選挙の思い出 加害行為を伴う事実

昨日現在選挙期間中の全国比例区立候補者の選挙宣伝カーとPC拝借施設を出る交差点で遭遇した もちろんこの犯罪の被害者と気付いてからの偶然は加害者の意図するところであると理解している 近隣に事務所を構える候補者である 元はS会支持政党の全国比例区候補者のポスターを掲示していたので 候補者が変わっても内実は変わらないと実感している
下卑た笑いを携えたアイドリング=電磁波攻撃 
元は交通量の大変少ない場所であったが交通量が増えて加害行為車が引っ切り無しに通る 
選挙事務所前に人(何も知らない信者さんの風情)を立たせてクラクションを行き交う車に鳴らさせる
道交法を無視して駐車している 国会議員候補選挙事務所前に… 常に見かける集団ストーカーのマニュアルと思しき行為である
ゴミが散乱する

○○○○市会議員選挙のS会所属候補のこと①
交通量がそこそこある大きな交差点で 選挙宣伝カーから大きなミススピーカー音が聞こえたとき 大変強い電磁波を照射された
この選挙ではこの市議候補者は落選したが 次の選挙では当選した 組織票は大変堅実である

同②
S会候補者の選挙宣伝カーが後ろに来た 思考盗聴していると思われるセリフがスピーカーから聞こえてきた

選挙権が18歳以上になった 組織票を持つ政党は一気に獲得票が増えるであろうと想像すると 加害者に都合のよい政治になっているなぁと思うのは穿った見方だろうか?
スポンサーサイト

コメント欄から移動  すり替えていませんか?

コメント欄から移動
すり替えていると思われるところまでコピー&ペーストしました
**************************************************
http://mikle.jp/viewthread/2207632/p36/
2016-06-25(09:38)
name 拡散文書

タイトル: ミクルの「創価の実態」ってトピ見てる人へ

この文書を拡散中➡「公明党(創価)が、一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます
より多くの人に、この事実を知ってもらう事で、この犯罪は減って行きますから、メクラ滅法にバラまいて、世間に浸透させてます
公明党が与党になってから、精神科、心療内科が急増、障害者手帳を持つ人が急増、向精神薬の売り上げ急増、教師の長期休暇急増、精神障害になって労災請求する人が急増してます。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明党です。逆に言うと、公明党が野党に転落、もしくは政界から退けば、この卑劣な犯罪は激減するって事です
この犯罪は、人工衛星を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、あらゆる痛みやあらゆるカユミ、あらゆる病気を作れます
この犯罪の黒幕は、CIA (アメリカ中央情報局)やNSA(アメリカ国家安全保障局)等の、アメリカの諜報機関(スパイ組織) です
創価はCIAの下部組織ですし
  …以下削除…
**************************************************

嫌がらせだけど

5回目ランの鉢を逆さにされた 隠すように置いている所から引きずり出して目立つところを選んでいる
目的は嫌がらせ 祖父・父の形見だから
(6回目ランの鉢を横倒しにされた   7/21追記)
私の加害者はNu‐Ka一族 (今回記さないがOO姉妹達・Si‐Sa達) がクライアントでサポーターはSo‐Gaを中心とする加害者組織である
実家の向かいの夫婦はブレインジャックされたままである 最近ブレインジャックしているのはNu‐Ka夫婦からバトンタッチして ピンヒールを履く女と小柄な男である
(この二人は一昨年賃貸住宅の駐車場でのトラブル1時間後にストーリー展開した 小柄な男はトラブルの時に居なかったがストーリー展開を主導する役割だった)
二人の会話が弾んでいる 自宅地方の方言をよく耳にする 実家と自宅とは直線で約60km離れている 当然だが向かいの夫婦はこの方言を話せない 
逆さにされた鉢をビデオに収めているとニセ妻 (顔が怪獣のように見える お気の毒だ) が覗いている いつもの≪扉を開き 柏手を打つ音≫がビデオに収まった 
(ちょっと小気味好い)
向かいの電磁波照射のスイッチは 台所・風呂場・勝手口外の流し台の下・魚冷凍庫付近と幾つかあり その都度電磁波の種類を変えてくる 
電磁波照射は音を出した後もしくは同時である
最近向かいから出した音が聞こえる場所が一ヶ所増えた これまでの東隣の家・北隣の庭に加えて南(実家の庭)
それ以外にも 実家の至る所で音を出す時がある 何の為かは不明である
 
先日向かいの家族の好物料理の匂いを思い出した 昨日その料理を調理する音が大きく聞こえた 庭にいる間いつまでも大きく
数十年前に実家にいた愛犬の行動を思い出す 犬の知能は4歳の幼児と同じくらいと聞いたことがある

例えば車走行中に狭い交差点でカルトナンバーの集団ストーカー車が出てくる 目立つ運転をする この絶妙のタイミングはパソコン等で管理・操作されていると感じる 被害者の前で急に常識外の走り方をする通行人なども同様に感じる

稚拙と緻密
嫌がらせすることを仕事にしている加害者たち 老若男女・幼児に至るまで同じことをする 人の心を持たない 
常識を持ち出すのは 嫌がらせをするときだけ

某所で昼食を摂った
2ヶ月前の交通事故の相手がブレインジャックする親子が付きまとう 子供が大声を出している 呼応するように母親が私の真後ろで大声を出す 相手方保険会社の男も見かけた 服装が当日と同じだ 70歳くらいの男性が40代位に若い 話しかけてはこない 
カウンター席隣の老夫婦は お持ち帰り用のパックを取り出し 過分に盛った皿から料理を取り分けている 「此処の料理はお美味しいから」 「残すと勿体無いから」と言いながら 
後で気付く 70代の老夫婦が発する声は 大変若かった パックに詰めた料理は 大きさと色が店のものとは違った

被害者は何事にも動じないように鍛えられる 乗り切ろう 
犯罪の認知・撲滅 被害者救済は日本が元通りの治安のある国になる

決められた場所に常駐し被害者に付き纏いをする加害者達 被害者の行く先々に急行する加害者達
加害者には何が残るのだろう?誰が加害者を助ける?

『民間防衛』

祖父と父が大事にしていたランの株分けした鉢を逆さにされた 4回目である
ランは土に埋まっている 土の上に出ている根は 健気に小石を抱いている
茎と葉が増える時期である
1回目は逆さにした上に 一株は根・茎・葉にバラしていた
一株は盗まれた 吝嗇漢
ブレインジャックする加害者は姉を演じる気はないようだ 
私の周辺ではこんなことをする者はいない
3回目逆さにされるまではプランターに植えていたが今回は鉢を買い 見つからないように太陽と風の当たりにくい場所においていたにも拘らず この暴挙である  
Nu‐Kaは直情型 孫も同様である

常識的に電磁波犯罪・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪は認識されていない 増してブレインジャックは被害者の中でも知らない人が多いだろう
加害者クライアントが跳梁跋扈する理由はこの辺りにある
破壊 恫喝 暴力 
人間としての理性は丸でない
最早人間の心はない

某所で隣り合った人の顔には電磁波照射による「吹き出物」に見える赤く腫れたものがあった 
(そこに痒みをくわえれば虫刺されになる
4月中旬より痒みを伴った電磁波照射が続いている皮膚は 数えきれない痣ができている)
ポスティングしていると 低周波のような音を至る所で聞く エアコンの室外機がある 気温が低くてもエアコンを使用しているのかもしれない
自分の考えでない思考を感じる 
自分の運転の仕方でない運転に気付く 勾配のきつい坂道 然も短いカーブが続く場所で 「さぁ スピードを出そう」 と思って(思わされて) スピードを上げて坂道を下った 普通は逆の運転(慎重に ゆっくり)をする場所である ゲームセンターの運転ゲームをしているピンヒールが思い浮かぶ ハンドルを絶えず動かしている(動かされる)
新聞の全面広告で気になったことがある 「キーン シュー カエルの鳴き声等」 耳鳴りが気になる人への 薬剤の広告である
私の耳鳴りは機能的に異常はなかった H19年6月4日から受けた電磁波攻撃だった
至る所で電磁波照射が行われていると感じる 車走行中にも感じる 
被害者だけにではなく 誰彼構わずに電磁波照射していると感じる
高速道路走行中に前の車が蛇行する ブレーキランプを無駄に踏む これらも後続車への事故誘発の行為と思える
商業施設 公共施設の駐車場は それらの車の拠点になっていると感じる 夫々が運転してきた車を駐車して別の車で出かけて行く 若しくはどちらかの車で出かける 3の倍数の時刻によく見かける状況である 夜12時(午前零時)までは多い 
夜中に走行する車が増えている

どこでも見かける加害者 その場で操られて加害行為をする人もいる 
地域内を担当する加害者と 付きまといをする加害者がいる 定位置での見張りもいる
電磁波犯罪に気付いた約3年前と比べると 加害者の数は確実に増えている
熱心な信者さんは騙されて加害行為に加担させられているかもしれない
一般の人が騙されて加担させられることもある
一刻も早く気付いて頂けることを祈願している 騙されている加害者の方々 電磁波照射を受けながら気付かない被害者の方々
そして一刻も早くこの犯罪を認知・撲滅することを切望している 
平和・秩序・自由・権利のある日本を存続するために
一人ひとりが 『民間防衛』 を身につけねばならないと感じる 

跳梁跋扈するクライアント

ニセ姉が 化粧品を通常より長く振り音を出し続ける 一週間前から続いている
新たな電磁波攻撃が始まるまで音を出し続ける
被害者に対するカウントを取るリズム (ノイズキャンペーン) が嫌いらしいので 部屋でスーパーのレジ袋を使って音を立ててみた 
障子を壊す勢いで開けて写メを撮るので阻止すると反対側の障子を開けて写メを撮る 大変力強い 
姉のものより大きな頭を体感から前に垂らし 口は特徴のあるカラス口 Nu‐Kaである
(口を閉じることが苦手な為口を閉じると カラスの口のように突き出している・カエルの口のように見える時は口唇を口の中に入れて入れ歯で噛んでいる形・アヒルの口のように横に長く突き出しているように見える)
写メを撮るのはこれが2回目 目的は精神異常者に仕立て上げる為の証拠写真にするつもりと推測
精神異常者は加害者である
家族の形見や大事なものを壊す 持ち去る 神仏への冒涜 
生命保険会社に務めるNu‐Ka親族がニセ姉と契約した 当然姉の意思はない 本来なら無効である
嘘の連続により被害者に仕立て上げ 電磁波攻撃・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・ブレインジャックしてその人の全てを奪い・暴れまわる
人の家の物を盗み 壊し やりたい放題やっているのは加害者であることを忘れていると思われる それとも加害者は操られて凶暴にされているのだろうか?

リハビリを受ける時 先生・知人等操られている
隣に具合の悪い人がいるので静かに話したいが 頭でそう考えているのに 大声で話している私も操られているのかもしれない
「気を付けて車を運転して(内容はこんな感じだったが 言葉を正確に覚えていない)」  
広い部屋の対角で リハビリの先生が手を洗い乍ら私を振り返り大声で話す
ニュアンスは仄めかす話し方
性格・体格・リハビリ内容等全てが違う

今朝2時間 家の中で何かが焦げた臭いがした
ニセ姉が来たので部屋で待機 できるだけ顔を合わさないようにしている
30分後にニセ姉が出て行ったので 臭いの強かった台所へ行くと臭いが消えている 
寧ろ 別の爽やかな匂いがした
消臭剤を使って臭いを消したのかもしれない
向かいの家では 「なにかな?」 と声がした 
北側の家の庭(音源は向かい)でも音が聞こえた
いつも声や音が聞こえてくる時刻はこれより2時間後である

【追記】
6/15
当夜 冷蔵庫が冷えていない
翌朝冷凍庫の氷が解け出している
冷蔵庫は電磁波により壊されたと分かった
真冬暖房していない夜中に モーターが長時間唸っているのは 電磁波照射の為に取り付けられた機械である
その負荷が冷蔵庫を壊したといえる

壊れた冷蔵庫に通電するニセ姉 (ブレインジャックする加害者が 自分は偽物であると吐露していることになる) 
目的は電磁波照射以外に考えられない
庫内がモーターの熱で温度が上昇する 庫内に残った食品の傷みを助長する
その旨メモに記載してスイッチに張り付けると今朝は通電していなかった

6/15
スイッチに張り付けたメモは破られて 半分残っていた
姉をブレインジャックする二人のどちらかがそのままにして どちらかが破いた? 
捨て置けはいいものを 「破く」 「半分残す」 異常性

7/1
 (ブレインジャックする吝嗇漢のNu‐Kaが)ニセ姉が新品を調達するとは思わなかった 電磁波照射の為である
やはり 
新しい冷凍冷蔵庫には 電磁波照射の種類が多い
「ゴンゴンゴン」 「ボケボケボケ」 「シュー」 「・・・」
冷蔵庫内で食品が凍っている 電磁波照射の為のモーター作動時間が長い
冷凍庫内で 溶けた水が凍っているような氷がある
設置したのは素人のようで冷凍冷蔵庫は傾いている 早晩扉が痛むだろう

嫌がらせ④

【伝言ゲームのような嫌がらせ】
実家に宅配便が届いた 私にも届いているかもとコールセンターに問合せた
①届いているか否かの確認
②届いているなら 週末・営業所での引き取りたい旨の依頼
コールセンターの方は復唱した後「確認します」と言って電話を切った
4時間待ったが折電なし
週末自宅ポストに不在票が1枚入っていた 営業所に行くと品物は配達の人が持って出ていた
配達の人に会い コールセンターからのFAX用紙を見せて頂いた
折電は実家の番号を告げていたが 「自宅固定電話と携帯電話に連絡するように」との文章がある 携帯電話は末尾の数字が違っている 自宅にはブレインジャックされた息子がいる 電話に出る者はいない
営業所引き取りを告げていたが 「引き取り又は配達希望」となっており 行き違うように画策されていた
コールセンターの方は 私の依頼通りの復唱をしていた 折電がないこととFAX内容が微妙に違うことは この犯罪の嫌がらせに他ならない コールセンターで行われたものか 或は脳を操ったものかは不明である

【3回目】
マニュアルだと実感する
黒地Tシャツの男性が付き纏う 記憶しているだけで今回で3回目  白抜き文字が前後にある 後ろ見頃のほうが文字面積が広い 真新しいブラックフォーマルの黒 
記憶に残る事象を記載しているが 同時期に集団ストーカーがおなじようなTシャツを着ていた
1回目は集団ストーカーがSi‐Sa仲間とNu‐Ka親族で行われている頃だった
Nu‐Ka弟(三男)孫男子がATMで 中川家のお兄ちゃんの真似で中国語風を大声で喋りATMから離れたり近付いたり大袈裟な仕草=目立つ行為だった
2回目は一昨年の6月頃 男性3人が上記のようなTシャツを着ていた
賃貸隣の女が102号室から走り出てきて乗車し緊急発進した直後に入ってきた車から降りた
駐車場内一周して (ストリートシアター 一人は大柄なツルツル坊主頭 一人は腕の筋肉が太い 一人は普通) 大変強い電磁波攻撃を10分位して出て行った
その内の一人が白い車でやってきて私の観察をした 
3回目の今回は大柄な男が買い物中の私の真後ろで「エヘン」を繰り返す 離れて行って 品物を見ている私の後ろで「エヘン」と言って 離れていく 10会くらい繰り返し 諦めたようだ 
加害者は異常者である 何をどう騙されれば 公衆の面前でこんなことができるのか不思議だ
『厚顔無恥』 では言葉が足りないとさえ感じる

【ホットカーペット】
私が使用している部屋のホットカーペットが無くなっていた
梅雨の時期は冷える時があり 必需品である 姉は当然知っている ホットカーペットは夏は絨毯の役目をしていた為購入後使用していた
ニセ姉 (ピンヒールを履く背丈の低い女 Nu‐Kaの孫と思われる) に訊くと
「3階に箱があったからしまった」言い訳めいた言い方
「20年前あたしが買った」
「いいえ 母が買ったものです 箱があるなら 置く場所がそこしか無かった為」 教える必要もないので言うのは止めた
「3階に殺人鬼が住んでいるのね」 返事が無かった
最近弱視・背丈の低い男 (Nu-Ka親族) が実家向かいの夫を操る 近所を歩いたりしているので 姉の家に住んでいる可能性がある その為にホットカーペットを移動させた可能性がある 又3週間位前に姉不在(勤務中)時に大型荷物搬入のように門が開き・話し声の後ドアの閉まる音がしたことがある
この犯罪を取り締まって貰えるなら 屋内を見れば一目瞭然である 指紋採取も同様である
私には玄関の中をも見せない
上記20年前と昔を引き合いに出せば 嘘が通ると思っているのか

姉はブレインジャックされていて Nu‐Ka一族がブレインジャックしていることは公言している (言わずとも脳内思考盗聴される)
殺人鬼強盗と同等の行為を行う精神異常獣である 人間の心は持ち合わせていない

【吝嗇漢】
私の大事な人たちがNuーKaにブレインジャックされている 
ブレインジャックされた人たちは全てを奪われている

金品も同様である
にも拘らず 無くなった叔母への供養は 知人へのそれと同額であった
仏壇には Nu‐Kaのものと思える贈答品の内の2個だけ飾っていた 

【加害者はどこにでもいる】
母の風呂の日に洗濯物を取りに行く
ニセ母は腕を伸ばし触りに来る
ブツブツ何か喋る
顔が大変大きい 頬骨が張っている
Nu-Kaの特徴
無視するが繰り返す 「Nu-Kaは殺人鬼」 小さな声で呟いた
病室を出ると 作業室から看護師が一人 詰所方向へ小走りに駆けて行った
続いて 詰所から看護師が縦一列になって等間隔で5人早足で歩いてきた 一人ひとりに挨拶をするが 皆大変怖い顔をしている
操られているようだ
どこかの病室からおばあさんの喚き声が聞こえる 一時期途絶えていたが復活したようだ ブレインジャックされている人と推測している

2ヵ月前から一人のおじいさん(80歳くらい・小柄)は車いすに乗せられ いつも詰め所内や看護師が傍に居る 無言無表情 
母も一時期同じ状況だった
… … …
おじいさんがめをさました 大変大きい目で見つめてきたがすぐに逸らした 体格はしっかりしていて厚みもあり大きい(7/5/2016追記)

【足をブラブラさせる】
パソコンを拝借している施設では 近くの使用者から足をブラブラさせる嫌がらせを受ける 大人の場合は貧乏揺すり
大変可愛い女の子も片足をブラブラさせている 意識していない様子なので本人が感じないで操られているのか?
私は自然に目に入るのではなくて 見るように仕向けられている 何の為に? 集中力低下の為と思われる
食事をしたところでも 同様の行為が目に入った 食事をしながら足をブラブラさせる女性を初めて見たが加害者だと感じた

【機械音に合わせた電磁波攻撃】
同じくパソコンを拝借している施設での嫌がらせ
飲食物の保冷庫の機械音が脳内送信で加えられ脳内で大変大きな音がする 同時に電磁波攻撃している 
職員と利用者の会話や利用者同士の会話で嫌がらせする=集中力散漫になる=ことも常である
本日は利用者が少なく会話が成立しないため機械音がやたら大きい

【照明に合わせた電磁波照射】 
同施設での攻撃
スポットライトに合わせた電磁波攻撃を受ける
非常用消防ホース収納の 赤いライト周辺に合わせた電磁波攻撃がある 赤いライトより大きな円形の赤い電磁波が浮かんでいる 見る位置を変えると 赤いライトと別に円形の赤い電磁波が見える 
組織が大きくマニュアルがある為 攻撃も多種多様である 改めてすごいと思う 
建前の嘘ではなく本当の平和に使うと素晴らしい住みやすい世界になるであろうに残念である

【嫌がらせのおかげです】
過日記事にした嫌がらせが私には功を奏して便利になった
シャットダウンすると初期設定するようになっている筈が 使用時に文字がいつもより大きく使い難い時が何度かあった
その対応で「設定」場所が分かり 細かな文字を大きくすることができる様になり見易くなった
加害者にはお気の毒であるが

加害者クライアントによる付き纏い

早朝出かける準備をしていると邪魔をする
低周波の低い唸る音が続く その後
人のいない場所で物音がする ドンドンドン… 出かけるまで断続的に音を出し続ける 
実家向かい(西)から音をだし 私のいる場所 (東にいるときは東の家から 北にいるときは北の家の庭から) で音がする
電磁波が照射されている直線状で音がする そこは東の家のトタンが太陽の位置に関係なく数時間光り輝いている 北の塀は太陽の光が反射しない材質のものが強く光を反射する 東側の直線に位置するところに神棚があり榊が枯れる 写真の一部が黒く焦げている 
向かいには人の気配はない 音のするほうでも人の気配はない
先週は起床後すぐ出かけた為 目的地に着くまでほとんど邪魔が入らなかった
2度目の今回は加害者が邪魔をする準備が整い さらにその後の集団ストーカーの準備の都合上邪魔をしていると 経験上想像する

目的地では 今日はブレインジャックされていない「人」だったが 帰るとき挨拶した人は Nu‐Kaの孫と思われる (鼻孔・口・頭・背丈が大きい) 女の加害者がブレインジャックしていた 加害者の特徴が出る為分かりやすい
先週はリハビリの先生方がブレインジャックされていた 加害者はNu‐Kaの弟(二男)の子若しくは孫 =自宅を破壊して息子をブレインジャックする男= 顔の肌質・髪の癖が全く逆である 大変真面目な先生が饒舌になり リハビリ効果は全くない 
ブレインジャックする加害者は素人である 本来なら違法である 
この犯罪が周知され 撲滅されることを切望している

実家の向かいと裏(姉の家の向かい)の夫婦は Nu‐Kaと 孫(ピンヒールを履く女)と上記の女がブレインジャックする
母・姉も同様
昨日 Nu‐Kaの向かいに住むOO息子の声が実家向かいから聞こえてきた 機械音声かもしれない 執拗である 
OO息子とは先週自宅近くですれ違った 脳出血の後遺症がある・50歳位・白髪交じりの髪の男性が すれ違った容貌は 髪は黒々とし・難なく素早く歩いていた 若い人がブレインジャックしてサポートしていた
隣を歩く男性に私を見ながら説明していたが その男性は既知であるような返事をして知らぬ気を装うが 意識はこちらを向いていた
 
数日前 Nu‐Ka妻と近隣の女性のお姉さんとの会話が聞こえた
「ほらね」
「そうね」 (分かりやすい言葉で表現した)
近隣を見ると お姉さんが一人で草刈りをしていた 両者の会話は存在しない
上記会話は Nu‐Kaが風呂トイレのストーカーをしていると分かった数年前 風呂使用中に聞こえた会話と同じ内容である 声はNu‐KaとOO隣に住むOO義妹だった この時は日付が変わるころに二人一緒にストーカーしていると思ったが (女性が風呂のストーカーをすることを不思議に思った) 
機械音声による嫌がらせのマニュアルだったと数年経って理解できた

Nu‐Ka親族の男 (弱視・縮毛・腹と手足を外側に突き出して歩く特徴がある 現在夫ブレインジャックをメインにする) が私の前を通り過ぎる 知らない男をブレインジャックしている
実家に帰ると 向かいの家から話し声が聞こえる 子供の声も交じり いつもより人数が多く数時間大声が聞こえていた 夜遅くなると窓を開けて柏手を打つ音を立てる 声が大きく聞こえるのは電磁波がある為である

行く先々でNu‐Kaやその一族がブレインジャックする 
付き纏いは初期のストーカーが姿を現すようになった
集団ストーカーは増えている
電磁波攻撃は酷い

物品の勝手な持ち去りがある 
親戚・知人からの仏壇へのお供え物
実家から消えたもの 
買い物用の財布・40年同じ場所に置いていたお墓参りセット・姉が出かけた先で購入する土産兼お供え・母からの心尽くし・榊・絨毯兼ホットカーペット等 
いつもあったのもの無くなり 見たことの無かったものが置かれている
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR