FC2ブログ

「幻視」の見極め方がわからない     No 421

近所の方は皆ブレインジャックされているとしか思えない
体型・言動・性格が異なっている

犬を飼っている方と2週間前初めて話した
昨日 犬のほうから寄ってきた
飼い主はすぐに抱きかかえた
「人と接して痙攣するようになったから」と理由を語った
先日話した時よりずいぶん華奢な体形だった
話し方は小さな男風
車のアイドリングをしていた
例えば 話した女性と犬とが幻視だったと仮定すると
犬が私に触れると 感触がないことになる 否 電磁波を操作すると 感覚も取り繕える
触角を操作できても 触ろうとすると突き抜けるかもしれない
それを危惧しての 犬を抱きかかえたと 想像することができる 
幻視に触れてみると 「幻視」と確認できるかもしれない
見知らぬ人に触れることはできないので難問である

メタボの集団ストーカーが付きまとった時期があった
数か月前からお年寄りが付きまとう
Nu‐Kaたちの幻視と思われる 顔や雰囲気が似ている 身長の低い男女が多い 広い場所でも擦れ違うように通過する
凝視している時が多い 
声がするときは大きな声なので 幻視と 後でわかる
条件反射 若しくは 操られて返事させられている
幻視に返事をすれば 傍から見ている人には 独り言を言っている変な人に見えるだろう
幻視の見極め方を知りたい

この犯罪がなければ 考えることもない
一刻も早く撲滅して 被害者が救済されることを祈念している
スポンサーサイト



真実は何処?                No. 420

台風一過の数日後 ケムトレイルが続いた
数キロメートル先が白っぽく見えないときは 早朝のきれいな青空をケムトレイルが数本たなびいて空を白く汚す
大気中にあるものは 降雨とともに地上に降り注ぎ 大地や水に浸透する
誰にでも見える白いもの 何が飛散していることにしているの?

「アトピー性皮膚炎」という言葉を初めて聞いたのは30年余り前 カルト教団の信者さんからだった
(仮説として考えると 組織的に広めることは 容易い?)
アトピー性皮膚炎の初期と現在とを比べると アレルギー性物質の種類が大変多くなった
ケムトレイルとの関連はある?
アトピー性皮膚炎と同様の症状を 私は電磁波攻撃で簡単に作り出されている
クライアントの感情報復によると思われるタイミング

「ピヨピヨピヨ」 機械的なセミの鳴き声似 の代わりのもの
音響装置付信号機の音と同じ音が昼夜至る所で聞こえる
「秋の虫の音」 が電柱上部から聞こえる
「ゴー」 飛行機の飛ぶ音は 洗面所にいるとき頻繁に聞こえる
これらの目的は被害者への電磁波攻撃だけではないかもしれない
耳にふたをすると聞こえなくなるので 誰にでも聞こえる音らしい
この音を聞いた人や 公的機関の管轄の方々は どのように理解しているのだろう?

「ミサイル打ち上げの緊急連絡を スマホ携帯電話に配信する 受信するために電源をオンにしておく必要がある」
今朝のニュースで聞いた
同時に GPSでピンポイントに居場所が分かることになる
私の車も同様のようだ

類 推                  No. 419     

手紙4通から確信したこと (記事392+コメント3)
Nu‐Kaの遺恨が大変強いということ (150年位前に兄弟だった 隣家)
空き家になっている間に義父が造った屋根が朽ちていた  台所風呂トイレの外側の目隠しになっていたことを  思い出す 
集団ストーカーに気づいた頃 Nu‐Kaの様子から 台所の窓につけていたカフェカーテンに日よけの黒い網をつけて 夜間照明を点灯した時も室内の影が見えにくいようにした 同じような理由があったと想像する
電磁波利用で見られていたので 効果はなかっただろうが・・・

3年前 塀の一部が崩壊した (電磁波攻撃が関与していると推測している)
塀の撤去だけで済むところを 夫の父が知人に作ってもらった 庭の青石と植木をすべて撤去してしまった
撤去した青石の処理ができないとのことで  ほとんどの石が庭に山積みされたまま取り残されている 費用を払って庭を崩したメリットは無い 
松の木をどうするのか業者に尋ねられたので 夫に訊くと残すとの返事だった
この時の夫の態度を不思議に思った 何故かいつも背中を向けていたから
まだ テクノロジー犯罪・ブレインジャックについては知らなかった
集団ストーカー行為を受けていたが 「集団ストーカー」の言葉を知らなかった頃のこと
(業者の一人がトイレを使った後から トイレで電磁波を受けるようになった 徐々にあらゆる攻撃が始まった)

規制のない進化               No. 418

「○○○っち」 「人工知能」
テクノロジー犯罪から連想すること

現在 攻撃されている傷の付け方について記すと
入浴中に手が触れなかったところに傷をつけてくる と感じたことがある
ほとんどの人が届く場所をその日 触れなかった
その場所を選んで大きな傷をつけてきた
傷跡を見ると 闇雲に傷をつけているのではなさそうだ

上記より想像したのは
人的監視と攻撃ではなく
機械使用の攻撃ではないかということ
ガス漏れ警報器の前を行き来すると 飛行機の飛ぶ音がする すぐに新たな電磁波攻撃が来る
『人工知能』
更に想像したのは
『○○○っち』
機械を育てていた?

全て放置されているテクノロジー犯罪(犯人野放し状態・被害者の救済一切なし)
人工知能の負(悪)の進化に必要な規制はなされているの?


病院職員                   No. 417

病院職員 
以前 狸が酔っぱらった絵のような顔をしていたことがあった (目の周辺が赤くなっていた)
現在はブレインジャックされている 言動・容姿が違う

副院長
偶に見かけるだけ
狸が酔っぱらった絵のような顔をしていたことがあった その時は本人が何かをされていたと考えられる
ブレインジャックする加害者は ・大きな女(Nu‐Ka妻の姪の子) ・Nu‐Ka
数日前 受付に10分くらいいるのを出入りの時見かけた 
初めて見る光景に 何をしているかと思うと 下を向いて不動だった体から手が出て 大きなカタログをめくった カラフルな内容が遠目でも見えた 思考盗聴に合わせた動作をしたと考えられる
通り過ぎるとき 待合席に座っていた小さなおばあさんが 受付に近寄って「先生」と声をかけた
その直前 奥のほうへ2歩進み 手を後ろ手に組んで(Nu‐Kaの癖)声がかかるのを待っていた
振り向きざま 嬉しそうに笑った顔は Nu‐Kaだった 大きな顔 大きな頬骨 開いていないような眼
ごっこ遊びで悦に入っているとしか思えない気味悪差を感じる TVドラマなら ●●● 

看護師 介護士
本人の容貌・言動と違う時がある 私の接する人だけNu‐Ka達にブレインジャックされるのだろうか?
Si‐Sa似の人がいる Si‐Sa親族がブレインジャック若しくは血縁関係の加害者がいると考えられる
母の病室近くの作業部屋に入る人が必ずいる 母の周辺の声を拾えるのかもしれないので(盗聴・思考盗聴) ブレインジャックされている母に話す内容は加害者への言葉以外のものと気を付ける

受付事務員
薬剤室で作業をしている
一人はピンヒールが関与していると感じる
一人はA➡B➡C かもしれないと感じる

今回は本人らしく               No. 416

お盆のお参りと母の見舞いに来てくれた親子
本人の習慣がなくなってから数年経つ
ブレインジャックされている母と姉には近づかないで欲しいところが私の本音である
こんな犯罪に巻き込まれていなければ嬉しい出来事だが 
順当な微々たる幸せ(=日常茶飯事の事柄)さえ感じることはできない

本人だが目が赤い 体毛の濃い加害者が操っていると思われる 
加害者の特徴が出るときと 本人の特徴の時とが混在しているように感じた
加害者は 髭剃り跡が青くすでに髭が伸びかけている・腕が毛むくじゃら Nu‐Ka妻の姪の子の夫=向かいの娘婿似)   
加害者に都合の悪い場面で 加害者の意思や擁護する言葉が出る
飛行機の後ろに長く伸びるケムトレイルを指して「あれは何?」と聞いてみた
「飛行機雲」 
飛行機雲は水蒸気でできているので 長い航跡を残すことはない
「何かの決まりがあるのでは?」 すり替え・誘導・誤魔化し
今おばさんと言ったことについて
「おばあさんと言ったよ」
連絡が一切ないことについて聞いてみた
まあ 言えば 忙しいから」 加害者の言い訳第一位といいたい 本人ではない 凶暴男の口調似(方言を訂正した)
2歳の子は5歳くらい(上記二人の子がブレインジャックしていると推察)の言動をする 取り繕わず素である 
自分で上手に食べる・大変しっかりした動き・急に眠ったとき座ったまま上体が直立不動だった
中元と土産を見繕ってもらうために代価を託したが 翌々日になっても連絡がない 
固定電話すると 折り返しの電話が鳴ったので受話器をとったが ベルが鳴り続けて切れた
かけなおして話すと 相手の声が大きい(電話機の音量は最小にしている)バックには女の子の声のみ聞こえる 固定電話も操作されていると思われる (急ぎ・初めてのところへ電話を掛けると必ず話し中) 
話し相手は誰?機械?加害組織の担当者?
「おつりのことだね」唐突に話し出す
先様に良いものをと頼んだので何を選んだかを聞きたかった
「なににしようか考えている」
明日帰宅するので時間がないのでは?奥様に頼んでは如何?
「そうする」 以降も音沙汰がない

姉を見た瞬間は本人のようだった すぐに隠れた 呼ばれて出てきたが姉本人なら私たちを見るとすぐに出てくる
出てきたときはNu‐Kaの特徴で歩き出す スニーカーを履いている(加害者の大きい足を 姉には大きい靴に押し込んでいる様子) 姉はスニーカーを持っていなかった 加害者がNu‐Kaたちに代わってからスニーカーを職場で履くようになった

母の病室で ブレインジャックされた姉は隠し撮りするように写メをとる (集団ストーカーの手法) 何に使うのだろうといつも疑問に思う
昨年の転院・手術の日の如く 母と手を繋いでいる 母の人差し指を姉をブレインジャクする加害者が握っている 
意味がありそう? 今後要観察事項

菩提寺の住職
少なくとも昨年の夏頃からブレインジャックされた状態だった 住職・元住職の妻は大きな加害者男にブレインジャックされていたので体格が大きく 頭が3倍くらいの大きさだった 1年間元住職と会うことはなかった
8/16施餓鬼供養の日に塔婆をもらいに行った (姉本人であるときと同様)
元住職妻は本人似だったが近づくといなくなっていた 服装は違った
元住職が上にも塔婆があると声をかけてくれた 本人似だが 眉がサンタクロースのように白くふわっとしていた 本堂への階段を上がるといなかった
住職が塔婆を持ってきてくれた 「特別のが一つありましたね」 奥から父の塔婆を持ってきてくれた 一昨年Nu‐Ka達がブレインジャックするまでは全てがこの大きさだった 以前は更に小さな塔婆を立てていた 
加害者の仕業であるのは間違いないが お寺もブレインジャックされていて 塔婆の大きさを誤魔化すことで加害者にメリットがあると考えられる

お盆 2017                   No. 414

ブレインジャックの目的は人の乗っ取り(個人の全てを盗むことができる)と思わざるを得ない
一刻も早く 撲滅・救済・終息を願っている
姉をブレインジャックする加害者の記録

8月11日 (仕事休日)
お盆用に花を供えた 盆用の花の種類が足りない 日にちが早い 
(昨年はホオズキを下駄箱の上に飾っていた このとき姉を乗っ取っていた加害者宅ではそうするのかもしれない 花担当はNu‐Ka妻の姪と推察) 

8月13日 (仕事休日)
迎え団子を朝供えた

8月14日(出勤)
昨年は仕事を休んだが今年は出かけた 
朝 お供えを数種おいた その間姉の眼鏡の度数が合わないため姉をブレインジャックする加害者(大きな女Nu‐Ka妻の姪の子)は始終瞬きをしていた
(一昨年は乾燥のお膳材料を5個置いていた 年に一回使用するものを何故5個も買ったのか問うと 詭弁にならないことを言っていたが 5軒分購入したものを他所へ持って行く前に私が見つけたのかもしれないと悟った)

8月15日(早退)
午後仕事を休んだ
午後4時に仏壇のお盆のお供えをすべて撤去してしまった (昨年は3時だった)
翌朝まで仏具のカネを所定の場所に戻さなかったので 私は供養に使えなかった

8月16日(出勤)
朝 仏具のカネを仏壇に戻した
盂蘭盆の施餓鬼 今年は祖父母のものもあったが 小さい 
「特別のが一つありました」 住職が言って持ってきて下さった父のものだけが 今までの大きさだった 自分たちが殺したから今までと同じ大きさにした?
(昨年は祖父母の塔婆がなかったので住職に追加を頼んだ 渡した五千円札を鷲摑みにして挨拶なしに大股で歩き去った 大きな頭の男=思い当たるのは賃貸住宅で短期見かけた男=にブレインジャックされていた  領収書はなかった 翌日塔婆を貰いに行くと前住職の奥様に会った =頭が大変大きかった= 見当たらないので 後で聞いて立てておくとのことだった 寺の方がブレインジャックされていなければこんなことは起こらない
このことで加害者側にトラブルがあったようだ 「誰に頼んだか言わないなら金を払わない」と 姉をブレインジャックする加害者の言葉 渡した金が消えたのだろう
寺で頼む方は限られているので問題は起こらないのが通常 それ以前に姉は祖父母の塔婆を頼む 施主は母である) 

加害者は昨年より学習した部分もあったが すべてが姉の行為・習慣ではない
犯罪に侵される前は 母の習慣を二人で行っていた 
今年は昨年のように張り合ってこなかったが 神仏を踏みにじる行為を 平気でする犯罪集団だ
(おそらく昨年はピンヒール・今年はすべてが大きな女だったと思われる 途中から人を威嚇する態度の加害者 =小さな男と思われる 毛髪が黒い カールしている= に変わった) 

アイドリングと眩しいライト          No. 413

駐車場・信号付近の木の枝・葉っぱが焼かれたように枯れて垂れ下がっている
駐車場でアイドリングする車付近の気温が異様に高い アイドリングする車が急増している
乗車すると車の温度計は10度高くなっている (気温が16度の時 温度計は30度超だったことがある)
向かいの車がエンジンをかける
最新のヘッドライトが上向きに点灯して目を刺激し見えにくくする 自動点灯は加害者向きの車だと思う
アイドリング中も点灯している
LEDよりも明るいライトがあると聞いた
眩しすぎて危険ではないのだろうか
脳内でうなり続ける電磁波の音が強くなる 走行中の車からの電磁波照射と思われる 
バッテリー容量の大きな車は強く遠くまで電磁波照射できるそうだ

追記:9/23’17
対向車がLEDライトを上目で走行 すれ違う前にウィンクした光は虹色だった
視点をガソリン表示のほうに向けると 私の車は誤作動を起こしたのか 今まで点灯したことのないメッセージを点滅表示している(ブレーキ)
今までにも不思議なことがあった 駐車して前にあるものを見た後 ラジオの周波数設定がなくなり CDが出ていたことがある
加害者に乗っ取られたAI車なのかと思うことがある または 操られて自身の記憶のない状態で操作されている可能性があるかもしれない
加害者は跳梁跋扈する
早く終息・撲滅・救済を祈念している

地籍調査とブレインジャック         No.415

地籍調査が済むと「境界標」が打たれる

古い家の土台の礎石と家の屋根の端とが一致している
隣家との境を守り 敷地内に家を建てていることがうかがえる 
その場所に塀はない

境界標が家の壁の際にある 屋根はそこより飛び出していることになる
ブレインジャックされている家と ブレインジャックする加害者の家であることを推察できる
近隣で数件見かけた

ブレインジャック犯が他人の土地を取り込むことに思いを馳せる

子供編・過去のブレインジャック      No. 412

ブレインジャックは基本的人権を踏みにじる 人権を踏みにじる権利は誰にもない
ブレインジャックがなければ 全てが普通であったであろう

【幼児期】
・鼻が鬼の鼻のように大きい時と 幼児らしい可愛い鼻の時とがあった

【小学校】
・2~3学期を教卓の横で過ごした (次の年この時の担任は市立の施設に転任した その後離婚転居のはがきが来た 理解不能だったが この犯罪のストーリー展開の一環だった?)
・周辺のものを無造作に落とす あとで 自分で片づけていた (数年前 Nu‐Kaが操る息子が同様のことをした)
・少年野球をしていたと担任に言った 担任は嘘つきと認識しただろう 私は不思議に思ったがそれ以上の考えをシャットアウトされた (振り返ると推察)
・1学期半ばまで登校拒否した
・自転車乗車中溝に落ちた 本人には落ちた理由がわからなかった
【中学校】
・作って渡した弁当を顔に投げつけた
・ピンポンダッシュ

【高等学校】
・自転車乗車中に意識がなくなったこと 及び事故 (推察すると事故が起きる前にブレインジャックした加害者が逃げた可能性を考える)
・ブレインジャックが頻繁になっていたと 現在は推察できることがあった
・担任に楽器を習っていると言って専門学校への推薦状を貰った

【専門学校】
・1年終了間近に辞めた (無駄な出費) 帰宅までの1週間音信不通になった
・不必要な小遣いを請求していた

【大学】
・4年生のとき腰痛で動けないので来てほしいと依頼された 友人との携帯電話の会話に代わるように言われた のちに息子をブレインジャックした男性だったかもしれない
・卒業を半年延期 (無駄な出費)
・引っ越しを大きなトラックで行った (荷物の量に合わない)

【近隣での単身生活】 (無駄な出費)
・偶に訪ねると 性格が変わっていた 話し方・口の開け方も変わっていた
・稀に自宅に来たときは元の性格だった 「A➡B➡C」の話をした

【自宅で生活】
・賃貸中途解約・帰宅した
・私の車や居室への暴力
・夜間布団を叩く・食器を割る等の異常行動

【専門学校】
・1年間の夜間専門学校入校 後期に入る頃辞めた (専門学校が無駄な出費)
・夫の母親を恫喝 手紙で予告
・賃貸での居住を数か月継続 

【派遣労働】
・1ヶ月で辞めた 精神不安定を想像する言動をした 

【参照】
・学校では大人しいが 自宅では家族全員が手を焼く子供がいる 上記と似たところがあった

ブレインジャックをしているのは同年代の加害者と推察している

縦横無尽                    No.. 411

母は病室でリハビリを受けている
リハビリの先生から聞いたことと 病室に入った時見たことの記録
・リハビリの先生の指を掴み 母は自分の口に入れようとする
・リハビリ中 母の手はリハビリの先生の胸をさわる
・リハビリの先生と向かいのおばあさんとが肩を組んでベッドに座っている 背中を向けているので誰がおばあさんをブレインジャックしているのか伺えないが 想像は容易にできる

端緒も虚構のストーリー          No. 410   

『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集』
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社出版サービスセンター
     講談社エディトリアル

被害者にされた経緯を記載されている文章をよく見るが
その経緯も含めて 加害者による虚構のストーリーのでっち上げと思われる
音声のしないところで音声を出すことができる犯罪 音に合わせて感覚も挿入できる
見えないところで音が聞こえると条件反射のように そこに音のするものや人が話していると思うのが常である 
確認すると何もないことがよくある 隣の洗濯機を回す音・母と息子が話す声が 実は何も実体のないところで音声を聞かせているだけだったことを経験している  
集団ストーカー・テクノロジー犯罪を知らなかった数年前に 実家で聞いていた上記音声は 加害者にとっての前哨戦だったと思われる それがあったから被害者にされたという名目を加害者は造った と思われる
全てが虚構のストーリーのでっち上げによる 
加害組織の一方的な加害行為
残虐非道・人間性皆無・跳梁跋扈・アウトロー・戦争をする代わりに日本を内面から腐らせるテロ行為
一刻も早く 撲滅・終息・被害者の救済が必要と思う

催眠効果?の集団ストーカー       No. 409

集団ストーカーの風貌の変化を記載したことがある
メタボ・肥満率40%くらいの人が集団ストーカーに多くなったことがあった 今はその割合が減った
数か月前から 集団ストーカーの老人が多くなった
人の顔の特徴や表情が同じ 三白眼・細い眼 雰囲気が似ている 等
身体的特徴は 各人異なる部分に 極端な変形を来している 
本物の人か幻視かはわからない  最接近して付きまとう様子を見れば お元気な方ばかり
卵からふ化した鳥が 初めて見たものを親鳥と信じるかのごとく
見せられた老人の身体的特徴を記憶させられるような 催眠術のような 錯覚を感じるので
それらの今まで見たことのない光景は 無視するようにしている
この犯罪は 今までになかったことばかりが周辺に起こる

電磁波による家の破壊    No. 408

自宅の天井・壁・エアコン・冷蔵庫等を破壊したのは 息子を操る加害者(オイリー肌の凶暴男)が木刀を使って叩き壊した
と思っている
自室にいるとき 壁を叩く音が聞こえた そして木刀を目に付くところに置いていた 無数の穴の大きさは木刀の先と同じ大きさに見えた
通常は 木刀でつけた痕と思うが
電磁波照射による犯罪を経験した範囲で考えると 音を聞いて結果を見ただけでは 人の仕業か電磁波照射の機械を使ったものかは分からない

今居住している家を破壊するのは 電磁波照射によると思われる
壁 床 ステンレス製の浴槽と炊事場の流し台に 無数に傷が増えている
凹んでいるところは大きさが違う
外壁や屋内の壁は 直径1cm深さは浅いものから深いものまであり 二つ対(10cm弱の幅がある)で穴が開いている 
身体につけられたひっかき傷のようなものもある
先端の尖ったもので突いたような傷が無数にある 炊事場の無数の傷は ステンレスを剥がそうとしているとしか思えないものだ
絶えず電磁波照射されているためにできたと思われる弊害は大きい

思考操作                  No. 407 

思考操作を無視できた具体例 最近のこと

・お腹が空いた
 ハンバーガーショップの新製品を食べたいと思った
・次の日も お腹が空いた と思った
 よく行くお店へ行こうと思った

上記の間違い探し
・満腹なので食べに行こうと思うことはないので 思考挿入されているとわかった
 お気に入りの商品がある
・店舗にいく日を決めている
挿入された思考はすべてNG 自身の考えと異なるものだった
上記の思考は無視できたが 自然に自身の考えが思い浮かんだと思わされる
大変怖い犯罪である
一刻も早い 撲滅・終息・救済が必要と思う

脳を操ること                No. 406 

幻視・思考操作・感情操作・思考盗聴・思考盗撮 = ブレインジャックの一環 = テクノロジー犯罪 = 電磁波照射

【思考操作】
歯ブラシを新しいものと交換した
歯ブラシをを捨てるとき 「古い方を捨てるよ」念を押すように思った 少しの違和感があった
実際に捨てたのは新しい方だった 古い方が歯ブラシ立てにあった
捨てるときに「思ったこと」はふつう考えながら捨てることではない 新しい歯ブラシを捨てるために「思わされた」 ことだった 後で分かったこと

【幻視】
所要で警察署に行った 待っている間に警察官の幻視を見せられた
前回の 交通事故(私の頭をブレインジャックしている間に 加害者が車をバックしてきて 接触したと思わされた)の時に 寄り添うように近づき嘘を誘導しようとした警察官が暗い通路の奥に佇んでいた 私は下を向いていたが 操られてそちらを見せられた
小さな男が警察官の制服を着用している幻視で 細長すぎる体型だった

蛇足になるが 
警察署に入っていったとき 入口に近い場所の一番近くに座っている制服を着た60歳超の男性が担当場所を教えてくれた 二人いる内の一人を念押しした その人が席を外した間に担当が変わった
そのことが幸いしたことがあったような気がした 代わりに幻視を見せられた と思ったのは考えすぎ?
加害者は初めて接する人をブレインジャックするのも容易いと思われる

【感情操作】
集団ストーカー・テクノロジー犯罪に気づいた頃 初めての信じられない出来事に驚いているが それ以上のパニック状態を感情操作によって作られている
準備万端の用意をして過ごしていると 気づいた時には時間が差し迫っていた 必要以上に慌てている自分に気づいても 更に慌ただしい動作をさせられていた 感情もそれに伴うものにされていることに気づいても 容易に元に戻らなかった

【思考盗聴・思考盗撮・電磁波】
思考盗聴は常に行われている 行き先を間違うと加害者が付いて来られなかったり 付いて来ていた車が慌ててUターンして逃げて行ったことがあった
被害者の目を通して物を見ていると思ったことがある
思考盗聴・思考盗撮・テクノロジー犯罪の電磁波があるところで 加害者は被害者を見張っていると思われる 
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR