賃貸住宅での変遷 [記事番号 200]

息子の暴力により自宅を出て賃貸住宅に転居 (というストーリーを加害者Nu‐Kaにより創られた 息子を
ブレインジャック=Nu‐Ka 夫をブレインジャック=Nu‐Ka親族 小柄 顔が脂ぎっている 後に自宅を破壊した男)

『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集1』
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
   NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
   講談社ビジネスーパートナーズ
 
上記の本を読んでいた為 転居すると被害が酷くなると分かっていたが 転居した賃貸住宅だけでなく 周辺の賃貸住宅や一戸建ても加害者が住んでいた 夜中点灯する順番(見張り?)があるようだ 
近隣の賃貸住宅に住んでいるのは仮住まいの人ばかりで 私たちの上に住む5人家族は二人ずつ交代で泊まる 現在は娘によく似た女性と男性がメインに泊まっている 父親が「ポ・・・・・ト」の営業車で帰ることもある

隣家Ⅰ102は夫をブレインジャックする拠点で 我が家で音がするのは 隣家から音を出していることが多い
上階の生活音のほうが気にならないくらいだ 
若い男女の出入りが多い 
2年前ブログを立ち上げるのに一晩かかった 早朝102から声がした
夫(=機器で私の施行を読んでいる) 「おい 起きてるぞ」 
妻(=直接私の 思考盗聴できる) 「!”#$%&」 水道を使う音が大きく聞こえてきた ブログを見て感嘆の声をあげた (と思った ブログをアップできると思っていなかった? 我ながら良く頑張ったと思う) 
後にブログを入力すると102にいる加害者にマウスを固定され 5分後に夫が来てPCに介入してきた
嫌がらせ目的と思われるが私の前によく姿を現し 家族揃って大声を出すこともあった 幼児が嫌がらせすることを拒否すると叩く音が聞こえて幼児の大泣きする声が聞こえてきたこともあった 2歳くらいの女の子が4歳くらいの兄に「早く家に入りなさい」と指示している 子供をブレインジャックの技術で操る 
成長期の人に電磁波を使うことは悪影響があるそうである 最近子供を連れて来なくなった 私の出入りに合わせたり 入出庫時のアイドリングを頑張っているようだ  

入居者の入れ替わりが早いと感じた I‐101は男性の一人暮らしだった ゴルフバッグに電磁波照射機器を入れて私の車を尾行して電磁波照射してきた(状況判断) 駐車場でゴルフバッグを持って降りた 送ってきた男性もゴルフの帰りには見えなかった 間もなく退去した その後に入居した夫婦の電磁波照射は酷い
Ⅰ‐202は夫婦で住んでいた 奥さんは車の入出庫の度に車を我が家向けてアイドリングしていた 電磁波照射が目的
この家に妹らしい女性が遊びに来た 10年余り前にスーパーマーケットで買い物籠を私に何度も押し当ててきた女性であることを思い出した 親子・兄弟間で入居者が2回交代した模様 思考盗聴による
Ⅱ‐201は若い男女が使用していたり 家族が住んだりしていたが アイドリングする女性に声をかけてチラシを渡すと 間もなく退去した 女性は住んでいる部屋番号を知らなかった 現在は私が帰宅すると間もなく帰宅する若い男女が住んでいると見せかけている(顔や体型が変わる) 
Ⅱ‐202は最初から2組の夫婦(メインとサブ)が変わりながら住んでいる サブの夫が娘の写メをとる風情で私の写メを撮っていた 律儀な感覚の加害者でキッチリ電磁波照射してくるⅠ‐203の末娘の送迎をしていたこともある
ニセ夫が夜中に暴力を振るった為警察署に電話して到着を待っていると Ⅱ‐101は警察より早く 連絡から5分後に到着した (ここから警察署までの所要時間は車で5分位) 携帯を見ていた 状況を確認できる情報が入っている?見る度に人が変わっている 
Ⅱ‐102は数か月空き室だった 入居した家族は唯一自転車での通いだった 今は空き室になっている
Ⅲは全部で4軒 一人だけが2年間住み続けている  広島ナンバーの車もある 入出庫のアイドリングする(=酷い電磁波照射)

夫を操る加害者も順次変わっている
最初はNu‐Ka夫婦がメインで サポートは「す6464」が主で Ⅰ‐102の母親がサポートしていた (この時数秒目を離したすきに淹れたてのコーヒーに食器用洗剤を入れられた 混ぜる時間が無かった為底に円形に盛り上がっていた 自室内に置いたペットボトルも同様だった) 現在姉を操る加害者が増えた Nu‐Kaの孫娘とNu‐Ka妻の姪の子(推測) それ以外に若い男女が昼夜問わず大変賑やかに出入りしていた 夫を操る加害者は必ず私に姿を見せる (私を見ているのか 威嚇のため姿を見せているのか不明) 
現在夫を操る男は 加害者の中で一番背が低く 伸びるとボリュームが出る巻き毛 弱視 眼鏡使用 目が細い 両手両足の関節を外側に出して歩く特徴がある 性格はNu‐Kaに似ている 孫と思われる スリッパを履いて歩けない 初めて夫をブレインジャックした時は歩けなかった 夫が初無断外泊したのは夫の体を使ってブレインジャックの練習をしたからと思われる
初めてこの男を見たのは Nu‐Ka孫娘二女とストーリーを作って現れたとき 
私が駐車場の車の中で過ごしているとき 真後ろでアイドリングする車があるので (アイドリングは孫娘の強要による この日の夕方別の迎えの車がアイドリングしているので声をかけて止めて頂いた経緯があった) 携帯電話で写メを取ろうとすると運転席から降りてきた男が「殺すぞ」を連発するので 110番通報すると車はすぐに出ていった 1時間後(深夜) 賃貸の部屋にいると Nu‐Ka孫の男が玄関前で話かけてきた 「殺すぞ」という男が納得していない為話に応じるように言う 警察の方に来て頂いたが この男も警察に連絡していた 「殺すぞ」を連発する男は 駐車場の隅で俯いて座り込んでいる(異常な雰囲気を感じた)
主に話すのは 車に乗っていなかった男(本人は同乗していたと言ったが乗っていればその時に出てきていただろう)で
「先ず謝る 警察に連絡してごめん」  「???私も警察の方に来ていただいてる」 
孫娘は警察官を前に違う話を始めた それを無視して経緯を説明すると彼女はビックリ顔をした 目と口を同じように丸くして固まった 何に驚いたのか不明だが話の展開を別の所へ持って行く予定だったのだろう
Nu‐Kaの親族は家事を一切しない ニセ夫を操る加害者がサポートする加害者(す6464)に代わってから炊事する
夫を操っているのがNu‐Kaのとき私が作った食事を「毒が入っているから食わん!」と言って食べなかったのを機に接点がなくなった

ブレインジャックされた夫の生活習慣は当初あまり変わらなかったが 次第にNu‐Kaの都合に合わせた 
毎日の習慣だった歯磨きと入浴をしないので 頼んだが(ブレインジャックされた息子も同様だったので息子側でも頼んだ) 決定権はNu-Kaにあったようで1週間毎にされた 夏も同様である
一度だけ朝起き抜けに夫がシャワーを使ったことがあった 加害者側の手落ちがあったようだ 
出かけるときはバイクで出かけていたのが自転車に変わった バイクの運転がNu‐Ka夫婦は苦手のようだった 夫の乗り方とは雲泥の差があった
ただ Nu‐Ka妻は80歳を過ぎておりバイクの運転をしたことはないにも拘らず 夫をブレインジャックしてバイクの運転をするのを見て ブレインジャックの機序がどういうものか不思議だった 80余歳の女性が使いこなせる簡単な操作でなければならない
今ブレインジャックの方法を想像すると「想念」? 
被害者本人の脳を使用せず (本人の意思・意識が全くない 本人の生活習慣全て無く 嗜好が全く違う) 加害者の脳の想念を 電磁波機器を介して送信する?PCを介在してネットワークができている 遠隔操作とブレインジャックされる被害者の近隣に拠点を置いている 

賃貸住宅の駐車場を利用する車はすべてアイドリング=電磁波攻撃する 
「無断駐車禁止」の立札を我が家の横に移動させて その場所に営業車が駐車しないようにしていた 数か月後無くなった
駐車場に入ってきてアイドリングして出ていく車もある たばこの吸い殻やゴミを捨てているときもある
タイヤに釘を刺しこまれパンクしたこともある
車検の通らないツルツルのタイヤと交換されたこともある
賃貸住宅の営業の方に防犯カメラの設置をお願いしたが無駄だった 「オーナーさんが何処から金を出すのかと言った」
幟旗が被害者の目印と思っていた ブログに記事にした直後 1本から2本に増えた その後幟旗が無くなった 
近隣の賃貸住宅の空き室数戸の前には幟旗が立っている 以前被害者が住んでいたのではないかと想像
スポンサーサイト

身体の乗っ取り [記事番号 199]

夫と息子がブレインジャックされて2年が過ぎた
この犯罪が即刻解決されても 乗っ取られていた期間の人生は還ってこない
加害者によって勝手に使われ痛めつけられた身体も元には戻らない
姉は少なくとも1年間乗っ取られたままである
義母や義兄はいつからだろうか?
ブレインジャックされていた お世話になった方々は無事だろうか?

加害者の利益 (被害者がブレインジャックされ 身体を乗っ取られた状態)
▽給料・年金・土地・家屋などの動産不動産を自由にできる
▽身体は本人である 合法的に全て奪える
▽金品をゴミの中に入れて出すと 加害側ごみ収集車が回収する
▽次のターゲットを模索できる 家族親族・郵便物等
▽被害者の金品を使用するため 仕事は被害者の管理
▽被害者一人に関わる加害者は何人いるか不明
▽被害者に成り代わることができる

加害者がブレインジャックでできること
▽被害者が警察署に行って相談すると警察官を操る為 加害者の思うとおりにできる
 緊急時に来て頂いても同様である
▽通常は犯罪であることが被害者の身体を使うためみかけは犯罪でなくなる 被害者の身体を使って思い通りのことができる
▽被害者家族の各家で跳梁跋扈できる
▽クライアントはサポーターをもブレインジャックして被害者家族を苦しめることができる
▽加害者が跳梁跋扈する為 被害者を冒涜することになる
▽家族に暴力を振るうことができる
▽ブレインジャックされていない被害者と関わる周辺の人をブレインジャックできる
▽ブレインジャックされていない被害者の周辺の資格を持つ人々をブレインジャックして専門分野の処置を受けさせないようにできる
▽クライアント親族間でサポートし合って各々ができないことを可能にして楽しむことができる 

加害者の職業
▽就業している加害者もいる
▽クライアントのサポートをする加害者は加害行為を専門にしている
▽ブレインジャックしている加害者は就業していない

ブレインジャック(身体を乗っ取られている)されている被害者の職業
▽就業している被害者はいる
▽就業していない被害者もいる 年金生活者もいる

証 拠 [記事番号 198]

ブレインジャックする加害者はNu‐Kaを中心とする親戚一族(クライアント)とそれをサポートする専門家組織(ひろく宣伝するさつじん部)である
ブレインジャックする被害者の隣家を拠点にするのが通例のようだ 姉の家は加害者に乗っ取られている 警察官がいる場面でも私は玄関の様子さえ伺えなかった (記事12/1/2015「結果ありき」)

自宅にはブレインジャックされた状態の息子がいる 2年前は加害者7人が息子を操っていた 
現在息子を操るのは 体型は小さく細いがガッチリ型 顔が脂ぎっている男がメインだ 
この男が不在の時はさらに華奢な体型 縮毛 弱視 両手両足を外側に突き出して歩く癖のある男
『ブレインジャック』されることが分かったのは2年前(2014年3/10)Nu‐Kaが息子を操り急に大声を出した 壁に手を突き 背中上部が曲がり頭部が体幹より前に出ている(80代後半の隣のおじいさん)左足を軸にして 右足で壁をけった(20年前からNu‐Kaは股関節と足に支障がある) 顔はNu‐Kaの特徴そのものだった 眼瞼下垂・口が閉まらず開いている・頬の中ほどに筋肉のくぼみで横線が入っている 首は高齢者の様相 誰をブレインジャックしてもこの特徴は見て取れる
自宅の破壊が始まった 凶暴である

夫は賃貸住宅に転居してからブレインジャックされたままである (2014年4月) それまでも不思議なことがあった 
振り返ると記憶に残る不思議なことはブレインジャックされていたとわかる 
ブレインジャックされると全てが変化する 人格・話し方・食物の嗜好・所作・靴の履き癖等 人格・生活習慣全てが変わる
暴力を振るったことがなかった者が暴力を振るう 
加害者のマニュアルは 嘘が基本・怒・批判・因縁をつける・虚偽の断定・言い訳・跳梁跋扈する
姉は2013年から実家での生活感が無くなっているが 私が会うときは姉であった 一昨年(2014年)盆位から ニセ姉がSi‐Sa似であると感じたことが度々あった Si‐Saはエビが大好きで最初に食べる 母の心づくしを自分のものにした 金を人前で出す 集団ストーカーが周囲を囲んでいた
操る拠点は隣家Ⅰ102及び203を使用するのは上記Nu‐Kaの孫と思われる弱視の男20歳位 現在はこの男がNu‐Kaに次いで夫をブレインジャックしている 凶暴である 
私はこの賃貸に居ることはできない
クライアントは家事をしない ゴミ捨ても周辺に仮住まいのサポート組織がする 玄関に置いたゴミをサポーターが順番に出す
食事は上記小さい男が夫を操る日は タッパーウェアに入れて届けられる 若しくは持ち帰る事が多くなった 
当然夫は絶対にしない Nu‐Kaは麺類を自分で作る
隣家に出入りする人数は多く ・メインに出入りする「T社V赤す6464」 ・目と睫毛が目立ち首から上が同じ太さで足に特徴のある男 ・現在姉をブレインジャックするNu‐Ka孫娘とNu‐Ka妻の姪の娘が担当していたこともある 
一昨年4月夫がブレインジャックされたままになったときは Nu‐Ka夫婦がメインで 「す6464」 や Ⅰ102の母親がサポートしていた 部屋の掃除をサポーターがしているようだ 

姉をブレインジャックするのは上記孫娘と妻の姪の娘と思われる二人がメインで 姉の家に住ンでいる
上記20歳くらい弱視の男が居る時もあった(足音に特徴が有る)
昨日子供の声がした事とニセ姉の言葉にあるように「私が誰を連れて来ようと勝手だ」ことから 誰かを家に入れたことは推測できる 
姉が本物であれば長年なかったことは今後もない
実家に行った日の夜遅くニセ姉が掃除機をかけ始めた 前回姉は使わない風呂に使用痕跡が残っていたことを懸念してのことだろう
実家にニセ姉以外の加害者が滞在したことを意味する

各々の家に出入りする加害者(Nu‐Ka親族)は同じ人たちなので 同じ指紋が採取できる筈である 
近隣に担当加害者がいる Nu‐Ka夫婦は遠隔操作でブレインジャックしていると推定する

私が掛ける電話はいったん加害者組織を中継して相手に掛かっているのではないかと疑念を持っていた 
NHK朝の番組で携帯電話が遠隔操作されることがあると報道された 
遠隔操作の中継をする加害組織がいるように感じている メール・電話ともに直接相手に届くのではなく 加害組織に繋がり話した事柄が 加害組織からメール・電話の相手に繋がる 私が話をするのは機械 そんな感じがしている 
機械は同じ音声を作ることができるようだ ブレインジャックされた息子が電話をかけた真似をして110番通報の応答する声を聴かされたことがある 私が110番通報した時の応対の声と手順と声が同じだった  
警察署に電話をかけたとき繋がらなかったことが数回ある
「○○の電話を使っているから手順が違う」 夫の電話を借りる必要があった時にニセ夫が言った
メール・通話履歴を調べればわかることがあるように思うが?

付記:加害者の名前がわからないため 特定の方々に理解頂けるよう 人の説明に特徴を記しております 
特徴を蔑視しておりませんことをご了承くださいますようお願いいたします

目印を処分すると… [記事番号 197]

「エ●●の●●」が勧誘に来た  (自宅には頻繁に来たので電話でお断りしても減ることはなかった テク犯集スト加害者仲間?)
実家は路地を入ったところにある 隣家には声をかけない
やはり曼珠沙華・蔓延る植物が目印であろう
母が植えたかもしれないが 大きな石やレンガが置かれている為好んで育てていたのではないと判断し 短く刈り込んだ
夜 姉をブレインジャックした加害者は大声を出し 顔を斜めにして接近してきた(Nu‐Ka孫娘の特徴 =ピンヒールの靴を履く)
手を突き出し(同) 怒鳴りだした 私の「何のこと?」 に間違いと理解したようだ 自分が間違っていても激昂するのがNu‐Kaたちの性格だ 
昨日・一昨日の件(メモを置いた その時は異常なし)を付け加えて 短く刈った草のことで怒涛の勢いだ 突き飛ばす力はかなり強い (夫が暴力をふるった力も軽く当てているのに強かった まるで機械の動作のようだった) 
荷物を何度も部屋から放り出す 激高する(Nu‐Ka)
人差し指を突き付けながら怒鳴る(T社V赤す6464の特徴)
体格が大きい(Nu‐Ka妻の姪の娘)
嘘が淀みなく出てくる
「姉はこんなことをしない」 と言うと お決まりのフレーズが返ってくる
「母がいつも言っていた 盆正月も帰ってこないと 帰ってくるのは最近だけやろ?」
「あんたがいるから悪い!」
「人の家だ でていけ!」
「ホンットニ モウ 勝手なことばっかりして (以上 Nu‐Ka孫の口調)」 
「私が誰を連れてこようと私の勝手だ!」
神棚の榊が枯れたままである ペチペチ手を叩いていることについて 「お爺ちゃんが飾っていたので 参り方をお爺ちゃんから教わった」 
(神棚の榊が片側だけ枯れるのは ここを電磁波が通るからで向かい側の写真の上端が黒く焦げている その先に向かいの家から出す音が聞こえるポイントがある 向かいの家と反対側 飛行機の飛ぶ音が大きく聞こえる)
眼鏡のレンズが青い色(Nu-Kaの好み)になっていることについて 以前は「前からこのメガネでしたぁ~(Nu‐Ka孫)」と言っていたのをこの日は「PC用でぇ~す(Nu‐Ka妻の姪の娘=体格が大きい)」

ニセ姉の話の切れ間にNu‐Kaの所業を話し始めると 大声・早口で途切れることなく被せてくる 事実を確認できた今更の話を 
聞かせたくない仲間が聞いていたのだろう
私の車のタイヤ2本が車検を通らないツルツルタイヤに替えられていた 
賃貸住宅にいるときに電磁波が強いときや車走行中集団ストーカーに纏わり付かれた時に呟くフレーズの一つ ビップクライアントNu‐Kaの所業として 
ニセ姉「証拠がない」
私「証拠ならある」 この記憶は直後消された ←追記:3/26/2016

私「今日 向かいをやっつけたなぁ」
ニセ姉「他所に何か言っていくのか?」
私「まさか 家の中で呟くだけよ」
このやり取りの間 姉の首の後ろに手を翳していた(電磁波攻撃を返す) 不愉快そうな様子 猫パンチのように何度も腕を振った
ニセ姉の姿勢は 医師から止められている 更にそれを刺激する行為を繰り返す 直前の会話でNu‐Kaが3時間禁止姿勢を継続したと話したばかりだ
ニセ姉が夫に電話をかけ 10分ほど話している 聞こえてくる夫の声は似ているが話し方がまるで違う ニセ姉も同様 
実際に 姉と夫が会話をしたことなどない 加害マニュアルはストーリーを作らなければならないようだ 
会話に「近所迷惑」と常識的な言葉が出る 人を揶揄するときのみ常識に立ち返るのか 
近所迷惑なのは ニセ姉は大きな音のする給湯器を 一度沸かすだけでよいのに使用していない深夜でも点けっぱなしにして数時間居眠りをさせている) 
ニセ夫もTVの音量が半端ない大きさである 
「警察・保健所・強制入院」 ニセモノどうしの会話で大きく聞こえた
ニセ姉「アタシが帰ってくるといない どこに行ってるんだか」 
(なぜ知らないの?あの時の姉を操っていたのはあなたではないの?)

激高した真の理由は 思考盗聴 (私の目を通して見ていた?)した事に対してだろう 
見ていないニセ姉に わかるはずがない部分にご立腹だったと思われる(ごみ収集に関する件) ニセ姉が激昂する小一時間前にすれ違った時は何事もなかった 急に知ったことの証明 

父が育てていた植物の数鉢が残されていて そのうちの一鉢が植木鉢から溢れているので 株分けに適さない1月に株分けした 「引っこ抜いてやる」大声を出し出ていった 3鉢全てを逆さに置き 一株は葉・根を分解して捨てている 一株が消えた  鉢の土を捨てた場所は 姉も私も捨てない場所だった
癌で亡くなった(電磁波によるものと推察している)父が労力を払って収集した植物であるとニセ姉は分かっていた 姉の記憶を引き出している 断片的な記憶を引き出しているのを時々得意満面で誇示するが 事実を知らない 

上記の対処は全て姉ではない 話し言葉はブレインジャックする加害者の特徴が出ている またこの日は夜遅く帰宅するので姉であるなら刈って短くなった植物を帰宅時まで見ることができない 
姉がブレインジャックされ 私がテクノロジー犯罪・集団ストーカーの被害者でなければ目印はない
姉と私 家族は仲が良い 上記の会話は成立しない 

追記
上記太字の部分は文章入力後に確定キーを押すと消えたので太字にした
向かいの家は西 東の家から音が出ているように聞こえる
同様に北側の家からも音が出ているように聞こえる
南は庭 同様に大きな音が聞こえる
それらの音は 向かいから出す音と 同じ音

母が植えていた水仙を加害者が植え替えていたようだ 花が一輪咲いただけ 
空いた場所にヒガンバナを増やしていた 元は赤い花だったが父の一周忌に白い花に変わった
ヒガンバナを植えた?自生した?経緯はわからない 赤い花は母がいるときから咲いていた
葉の形状が違うため 突然変異で変わったのではなく 種類の違う球根を加害者が植えたことになる それを話すと口をすぼめ目を丸く見開く表情をする Nu‐Ka孫ピンヒールの驚いた時の癖だ

第9回NPOテクノロジー犯罪被害フォーラム2016Youtube [記事番号 196]

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

第9回 テクノロジー犯罪被害フォーラム 2016 Youtube動画

 第一部:嫌がらせ犯罪の実態
 https://www.youtube.com/watch?v=gDuIushdlNk 
 
 第三部:テクノロジー犯罪の実態
 https://www.youtube.com/watch?v=g3196IkV7U4

第9回 NPOテクノロジー犯罪被害フォーラム 2016 レジュメ(pdf)
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

お読みいただきたい書籍です
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集1』
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社ビジネスーパートナーズ
        修正7/3/2016

最近起こったこと [記事番号 195]

【市立図書館にて】
自宅ではPCのマウスを固定されてPCが使えない為 (●●ィー●Ⅰ102の所業) 近隣の市立図書館で閲覧させて頂いているが 今まで閲覧できていたブログが開かなくなったいた
閲覧していないブログは閲覧可能なのでそちらを拝見している この市立図書館の 閲覧の不・可の基準は何?
被害者のブログを閲覧できなくするのは被害者ではない

【集団ストーカー】
公衆浴場内の長椅子2客に寝そべっている年配のご婦人2人が私を見ても「ほのめかし」を朗々と話しているところへ 黒いイヤホンを付けた若い女性が現れると 急ぎ2人揃って起き上がり緊張した会釈をする その女性も軽く返礼する 若い女性はその他大勢の付きまといではなく何度か見たことがある 
付きまといにも何種類かの層があるように感じる

【TVがモニターになっている(見張り)】
ブレインジャックされた夫(ニセ夫)は最近TVの置き方に神経質になっている
2年前ニセ夫が初めて暴力を振るった(Nu‐Ka) ニセ夫が留守の為TVの主電源を切っていると いつもより早い時間に帰宅した 乗って出かけたバイクではなく自転車で帰宅 電源を入れるのが間に合わず入ってきてすぐに暴力を振るわれた TVの電源を切っていても帰宅早々には気付かないのが普通である 
TVを見るのは夫だけなので自室で見ると音量も小さくなり寒さ対策にもなるところをDKのコーナーに置き TVの画面は室内の私の動きが見えるような角度 夫の部屋からは見えにくい角度になっている 少しでも角度が違うと拳を握りワナワナと体が震え今にも殴り掛からんばかりの勢いだ 「●●●●(=精神異常者を示す言葉)」連呼する 「おまえは総合出張所だ」
(Nu‐Kaは90歳位 言葉を理解していない 統合失調症と言いたかったのだろう)
音量は外まで聞こえる大音量であり 番組は韓国語 「怒」「哀」「悲」物語 BGMはおどろおどろしい音が大きく聞こえる 何種類かの番組を繰り返し流しているように感じる 被害者向けの番組だと感じる 
韓国語放送中にTVから日本語が聞こえることがある ニセ夫がPCで入力すると音声が出るようだ
ニセ夫はTVを見ていない PCに集中している 「シシシ」と笑い 「ケッ」と嘲る声が聞こえる 私の思考を盗聴した履歴を見ている可能性がある

【ゴミ収集日に気づいたこと】 
近隣5軒のごみのみ残されている 
収集者はゴミ収集に慣れていない男女 動きは緩慢だ 女性は前回の人と酷似しているが(色白 長い髪を二つ折りに結っている 服装が前回と同様) 背の高さと太さが微妙に違う 
明らかに ごみ収集を専門にする人ではない
前回は収集車の後ろにゴミが載せられた状態で近くの角を曲がって見えなくなった
今回は後ろに乗せたごみを機械が中に押し込んだ ブレインジャックされたままの姉が出したごみは5個 段ボール箱で周囲を覆っていた 
ゴミ袋の中には箱を畳まずに入っており まだごみ収納スペースがある 自身のごみを出すため 一つ封を開けると 中に段ボール箱がある 違和感があり開けると新品の物が入っていた また目についたのはティッシュペーパーをコルク栓の形に捩じり大量に捨ててある 未使用のようだ
ある場所だけごみが残されているのは他所で何度か見かけたことがある ブレインジャックされた被害者宅のごみだけ別収集にしている? 未使用のものをゴミに出す 収集すると使える 箱や袋に大事に入れている 

8/25追記:
ニセ姉が出したゴミ袋にゆとりがあるので草等を入れた 2~3ヶ月経過した今月(8月)ゴミの日にゴミを出していないヒガ続いている ゴミをどうしているの?  

【高速道路にて】
高速道路走行中 直前の車両が「蛇行」している 途中のパーキングエリアに2車1組が入っていった 
タイミングよく高速道路に入ってきた車が直前に入り「蛇行」する 50㎞程の高速道路行程全てを直前車両が蛇行していたことになる
以前 直前の車が蛇行し その前の車がストップランプを頻繁に踏んでいるのを見ていると眠気が出てきた
同じ状況を他の車でも見たことが何度かある
故意に事故を起こすように仕向けている?

【ブレインジャックされた被害者宅で起こっていること】
隣家全体に足場を組んで修理している様子を見かけた 聞こえてくる音に何をしているのか疑問を抱いた
雨漏り修理を依頼すると 雨漏りが酷くなり 雨漏りの箇所が増えた
鳥対策のネットが張られていた
電動のこぎりを使って庭の小さな木を切っている にも拘らず 植木鉢は倒れた状態で転がっている 雑草が蔓延っている
ある種の木だけ電動のこぎりを使って切っている いつもは家人が剪定している木である 電動のこぎりは持っていない
ブレインジャックされているので 通常は業者に依頼しないことを姉をブレインジャックする加害者が 仲間に依頼していると想像することを数回見かけた 

以下追記:3/26/2016
【姉の家で子供の騒ぐ声がする】
姉が就寝中の時間に子供の騒ぐ声がした エアコンがついていた 姉は就寝中はエアコンをつけない
最近Nu‐Ka妻の姪の孫(幼児)が付きまとう 遠路連れてきたのかもしれない Nu‐Kaの所業を話した時のニセ姉が大声早口で捲し立てたのはこの女の子への配慮かもしれない
「私(=姉をブレインジャックするピンヒール)が誰を連れて来ようと勝手だ!」 長年なかったことは起こりえない
  
【ブレインジャックする加害者の数は複数】
朝ニセ姉が来る前に仏壇に茶を備えた ニセ姉は茶器を炊事場に置いた ブレインジャックする加害者がいつも同じ人ならそれを覚えていて ニセ姉が献茶することはなかっただろう ブレインジャックする加害者の数が複数である事を証明する事象が度々ある 
ブレインジャックに気付いたとき 息子をブレインジャックする特徴から人数を数えると7人いた 操る加害者の特徴が出るため 7重人格である

【不思議なクライアントとサポーターの関係】
向かいの夫婦がブレインジャックされて電気点灯による電磁波攻撃・音を出す・姿を見せるなどして嫌がらせをする 夫を操るのはNu‐Kaが多い 妻を操るのはアンパンマン顔の女の時が多い Nu‐Ka孫の時もある  操られているのを疑問に思う
2013年ゴールデンウィーク 向かいの娘一家が帰省しているとき 娘婿から車でストーカーされた「○○1144(スモークフィルム装着)」 買い物に行く予定で出かけるとその途中で待ち受けていた 相棒の車は目的地まで着いて来た 
集団ストーカーが徐々に酷くなっていて自分に起こっていることが何故か理解できていない頃だった 最寄りの警察署に相談に行くと相棒の車のドライバーは署内まで着いて来た 警察官から道路地図を見せて貰いながら 私の話に傾聴してほくそ笑んでいた
それ以前に 娘と向かいの妻の親子で私を見ながら貶す嫌がらせ行為を受けていた 向かいの奥さんは知らなかったと思われる 
昨年か一昨年 娘婿がテクノロジー犯罪・集団ストーカーのサポーター組織の一員だと気付いた 髭面・暗い処に佇む・いつも見張っている 2台1組で尾行する等
数日前娘一家が帰省した時 向かいの夫婦は話し声から本人だった
自宅内でその不思議を呟いてみると 娘一家は即刻いなくなった
クライアントが跳梁跋扈するのをサポーター組織は見守るだけなのか?

【春休み中の子供が嫌がらせ行為】
PC入力の邪魔をする加害者は常にいるが (ノートパソコン持ち込みによると思われる)
子供の邪魔も常に入る
本日は囲いのあるブースを拝借できたが 開いた入口で数人が覗き込むように囃し立てている 昨日はPCの横から走る姿を何度も見せてくれた 静かにする場所で騒ぐのは加害者の常識だ
嫌がらせをして功徳になる? 世の常識とかけ離れている  

種々の刻印 [記事番号 194]

加害者同士に判るようにつけられたと思われる 被害者の目印を「刻印」と称してみた
以前 泥棒や訪問販売などの被害宅での目印をTVで見たことがあるが それと同様の目印と思われるものを挙げてみる
加害者が目印を見つけると被害者を攻撃することになると思われる

【患者】
母の片足の親指の爪が 爪と同等の長さに伸ばされているので目印と思わざるを得ない(➡姉は放置しない)
母の転院先の病院で 爪切り鋏を持参しようと思った翌日に 筒状の白い厚手のストッキングが被せられていた 指先側は結んで靴下のようになっていた
半年切られていない長さの髪の毛が1本目立つところにあるので(➡姉は放置しない) 鋏を持参しようと思った後に切られて無くなっていた

【被害者】
◇爪
10~15年前 私の左手親指がヒョウソ(爪周囲炎)になった 放っておくと爪内部が腫れて 爪が90度に曲り変形した 
同じ症状の記事を 被害者のブログで拝見したことがある

◇公衆浴場やスポーツジムの更衣室での目印
電磁波による火傷=種々の引っ掻き傷 
集団ストーカーが酷くなり電磁波攻撃に気付いていない頃は (加害者はSi‐Sa?) 深く大きなひっかき傷が首~鎖骨周辺に長期間 継続的にあった 当時は引っ掻き傷と思っていたが自分では手の届かない場所の時もあった 
夫がブレインジャックされたことに気付いたときから 公衆浴場で目立つ箇所に電磁波の火傷を創られた (加害者Nu‐KA) 前日~当日利用中に創られた
他に ニキビ・ 大小の虫刺され風などの傷がある 

【被害者宅の目印】
はびこる植物  ◇万寿釈迦(彼岸花) ◇球根植物 (薄紫色の小花が輪状に咲き 芯は黒っぽい 葉は黄緑色50cm幅10cm形状チューリップ似  ◇地下茎で増える植物 (直上の堅く細い濃い緑色の葉が密集する 淡い赤紫色の小花が棒状の茎に沢山咲く 実は1cmほどの黒色 自宅・実家に植えられた)  ◇カラスノエンドウ (強風で崩壊した塀を取り除くとき 夫の父が造園したものを取り払った =Nu‐Kaによる思考操作= 後にそれまで生えたことのないカラスノエンドウが蔓延っている) ◇イチジク 知人からもらったものを冬の日差しを求めて外から見えないところに移すとブレインジャックされた姉が日差しのない場所に戻していた

ペンキ使用 ◇被害者宅の側溝の蓋に[N] 赤や黒っぽい色のペンキで大きく書かれている 歪な形のものもある

物干し台 ◇スーツ類を雨でも夜中でも干している

夜間の被害者宅の点灯 ◇全室点灯~1室点灯 点灯の色が変わるところもある 

知らずに関与      [記事番号 193]

加害組織との過去のかかわりを 考えてみた
20歳の頃 「学会のビデオ上映があるから行こう」 と誘われた 誘ったのは同じ下宿に住む一番疎遠な人だった
「学会」と聞いて「何の学会かな?」という無知の私は即ついて行った S会座談会の場での「文化祭」のビデオ上映であった
一糸乱れぬ躍動に感嘆を覚えたが 画面の中の達成感を感じるが皆同じ表情をしている 日本的で無い事をなんとなく感じた 
就職してから その人を頼ったことがある 今思い返せば 何故彼女と会うことになったのか不思議だ
数年後「地獄を見るよ」と年配の女性に言われた 現在の加害組織と加害行為を指した言葉だろう
「敵対する者は末代まで加害しろ」 機関紙に写真とともに掲載された記事だ

30年前 新築一斉入居の団地に8年住んだ
一昨年2月 夫が自宅を出て借りた 賃貸住宅の上階の住人が当時の隣人だった 
8年目位に隣人が夜中酒盛りをしていて 大声で目が覚めたことがあった 声の主は隣の棟に住むメタボ夫婦だった
夜中に幼児の鳴き声が聞こえたことがあった 隣人の子供二人がドアの外と階段を降りながら 両親がいないと号泣していた 家に連れて入ると 赤ん坊は熟睡していた 
隣人のことで思い出すのはこれくらいだ 特に嫌がらせを受けた記憶はないが 幼児がベランダの衝立越しに我が家をよく見ていた 
現在同じ賃貸に居住していることが 当時加害行為をしていた加害者であると認識せねばならない 20数年の時を超えて選ばれた加害者なのだから
偶々入居した賃貸住宅で見かけてもすぐには分からなかった 年数が経っているにも拘らず 急に思い出したのは 思考操作によると断言できる 子供の名前は「ちゃん」付で思い出しても「氏」を思い出さない また思考操作され頭に思い浮かばされたと思
使用している車のナンバーは「神戸」で当時の居住地とは異なる 車種はLEXUS (父親は黒色 息子は紺色  賃貸に寝泊まりするのは 2人一組 夫婦・息子と娘 (娘は二人いる きれいに子供から大人へと立派に成長していた 加害者であることが信じられないし法を犯す加害組織の一員=「人でない」のが勿体無い) 奥さんと長女は数か月後 賃貸住宅では見かけなくなった 長女は私のことを覚えていた様子だった 次女には 電磁波の火傷であるひっかき傷を顔に創られた(階段を駆け上がり長男と会話する声が聞こえた この犯罪は実と虚があるので 隣家が音を出した可能性もある)
今居住している賃貸住宅は周辺が全て加害者である 少し離れた賃貸住宅も同様 賃貸住宅の幟旗が立っているところは被害者が住んでいたと推測できる 私の部屋の前には入居後増やされて幟旗が2本になった
以前記事にしてから幟旗は無くなった 別の目印がある
この頃 自転車に乗っているときに車にぶつけられた 加害行為の一環と思わざるを得なくなった
一点思い出したのは体調が急に悪くなったことがあった 長期継続した 電磁波攻撃による加害行為だったと今ならわかる 

現在の自宅に転居 20数年前
電磁波は転居当初から知らないうちに受けていたと 今ならわかる
3月には一羽の鶯が鳴き方練習をする ゴールデンウィークにはセミが鳴き始める
転居当初からTVがモニターになっていたことが今更わかった 毎朝7:20に必ず「カチッ」と鳴る 5分後「カチッ」 そして日中も何度か同様に音が聞こえる 近隣で同じTVのリモコンを使うので我が家のTVでも音がすると思っていた・・・
NuーKa妻が唐突に 「私は耳鳴りがしている」と言ったのはこの犯罪をほのめかしていたのかもしれない と今更思う

転居後徐々に 自身の病気を自覚できるようになってきた 間もなくバランスが取れなくなった いつも疲れている 持久力がなくなった 30代後半で自分が病気だと知ったが 電磁波照射されていたことが大きな原因と思われる
自転車で路地を走行中 狭いT字路から 自転車が飛び出してきてぶつかったのも 加害ストーリーの一環と思われる
近隣とは仲良く井戸端会議をする仲であった Ooも含む Nu-Ka夫婦は入ってこなかった
転居数年後 Nu-Kaの間違いにより怒鳴り込んできた 間違いであることを理解したようだが それ以来 挨拶しても顎を上にして通過するようになった 母屋(150年位前に兄弟が母屋新宅となった) と聞いていた為 半年くらい会えば挨拶をしたが 顎は上に向く一方だった 
同姓のため我が家に間違ってNu-Kaを訪ねてくる人が後を絶たず その都度案内していたが それをNu-Kaは一切知らないようだった 
宅配業者が我が家に来た 氏名を確認するとNu‐Kaだったので案内した 宅配業者が隣の門前で驚いていた 日時指定の品を 数名が我が家の陰に隠れて待ち受けていた  何をか況やである
Nu-Kaが大きな庭の 我が家側にいつも佇んでいるのは知っていたが まさかストーカー行為をしているとは思ってもいなかった しかも電磁波による盗聴付き
6年前年末 町内会長をしているNu‐Ka宅に年末の挨拶に来た何組かが ストーカーをするNu-Kaに不審な思いを抱いたようだった 
それ以来 私が嫌がらせをしているから見張っているのだと吹聴するようになった(思わせるマニュアル)
Nu-Kaの弟(二男)の家から出てきた車が私の車を見かけると狭い道路で急にUターンして危険運転の尾行をしてきた その後この家に置かれているゴールドメタリックの原付バイクでも危険運転で追いかけられた 夜中ゴールドメタリックのバイクと大型バイク(体躯は華奢な男)が我が家の前から急発進して大きな音を出していた
Nu-Kaの弟(三男)は私のパート先(偶々Nu‐Kaの従弟の職場)まで付いてきて 仕事上のミスを誘発した  
孫娘に尾行の手ほどきをした 「(Nu‐Ka弟)そんなに前に行くと追い越してしまうぞ」 「えっ?(開けていた窓から後ろを振り返り私と目が合った)」 
孫娘・娘・妻の親子三にが公衆浴場でストーカーされた 車で何度か尾行されていた 行き先を突き止められた初回だった その次からは年配者の集団ストーカーが度々仄めかしをしていた 自然足が遠のいた 今考えるとブレインジャックされた一般の人たちだった可能性がある
孫娘と祖母が乗車した車に尾行された 
三男の娘は80km離れた私の実家近隣の店舗で付きまとい 同時に店舗に電話をかけて私を貶める行為をした 200km離れた店舗へ出向いた時も尾行していた 公衆浴場では私に合わないようにしていた為思い出した  
Nu-Ka向かいのO義妹と内縁の夫はパート先駐車場で数回声をかけてきたが ストーカー行為と仕事上のミスの誘発をするのが目的であるとは夢にも思わなかった 

上記と同時期 2年間スポーツジムで集団ストーカーを扇動したのはSiーSaだった 
初めて見掛けたときから私の顔を爛々と輝く目で凝視していた
電磁波照射による 「ひっかき傷」 が絶えずできていた まだこの犯罪を知らない時だった為 ひっかき傷が集団ストーカーの目印だと思ってもみなかった 
Si(旧姓)ーSaの実家はNuーKaの裏の豪邸が実家になる ジムで集団ストーカーされた1年後に知った 
集団ストーカーの初期はSi‐Saたちが担当していたと思われる 「私は半径1kmの人の心が読める」 と言った
長身でメタボ体型の男に原付バイクでストーカーされたのが集団ストーカーの始まりだった
髪型は肩に掛かる長さで大きなウェーブがある ハーフヘルメットは頭にのっている
その後は 背丈が低く華奢な60歳くらいの男が 原付バイクや車で尾行した 買い物先で何度かすれ違った 

テクノロジー犯罪と分かったきっかけは80歳代のOoが耐えられない強度の電磁波攻撃を仕掛けてきたことにある 3年前の8月下旬のこと
そして私の病気は加速度を増して進んだ 通常は急激に進む病気ではない 
残虐非道な電磁波照射がなければ酷くなる病気ではない
3年前ハローワークからの郵便物の宛名に 2cm角の大きな文字が入っていた 「障 害 者」
ブレインジャックされた息子が加害行為をした為 夫の勧めで実家で半年過ごしたときは 4人くらいに自転車・車などで尾行されていた
公衆浴場までの尾行を目立つ行為でわからせる 
この後起こったことは露天にいるとNu-Kaの声が男風呂から30分延々と聞こえた 
女風呂には年配者10人くらいの団体を示す宿のタオルを持っていた 
浴槽の向こうで記念撮影のように横5列縦2列に並んでいる 他の客は私だけ 
奇妙な光景だったがこれは何の為だったの?

電磁波による「深く大きな引っ掻き傷」を継続的に作られていた
自衛隊の駐屯地や基地がなく 飛行空域でないところで自衛隊の航空機を何種類か見せられた 幻視である
「CH47J」「CH6D」似など 冬曇りの雲が低い空を駅舎をかすめるように輸送ヘリが2機一糸乱れず編隊を組んで飛んできた それを本当のように感じさせたのは翌日会った社協職員の一言だった「建物が大きな地震のように揺れました」 
自宅から見える狭小の空で ヘリコプター2機が斜め45°に前進する光景 自衛隊ヘリコプターが何度か頭上を飛んだ 
通常人家のある場所を低く飛ぶことはないだろう 空を見上げている私を見る人がいれば「おかしな人」と思うのだろう 
県警のヘリコプターも毎日飛んでいた 民家近くの大変低い位置を飛ぶことはないだろう

知らない間に長いスパンで加害行為が行われていた 
不思議な出来事は全て テクノロジー犯罪と思ってもいいだろう
全てを記載できないのが残念である 

ブログを書く目的は 記録
虚構のストーリーにより 被害者にされた 
後世Nu-Ka一族が 更なrう虚構のストーリーを周辺の人に嘯かない様に
究極の目的は認知活動の一環として周知頂いて 一刻も早く被害者が救われ
この加害行為が撲滅される為である

「脱会者は○○○、敵対者は○○○」
「日本を滅ぼすには戦争を仕掛けなくてよい。 内面から腐らせれば良い」 
            by S新聞掲載 I‐D氏の写真と共に
加害者の皆さんはご存じでしょうか?日本を腐らせていることを
そして世界中で起きている現実だということを
加害者に報酬があるのなら 被害者から奪った物が含まれていることを

母の転院中のダイジェスト [記事番号 192]

今回実家でのブレインジャックする加害者とのバトルは 母の転院中の見舞いをできなくしようとしてきたことに尽きる(強度の腰痛を継続されたこと) 当然毎日見舞った 
「強い電磁波+後付けの酷い痛み+金縛りのような体の重さ」から 昨日やっと解放された
病院ではブレインジャックされている(ニセ)母とブレインジャックされている(ニセ)姉が脳内送信の会話をしていた為(=見つめあい・頷き合う=) 両者が偽物であることが一目瞭然である
母の片足の親指の爪が 爪の長さの倍に伸びている 
どうしてか訪ねると ニセ姉が 「切りにくいから」と嘯く 
私 「自分の親の時に言ってよ」病室を出ようとすると
ニセ母 「知ってるの?
ニセ姉 「シッ!まだ居る」 
母をブレインジャックするのは 2月下旬はピンヒール(Nu-Kaの孫と思われる)が主であった
3月はNu-Kaの妻と姪が中心である 目と唇と声・喋り方に特徴がある
母の声が急に変わったのは1年ほど前? Nu‐Ka妻がメインになった
姉をブレインジャックするのは Nu‐Ka妻の姪の子と思しき背の高い(バレーボール選手くらいの体格がある 頭・鼻もおおきい 母の横に座っていた時に振り返った動作が 腰をロクロクビのように伸ばしながら後ろを振り返った ブレインジャックしている者の身長が高いことが窺えた 初めて見る動作だったが大変異様な光景だった)
NU-Kaは常時現れる 母をブレインジャックするときもある 実家向かいの夫をブレインジャックするのは殆どがNu-Kaである 毎日時間を問わず何度か(朝5時~夜23時半)大きな声や物音を出す  
姉宅の向かいの奥さんが数十年間同じだった髪型を変え(しなやかなストレートヘアのボブが 茄子のへたのような硬い髪になった) 華奢な体躯がバレーボール選手のようになった ブレインジャックしているのはNu-Ka妻の姪の子と思われる
食事の前に手洗いの習慣がないようで 母の食事の介助をする前に手を洗わない 手洗いを勧めると 「ジェルを塗った」というので 手洗いとジェルをつける目的が違うことを教えた➡姉ではない これ以降は私の前で手洗いを励行している
実家での姉の生活感がない(日常あった物が無くなり 無かった物が存在するようになった)ことを話すと 
「(姉の家には)電気・ガス・水道が来ていない 水道は来ているか (=Nu-Kaの話し方) 電気もガスもないので生活するのはここになる」 
嘘が淀みなく出る 姉宅で煌々と点いているのは 自家発電ですか?と突っ込みたかった 姉が使わない実家の風呂を数人が使用した痕跡があった それを保管したが いつの間にかなくなっていた
ゴミの日に トイレットペーパーの芯を大量に捨てている 通常勤務している一人暮らしの人が廃棄する量ではない 
嘘 虚偽 詭弁にならない言い訳などの口から出まかせを淀みなく話す 

操られたリハビリの先生   [記事番号 191]

私の周辺では 偶に会うスーパーのレジ係・買い物中に出会う見ず知らずの方まで ブレインジャックされる
最近気づい事は ブレインジャックされているレジ係を避けて別のレジを通ると ブレインジャックしているところから私の前のレジ係をブレインジャックしているようだった
細身のレジ係が いつもより体格が大きくなっている 裸眼だった顔にメガネが掛けられている その隣を選ぶと 購入商品を袋に入れてくれるが 袋を広げるとき 最敬礼のお辞儀のように腰を折り顔を下に向けて袋が広げられたか確認し 商品を中に入れる時も同様の仕草をした Nu-Kaの親戚 20代弱視の男に酷似していた

リハビリの先生方もブレインジャックされる 月3回お世話になっている 昨年後半からブレインジャックされたようだ
リハビリの前後で体調が全く違うため大変助かっていたのだが 虚構のリハビリを受けてもよくならない
ある部分の筋肉を動かす際 負荷をかける先生がいる ブレインジャックする加害者は「痛くないか」確認して痛みが出るまで力強く抑え続けた 私の顔を見ながら
20分間ず~っと手指を撫で続けていた 先生をブレインジャックする加害者が 次の患者さんの時には分野の違う指導のマネをしている 
また患者がブレインジャックされているときもある 先生本人に大きく負担がかかるリハビリを別の患者にしているが 患者本人ならできなかった(ブレインジャックされていたからできた)
リハビリの先生方を操る加害者は 息子をブレインジャックしスーパーマーケットで何事か呟きながら私をストーカーする男を操る男(Nu‐Kaの弟の息子か孫と思われる)やNu-Kaがいる
嫌がらせ+「ごっこ遊び」だろう
医師・歯科衛生士・理学療法士・作業療法士・看護師・美容師等 専門職の方々をブレインジャックする
大変怖いこと 夫々の法を犯しているが 身体が本人であるので 捕まることすらない

3/20'16追記:
10日ほど同じ場所に錐揉み状の痛みを度々受けていた 今回のリハビリの時に靴下を脱がして確認した 
ブレインジャックする加害者の性格・特徴が全て表れる 
リハビリの内容が違う以外に真摯であった態度が違う・話し方が違う・話す内容が違う・肌や髪の状態が違う・メガネをかけていた人が裸眼である・発声の仕方が違う
ブレインジャックする加害者が変わると話が通じないとき 被害者の思考盗聴をしているときは 答えるまでに空白がある 目が泳いでいる
何時までこの状態を続けるのだろう
目的は何?
ここで知り得た事を基に 体を壊しているの?
加害者は平然と行う
知れば知るほど 精神異常(獣)だ

9/3/2016追記:
職員がブレインジャックされていることがある 職員が組織の一員である 話を必ず聞いている
看護師の一人は小さい男がブレインジャックすることが多い 髪型が違う 言動が違う 目が細い 

患者もブレインジャックされている ・メガネを外したことのない人がメガネをかけていない 体格と目が大きい
・リハビリ後のオフ会に 以前誘わなかった加害者を誘おうと画策していた 常識を逸脱して嫌だと聞いた話をすると その時居なかった人のせいにした 顔はNu‐Kaに似て大きかった 

担当(加害者)追記:
8/6: オイリー肌小顔が理学療法士をブレインジャックし作業療法士も操っている (✚ブレインジャックする加害者が返答に困った時ブレインジャックされた患者が席を立ち話に割り込んで来た Nu‐Ka親族である 
本来の彼女は越境行為はしない  跳梁跋扈する加害者)
8/20: 頭鼻孔口体格大女 (✚会話をしつつ 頭の中で加害者に リハビリになっていない 旨話しかけると右往左往した)
9/3: 頭鼻孔口体格大女  (✚本人がブレインジャックされた患者を巻き込んで話す 接している患者を無視させている?)
9/10: オイリー肌小顔 寡黙な先生方が雄弁(取り留めのない話)である  口が動くと手が動かない リハビリをしない為のお喋りだろう 同じ動作を「静止する」 「動かす」 違いを訊いた 「血行が良くなる」珍回答 
リハビリ時間中熱心に作業療法の小物作りに励んでいる上記患者が席を立ちリハビリ中の所へ割り込む・看護師のところに行き大声で喋っている 大きな顔頬骨が出っ張っている Nu‐Kaである どこかへ行ってしまった=その場にいるリハビリの先生二人と看護師二人患者二人は 加害者が操っている(ブレインジャック)という証拠である 

この施設までの往復には危険を伴う 危険を超えてリハビリに行き 何の効果もないだけでなく 
攻撃対象にされる為 加害者が現れるまでは大変素晴らしい先生方のいるここでのリハビリを辞めざるを得なかった
加害者の目論見通り? 

【飛ばす技術】 [記事番号 190]

テクノロジー犯罪の 【物や人を飛ばす技術】  と聞いてイメージできる方は多いのか少ないのか見当が付かない
被害者様のブログを拝見する中で 見た記憶がないから 以下事例を列記する
・「怪我をしなかっただろう」 息子をブレインジャックする男が 得意満面に言った言葉 夫と私を一緒に薙ぎ倒したことを指す どちらも怪我をした
・この犯罪に気付く前 (通常の生活をしていると思っていた=残酷な犯罪の被害者であることを微塵も知らなかった頃=10数年前) 洗濯物を干すときにベンチに乗っていた私は2度落ちた どちらも怪我はしなかったが 衝撃で痛めている関節などを労わることとなった 2度目の時は落ちた後向かいの80代の奥さんが小走りに走っているのを見せられた この方は腰を痛めているため走れない ブレインジャックされている姿を見せられたと今は推測できる
・昨日 肌布団2枚を干していた 1枚が隣の蒲団を通り越して3mほど飛んでいた 2つ折りの状態で落ちている 洗濯物を取り込み中の目を離した隙に一瞬の出来事だった
・母の転院に伴い腰に酷い痛みを加えられていたが (本日午前中数時間のみ 鎖で縛られていた身体からそれらが解かれたように身体が大変軽くなっていることに気付いた 痛みを加えるための何かの措置をしていたのだろう) 手に持っているものをことごとく落とされていた 拾うときに更なる痛みを加えるためであるが これはアカゲザルの実験のようなものか 飛ばす技術を利用したものかは分らない
(「落下させる技術」の表現方法のほうがいいのかもしれない 「飛ばす」が人は重くて下に落ちる 布団は軽いので飛んだのかもしれない)

嫌がらせ① [記事番号 189]

呉越同舟である 嫌がらせは終わらない

【幻視利用】
母の衣類を洗濯して室内に干した
汚れていることが常であるので 洗濯前に隈なくチェックして 汚れは一切なかった 干した時もチェック
それを見たNu-Ka孫(ピンヒール)操る姉が「汚れが落ちてない!」 と言って 舐めるように洗濯物を見回した
数分後に 「(ホッとした表情)ここ!こんなに汚れている!」と怒鳴りつけた 私がその汚れを「おぼろげ乍らモヤ~と見えたかもしれない」と思わされた瞬間であった
姉とは仲が良く 私が実家に滞在する間の家事を私が担当していた 当然この居丈高な会話もない 言動がまるで違う
以来 洗濯物は放っておくことにした

【どろぼう!】
実家にいるときは今まで通りの生活をしている 当然実家にあるものを消費すると 「どろぼう!」といわれる 
実家では姉をブレインジャックし姉の体を使って跳梁跋扈する「かた」に言われるのだ
日用品など今まで通り購入したものをお使いですが 「勝手に買っているので金はやる必要がない!」 Nu-Kaの弁

賃貸住宅でも同様のことがあった 1年間 日用消耗品を私が用意していたものをふんだんにお使いでした 2年目からは夫・実家ともにNu-Kaが跳梁跋扈し 金品差し押さえられた状態のため 自分のもののみを買うようにした
夫ををブレインジャックした加害獣は トイレットペーパーを自室からもってトイレに行く
当然の如く それまでの費用は 1円たりとも貰っていない 実家で過ごした半年間の自宅の光熱費も 習慣通り私の通帳からの引き落としだった 

【音の出所が違う】
賃貸住宅で 2階から聞こえる物音が 隣の102から音が出ていることに気付いた
姉の留守宅で大声の喋り声や大きな音がするため 警察官に来ていただいたことがあったが 以来音を立てるのは 一角が交わる隣家から出ているように聞こえる 私がそこ(姉宅に駐車場がある)に行くと 一角だけ 交わる隣家から大声の女性の喋り声が聞こえるようになった 今まではなかった
実家でも同様である 向かいで音を出して 向かい以外の三方向の隣の家から大きな音が聞こえるようにしている

元S信者の方から聞いた話である
「上の階から大きな音がするので 元主人が天井を棒でつつけとけしかけた だけど音の出所は違った」
元のご主人がS信者で 加害者だった 

【音+目の痛み】   追記:3/3 2016
昨夜 破裂音のような音が左耳から聞こえて同時に目の痛みを数回加えてきた
腰の痛みは本日やっと楽になったばかり 痛みの残響と関節全ての可動域が狭小になったようだ
常軌を逸した行為を好むようだ
人間の行為ではないと思える

【間違いの病室番号を連絡してきた】  追記:3/21 2016
目的は 母が世話になる病院で 私を精神異常へ持っていくことであろう
前回病院へ行くと介護病棟から急性期病棟へ転科転室していたことの連絡がなかった=姉ではない
病棟看護師に説明を求めたことが 加害者にとって不都合を生じたと思われる
今回転科転室の連絡メールが入っていたが 間違いの病室番号の連絡メールを寄越す辺り そつが無いのではなく 私に一矢報いるためであろうと想像する  
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR