪っぽく染め 眼鏡をかけた目の細い若い男が乗っていた車と似ていた
夜中担当の加害者と推測している)
門を閉めたのは栗色のセミロングヘアの女だった 車を駐車している隣の家に出入りする女に似ていた
電磁波は この家から照射されることが多い
他は路駐してアイドリングする車や 小路に入ってくるバイクがあるときに 電磁波照射が強くなる

中央郵便局 大型スーパー周辺など集客の多い所は 「蝉・秋の虫・蛙」などの自然にある音が大きく鳴り響き 電磁波照射が大変強い
近隣で 電磁波照射を長年していたKi‐電気工事店周辺が 昨年から同様になっていたが 数メートル離れた我が家も音が絶えず鳴り響いている
春先からの音は 鳥の鳴き声である
横断歩道の機械音と同じ音
鳥はいない 若しくは 見せられる 
カラス・鳩の鳴き声をよく出していたが あまり聞いたことがなかったと呟いていると
今まで見たことのない鳥が よく姿を見せている
電磁波で操っているものか 幻視かはわかりかねる
カラスを見せるので カラスはここにはいないと呟くと 鳶に変化した すごい!!
幻視である証拠だ

何のための見張り?            No.522

車の荷物を取りに行くと 隣の外階段の上部から音がした
脳内送信または電磁波照射のあるところで音を立てるのは いつものことなので無視
木の枝を切るために道に出ると隣の階段の上部に若い男が座っていた
音源はこの男のようだ 加害者の家なので 嫌がらせである
この階段でよく見るのは セミロングの50代の女
隠れているように見える時もある
遅く出かける時に見かけるので 見張られているのかもしれない

ある店に後から入ってきた男は 付き纏い専門の加害者の雰囲気があった
この時期の服装は 「綺麗なワイシャツ・ネクタイ・スラックス」  
5年前 集団ストーカーが目立つようになった頃 遠出した時に付き纏われた男と同じ雰囲気を醸し出す
目立つように 被害者を見るのは マニュアルだろう
それ以来いつもと違う行動をしたときに見かけるようになった
目的は何だろう?
加害者=精神異常獣のすることはわからない

虚構のストーリー              No.521

①スーパーにて
前を見て歩いていると 横を向かせて店員が歩いて来るのを見せる
「こんばんは」
挨拶の大きい声が聞こえた 脳内音声送信だ
加害者は被害者が返事することを期待していると思われる  
無視

②近隣の会話は機械音
近所のFさん(80~90歳)とTさん(70歳代)の会話が聞こえてきた 「頑張ってね」
外見の特徴や声・話し方・性格が違う 
日常出会うときは 二人ともブレインジャックされている
二人が仲良く話しているのを見たことがない
電磁波があると機械音声を聴かせることができるようだと何度も経験している
今回は 何を期待して作ったストーリーなのだろう?

③誤配
Sさん充ての封筒がポストに入っていた 住所は我が家
同姓同名の方が裏に住んでいるので ポストに入れた
翌早朝 近くを通りかかると パジャマ姿のSさんが門のところまで出てきた姿を見せられたが
身を屈めているので顔は見えない
Sさんはパジャマ姿で人前に出る方ではない
加害者男性にブレインジャックされているような動作だった
若しくは 依然見た時と同様の幻視だった可能性がある
Sさんの姿を見せた 加害者の目的がわからない

④近隣のKuさんについて
測量の男性が Kuさん妻は独り暮らしかと訊かれたが 数か月前に夫の声が聞こえてきたと返事すると無言のままだった
どのような展開にしたかったのだろう?

散歩中 前方に立っている男性とすれ違う時に Kuさんの娘婿だとわかった 
数十年振りに見たが ブレインジャックされていると思った
背がとても低く 顔が違った 
幻視だったと思われる
私が挨拶すると ストーリー展開があったのだろうか?
加害者は跳梁跋扈する

⑤配達の人をブレインジャックする加害者
駐車場にいると ゆうパックの配達がタイミングよくやってきた
(=加害者である小さな男がブレインジャックしている 小さな男=毛先が外側にカール・眼鏡をかけている・目が細く小さい・歩き方に特徴がある・話し方に特徴がある)
配達希望日の部分が剥がされて 無い
サインするときに近づくが 何かされているのだろうか?

違う住所に配達した
郵便と宅配会社のメールが一緒に配達されたことがある
郵便配達の時刻が変わった(11時過ぎ➡夕方4時すぎ)
朝刊の配達時刻が変わった(3時➡4時過ぎ) 電磁波照射が酷くなる 
夕刊配達の方を Nu‐Kaや小さな男がブレインジャックしているときは門を開いている
加害者は小路に入ってくる人を操り 被害者が不快になるようにストーリー展開していると思われる

テク犯でできること?           No.520

テクノロジー犯罪を利用していると思われる事例

①毎回 牛乳パックが短時間で乾燥している
自然乾燥では数時間かかるので不思議だが テクノロジー犯罪を利用していると思われる 
(ブレインジャックされている姉が使用)

②目覚まし時計
アラームを設定しているが 鳴る時と鳴らない時がある
鳴っている時に止める為に手を伸ばすと 止まる
アラームの鳴る回数が異なる 2~24回の差がある
電磁波照射されているから時計が誤作動を起こしている? 
電磁波でこのようのことができる?
以下に思いつく事象を列記してみるが 関係?
・電磁波のある所では音を立てることができる
・実際の音より大きく聞こえる(エコーしている)
・物を落とすことができる
・人を突き飛ばすことができる

電磁波でできることを知るためには 加害者を一網打尽にして 終息・撲滅する必要があるのではないだろうか?

ブレインジャック初めての事例      No.519

脳の操り=ブレインジャックのうちのどれか 初めての事例
思考操作?記憶を作る?起こっていることを認識できていなかった
今まで経験していない状況だったと思われる

①仏間に入るとき
「おはようございます」 いつも通りの挨拶をしたが 声が出ていないと思った直後
頭の中 遠くで挨拶の声が聞こえた 女の声だが誰かは不明 と思った直後
いつものように声を出して挨拶をしている
私の声で その時は私が声を出したと思わされたが 私の意思ではなかった
初めての経験だった

②音がした 
積んでいる物が落ちているのが見えた 
次の瞬間から それまでの動作の続きを行っていた 物が落ちたのを見た記憶がなかった
数時間後 音がして積んでいるものが落ちているのを見たことを思い出したが 落ちているように見えた物は元通りで異常がない
ただ 落ちているのを見た映像は小さく 周辺の状況がなく わずかにぼやけていた

・・・今までの加害行為に鑑みて思いつくこと 
・実験ブレインジャックの試行錯誤をしている?
・間違って音を出してしまった加害者が 誤魔化す為に 音に合わせたストーリーを脳にインプットした?

いずれにしても 人の脳を弄んでいるのは事実である
一刻も早く 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している 

腹いせ?                  No.518

・突き飛ばされたように 急激に 力強く 転んだ
テク犯の「突き飛ばす」技術を使ったと思われる
・スーパーで手に商品を持って歩いていると落とされた 
落ちて困る商品でない方だったのが幸いだった
すぐ横に一般客がいてほくそ笑んでいた 落ちるときに声を出したので 詫びると数秒後に反応した
・〔蚊の飛ぶ音+飛行機の飛ぶ音〕 が混じったような大きな音が家の上で聞こえた
初めて聞いた音 目的?
・玄関前の小路中央に 釣竿を入れる袋を二つ並べて置いていた 初めて見た
「バイクが入ってくると先に進めなくて困るだろうな 困る所に物を並べるのは日本的でない」 声を出した独り言 
見えない所に居た向かいの夫が しぶしぶ静かに出てきた
・慣れない商業施設で事務服のような服装の女性に場所で訊くと嬉しそうに返答するが スロープを知らなかった
私が話し掛けるのを待っているのはどうしてだろう?

幻 視                  No.517

幻視を初めて認識できたのは 一昨年
店内にいた男性が 店の前を歩いて来た
同伴者が別人になっていた
男性の特徴も変わっていた 背が大変高く細くなっていた 服の印象は同じだった
 
その他いろいろ幻視を見たが すぐに見分けはつかない
集団ストーカーの中に 幻視が多数混ざっていると思われる
集団ストーカー初期の頃(ストーカーの数が極端に増えた時期)の大変目立つ不思議な仕草をする人を 今は見かけない

公衆浴場で 従業員の制服を着た 幻視と思われる女60~70代女が数か月付きまとっている
本物の人との見分けがつかない事が多かった
幻視と確信するまで数か月経っている 

幻視である事が分かる時
・車をこするように横を通り過ぎた 遠くまで行ってからルームミラーに映った姿を見せられた 見ないようにしても視界を操作される
・近くを手を振って歩いている姿を見せられた直後 下向き下限の視界に大きな紙モップが見えたので無視すると 下半身が見えていたが消えた
(実際の人なら 瞬間移動したことになる モップも同様)
・EVの扉が開くと正面の暖簾の向こうに人影が見えた 真っ赤な口紅をつけた(Si‐Saの雰囲気を持つ)同女だった 私を見て満面の笑みを見せたが 無視して擦れ違った 人の感覚がなかった・
・声は不快な声を作り出しているのかもしれない 脳内送信
・毎回 客と長時間の井戸端会議をしている 
客はS会の事が多い お決まりの色のタオルを持っている 又は浴場内で付きまとう 又は大声で話す声の脳内送信を入れてくる
・トイレ入り口をふさぐように井戸端会議をしている トイレスリッパは二人の間にあるが 無視して普通に出入りしてみた 人の感覚はなかった 客の位置に変化があったが トイレ側にいる同女は動かず
・化粧室で横に居続けるので 杖を倒してみたら 居なくなっていた

必ず私の視界を操作して 幻視を見せる
最近は無視すると消えることがある それでもしつこくまとわりつく 「精神異常獣」と表現するしかない
同女が消えた時は 別の従業員をブレインジャックして付きまとう
受付にいる従業員がブレインジャックされているのはいつもである
いつも鉢合わせするようなグッドタイミングである
無視すると いなくなる


追記:4/17/’18
母の入院している外来受付の女性の声が同女の声に酷似 大きなマスクをしているが顔と髪型も似ている 
組織の一員と推測

火傷をつくる                 No.516

【できごと】
一瞬熱いと感じた
火にかけたフライパンの柄を見た
軽く当たったのだろうと思った
すぐに冷やし続けたので難はない筈だった

【観察】
加害者は他愛もない出来事を悪用する 
(どんな言葉を当てはめればよいだろう?「えげつない」「人間性がない」)
ヒリヒリ感の痛みが酷くなってきた
(ヒリヒリ感=火傷)
(PCnyuuryokunojama  IME mukou)
患部を見るとクッキリ細い直線が赤くなっている
ヒリヒリ痛んでいるのは 赤くなっている部分の横の広い範囲
数時間後に見ると 赤くなっている部分が太くなっている
(もう笑うしかない
加害者のすることには 常識の範囲外の出来事が多い)

【考察】
加害者による虚構のストーリーのでっちあげ 傷をつくるものだった
不思議ではなく フライパンに当たったと思わされたところから全てつくられていた
フライパンの柄は 顔を90度下に向けて見せられた これは弱視があるための小さな男の癖
真冬に『蚊の飛ぶ音を聞かせて(=脳内送信) +皮膚に小さな膨らみをつくる(=電磁波による火傷) +痒みの感覚の送信』と同様のことだった

【感想】
加害者は見知らぬ人だった(クライアント)
そしてクライアントをサポートする加害組織も全くの無関係の人たちだった
法律で許されない軍事秘密兵器として開発された機器を使用してさっしょう行為を続ける加害組織は「証拠がない」と豪語して攻撃を続けている (自宅向かいの80代のおばあさんが突然電磁波照射してきたときに面と向かって言われた言葉)
加害者は皆同じ雰囲気の顔をしている 実働隊はひろくせんでんする(さつじん)部
そして 恐らく実態を知らない人達が報酬を得て 加害行為を仕事と間違って認識させられていると思われる
私たち被害者には攻撃される理由がない
加害者には攻撃する権利はない
早期 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している

加害者母子                No.515

加害者母子がブレレインジャックを頑張っている
大きな女はNu‐Ka妻の姪の子と推測している
子供は就学前位の女の子 私の孫をブレインジャックする

公衆浴場の受付の女性が 身長が高く・横幅が太くなった
新人の男性の背丈がずいぶん低くなった
二人の会話
男性 レジのボタンを指して 「これは?」を連発していた
大きくなった受付の女性は 私の対応をしながら 小さな声で笑いながら返答していた
それを見ただけで 母子の雰囲気を感じた

向かいの夫婦は 車を出すとき自宅の向かいに右側駐車する 
妻が乗車するまで アイドリングする ドアの鍵・門を閉めるのに時間をかける
自宅で 新たな電磁波の音が大きく鳴り響くので 外を見るとアイドリングしている車がある
私が見ているのに気づくと発進する
夫をブレインジャックしているのは 大きな女
夫の体格が大きい  前方を凝視している
(パソコンを使用する人を大きな女がブレインジャックするとパソコンを凝視する 顔が固まったように動かない)
助手席の妻は いつもより体格が大変小さく 顔が小さく丸い 髪型はお河童
両手を窓にちょこんと揃えてこちらを見ていた

一昨年 2歳の孫と母親をブレインジャックしていた
2歳の幼児ができないことをして 母親をブレインジャックする大きな女にたしなめられていた
幼時から小児へと成長したため活躍の場が増えたのだろう
電磁波の影響を考えないのだろうか?

『第11回テクノロジー犯罪被害フォーラム』      yotube動画のお知らせ            No.514

「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
『第11回テクノロジー犯罪被害フォーラム』 開催されました
東京:2018年5月13日(日)
大阪:2018年5月19日(土)    
 http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/forum/2018forum_m.html
                    修正:7/20/’18

音響兵器だけではない!
   メディアが報じない現代の武器と犯罪とは!


第1部
テクノロジー犯罪と嫌がらせ犯罪・なぜ国民的問題か!
第2部
世界の被害者との連携 実は人類全体の門題!
第3部
被害者証言(職場での嫌がらせを中心に)


フォーラムチラシ裏:

わたしたちは以下の問題に取り組んでいます!
   『米国務省が音波や電子的武器による攻撃を公表』
米国務省2017年9月29日発表:キューバのアメリカ大使館員とその家族20数名が、音波や電子的な武器による攻撃を受けていたこと発表!聴覚障害、頭痛、めまい、不眠、吐き気、大音響の虫の音、金属を引きずるような音被害を証言!医師の診断で、衝突や裂傷がなければ発生しない脳機能障害が判明。日本では無辜の一般市民が同様の被害を、なぜ?

元CIA諜報部員カール・クラーク氏 : レーダー監視とマイクロ波兵器の使用は、17年前には諜報活動の世界では一般的になっていたこと証言!マイクロ波兵器で、熱・体内焼き付き感・痛み・吐き気・恐れを誘発できること証言!家宅侵入、物の移動、データの消去等を、諜報活動の一環として行っていたこと証言!日本では無辜の一般市民が同様の被害を、なぜ?

元英国海軍所属・マイクロ波の専門バリー・トゥロワー氏 : マイクロ波の生態効果は1976年には何の証明も要らないほど明らかになっていたこと証言!マイクロ波で、精神疾患・癌・心臓発作を誘発できること証言!日本では無辜の一般市民が同様の被害を、なぜ?

米国陸軍情報保安司令部2006年公開 『特定の非殺傷兵器の生態効果』 : 米国陸軍では、マイクロ波聴覚効果を、既存設備を使って実験し、確認していたこと公表。テクノロジー犯罪被害で6割を占める音声送信被害はこの技術の悪用か?

元FBI特別捜査官テッド・ガンダーソン氏 : 1980年代初頭から隠密裏に行われていたプログラムと被害者証言が合致すること証言!米国の政府系悪徳犯罪集団が、エシュロン・プログラム、カーニーボア・システム、テンペスト・システムを用いて、無辜の米国市民を攻撃していること証言!これがマニュアル化して背k氏に影響しているのか?日本にも?

元ラップランド痴ほう(スカンジナビア半島北部) 最高医務責任者ラウニ・キルデ氏 : 同時に数百万人を監視できる人工衛星とスーパーコンピューターを使ったサベイランス・テクノロジー (監視技術) の存在証言!人間の脳とスーパーコンピューター(ブレイン・マシン・インターフェイス) をつないでコントロースするサイパネティクス技術の悪用を警鐘!

米国陸軍戦争大学jの季刊誌 『パラミーターズ』 : 高度情報化時代の戦争は、人間に備わっている、コンピューターのデータプロセッサーと同じように機能する部位、脳・心臓等々に的を絞り、その機能を破壊し、コントロスする、これまでとは次元を異にする戦争と、認識を改めることを勧告する論文、「心にファイアーウォールはない!」 掲載!日本では無辜の一般市民がすでにこれによると思われる被害を、なぜ? 高度情報化時代の戦争は始まっているのか?

 みんなで知ることが最大の抑止!!
早急なる社会的認知と法整備を!!!
   

携帯電話解約               No. 513

携帯電話を解約して 新規契約した
メリットはないが 今までの携帯電話が乗っ取られているので 会社を変えた直後だけでも普通に使うことができることを期待した

解約
携帯電話ショップで個人情報を出すと 担当者はPC画面の文章を読んでいる様子 行く度に不快に思う
その内容を本人には見せない
「個人情報保護法」 以来 「個人の情報を 個人に見せない法」だと思える
携帯電話は 加害者から通常に使用できないようにされている
手続きをした店で機器を交換した為に加害者が中継できるようになったと推測している

解約以前に他社に行った
対応した男性は 使用中の会社にいた人に酷似
「料金はどこでも一緒」 とのことだった
新規契約のときにはいなかった

新規契約
「特徴全てが大きな女」がブレインジャックしていた
順番が来るまで来店目的を訊く男性と 手続きをする女性の二人の特徴が似ていた
アーモンド形の大きな目 店内の照明だけで瞳孔が点になっていた
手続きは1時間くらいだったが その間に女性は6回くらい離籍した
声と話し方はピンヒールの特徴のときもあった
バッテリーの箱を見せて言う 「箱が破れています」
箱が敗れていても機器に影響はないが 加害者が機器に細工をするなら代えて貰っても同じことだろう

個人情報流出は ブレインジャックすると容易いことと思われる
私がしていることを加害者は全て見ている

ミスリードにラジオを利用         No.512  

加害者はミスリードにラジオを利用している (私を専門に加害している加害者ではない この地域の加害者は増えている)
某ラジオ放送局
半年くらい前 ラジオの30分番組で 「ホテル飲食部門で働く友人が苦労する場面はアレルギーのある客の対処」30分の話の中で3回繰り返していた
話の最後は「疲れた時にアルコールを飲むと首の周囲にストレスによる発疹が出きる」と2回繰り返した
私は加害者から「電磁波照射による火傷」 によって 「様々な傷+痛みまたは痒み」をつくられる
そのうちの一つが首に痒みを伴う発疹である (とても細かなサイクルの強い電磁波を照射され続ける)
リスナーのメールでも数回同様の投稿があった
「ストレスで首の周囲が痒くなる」 「帯状疱疹ではなくストレスによるものである」 等
加害者が 誰彼構わずに電磁波照射して被害者を増やしていることへの 防御策とミスリードであると思われる
被害にあって受診すると被害が酷くなっていくのではないかと危惧する
私が医療機関を受診すると 医師や看護師は加害者がブレインジャックしている為 医師による医療行為を受けられない

人の乗っ取り(らち・さつじんに匹敵) 専門職の乗っ取り 日本を内面から腐らせるテロ行為等放置すると蔓延すると思われる犯罪である
早期 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している

以下 ラジオ聴取中に気になること

続きを読む

逃れられないブレインジャック      No. 511                   

ブレインジャックされた被害者はブレインジャックから逃がれられない 元に戻れない

【ブレインジャックする被害者の衣類を脱がして放置】
数ヶ月振りに 夫が住む賃貸住宅に行った時の事
夫はダイニングで ズボン・肌着・下着の3枚重ねて脱いでいたものを穿こうとしていた
夫には このような習慣はない
加害者は被害者である私の行動を把握している 賃貸住宅に着いた頃に気付いて慌てたのだろう
ブレインジャックする加害者の都合 例えは休憩等で 夫の身体を放置する際に 本人が気づいても逃げられないようにした行為と推測できる

【入院中の母】
母が入院中に脳出血を起こした
転院手術後 元の病院に帰院した直後 ベッドから落ちた
今考えると 母は自身の置かれている状況を認識して 逃げようとしたのではないかと考えられる
帰院するときの態度は母のものではなく怒っているような無視しているような傲慢な態度だった ブレインジャックを知らないときだったので 母の態度を不思議に思った

【入院中の父】
入院中の父が夜中に 病院から抜け出した
途中で自分の家がわからなくなり 道端で座り込んでいた
見知らぬ人が 2時ごろ自宅まで送り届けてくれた ということだった
最近 気付いたのは
見知らぬ人が自宅を知る筈もなく どうして送り届けることができたのか?
人通りがほとんどない夜中に 父を助けた(表現が不適切かもしれない)のは 加害者としか思えない
病院に連れ戻せなかったのだろうか?

【近隣の方】
近隣の方達 少なくとも6軒が ブレインジャックされている
姿形は 特徴を残しているが 別人のように見える
髪型が変わった 身長が変わった 太さが変わった 年齢が変わった 声の特徴や話し方が変わった ブレインジャックする加害者が変わると特徴が変わる 
女性の姿で伴侶の口調で喋る 等
顔はご本人に気の毒に思える「マスク」のような顔になった
町内会の用事で訪ねて来た時 至近距離に近づいて話す (不思議に思う 加害者は厚顔無恥) 
車の出し入れの時にアイドリングする 私の出入りに合わせる時も多い
「人間性」がないからできるのだろう
ブレインジャックされて以来 本人に会ったことはない

「人の全ての乗っ取り」 早期解決が肝要だと思う
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR