復活した嫌がらせ行為の男

前回の「嫌がらせ③」に追記するか迷ったが マニュアルかもしれないので別枠にした
集団ストーカーが増えてきて何が起こっているかわからず不安な時期のこと 
息子 (ブレインジャックされていたが知らなかった やはりこの犯罪を一刻も早く周知していただかねばならないと思う) が私に間接的な暴力を振るったことで夫から 実家に滞在するよう言われた 半年実家で過ごした
集団ストーカーはアナログ式に 主に2名の男が付きまとった
実家の近くでは濃いサングラスをかけた中肉よりやや太め・中背の男が特徴のある歩き方(マニュアル=目立行為)で前を通り過ぎる 方向は東から西向き 
私が車で移動すると 赤色の目立つ自転車で過ることが度々だった スーパーで近づくときは籠一杯にもやしを入れていた
他方は モデル体型・細面・くすんだ赤紫色スーツ着用・私用のときにはラフな装いで買い物をしてすぐに立ち去った 車は赤色
その他は車でストーカー 寧ろ行き先特定の為の追尾だと思われた
途中で見失うと 後日そのあとを追尾する 結果的に行き先を特定されることになる 行き先をいくつか知られると そこで待ち受ける車両が出てくる 他府県ナンバーも多々あった
主なる男二人は自宅に帰った後は一度だけ 嫌がらせ行為のために目の前に姿を見せた 
定期的に行くスーパーでのこと 記憶に残らない男1名増えて(案内役?) 3名がその店から出てきた 入店後すぐに女店員が私の周辺をモップ清掃し続けた 靴も濡らされた 

主の男2名が最近私の周辺を自転車で通り過ぎた 今後の動向を記録していく 

同時期のこと
Nu‐Ka弟(三男)の娘が実家近くのスーパーで 携帯片手に話し乍ら私の周辺を付かず離れずうろついていた 電話を終えると車で立ち去った (別の機会であるが 自宅から2時間かかる場所へ出かけたときにも尾行された 初期はアナログ式 Nu‐Ka一族やSi‐Sa一族 OO一族が集団ストーカーをしていた) 
その店では私が行くと店長が私の周辺を付きまとい始めた 
または保安員や納入業者を装う(業者には見えない男もいた)加害者たちが 絶えず凝視する目つきで付き纏った
ある店舗で付きまといの男の写メを撮ってサービスカウンターで見てもらうと保安員とのことだった この男は 電話してきて 写メを消してほしいと申し出た それにもかかわらず ある期間を経て また付き纏い行為をした
別の店舗でカートをぶつけてきた女性のことを話した時応対した保安員はその女性を探すふりをしただけだった
組織が大きいので何でもありである

【追記5/25/’16】
集団ストーカーの目印は黒ニット帽子又は黒か紺色の野球帽
上記主の男二人も黒ニット帽子だった
集団ストーカーが増えたときは野球帽が主だったが 最近黒ニット帽子が復活した
日中天気が良ければ気温が上がる 更に黒色は光を吸収する 更にニット帽子である 昨年同時期に私の集団ストーカーが地下街で熱中症のごとく顔が赤くなり座り込んでいた かなり苦しそうであった 地下街へ行かなければこの男性はどうしたのかと心配したことを思い出した 
得意気な顔をした集団ストーカーは大丈夫なのか 
エンジンをストップした車内で私が行き過ぎるのを待っている集団ストーカーも大変そうだ
被害者だけでなく 加害者を見張る者がいることを最近知った 気付くと隠れた
この時期黒のニット帽子は目立つ だが効果的でなく異様に映る
スポンサーサイト

厳正なる抽選

加害者による厳正なる抽選2種

13時からの公開抽選会に参加する為時間に余裕を持って出かけたが 何故か行く先々で邪魔が入る 選択した道は悉く時間が掛かった 13時を過ぎて到着した 
抽選場所には 職員3名 参加者2名 (以下の数字は抽選の流れを示す)
職員は 女性(①役割不明) 男性(②回すとガラガラと音がする抽選器に数字の球を入れる④出た数字を読み上げる女性に渡す) 男性(⑥決定した数字を記入)
参加者 女性(③抽選器を回す) 女性(⑤数字を読み上げる)
加害者に見える人 操られている人 目が真っ赤な人達だった
13時迄に着けないように邪魔が入った理由がなんとなくわかった

落選する人数が少ない抽選の抽選会
登録数字を書いた用紙を箱に入れる
落選する人の枚数を抽出する 

当選しても出席率の低い人が数年続けて当選している 補欠になったこともない 昨年の出席は1/30
出席できない理由は 忙しいから 体調が悪いから 家族を病院に連れていくから 等
ある日 彼女とすれ違った いつもの車ではなく軽自動車のカルトナンバーだった 闘争心丸出しの顔に見えた
初めて彼女と会ったとき 携帯電話の番号を聞かれた 電話がかかってきて 1時間一方的にしゃべり続けた 目的は何だったのか?
ある所へ行くことを決めたとき彼女がついてきた 何度かそこへ行くうちに 何らかの風評を流されたようだった
マニュアル通りだったと 今はわかる 

どこにでもいる加害者

被害者の会に加害者が紛れている
昨年・今年の受付は黒スーツの若い女性だった
(昨年正月の加害者の正装は黒スーツだとブログに記載したためかと想像してしまう 黒スーツ着用を決めた人がいる)

60代後半のご婦人が50代の風貌だった 操られている 私が接するときだけ?
(4/16夜から始まった痒みを加えた電磁波照射が継続中である 腹部・背中・腕等部分的にかなりの数の攻撃であることを話し対策方法を伺った時見せて下さった腕は 小さな傷跡が一つあるが 電磁波照射を受けていないと思われる瑞々しいきれいな肌だった)

近くで雑談をしている男女 被害者が被害を話している 聞き手はその部分をスルーしかけて 「あっ そうそう 私もそれあります」 違和感があった 彼女は私の動きを見ている気配があった

初めて見たとき 加害者だと感じた男性が斜め前に座っていた 眼の端で私を捉えようとしていた 加害者の常習である
散会後 彼が私の直前を歩いているとき心臓攻撃があった 刹那彼が肩にかけたショルダーバッグの膨らんだ部分を後ろ手で押さえた 私が加害者だと思っているため 思わせぶりな態度をとらされているとも考えられなくもないが

時間がない時には所要時間が増える

いつも通りの所要時間で間に合う筈だった 40分ほど余計にかかった
時間厳守と思っていたのは今回は違ったので不都合はなかった
邪魔をした加害者の方にはお気の毒様 と伝えたい

高速手前のバイパスに乗る側道の交差点で警察の事故処理車が赤色灯を回転させて停車している
通過するのに難はない 大きくまわれの指示があるだけ 
車両が一台斜めに突っ込んでいる ボンネットを上げている
対向車はなく ここで突っ込むのは難しい 加害者のヤラセ 又は操作されたと考えられる

渋滞のない所で速度が落ちた トンネルの苦手なドライバーがいるのか?約2km

「火災の為 渋滞3~4km」 の表示が出ていた 停止と徐行の距離は少しだった ゆっくり動く状態が続いた

時間厳守の時 30分~1時間所要時間が増える マニュアルだろう

ブレインジャックの奇妙な光景

2014年3月22日「ブレインジャック」があるという事実を知った ブレインジャックするNu‐Kaの恫喝と壁を蹴る暴力によって
夫は先に自宅を出て賃貸住宅に入居していた ストーリーの筋書きはNu‐Ka
ブレインジャックする加害者は息子の身体を操り暴力を振るい 壁・家電製品・家具を壊した 
夫には恫喝と暴力を振るわせた
ブレインジャックについてはパソコンで見つけることが未だに出来ない

2014春夫をブレインジャックしていたのはNu‐Ka夫婦+サポート役の20歳前の女の子(車に初心者マークが付けられていた)
朝食をとるのは夫婦交代制だった
2014/4月某日 Nu‐Kaが夫をブレインジャックして朝食を摂っていた
私がNu‐Kaの所業を呟くと 刹那 耳が真っ赤になり頭全体が真っ赤になった
(この事実である事柄について 推測から事実の確認ができた)
夫の身体の特徴は自宅向かいの90余歳の男性に変わった 顔は夫の顔ではなく その男性そのままの顔に見えた 何が起こったのかわからないという表情をしていた 
驚いて見ていると1分も経たない内に元に戻った
この男性は犯罪とは無関係と思われる

Nu‐Ka妻が夫をブレインジャックして朝食を摂っているとき Nu‐Ka妻の特徴から私の友人に変わった 
アニメ漫画にある「変身する」ように 少しずつ変化する 顔の形・顔の夫々のパーツの特徴・髪の形・テーブルの上に乗せた手や腕の形などが微妙に変化した
私が見ているので面白がってこの光景を見せたか 何でもできるという誇示だったかもしれない
ブレインジャックされた夫は 私が知るだけで 毎日2時間余りパソコンから延びるイヤホンをつけられていた イヤホンからは早回しの隣国語のようなものが漏れ聞こえてきた これは息子も同じだった
記憶がどうなるのか 何時元に戻るのか この先どうなるのか何もわからず不安だけの毎日だった
脳の乗っ取りは本人の脳を使わないようなので 身体の乗っ取り・個人すべての乗っ取りとなる

嫌がらせ③

【騒音と脳内送信】
パソコンを拝借する場所で 二人以上で使用している加害者はお喋りをする
嫌だという思考操作を別途送信してくる
対処法方として呟かざるを得ない
功を奏して離席してくれた
加害者組織は大きい 大勢いる バトンタッチするだけだ 

【駐車場でのバトンタッチ】
満車に近い駐車場で場所を探すと 出庫する車がすぐに見つかる
その枠に止めて 駐車時間に拘わらず (買い物程度の短時間・長時間) 車の温度計は気温の10度あまり高い気温を指す
例えば気温20度以下雨天の時 温度計は34度だった
乗車後即電磁波攻撃を受けているような強い攻撃を受け続ける
周辺の車は カルトナンバー・目立つ車種や色・アイドリングしている車・出庫すると同様の車に入れ替わる

【思わせる】
専門職でも ブレインジャックして跳梁跋扈する加害者
歯科検診・髪を切ったとき 本人でよかったと思わされたが
特徴が本人と違ったことに気が付いた
防ぎ方を思いつかない
素人に検診してもらい 髪を切ってもらっているのと同じになる
素人が免許のいる仕事をすると通常は法に触れるが 身体が本人であることと ブレインジャックの犯罪を隠蔽されている現在は加害者の思い通りに事が運ぶ 加害者の言い訳は 「統合失調症」だ
被害者を嵌める言葉でもある
大変怖い犯罪である

【パソコン・電話線等の工事】
賃貸住宅入居後何度も見かけた パソコンの光通信工事などの電線付近になにかの取り付け工事のうち 許可証を写メに取ると来たばかりなのに 即出ていった事があった
姉の隣家前の電線に取り付けてある箱を開けて何かをしている 交通整理担当の男性に何をしているか尋ねると 「私ら触れんのです」 警備担当は何をしているか話せないということらしい 許可証はない 携帯電話を取りに戻った間に数軒先へ移動した 
許可証を出しているが昨日の日付で文字が擦れている
工事担当兼運転手が怒りを露にしそうになったので 許可証の写メを取っていいか尋ねると 良いという返事が返ってきた 
先ほどの男性と同じ訛り 親子のようにも見えた 九州地方言葉を 熊本地震発生の翌日に聞いた
郷里が天災で大変な状況の時に加害行為を行うのかと遣る瀬無い気持ちになった
目的を推測すると 一人乗りクレーンの移動中の電磁波照射かと思った

【同時嫌がらせ】    追記5/12/’16
パソコン拝借使用時から同時に嫌がらせ 操作の邪魔をする ご苦労様である この現象を聞いた人が皆思うことは こんなことをしてあなたに何が残るという疑問だ
本日ブログの文字が大きくいつもの1.5倍ある 何か面白いですか?

平日昼間 周辺で若い男女をよく見かける 平日昼間休みの勤務もあるだろうが 加害者と分かる風貌である
この施設に来て いつも通りの場所にいないと探してくれる人が何人もいる 横を何度も通る
目的は何か? 加害者は何を思っているのか?

【姿を見せる】      追記5/18/’16
日中自宅に行くと Nu‐Ka・ヤマ○○・OO母子らが必ず姿を見せる 
姿を認めると 離れていく方向へ行くことが多いが 今回は車を挟んですれ違った 
ヤマ○○妻は笑いながら車をノックしたが70代後半の顔付ではなくたいへん若かった
背中は曲がっている Nu‐Ka妻の姪の孫(幼児)?
Nu‐Kaは日焼けした肌色をしているが この時は 色白を通り越した貧血気味の色白で 大変スリムで背が高かった 
目に入ったときは Nu‐Kaの容姿・歩き方だったが 近づいた時には難の無い歩き方をしていた
何のために姿を見せるのか想像すると 嫌がらせ行為と捉えるしかない 

加害行為の考察

【訪問者を装う嫌がらせ行為】
インターホンを連打する 2回以上
ポストを触り音を鳴らす
門を閉める音 (立ち去ったと思わせる)
庭に侵入 
何事かしている (例えば蔓延る草の種をまき散らす 春先からエンドウ豆大の種がまかれていた、植木鉢を移動等) 
門の開閉 足音が遠のく (男女区別できる)
車のドアを閉める音 発信の音

午前中2件のインターホン連打があった 1件目は庭に不法侵入 2件目は女性
大人がピンポンダッシュしている
インターホンに応じれば何かの勧誘を装う
嫌がらせ行為
加害者は何でもありなのが 人として理解不能

【Nu-KaとSi-Sa】
5/5昼下がり向かいの夫婦の声が聞こえた 向かいの妻はSi‐Saが操っている話し方と声 遠隔操作は大変便利だ 
「いくら…そんな事はない そやろ」
電磁波照射の強い攻撃が来た
返す
向かいが静かになった

最近向かいの夫 (操るのはNu‐Ka) は実家前で携帯ラジオを持ち歩いている
向かい勝手口が実家の門の前なのでそこから出入りできるところを いつも路地から出入りする 歩く足音が必要なのか?会えば威嚇になると思っているのか? 以前時候の挨拶の代わりに聞いたときは 釣り道具を持ち歩くから外回りだと言っていたが持っていない
自由だが 通常の行為ではない 妻は勝手口の出入りのみ
Nu‐Kaがラジオを携帯する理由を想像できる ラジオが電磁波照射を音に変えると知っているからだ
2013年8月下旬自宅斜め向かいのOO母が突然強い電磁波照射をして来る様になった時 私はOOの家の前でラジオを使って一番大きく音が鳴る場所を探してOO母に話した 「そこは箪笥がある」 と言った 「電磁波 そんなん知らんでぇ」
ラジオを30分自宅の塀の上に置いた 途中でNu‐KaがOO家に入って行って10分後に帰った OOの電磁波照射は止まなかったことがあった

Nu‐Kaは私が電磁波照射の機器を使って電磁波攻撃をしていると捉えていると思われる 
Nu‐Ka妻は勝手口の外にある流し台の下のスィッチ (電磁波照射用と思われる) をオンオフする 外灯のスィッチと別のようだ

加害者は 自分がしていることを基準に考える為 人も電磁波機器を使い攻撃すると考える 自分が嘘のみをよどみなく話すから人も嘘しか言わないと思っている 「うそよ」事実を話した返答である

【パソコン入力を邪魔する】
私は 「文字入力だけ」 できるから 被害の実態を訴えることができている
加害者は同時入力で妨害してくる 当然思考盗聴・思考盗撮することが基本の加害行為である 
( 他には 感情操作・忘れさせる・騒音を立てる+脳内音声送信等の行為で集中力の邪魔をする 
光刺激で見えにくくする 
ライトから電磁波照射してくる 切り替えができるようだ 若しくはライトに電磁波照射して被害者に照射できるのか?)
文字変換が通常でないと 倍の時間がかかる 今日初めて元に戻すことができた 例えば1番のパソコンを拝借したとき文字変換ができにくい状態だったことが数回あった 数週間後にそこを指定されたとき上記理由を話して別のパソコンを拝借したが 恐らく私が使用しないと普通に使用できただろう シャットダウンすると初期設定に戻るようになっている

入力の邪魔に関連して記載
○上記文字入力方式を変換するに当たり
「ウィンドウズキー+スペースキーを押す」 と説明があり 長押しすると反転が上下回転した 遠くで笑う男の声が聞こえた 今日の担当は男 「エヘン」連発 
(いつも夜遅くいる年配男が 今日は私と前後して入館 加害者か操られた一般人かの区別はまだつかない)
私も後で思い返すと笑ってしまった 「キーを同時に押すのは長押し」 の習慣がある 回転していることに気付くのも遅い (目を乗っ取られていて気づくのが遅いとも考えられる?)
いつまでも慣れない
○4/6/’16コメント削除の際
削除した瞬間に 「あっ!」 遠くで女の声が聞こえた この時の担当は女 若そうな声だった
コメント削除の理由は
❶名前欄 「拡散希望」
❷内容を見ると 
  ・一般の人には気味悪いと思える写真の集合 被害者初期の方にも精神的な上乗せがあると思われた
  ・何らかの会のホームページ
  ・馬鹿げているので覚えていない
被害者を装う加害者 悪質極まりない 
加害行為の隠蔽の為に更に被害者に追い打ちを掛ける
人間ではない
(人に悪いことをして 自分に利益が返ってくるというマインドコントロールに嵌っている熱心な信者さん方もいる 気付いて頂きたい)

【一日中緊張させられた】
感情操作のひとつ
まっすぐ進むつもりだったが こちらに来る車が見えたとき 「真っ直ぐ行くのはやめよう」 加害者の考えだった (そう思ってもその通りしてしまう 抗う法方を編み出したい)
左折すると数十メートル先にミニパトカーが一台赤色灯を回転させて停車している  
右折の選択を考えたが 「止めておこう」 加害者の指示
通過するため 右折指示を出して反対車線を通り左折指示を出して通常走行に戻った
その間警察官が 婦人警官1人含む3人くらい 一般人が4人くらい 全員がこちらを見ていた 婦人警官とは目が合ったように思わされた
「止まれ」停止線を見落とす大仰な仕掛けの時と同様のマニュアル あらゆる手段で加害者のストーリーに添わせる
パトカーを見て怖いと思うならそれは 加害者達である 
そのように思っていたが
夜になって 随分緊張させられていたことに気付いた いつからかはわからないが きっかけはパトカーと想像するしかない 

【思わせぶりな行為】    追記5/19/’16
「何か話す素振りをしてやめる」 行為を何度か見た 
脈絡はない 「ふと思いついたから口を開き言葉を発する前に やっぱり止めておこう」
それを見た者は 何だったのか考える 想像できる場合と できない場合 どちらにしても気になる
目立つ走り方をするのと同じ類のマニュアルだと最近分かった

撲滅のための認知活動 

ゴールデンウィークは 離れた所に住む家族が一堂に会する機会である人も多いと思う 2世代3世代4世代
向かいの娘夫婦が帰省したが 夫婦はNu‐Ka夫婦に操られた状態である 娘の声も本人のものとは違う
帰省してもなお操られるのはどういうことか理解しかねる クライアントは跳梁跋扈していいということか
(娘婿は加害者組織員)

我が家もまた 毎年恒例の大変楽しみにしていた行事だった
順当なささやかな家族の幸せをも奪い去るテクノロジー犯罪
加害者が逮捕され 全てが明るみに出ることを 
早く撲滅収束する日を希求している

私がブレインジャックについて知ったのは2013年3月のことだった 
息子 (ブレインジャックしているのは 隣のおじいさんNu‐Ka) が両手を壁につき 壁を蹴って大声を上げた
常識のないことだった Nu-Ka自己中心的な内容だった
当然 息子が要求することではなかった
テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪を知ったあと 盗聴されていると思っていたので 家の中で止めるよう呟いた
Nu-Kaの嘘について話したこともある 電磁波照射は大変辛いものだった それまでご近所づきあいをしてきた人が電磁波攻撃してきたのだから 話し合いで元の鞘に収まるとも思っていた 
Nu‐Kaの出現によってどんどん悪いほうへ進んできた
夫・息子がブレインジャックされたのは2014年春から
姉がブレインジャックされたのは2015年春から
それまでも度々ブレインジャックされていたことがあったと 振り返ればわかる
軍事兵器として秘密裏に開発されたハイテク機器を悪用している
拷問を素人が行っている
騙された人が電磁波照射している
肉体を攻撃するだけではなく
精神的に追い詰めるために嫌がらせ犯罪・集団ストーカーが行われている
騙された人が嫌がらせ犯罪をする 驚き乍らの人もいる
組織的にサポートする加害者集団が存在する 広く宣伝する部を中心とした団体らしい
「あんた一人に誰がそんなに金をかけて嫌がらせをするか (Nu-Kaの言葉)」
資金は潤沢にある 被害者からむしり取ったものが
(熱心な信者さんほど沢山の寄付をするそうだ 病気・災いも沢山降りかかるとのこと)

被害者でない人も 思考盗聴・思考盗撮され(我が家も20年されていた それ以前でも加害行為があったかもしれない ) 
被害者のいるところで加害者に操られ 加害者に見えるように動かされる
被害者と分かってから周辺の人の風貌が変わった 平日親子三人で被害者周辺を付きまとうという通常の光景で無くなった
知ったから防げるか?防げる簡単な犯罪ではない 警察の人をも一瞬で加害者の思うままに操る加害者たち 
だから 一般的にテクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪は知られていないということを 加害者は隠れ蓑にしている
被害者を精神異常者扱いしやすいという 加害者にメリットがある 
(実際の精神異常者は加害者である)

ブレインジャック テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪を広く知って頂いて 
防がなければならない犯罪である
法改正とともに 国際的にとめなければならない犯罪である
被害者を増やさないためにも 是非知っていただきたいと懇願している
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR