嫌がらせ② [記事番号 212]

【父が遺した蘭の植物のこと】 
祖父も水遣りなどの世話をしていたので 二人の遺品である
小さな植木鉢から茎や根が溢れているので 冬期株分けしたものを「抜いてやる」 と姉を操る加害者 (ピンヒールを履く女) に抜かれた後 (1株は持ち去られた・1株は葉 茎 根に分解された) 
その時助かった1株と 更に株分けして 3株をプランターに植えた 2株は蕾が付き膨らんでいた
昨夜帰宅するとプランターを逆さにされていた
父の供養の後で1輪咲いていたのを二人で喜んだ
今回の蕾を姉に見せたい もっと喜んでくれるだろう
以前は増殖する植物が被害者の印になっていた為 私がそれらを切ったことで姉をブレインジャックするピンヒールが激怒して抜いたが 今回は何があったのだろう?
交通事故を画策し人身事故にしたことで溜飲を下げたのではないのか?
風に煽られて音を出していたものを音が出ないようにした時 向かいの夫婦(Nu‐Kaがブレインジャックしている)が騒いでいたので何か勘違いしたのかもしれない 
人を乗っ取り 人の家を乗っ取り 跳梁跋扈している
5/12追記↓
花が全部開花していた 
プランターを移動して目立つ場所で倒されていた
何のためにそんなことをするのか?
人を殺傷する加害者には何の造作もないことだろうが   ←追記終

目印植物のうちのヒガンバナがすべて枯れた  葉の形状が違うため 赤い花から白い花に突然変異したのではないとブログに書いたことによると思われる
実家前の路地がバイクの轍で掘れているのが目印になった

【顔のアレルギー症状】
10年余り前のこと2年続けて 2月に顔全体にアレルギー症状が出た 日差しが強くなる頃なので (電磁波照射されているので通常より太陽の紫外線を強く感じていることは テクノロジー犯罪を知ってから分かった) それによる変化だと自己完結していた 
今回の「電磁波照射+痒み」 の症状を継続されてから 顔にアレルギー症状が出たこともテクノロジー犯罪の一環であったことが分かった 
アレルギーだと思っていたので 化粧品を変えたり 使い始めたばかりの化粧品(高額だったので惜しい)を捨てたり 化粧品メーカーに問い合わせたりした 

【水をこぼした】
カップから放した手を 腕を伸ばしてカップに当たり水がこぼれた 腕の伸ばし方がピンヒールを履くNu‐Ka孫の癖だった
35年前 上記と同じ状態になり ミキサーが下に落ちて破損した
違和感を覚えた為記憶にあったが それについては35年の間に 何度か思い出したことがある (思い出さされたのか?)

【夢】
9年前見た夢は 電磁波照射によるものだと分かった 
竹久夢二の絵によく似た女性が夢に出てきた 浴衣はの模様は 「漢数字の二を丸で囲んだ紋」だった 
同じ頃 号泣して目を覚ましたことがある 夢を見た記憶はなかった
どちらも電磁波照射の練習をしたのかと 今は思う 
加害初期の犯罪主体はSi‐Saだった
同じ頃耳鳴りが始まった 検査したが機能的に異常はなかった
耳鳴りについて 「早く処置しないといけない」 と進言してくれた人がいた 
知っていたのだろうか?
テクノロジー犯罪の電磁波照射による耳鳴りに聞こえるものだということを 

【犯罪主体により異なる選択】
Si‐Sa女性が犯罪主体の時 ペチャンコになったものが
Nu-Kaおじいさんが犯罪主体になると 膨らんだ

【数字の読み間違いをさせられたこと】
7年位前のパート中のこと 数字を読み上げた時 読み上げた数字がすべて違う数字になっていた 
例えば 「1」 を 「100」と言うように 全く違う数字に読まされた
頭は「1」 と認識して 声を出すまでは 「1」だが 声に出すと 「100」となった
間違いが聞こえている人は 不思議そうな顔をしていた
私自身は 疲れているからと理由づけするしかなかった
テクノロジー犯罪を知ってから 加害者による嫌がらせだと分かった

【自宅内に置いていたカードが落し物となった】
郵送で届いたカードが2週間後に封筒に入ったままで 「落し物」として警察署から葉書が来た 
自宅の真ん中辺りにその他のものと一緒に置いていたもの
封筒は 路上で車に轢かれて小さな穴がたくさん開いていた カードは無傷であった
テクノロジー犯罪を知る前の集団ストーカーが酷くなった時のことだった
警察署で数回相談していた嘱託の相談係りの方に上記を聞いて頂く内に 「シュレッダーにかけよう」ということになった
証拠がなくなったのではないのか あとで考えたことだった

【カレンダーが前年のものに変わっていた】
集団ストーカーが酷くなった頃の9月 玄関上がり口にかけていたカレンダーが前年のものにすり替えられていた
医薬品卸会社のものだった 加害者は前年度のものを探し出して 9月以降のものを同じようにかけたことになる
思考盗聴 思考盗撮 思考操作をしている加害者には 在宅中にすり替えることさえ可能だったかもしれない
今なら 「ご苦労様 こんなことしてあなたに何か残るの?」 と思うところだが 当時は何が起こっているのかわからない時だったので気味が悪く 不愉快 怒りを感じた
警察署へ相談に行ったが 暖簾に腕押しだった 無理もないかもしれないが 「窃盗と不法侵入」ではないか?
スポンサーサイト

テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪の目的 [記事番号 211]

テクノロジー犯罪を知って2年半余り経ち 振り返るとその時に判らなかったことが今の状況判断でわかることもある

あるブログに記載されていたこと
母親がS会に入ると母親の態度が変わり 幼い息子に暴力をふるうようになった
祖母にも良い接し方ではなくなり 祖母を施設に入れた 祖母はまもなく亡くなった 祖母の遺産は母親が全てS会へ寄付した
息子が大人になり収入を得ると 大金をS会へ寄付させられた
この方の知人との会話で印象に残った話がある
多額の寄付をすることについてどうしてか訊くと
「来世で 2倍になって帰ってくるから」 と答えたそうだ
若い女性が信じている不思議 マインドコントロール 洗脳
テクノロジー犯罪を知り パソコンが自由に使えるときに登録してあったブログで ブログタイトルを覚えていないので今このブログを見ることはできないが 上記のような内容だったと思う
母親の 態度が変わった事と暴力を振るうようになった事は 今の私の立場で状況判断すると 母親はブレインジャックされたのではないかと思われる
そして家土地大金を奪われた

私の周辺のブレインジャックされた人の金品を自由に使っているのはブレインジャックするNu‐Kaである
私の母の実家は 数十年前に家土地を嫁によってS会に寄付された お墓も無くなった

今の私にわかること
この犯罪の目的の一つは 金銭である

被害者を攻撃する前に加害者を逃がす   [記事番号 210]

2015年6月頃賃貸住宅の駐車場の車の中にいると隣家 (夫のブレインジャックの拠点) の女性(私の見張り・思考盗聴する) が慌てた様子で駆け出して来て乗車すると急発進して出て行った 
すぐに入ってきた車は見慣れないリフォーム会社の表示がある 男性3人が降りて駐車場を一周して (装っている) 車に戻り 大変強い電磁波照射を10分位してきた その後駐車場を出て行き 間もなく入ってきた車に乗っているのは先の3人のうちの一人だった 全開にした窓にマッチョな腕を乗せ こちらを見た 電磁波照射の成果を見に来たと思われた 
この男性は 被害者の会で知り合った方達が街宣に来てくれた時のお手伝いをしたときに アタッシュケースを私の動きに合わせて電磁波照射してきた男だった 1時間絶えることはなかった 

最近ニセ姉 (加害者がブレインジャックしている) に電話やメールがあり すぐに出て行く時は 強い電磁波照射を受ける
思考盗聴している加害者は 私が電磁波照射を受けた時 近くにいると被害があるようだ

散 財                   [記事番号 209]

被害者になると無駄にお金を使わされる
私の場合 車関係で散財させられている
Si‐SaやNu‐Ka親族が息子をブレインジャックして私の車を使用し大きな凹凸をつけた
車検後の1年点検を受けた時 (Nu‐Ka親族の若い男がブレインジャックする) 整備士が 「営業担当を紹介しますよ」 と囁いた
車のパンクやつるつるタイヤへの交換 傷 ドアが歪められる等 被害が大きい時に車の購入は考えられない
その他 交通事故2回 駐禁・警察車両に呼び止められる (行く手を阻まれ最終的に選んだ道で呼び止められた パトカーが隠れる場所はない場所)等

追記10/28:
車検申込時 メンテナンスが増える走行距離になっている為買い替えを勧められた
Nu‐Ka親族の欲しい車種を勧められたようだ 応対する営業の男性と整備士はNu‐Kaと親族がブレインジャックしている
抗えない 即決したが 私の体調に合わず 買い替えを余儀なくされた
この犯罪がなければありえない   ←追記

ブレインジャックされた人も同じだ
家の前の側溝にペンキで落書きされた家 (ブレインジャックされた人の家と状況判断している) で改修が始まった
そこから出る音は 私の頭の中で電磁波照射の大きな音になる 実際の物音+脳内送信=大音量
実家の給湯器漏水修理の後で呟いてみた
「○○○○○(会社名 カタカナ2文字漢字3文字 平仮名にすると6文字)は壊し屋 雨漏り修理を頼むと雨漏り箇所が増えた」
頭の中で大きく響いていた音が普通の音になった 嫌がらせの音ではなくなった 数日後朝から普通の修理の音が聞こえてきた
給湯器の漏水修理を○○○○○に頼んだのは加害者である 
雨漏り修理を頼んだ頃の電話帳には「美粧」の欄に載っていた
姉宅では 姉はこの作業の依頼をしないだろうと思うものが幾つかある
ブレインジャックした加害者が跳梁跋扈している
加害者側の業者は被害者から常に仕事を請け負える

執拗な加害者 クライアント      [記事番号 208]

親戚の者が他界した
今回はニセ姉(ブレインジャックされた姉)が教えてくれた 更に一緒に行くか聞いてきた
「姉と一緒に行く」と言うと
「それはどうかな」 Nu‐Kaの話し方は口をあまり開けずにぶつぶつ喋るので聞き取りにくい
(前回 ニセ姉が教えてくれなかったのは 母の転院・手術の時のこと 知った後 私を動けないように 強い電磁波攻撃によって急激な「腰痛+痛み」 を加えられた 痛みが微妙にずれることでわかった シャワーを使っている間は通常通り動くことができた)

最後に会いたかったが 私が一緒に行かなければ 操られても本来の姉であることがあるかもしれないと考えた
加害者には初めての人ばかりになる筈 
親戚に迷惑をかけることを少しでも避けたかった
「申し訳ありません 行けません 母に会いに来てください 乗っ取られているけど 母も会いたかったと思います」

 🍂🍂 👑 🍂🍂

【念は返せているようです】
酷い痒みと 頭の中で電磁波攻撃の大きな音がするので いつものように念を返した
返せたようだ 
向かいの電磁波照射の電気2か所が消え Nu‐Kaがブレインジャックするようになってから夜中まで点灯している実家側の電気も間もなく消えた

昨夜帰宅直前の路地で 初めての大音量の電磁波照射を受けた 音も今までと違った 「ジー」
それが後のニセ向かい夫婦(ブレインジャックするのはNu‐Ka夫婦)の攻撃に繋がったようだ
10時半頃 ニセ向かいの夫婦は いつもより大きな声で怒鳴り 2拍手そして金属の音がした
念を返し始めてからは 大きなくしゃみや何かを叩く音 大きな声がした
電磁波照射されているから念(かえれかえれ)を返している 被害者に仕立て上げたのはあなただ 思考盗聴しているから電磁波照射の念を返せる
痒みは継続中 「おでき・虫刺され」痕も数十か所赤く残っている  
痕が残っている場所+新しい場所=「おでき・虫刺され」痕が増えてゆく
電磁波照射が強くなると蕁麻疹様の大きな腫れとその上に虫刺され様の丸い小さな膨らみの2階建てができる
電磁波照射が弱くなると 虫刺され痕様の赤い小さな膨らみとなる

3年前 ニセ息子(Nu‐Ka親族がブレインジャック)が暴力を振るったので夫から実家に帰るように言われて 半年実家でお世話になった 「円形脱毛症ができたから帰って欲しい」と言われる少し前 虫刺されのような症状が出たことがあった
今回のことで 虫刺されではなく 電磁波照射と痒みの送信だったことが確定した
自宅に帰ると同時に虫刺されはなくなった
私を実家から追い出すための操作だったと思われる 姉をブレインジャックするために
マニュアル通り 一連のストーリーを作り実践した
半年間自宅を留守にしている間に夫をブレインジャックする準備をしていたと考えられる
加害者が早く捕まり 何をしてきたかをすべて聞きたい

 🍂🍂 👑 🍂🍂

【受診した医師ははやはりブレインジャックされている】
体格が違う 話し方が違う 話す内容が違う 診察内容が違う
発症の年齢をカルテを見ずに答えた 
それ以前に合った症状を話すと 目が上を見た 脳内送信で会話しているときの特徴だ
唾液が咳き込む原因になることを尋ねると 食べる速度が遅い人はなりやすい 遅いのではないかと尋ねられたが 今は歯の関係で時間がかかるがそれがなければ普通だと話すと
「あぁ」と納得した
なぜ知っているか? 加害者がブレインジャックしているから
偽の話を作っていた感がある 話の終点は加害者の予想外だったと思う

カラン取り替え拒否➡交通事故    [記事番号 207]

【カラン取り替え拒否】

給湯器の給水パイプが切断した為漏水した
見てもらうと「炊事場のカランの湯側の止水弁が傷んだため 水道業者に止水弁を取り換えてもらうよう」進言された 
(給湯器の業者と思っているがこの犯罪絡みなので定かではない)
水道業者が ニセ姉(ブレインジャックされている姉)に台所が原因で給湯器が水漏れした経緯を聞いた
ニセ姉は苦笑しながら説明した
業者は即 「カランを取り換えましょう!」断言した

やはり 加害者が作ったストーリーと思われる 炊事場へ行き 止水弁を取り換えると聞いているのでカランの交換は不要ではないか聞くと 業者はしどろもどろになり言い訳を始めた
「上から物が落ちた時に水が止まる取っ手のカランに変えるのかと思った」 (…一言も言ってない)
「取っ手を上にあげると水が出たので勘違いした」 (…止水弁が傷んでいるため?湯側の水が僅かに出る 水側はねじを締めて水が出ないようにしている これは最初に見た業者の行為)
カランは3万円くらいすると思う いつまで使用できるか聞くと 驚いた顔をして
「カランは半永久的に使える」
「帰って止水弁があるか確認してから連絡する 取り寄せになると数日かかる」とのこと
今までの経験から電話で確認が取れるはずだが? 日曜大工をしない素人と思わざるを得ない
カラン取り替えの見積もりなのに 台所の外側が見たいと裏に出た 目的を説明してもらいたい 8月~9月ゴキブリが出没は関係ある? :追記 

給湯器のパイプが切断したのは5分くらいの間で 水漏れが始まった 
炊事場のカラン付近で音がするのは1週間前くらいから始まっている (電磁波攻撃のための音のようだったが)
その間水漏れには気付かなかった
水漏れを見つけたとき向かいの夫(Nu‐Ka等にブレインジャックされている)とすれ違った ウェストポーチをつけているのを初めてみた
このタイミングでは疑心暗鬼の考えしかできない

ニセ姉は「今日しか修理してもらえる日がないため カランの交換がいい」と言い張ったが
  (最終的に言った言葉 「金を出すのはこっちだ!」) 
(素人の)業者の男性がなぜか私のほうを向いて返事しニセ姉を無視していた為 私の言い分が通り止水弁の交換に決まった
ニセ姉=ピンヒールを履くNu‐Ka孫=は 親指を中に入れた握り拳を固く結んでいた 顔は強張っていた 私を無視して出て行った 二人だけならまたマニュアル通りの暴力を振るわれて骨を折られた?

止水弁の取り換えに来たのは 手際から専門と思われた
部品の袋をしばらく見ていた事と
「固い」と繰り返して 離れたところに駐車してある車まで道具を取りに行ったりで都合数回出入りした事と 
ごみは置いて行ってほしい旨話したが 部品のみ残されていた事を 疑問に思う 

給湯器のパイプの交換もしてくれた 
(本来一本のパイプで 受ける形の下の細くなった部分で壊れていた 切断したような壊れ方のように思う)
炊事場のカラン周辺の音は 時々小さく聞こえている やはり電磁波攻撃用の音と思わざるを得ない 

当日の夜から 『電磁波攻撃+痒み』 が継続中

 🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂 【➡ 交通事故】  🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂

車のフットブレーキをかけているとき前進することがある
平地でも引力に惹かれるかの如く 勢いよく前進するときもある 気づくのでブレーキを踏む
今回緩やかな坂道の信号待ちでそれが起こった 
ドンという音がしたが何かわからず前を見ると 前の車の後部座席の女性が驚いた顔をして私を見ていた
追突したことが分かった 車が動いていることがわからなかった
お詫びして大丈夫か尋ねると親子3人大丈夫と返事してくれてほっとした 
運転していたご主人が警察へ連絡してくれた
ご夫婦とも警察が到着するまで電話で話をしていた
奥様は一度だけ車外に出て 大きな声で 「読み上げます!」 と宣言しナンバープレートを読み上げた
相手のナンバープレートを見てやはりと思った カルトナンバー・車の色は目立つ色  
警察の事故処理に30分くらいかかった間に奥様が気分が悪くなったと漏れ聞こえてきた
お詫びに伺いたく電話したが電話に出て頂けなかった

検証している警察官の方が親切に教えてくださっていたが 最後で加害者に操られていた
「信号待ちの時 ドライブでしたか」 横に並び 一歩近づく Nu‐Kaたちの癖
チェンジをドライブにしたままでブレーキを踏むのは好きではないので いつもニュートラルに入れている

保険会社に電話中 酷い痒みの電磁波照射が始まった 首から耳までの数か所が 蕁麻疹のように大きく 腫れて痒い 

 🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂 追記:
一週間後診断書が提出されて人身事故扱いとなった(夫婦二人・子受診) 診察・証明した医院は居住地から随分離れたところだった
警察署で調書を取った際のこと
追突スピードは 検証の時 「(分類)5km/h未満か5km/h以上かになる 今回は2~3km/hだったと思われる」と聞いていた
調書作成時 「スピードメーターが5km/hから始まるので 5km/hと書きます」 上記の説明と車間3m・勾配5%・摩擦を含めて5km/hのスピードが出るか尋ねたが無駄だった 
停車時のチェンジがドライブであった調書を作成する予定だった
彼は検証時の書類はまるで見ていない
加害者の誘導もあると思われる
ピンヒールを履く加害者の特徴が出ていた 説明すると不快な表情の顔をクシャッとする・驚くと目を瞠り口を開けること 
警察署に入ったとき その場にいる警察官が総立ちになり私のほうに寄って来た事 帰るときは通常以上の無視状態だった
同室に1人居たが挨拶をしたとき不動だった

当日地図を調べたのは加害者仲間の貴方達は見ている
お詫びに伺う為だった
一度も電話には出ていただけなかった
朝昼夜の3回を2回ずつ架電した
交換した住所から場所が分かっているので伺うことも考えたが 電話に出ていただけない相手を突然訪問しても如何なものかと遠慮した

保険会社の方も着信拒否のため事故後以来連絡がつかなかった 病院に電話すると来院中で連絡するよう伝言を依頼してやっと話すことができたと聞いた 
最初から「軽微な事故のため 通院2・3日で保険を切るよう話します」と言っていたが 「連絡が取れないために通院期間1ヶ月と通告した」そうだ 
(後に説明があったが納得できかねる 連絡は全て携帯電話 携帯電話での通話は加害者基地でつながれた直通ではないと思われる 
固定電話で通話しようとすると受付嬢が意味不明なことを返事する男性の声の時があったり 
「おつなぎできません」機械音の時が数回あった)

「誠意がない」
「ゴールデンウィーク中は夫婦とも仕事が忙しく受診できなかった為 受診しなかった日も保険日数にに入れて欲しい」
「職場を知っているだろう?」 職場はゴールデンウィーク前に求人のあった観光地  
憶測だが 事故当時の仕事は集団ストーカーだったが それでは都合が悪いため急遽就職した と考えるのが妥当である
事故当初 保険会社以外の代理人を立てると言っていた事 (タクシー会社は事故担当の方がいると聞いたことがある 加害組織にもいると思われる) 
私が警察に話した行き先に納得していた それを見てやはり 2個一の集団ストーカー車両 目的地は同じ公的施設 広い駐車場にはこの種の車が多く駐車している アイドリングする車が多い

 🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂 6/19追記:
珍しい場所で相手方保険会社の人を見かけた(服装は同じ・当日70才位に見えていた年齢が50代くらいに見えた・体格は小さくなっていた ) やはり皆が加害組織の一員だと納得できる 
同所別の日 親子三人が別の親子三人をブレインジャックして纏わり付く
7/15追記:
某所で遭遇した母娘は事故相手方の夫婦がブレインジャックしていると感じた 5才位の娘ははしゃぎまわり 私に纏わりついて来る 私の前で顔を見上げる 無視していると口笛が聞こえた 無視

 🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂 9/13追記:
示談書が送付された
親子三人の慰謝料=16万円
加害者の立場の私が記すことではないが 敢えて記載させて頂きたい
大きな音はした 脳内送信か実際の音かの判断はつかない 突然で一瞬だったから
車が動いた感覚は無かった 
ぶつかった感覚もなかった
何の音かは 前を見て判断した
(思い起こすと 助手席の物を見せられている間に 信号待ちの前の車が後進して来て車をあてた 自作自演の虚構のストーリー 寧ろ 詐欺 とも考えられる)

 🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂 参照:
前回の事故は詐欺 停止した車にぶつかって 自転車で転倒したとき
上にあげた足にバーコードのような大きな傷を電磁波で作った 
10万円を手にした 70代の親と二人の生活 仕事をしている様子はなかった 後日図書館で前に座っている女性は同じ顔をした別人だった=ブレインジャック=加害者 目的不明

この犯罪をご存じない方には 大変不愉快な記事 (事故を起こし責任転嫁している) で申し訳なくお詫び申し上げます 

不義理                   [記事番号 206]

熊本地震の被災者の皆様にお見舞い申し上げます

テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪の火の粉がかかることを懸念して交流を絶った
お世話になった方へのお見舞いができず申し訳ありません

災害が起こっても加害者はいつも通り 以上に加害行為を繰り返す

加害者の観察              [記事番号 205]

テクノロジー犯罪集団ストーカー被害に合っていると分かったのは2013年夏
初期と現在とは加害者組織が違うように感じている
初期はSiーSaとその仲間 NuーKaとその仲間 OO義妹達とOO親子

集団ストーカーは2011年頃から徐々に増えてきた
2013年夏 自宅向かいのOO母(80歳位)が大変強い電磁波攻撃を始めた
Nu-ka親族がクライアントで サポートする組織が加わった 同時に集団ストーカーも不特定多数になった
記録係のように付きまとう加害者が居るが 基本どこに行っても降って湧いてくるという感じ
車を止めると電磁波照射する車が引っ切り無しにやってくる
一般の運転する人を操り 車のエンジン音に合わせて電磁波照射しているのだろうか?
ほんのわずかな時間の嫌がらせに数人が付きまとう 
没個性 皆同じ表情をして同じ雰囲気を出している 
練習の成果なのか?

私の目の前の席に座り商談を始める男女 男性は60代後半 女性は若い 流暢に会話が進む この早さで会話ができるのはかなり頭の回転が速い 一台のPCを見ながら商談のようだ 実際の音声と同時に頭の中に送信されて大きく響く ロールプレイングと分かった時点で 私は本を読みながら「ある言葉」を繰り返す もちろん声に出さない 10分もすると男性の顔は真っ赤になりやがて青くなった 二人は立ち去った
場所は図書館ロビーで周囲には受験勉強をする学生から大人まで皆一心不乱に勉強している静かな場所である
同じ場所で70代男性3人が大声で話している 中心の男性はNuーKa孫次女が操っている 歩き方手の振り方顔の様子 特徴がよく出ている

図書館の駐車場でNuーKa弟(三男)が同じ年代の男性を操り電磁波照射を始めた 車は「わ(カルト№)」 場所は私の向かいなのでターゲットは私だ 乗車せずに見ていると驚いた顔をして 慌てて出て行った いつもこの図書館で人を操り電磁波照射をしているのかもしれない いつもは見咎められることもないのだろう

ATM利用のため 駐車場から少し歩いている間 集団ストーカーと分かる(わざと目立つ仕草 風貌)ひげ面の男が座っていた 通り過ぎるとATMの中まで付いて来た  午後3時過ぎの銀行はシャッターを閉ざしていたが 薄気味悪いのでインターホンで行員さんに出てきてもらうと別の通路から出して下さった
数ヶ月後皮膚科受診(電磁波によるひっかき傷の受診)時 同じ男が付き纏をした シチュエーションは夫婦で奥さんの付き添いに来た風情だったが夫婦には見えなかった (被害者だから分かること) このときの男は下を向き怯えた様子だった
電磁波照射は念を返しているから?  

昼休みに車内で過ごす男性 アイドリングによって電磁波照射する
80km離れたところまで先回りして 5~6人が同じ作業着を着て円陣を組むように談笑していた 私がその横を通り過ぎると 居なくなっていた
隠しカメラを入れているように見えるバッグを持って歩いている男性とすれ違ったことがある 
加害者は目立つ仕草や雰囲気を醸し出すのは得意である
暗くなってからチラシのポスティングをしているとき 携帯を見ながらすれ違った男性は火のついた煙草を隠し持っていた 私が煙たいと思うと男性の携帯に表示されるのだろう ターゲット確認のマニュアル
追記5/1/’16→パソコンを拝借する場所にも出没 連日同じ場所に駐車していた バディと思われる車が隣に連日駐車している 
私が気づくと館内へ行き自習場所で本とノートを開いていた 後ろを通過中眼の端でとらえる 頬が紅潮していた
ストーカーと断定できる頻度だ
翌日 声をかけた ブレインジャックされていた為会話は成立しなかった(よどみなく嘘が出る) 特徴は口を四角に開く 顔が小さい男 大きなほくろがあった
無料駐車場(公的施設・商業施設など)でよく見かけるのはアイドリングする車・駐車している車中に長時間乗車している・駐車場に入ってきて別の車で出かける(逆もあり) これらは加害者の車であることが多いと感じる 走行中 駐車する近い距離まで接近してきて電磁波照射されることもある 無闇矢鱈に電磁波照射しているのかもしれない

通常見かける配達関係のバイクや車はすべて本物かという疑問がある
タイミングよく見かける どこで見かけても不思議ではない
宅配業者が荷物を持たずに伝票だけを持って隣の家に行き後で荷物を取りに戻ったのを見かけた 「荷物は持って行かないのか?」と思った 午前中だったが車荷台の物音から荷物はほとんど積んでいないことがわかる 
賃貸隣(夫を操り 私の見張り拠点)の指示で宅配の車が来るのかと思った事がある 出かける仕度を始めて時間がかかった時 待ちかねた宅配の配達車が勢いよく入ってきた すぐに出て行き隣の賃貸に入った 何らかの意図があったと思った (タイミングを合わせてすれ違うことは日常茶飯事)
一日に4~5回郵便配達のバイクを見たことがある 5回目くらいのとき 「中央郵便局へ問い合わせると分かる」と思うと近隣の門前で待っていた郵便配達のバイクは出ていった
外套を着た郵便局員かと想像する大柄な男性を何度か見かけた 市役所のベンチに座っているとき二人が前に座り しばらくすると立ち去った チラシを置いていただいている施設でも見かけたことがあるが 何のために姿を現すのか分からない 

同じ男が乗車した白バイに5回出会った 乗り方と雰囲気は通常見かける警察官とは雲泥の差があった 写メに撮ったので脳内に見せられた映像ではない ナンバーを照会してもらえれば白バイが本物かどうか分かるが 県警相談係に電話したが「不審な白バイがあれば自分たちが職務質問する」と膠も無く否定された 
電話が加害者に操作されているようなので電話の相手は確認でき無い 

2年前 ブレインジャックする加害者が不思議なミスをした
息子はSi‐Saにブレインジャックされている 自宅の中を端から端まで走った後 Si‐Sa夫婦の声がそれぞれ聞こえた
「ほれな」 「ほんまやな」
夫がNu‐Ka妻に操られているとき 「コーヒーどこ?」 Nu‐Ka妻の素の声(濁声)が聞こえた

追記↓4/12/’16
2年前 ブレインジャックする加害者の内の一人のこと
被害者がテクノロジー犯罪・集団ストーカー・電磁波攻撃されていることを知らないのかと思う出来事があった
ブレインジャックされている者(本人の意思はない)に 果物が痛み易い為お裾分けしたい旨申し出ると 車から降ろせばいいと思ったようだ
果汁の多い果物を賃貸の室内に置いていると3日で果汁が無くなったことがあり 車に積んでいると車内温度が上がることと風通しが無い為傷み易い理由を告げると驚いていた
その後 この加害者は片目眼球が動かず充血していた事があった 
(体はブレインジャックされている者だが 容姿・言動はブレインジャックする加害者の特徴であった) 
更にその後虚ろな表情をして緩慢な動作の時があった 薬剤を使用するとこのようになるのかなと思えた
この加害者はブレインジャックを任されているだけで 騙されて加担させられたのではないかと思われた 

加害者が「チラ見」するとき 眼の端で私を捉えようとする 顔が固定されている状態で私をうかがうので眼が強調されて見えるような気がする不思議な光景をときどき見かける 普通に顔をこちら向けて「チラ見」みる人のほうがとても自然な感じである 
↑追記

集団ストーカー 嫌がらせ犯罪に 「こんなことをしてなんになる」 と思う人が一般的だと思う
知れば知るほど 『精神異常者』 と言わざるを得ない 
目的を考えると  『殺人鬼』   (体の殺人・脳の乗っ取り・精神の殺人)
やっていることは 『ダニ ハイエナ 吸血鬼 寄生獣』
通常は使うことがない言葉だが 語彙が少なくて残念である

攻撃する加害者は 現実社会でバーチャルのゲームをしている感覚ではないだろうか?

  

裏社会のTV制作会社 [記事番号 204]

「大○に朝○人のTV制作会社がある
裏社会のルールがある
皆いい人ばかり」

1ヶ月で辞めた
その翌月 祖母を恫喝した

「待て」の空耳に思うこと [記事番号 203]

脳内送信の音声送信は空耳(幻聴)といわれるもので被害者の方は経験していることが多い
耳から聞こえるのではなく 頭の中から聞こえてくるような感じ
耳に蓋をするとよく分かるが 突然聞こえた場合判別し難いものがある
喧噪の中ではより判別し難いだろう

脳内送信の無音声送信は自分の考えだと感じる
突然 マイナスイメージの思考が浮かぶのは
貴方の意志が弱いからではなく
加害者からの嫌がらせ行為だ
無視 放っておくと良い

自宅環境の変遷 [記事番号 202]

転居して20年住んだ自宅の町内会の班は13軒だった
前半10年の間にガンで他界した方が5人いる 年齢は40代・50代・60代・70代・90代(転入後7年)一人ずつ
転居した時から電磁波照射は継続されている

美容院を営んでいた方が認知症の為転出した 
(この犯罪を加味して考えると この方が邪魔でコロニーを作る為にこの家が必要だったので認知症にして転出を余儀なくしたと考えるのが順当である お母堂は90歳代で矍鑠とした方だった)
その後に市内からの転居者があった 70代の夫婦でもとは京都出身だと脅すような口調で話していたが 当方訳が分からない 名前は「ヤマダ」と名乗ったが回覧板は回っていなかった 私が転居してから「ヤマ○○」の押印があった この家の隣の夫婦をブレインジャックする

60代後半の方が体調が優れなくなり転出した この土地は更地2軒分として売りに出され 2軒の新築入居があった  
入居した一方は集団ストーカーとして 会う度に勝ち誇った顔をしていた 思考盗聴もしくは携帯電話盗聴で私の友人との外食に合わせて来て 店内でいつもの傲慢な顔で私を一瞬見て 負けを悟った雰囲気を出して それ以降は私を無視した 私はいつも無視している 不思議な出来事だった 
14軒になった

数年前春先に山裾で火事が起こった 木立の間から綺麗なグラデーションが見えて火事と思ったが炎の先が見えてなかった 火の手は大きくなって小路を挟んだ前の家に襲い掛かるようだった 鎮火して全て無事だった
火事の最中に「子供が犯人だ」と言う70代男性がいた Si‐Saの夫似
翌朝 Nu‐Ka妻が同じ班の人たちに私が犯人と吹聴していた
随分後で気付いたことがある 火の手が上がった時に熱を感じなかった そしてどの家も煤が付いていなかった 木立は枯れていた 
山に隣接する家の人たちに火事の声をかけたが 玄関に出てくるまで時間がかかり 更に家の外に出てくるのも時間がかかった 
一人は電話中 窓際まで来たが 出てくるまで時間がかかった 火事に驚いている様子もなかった

集団ストーカーに加わった様子の一家がいる  昔 世帯主の弟がS会とトラブルがあったと聞いたことがある 2階の雨戸が2か月くらい閉じられていた 新車のナンバーがカルトナンバーになった 

向かいの家の嫁に行った長女からストーカーを数回受けた 車は赤色VW「5」 出会ったときは普通に話す

在所の人の実家(隣の班)の車が集団ストーカー車(色 №)に変わった 集団ストーカーが徐々に酷くなるアナログ式の頃 娘夫婦からストーカー行為を受けた その後 娘夫婦の新居が屋敷内にできた

Nu‐Ka夫婦・OO親子と義妹は集団ストーカーテクノロジー犯罪の組織の一員だったようだ

2軒は加害者ではないが そのうち一軒は出会うときはブレインジャックされている

この地域を電磁波照射していると思うSi‐Saの家は隣家Nu‐Kaの裏隣 別の班になる
息子をブレインジャックするSi‐Saが言った 「私は半径1kmの人の心が読める」
彼女の特徴は目がらんらんと輝いている

ブレインジャックの観察 [記事番号 201]

ブレインジャックは完全な人の乗っ取りと 一時的な乗っ取りがあり 
加害者の特徴が表れる場合と 特徴が表れない機械的なものがあると実体験から感じている

夫はブレインジャックされたままで2年経過した 私は時々操られる
読書中に促音の入ったカタカナ4文字の読み方を「ッ」の前の文字を重ねて読んでいる私以外の者がいるのを感じた
加害者のクライアントNuーKaはカタカナが苦手のようだ
一昨年4月夫をブレインジャックした時のメモ書きに「チイイッシュペーパー(ティッシュペーパー)」と書いていた 文字は夫の字ではなかった 
数日前実家向かいの夫婦の会話が聞こえた 話し方・声・姿形がNu‐Ka夫婦だった
奥さんが夫に話しかけた言葉は 私の自宅地方の方言だった 実家向かいの夫婦はその方言を話さない
そして1年前位?から 入院している母の声が急に変わり濁声になったと同時に唇が太く大きくなり 目は小さく細長い逆三角形になった Nu‐Ka妻の特徴である 

母は脳出血の後片目が閉じたままになっているが 瞼を持ち上げようとするととても力強く抵抗する 実際は力がないから目を開けられなくなっているのだが ブレインジャックする加害者の力は強い
ブレインジャックの技術が良い方向へ使われると医療に役立つ 
私が見舞いに行くときのみブレインジャックされるのか 常時操られているのか不明 Nu‐Ka妻は昼食時に夫を操るので その時は別の加害者がブレインジャックしているか 母はキグルミ状態(寝かされていて本人の脳は働いていない状態)にされているのだろうか 
Nu‐ka夫婦は自宅もしくはその近隣から遠隔操作していると思われる

実家周辺で長年電磁波照射をしてきたと思える加害者の奥さんは 最近Nu‐Ka孫長女がブレインジャックして入出庫の時にアイドリングする Nu‐Ka孫が姉宅に住む前は奥さんがアイドリングしていた 加害者の奥さんは華奢で Nu‐Ka孫長女は容姿が大きい
夫はNu‐Kaに操られていることもある
サポートする加害者はクライアントの意のままに動く?

姉をブレインジャックするのは数か月前からNu‐ka孫娘2人がメインでNu‐kaが時々2人にサポートされてブレインジャックしている
孫娘長女は体格が大きいため ブレインジャックされた姉は頭・体・鼻孔が大きくなる 椅子に座ると長い足を投げ出したような座り方をする 足音は重さを感じる踏みしめて歩く音
孫娘次女は体格が小さく 賃貸住宅での出入りのときはいつも12cmのピンヒールを履いていた ブレインジャックする人がヒールのない靴スリッパを履いていると踵を擦って歩く 足音は体重が軽いので小さい 顔を斜めに突き出して最接近し威嚇する仕草が癖になっている 頬が斜めにふっくらしている特徴がブレインジャックした人に表れる 顔の表情が豊かで驚いた時は目を見開き口を窄めて固まる 意に沿わないときに顔をしかめた様子はクシャおじさんのようだった 安全剃刀を人差し指と中指の間に隠すように持ち「スッ」と引く仕草が板についていた 「ホンットニ モウ」 「~デスウ」が口癖
二人とも30歳前後と思われるが 姉をブレインジャックしているとわかっている(姉とは全て違うと指摘する)私に 居丈高な態度をとることが信じられない
交代で被害者を操るので 2者(以上)のしたことに一貫性がなくそれに気づくこともない 本人だと起こりえない
姉を操るピンヒールが無茶をしている時 スマホに長いメールが入ったことがある 
加害者が困ると着信音が鳴ったりメールや電話がかかってくる ゲームをすることもあった

加害者同士で脳内送信による会話ができる 操られた母と操られた姉とが脳内送信による会話をしている 見つめあってそして頷き合う 
脳内送信によるメッセージを受けた加害者は目を上目にしたり 眼をくるくる動かしたりしている 無意識にしているので本人は気付いていないようだ

自宅地域にある地名を 実家地域の地名と間違って発言した加害者もいる その時母を操っていた男(息子を操り自宅を破壊する男)は脈絡のないことを話し続けている途中に間違った それを指摘すると驚いた顔をしていた 後で実家の戸を開けようとする男が来た 音だけだったのか人がいたのか未確認 
以前 携帯電話に10回以上着信があった

夫をブレインジャックする加害者たちは居丈高+暴力をふるう又は因縁をつけて拳を握り締め大声を出すなど威嚇する
「ブレインジャックの威を借る寄生獣(虎の威を借る狐)」  
ブレインジャックされた夫が暴力をふるったときは機械的な感じがした 目の瞳孔が開いた状態・感情のない顔つきで 狙いを定めてこめかみと頬骨を殴ってきた 軽く殴っているのに力が強かった

警察官が応対してくれた時 ブレインジャックに2通りあった
親身に話を聞いてくれていた人が夫のいる場所に行って戻ってくると話し方が違っていた
最初から瞳孔が開いたような目をして表情のない警察官もいた

熱心な信者さんがうつ病になって数年経つ 夜眠ると夢を見るので眠れないらしい (うつ病になったのと 夢を見させて眠れなくするのは電磁波によると思われる)
彼女と話すと 数分後に怒った顔をして不動の姿勢になる 瞬きもしなくなる 瞳孔が開いているような黒目がちになる 
一昨日「朝5時半に歩いている 路地を2周と空地を2周歩く」 と言うが この時期は薄暗く寒い 歩けなくなったと聞いたのは昨年だったか 歩けるようになって良かったと話すと返事がない 
数年前の夏に話した内容を繰り返したと思われる 私が憶えているので私の頭の中を検索した? 
その後何度か歩く音を聞いたが彼女が話した内容と違った 
数年前 体調が悪いときは話していると気が紛れるからと訪ねてくることがあった
その頃季節にそぐわないオーバーコートを着た小柄な男性がS会の世話する女性(近年は足が途絶えていたらしい)と共に彼女を訪れた 集団ストーカーが徐々に酷くなっていたので 偶然見かけたとは思えない

一週間に一度出会う人がいる 数回目に会ったときは操られていた
Si‐Sa似の加害者がブレインジャックしている その加害者は他にE署・県警相談係の女性警察官をブレインジャックして私に応対した 何れの特徴も声と お辞儀と立ち姿が同じであること 話す時の癖が同じである
先週会ったときは私が出向くと思っていなかったようでいつもの場所を離れて私を避けた様子で操られていない本物だと確信した 私を見ても話しかけてこなかった 

操られる人の視力が強い近視で ブレインジャックする加害者と視力に大きな差があると 操られる人の目は即座に充血する 相談に行った警察署で警察官の目がすぐに充血してメガネをはずした (操る加害者の特徴はNu‐Ka孫二女ピンヒールだった)
姉も強い近視の為 メガネを外すのは寝る時と顔を洗う時くらいだが ブレインジャックされてから裸眼でいる姿をよく見る 職場でも裸眼だった 有り得ない
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR