ご訪問ありがとうございました     [記事番号 172]

昨年春にブログをはじめました
稚拙な文章・環境設定で申し訳ありません

報道されない新しい犯罪の周知活動の一環として被害を訴えさせていただいております
一刻も早く被害者を救済していただきたく 
       犯罪を撲滅していただきたく
       そのための法整備など必要なことがあるそうです
治安維持された 平和な国の存続を切望しております

来年はきっと叶いますように祈念しております

ご訪問ありがとうございました
来年もよろしくお願い申し上げます

人が人を想う
" 真 心 ”
           by映画 『海難1890』
  
 


  
スポンサーサイト

『携帯電話を遠隔操作できる』NHK朝の番組で報道   [記事番号 171]

NHK朝の番組で報道された 『携帯電話を遠隔操作できる』について 今まで感じていたことである
携帯電話番号を聞くのは日常茶飯事だが 一般人や被害者を装う加害者が携帯電話の番号を聞くのもマニュアルのようだ
加害者は携帯電話を悪用していると想像する
携帯電話で違和感を覚えたのは1年位前 広い駐車場や大型店舗内にいるときに 普段電話連絡のない人から電話がかかってきたことが度々あり 短い会話で終了した後で長話になることがあったが 途中から相手の声や話の内容に違和感を覚えた 電磁波攻撃するための所在の確認と思われる 
警察署への電話が繋がらなかったり 繋がったときは警察官の口調でないような応答もあった
ブレインジャックされた息子による偽の110番通報の時は 応答する声・話の内容が機械によるものだった(後で分かった)
公衆電話を利用してブレインジャックされている家族の携帯電話にかけると 加害者の癖のある応答だった
かける側の携帯電話と相手の携帯電話共に 加害者が中継しているのかと感じたことがある 両者の携帯履歴を調べるとわかることだが 私の家族は加害者が牛耳っているので調べることができない
携帯電話の電源はいつも切っている 電車利用時に集団ストーカーが少なかったことがあった 
携帯電話以外にも 加害者は被害者の特定ができるのだろう

ブレインジャック           [記事番号 170]

『お兄さんがブレインジャックされたと訴えた女性が 強制入院させられたのち 他界した』  
《NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク》からのメールにより 私が知り得る情報はこれだけだが 疑問は続く
ネット検索した
【精神保健福祉法の知識】に『措置入院 』についての記述があった コピー・貼り付けさせていただきます

行政が患者を病院に連れてくるという行動に出る前に、「通報」が必要なのですが、それは以下の3つの場合があります:
●一般市民による通報(23条)
●警察官による通報(24条)
●検察による通報(25条)
要約すると、措置入院は以下の条件があるときに成立します:
●精神疾患があって、そのために自傷行為や他害行為をしてしまったか、あるいは今後する危険がかなり高い。
●保護した警察官、検察、一般市民などからの通報があって行政が動き患者を病院に連れてくるに至る。
●精神保健指定医2名が診察し、2人そろって「精神疾患があり、そのために自傷他害の危険性が高い」と診断される。
●その診察結果を受けて都道府県知事あるいは政令指定都市市長が行政措置として入院を命令する。



措置入院の前提に「精神疾患」がある 
 =私たちが受けている被害は一般報道されていない為 事実を訴えると常識外の話として 加害者は被害者を精神異常者に仕立て上げるマニュアルがあり それにより加害行為がし易くなり 加害行為を隠蔽できるメリットがある= 
(ピンヒールは「人間にそんな能力はない」と隠ぺいの言葉をブレインジャックした姉に話させる) 

更に「自傷他害行為がある場合」とある
お兄さんを心配する女性が暴力行為に及ぶとは考えられない
更に通常の男性と女性の力関係は明白である
女性が訴えたのはお兄さんがブレインジャックされているという事実であると想像する
軍事兵器として開発された機器を利用したハイテク犯罪の加害者が 電磁波によるブレインジャックが世間に知られていないことを隠れ蓑にして行っている 残虐非道のアウトローである
亡くなった女性は無念であったろうと思う お兄さんを助けられないばかりか 命を亡くした
どの機関が 何のために強制入院させたのか (=ブレインジャックを隠蔽するために○○○○○?)
同じことが起こらないよう
この犯罪を日本中に知っていただいて個々人が自衛し 
法的措置をとれるようにしていただいて犯罪撲滅・被害者救済することが急務だと思います 日本の国を腐らせない為にです 
利権が伴うのは悪のほうかもしれないが 負の連鎖が蔓延する国よりも 治安が良く素晴らしい住みやすい国を存続することが大事だと思います

大変怖い犯罪です 人の全てを奪うブレインジャックにも注目していただきたいと思っています
以下は是非お読みいただきたい書物です 
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集1』
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社ビジネスーパートナーズ
『電子洗脳』
     ニック・ベギーチ博士/内田千穂子訳
     成申書房

私の親類縁者もブレインジャックされている
自宅では息子がブレインジャックされて家や家具を破壊し近寄れない状況である 就業していないようだ 庭にゴミを溜めている
賃貸住宅では居住後まもなく夫がブレインジャックされ暴力を振るい恫喝し跳梁跋扈している
実家では姉がブレインジャックされ 仲の良かった姉には微塵も出会えない 医師から止められていることをするので指摘するが無駄である 「なんでもできますう~」 余計にする
姿形・言動・習慣等全てが加害者のそれになる 時には本人の過去の記憶を引合いに出す事もあるが (得意満面のドヤ顔を浮かべて) 実情は合っていない

本人の肉体が目の前にあるが 加害者が自由に操るため全て奪われている 『人間マリオネット』『着ぐるみ状態』と表現すればわかっていただけるのか 若しくは 
連れ去られていないので『拉致』ではないが 個人の自由と全てを奪われている『拉致の変形』と表現すると語弊があるだろうか?
拉致被害初期は報道されず 拉致被害の救済を訴えると 精神異常者扱いされたそうです 百万人の署名を集めたそうです   早く救済されるよう祈念・切望しております

事故の誘発              [記事番号 169]

交通量の少ない街で 警察の事故処理車をよく見かける 小さな事故があちこちで起こっている
先日起こされた事故で分かったことは
加害者は事故を誘発しているということ
幻視を見せる 運転できないものにブレインジャックさせるなどをしている 相手にも何らかの操作をしているだろう
既述の私の事故の相手は無い傷を 電磁波照射で作られた火傷である 彼女は 電磁波照射によるひっかき傷で約10万円の金を得た
私は20年の間に小さな事故をSi-Saによって起こされていたと実感した 息子をブレインジャックしたSi-Saの運転は下手だった 門に車を当てようと必死になって 止めに入った私は危うく轢かれるところだった

先日のしくまれた事故
「横断歩道上の事故です 一番重い刑になります 二人でようく相談してください」警察官の言葉である 西日に向かった眼には瞳孔が見えなかった
横断歩道上ではなかった 決めつけた発言をさせられた警察官は操られていたと感じた 10m先に停めたパトカーのそばにいる警察官が操ったのか?
この事故によって10年間の桜マークがなくなったのが目的? 事故の相手の収入? 嫌がらせ?

高速道路走行中に同じ場所(約12㎞の区間)での居眠り運転を2度見かけた
1度目は直前の車でカルト№似だった 蛇行とブレーキランプを頻繁に踏むので「寝るな!」の呼びかけをしたが 思考盗聴の脳内送信を受けられる加害者にのみ聞こえることなので無駄だったかもしれない パーキングエリアに入ったので安堵した 
2度目は私の前は「大型バイク タイヤは一番太いもの №179」その前の車が居眠り運転のように蛇行している・ブレーキランプを頻繁に踏んでいる その前の車 (大型バイクのバディと思われる 加害車は通常二個一である) がブレーキランプを頻繁に踏んでいる 居眠り運転の車は前の車のブレーキランプに合わせてブレーキを踏んでいるうちに蛇行を始めた可能性もある
その後の2車線になったところで直前の大型バイクが私の後ろに回った
急激な発汗と体温上昇があった(通常は体温上昇後に発汗するがこのときは発汗が先だった) 2・3分後バイクと バディの車が同じハイスピードで走り去った
私の身体は3時間くらい火照った状態だった 気温が低くて助かった
1年位前に 数回急激な眠気に襲われたことがあったが 上記の場所とよく似た景色・条件のところだった
車を止めて休むという考えも浮かばなかった 体温も上昇していた
無差別?被害者?若しくは操りやすい条件があるのかもしれないが 事故を誘発されていると感じる

事故の起こりやすい場所
上記の事故の場所は パトカーの運転をしている警察官がお辞儀をしている状態で交差点を直進した場所
別の場所で 小さな事故をを何度か目撃した場所がある
電磁波照射との関係はどうだろうか?
 
  

火消し役とミスリード役         [記事番号 168]

被害者と解ってから2年余経て確信したこと
火消し役とミスリード役はどこにでもいる
(犯罪を隠蔽するための役を担う人を火消し役と称してみた 
自らの犯罪を核心に迫られないようすり替えを行う役の人をミスリード役と称してみた)

電磁波照射・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪について話した相手の返事は
「どこに そんなに金を掛けて嫌がらせする人がいる?」
と言われた被害者は多いのではないだろうか?
私は 公私問わず 聞かされた言葉である
この言葉は話した相手の言葉ではなくて 加害者に操られて発した言葉であると認識する
そんな犯罪はありませんというミスリードの言葉
公の場合 その次に出てくる言葉は
「眠れますか?」
全うな言葉であるが 加害者の言葉であると認識する
「眠れなければ病院へ行って薬剤を処方してもらえますよ」 心療内科若しくは精神科になる
精神科受診の事実ができる
私の場合は 加害者Nu‐Kaが付きまとう為 専門家の処置でない場合が多い
数人が一緒に受信した時も Nu-Kaに操られた医師が 医師本来の問診ができずカルテの記入はなかった
この新しい犯罪のことが世に知られていない為に この医師の名誉失墜となる 加害者には与り知らぬこと 若しくは日本を内面から腐らせるという目的があるため望むところかもしれない 考えすぎ?

被害者の会へ出かけた直後 知り合った人は火消し役とミスリード役だったと思える人ばかりだった
技術的なことを話しながら必ず脅しが入っている これは精神的に追い詰める手法だと思われる 急激な周囲の変化(集団ストーカー)と電磁波攻撃による体力消耗で参っている被害者への追い打ちとなる 
「とても重要なことをパソコンで発見したから プリントアウトして持ってきた」という内容は ミスリードする内容だったことと 明らかに加害者としか思えない人だった為廃棄した
(加害者本人が私と接触した 1年前に知り合った被害者が痩せたから風貌が変わったと言い訳したが 話し方と話す内容が異なり 顔に皺のないSi-Saだった  
会話中にテーブルの下で私の足を何度も蹴った)
2年位前に飲食店で見かけたことのある人物だった 

警察署の相談コーナーへ出かけた
初めて会う人だった 受付で待っていると相談室から出てきた人はブルゾン着用 名札をつけていないし 名乗らなかった①
通常相談室に入って話すが この日はロビーでの面談となった 始終人の出入りがあり ガラス張りの外からも中が素通しなので見世物のような環境だった・隣の椅子に座る人には話は筒抜け状態 ロビーで話す理由は聞かなかった②
前回来た日を聞き「相談内容を見てくる」と中に入り2・3分で出てきたがその後の話の展開は全て知っているようだった③
話し方は警察官というよりある資格を持っている人と思われた④
一切メモを取らなかった⑤
被害者は 疑心暗鬼にならざるを得ないが 罠が仕掛けられているのもまた事実である
罠については既述しているが 例えばブレインジャックされている家族が110番通報の真似をしたとき 私のとった行動は所轄へ出かけて行って 偽の110番通報で迷惑を掛けないように説明したが そんな通報はないとのことだった  
正確には行かされたのかもしれない 加害者のマニュアルは精神異常者に仕立て上げること 
(精神異常者は加害者である 人を殺傷する行為は許されない アウトローである 腹を抱えて笑いながら電磁波攻撃する加害者もいる 電磁波照射する・付きまといする加害者はそれが職業である)

途中からはNu‐Kaの口調に変わった=揚げ足を取る・詰問する・話し言葉が違う・目つきが変わる等
「あんた初めて会った人のことがわかるんか?」
「子供のころはピーマン・納豆が嫌いだったが 今は食べられる」
「車の№てどのナンバーよ」
「あんた今スマホてゆうたやろ!」
「あんたの話には整合性がない!」
「どんな事故か気になる」
「お金をくれんより 事故を起こさないほうが大事や」
相談員の男性が 「電話です」と呼ばれてこの面談は終わった 駐車票の書き方を知らなかった
呼びに来た女性は 皺のないSi‐Sa似だった 

ブログを拝見していると何度か同じ言葉を見た 「もうすぐこの犯罪が世に出る」 数年前~10年位前
機運が高まるとつぶすマニュアルがあるのだろう
組織が大きい・専門的なマニュアルがある・騙す 欺く すり替えるのが大変上手い
火消し役とミスリード役はどこにでもいて 被害者に張り付くのだろう

一刻を争う問題だと感じるが 私にできることはポスティング・車内街宣・ブログに事実を綴ることだけ 

操るのは簡単かもしれない事象   [記事番号 167]

約4kmの距離を逃走する車を逃がす方法? 込み合った道を走行する加害者のやり方? そう思わせる方法?
電磁波攻撃を受けた時 直後の車 「T社 車種C 白 №・115」が2車線道路を左右ジグザグに走行して前に進んでいった
「・115」の直前直後の車も左右の車線を変更する 直前の車は道を譲り 直後の車は追随を許さないように「・115」の後ろを蓋をするように車線を変更する 
仮にそこを走る全ての車が加害者の車だったとして 脳内送信により指示を受けたとしても 左右に車線を変更するタイムラグはなく さながらTVの車のコマーシャルのように機敏な走行だった
一般車両のほうが多い筈 上記の動きは 瞬時に無差別で操れることになる
操る方法(確かなこと)はわからないので 新しい事象から想像することもある

フロントガラスから湯気が出ている    [記事番号 166]

雨上がりの駐車場で 車が濡れているとき 電磁波照射を受けたガラス面から湯気が出ていた
直線約200m前方の車がライトをつけて動かない(アイドリング中と推定) そちらに面した濡れたガラスから湯気が出ているのに気付き ビデオカメラを用意すると その車は出ていった 同時に出ていた湯気が立たなくなった 
十数台の車が同じことを繰り返した 湯気が立つのは車の動きと同時だ 
通常 電磁波照射されているとき 前方でライトをつけた車は10分前後動かないが この日はビデオを構えると直ぐに出ていった
思考盗聴若しくは 指示されての動き?

広い無料の駐車場は加害者の車の拠点になっていると思われる
車が2台入ってきて 1台に合流して出て行く 逆に入ってきた車が止まっている車に横付けすると2台同時に出てゆく (全てが加害者とは限らないが) 
走行していると加害者の車と思える車(カルトナンバー・一人渋滞するなど)を見掛ける 県外ナンバーの車は自身が被害者と分かった時点で増えた 
加害車両が二個一であるのは以前知ったこと 高速道路で一台が電磁波攻撃してきたのでナンバーを見ようと思った瞬間 その車のカバーに入った車があり 2台揃ってハイスピードで逃走したことがあった (「ゆ・・・1」「京都・・55」)

歯科治療と被害             [記事番号 165]

日赤病院の歯科に転院する前の歯科治療を明記しておきたい

その歯科医院の院長は 月曜日以外は県外の歯科医院にいる 月曜日は手術日
通常は妻の歯科医が治療を行う 
大変患者が多く 歯科衛生士は10人 助手(資格を持たない)も数人いる
診察室は7室ある そのうちの1室だけ周囲からは見え難くなっている
その部屋で治療を受けた時の歯科衛生士の行為は通常のものと異なっていた 唇を持ち損ねて弾くような行為繰り返した 
(歯科の嫌がらせの常套手段? 他院で一度経験している)
それ以外は彼女とは面白おかしく話していたので その時の行為は操りによる嫌がらせだったのかもしれない
治療方法は 歯を全部一度に治療するため方法が良いと勧められた 歯を4ブロックに分けて仮歯を入れる
仮歯は外れ易く 仮歯をつけて貰うだけで受診することは度々だった 外れ難い接着剤の場合は音と振動のある器具を使用しての取り外し処置になるのでかなり負担がかかった 
ある時 仮歯を接着するだけなので助手(資格を持たない ゆ●こさん)が担当した 「仮歯が少し高いので削ります」言うとすぐ削り始めた 数か月治療に通っていたため 削る必要はなかった これも操りだったかもしれない そして違法? 

抜歯したときのこと  
先に血圧を測定すると聞いたが 一度も見なかった
抜歯するときの麻酔薬の説明があった この医院には3種類の麻酔薬があり 『血管を収縮させるエピネフリンを含む麻酔薬』は今回は使用しないとの説明だった 抜歯後 血液が止まらないので 先の説明の麻酔薬を使うと言って注射されると すぐに体調が悪くなった 床に横になりたいくらい体調は酷いものだった 言えずに診察台に乗ったままでアロマオイルのマッサージを受けた(副院長の趣味) 
体調の悪いまま帰宅 翌朝も同じように体が重く体調がすこぶる悪かったので病院を受診 
血圧が大変高くなっていた(通常は正常値) 他の検査値は正常だった
これを機会に転院したが 紹介状を書いてもらったのが不味かった 日赤歯科医師に悪い印象を与えたようだった

この医院を勧めてくれたのは のちに集団ストーカーの一員と分かった2人だった
慢性疲労症候群のように体調の悪い時期でもあった 
全てが被害一つに繋がって行く内の一環であったと思える
仮にこの医院がマイクロチップを埋め込んでいるとすれば 夫や姉がここで治療を受けた可能性が出てくると思うのは考え過ぎだろうか? 

日赤病院の歯科で半年に一度検診を受けているが 夫々ブレインジャックされている 医長(=副院長)・歯科衛生士(=院長?Nu‐Ka?) 実習生(ゆ●こさん)
身体が他人ならば 無免許の者が歯科治療に当たっていることになる 実際はその通りだが 
ブレインジャックされ本人の意思がなくとも 身体は免許を持つ本人である  
この犯罪を放置していいはずがない 早期撲滅を願っている

「これくらいならいい」        [記事番号 164]

「これくらいならいい」 「ん」 
昨日PC拝借した場所の帰り際に目につく場所で会話を聞かせた
ブログの内容が 加害者が困るものではないとの会話と想像した
賃貸住宅102の夫婦が 遠隔操作で男女をブレインジャックしている
妻は数日前にも同じ女性を操り 私を威嚇?した

知人の所属するのはS会 知人がこの犯罪を知らないならば 交友を続けていいのか迷ったとき 彼女も集団ストーカーをしていたことを知る 恐らく信心の一環として虚偽の理由から集団ストーカーをさせられていたと思えるが 付き合いをやめて正解だったと思う
S会の人から「地獄に落ちるよ!」 昔言われたことを思い出した  
黒い噂があるのは昔の事と思い込んでいたのは大きな間違いだった 

賃貸住宅仮住まいの人々は近隣の会館所属?  黒スーツ着用している
Ⅱ201に出入りしていた男女が初めて賃貸住宅に来た時にⅠ102に出入りする若い女性が「キャーキャー」歓喜・興味本位の声を上げた
若いカップルだけでなく既婚男女の雰囲気が通常とは異なる感じを受ける そこからの推察 
車に神社のお札を吊るしていたことからもS会ではないと判断
Ⅱ201に来る男女が180EXの改造車で電磁波攻撃をしてきた 部屋中の電気製品が共鳴した 強い電磁波攻撃を繰り返し受けた
Ⅱ202の車の助手席に座っている男性はキグルミ状態(脱力した状態)だった そう思ったときⅡ202が車に戻って話しかけたが返事はない 夫が部屋で放置されていた時と同じ状態だった
賃貸住宅周辺の駐車場に止めている車からアイドリングによる電磁波攻撃を受ける 駐車場に入ってきてアイドリングを10~30分行い出ていく車もある

別の宗教団体からも度々勧誘の訪問を受けていた 会館が近くにあった為と思っていた
電磁波攻撃・集団ストーカーと気付く以前のこと かなり長いスパンで被害者に仕立て上げられてきたと感じる
友人は自分の所属する宗教団体の素晴らしさを教えてくれた 映画や行事に誘われた 友人とのお付き合いの一貫だったが宗教に関しては断ったほうが良かったと今は思う

ある時 宗教団体風 (初めて見る名称だった) の建物から出てきた60代女性2人の会話が聞こえてきた
「今日はこの車かな?」 「この車でいいよ」 乗車して走り去った ナンバーは「む」ではじまるカルトナンバーだった
すぐ近くでよく見かける集団ストーカーの男性が煙草をふかしていた 数年前によく見かけた男性で最近数回見かけている 車の色とナンバーが集団ストーカー車両と思えるものが多く駐車していた

見知らぬ人を攻撃して生活している 人のの行為と思えない加害者
70代女性が「ガソリンを月に2万円使う」と話していた
車で走行しているときに電磁波攻撃してくる集団ストーカーの数は大変多い 地域内での付きまといもある 広範囲に集団ストーカーする加害者もいる その場で操られる人もいるようだ 
買い物や飲食する場所でのストーカーもいる 私の近くでところ構わずに大声で話し始める人は すぐに携帯電話を見つめる
大声で話した内容が確認できれば 被害者として集団ストーカーしたり 私の買い物籠の中を覗き込んだり 飲食店に入ったりと加害者にとってお得なことがあるらしい 初期には買い物籠を山盛りにしている人がいた時期もある 携帯で写メをとる人もいる 
同じ周期の繰り返しもある
パートで仕事をしているときは ミスを誘発された してはならないミスや 簡単な数字を復唱するときに言い間違いをさせられる その時はこの犯罪を知らなかった為 疲れているからと思うしかなかった
残虐非道 跳梁跋扈 魑魅魍魎 語彙が少ないのが残念である
被害者を精神異常者に仕立て上げるのがマニュアルのようだが 精神異常は加害者たちである 
遊び感覚で攻撃してくる加害者が多い おなかを揺らして笑っている者もいる
人を攻撃する加害行為は楽しいのだろうか?
傲慢な笑み わざと姿を見せる 反面急ぎ逃げる 
アウトローということは知っているようだ
住んでいる国を腐らせていることを知っている加害者はどれくらいいるのだろう?

認識を新たにしたこと          [記事番号 163]

振り返るとわかることがある
 
【痒みを伴った電磁波攻撃】
テクノロジー犯罪の攻撃は全て電磁波攻撃によるもの=火傷=である 
痒みを伴い 発赤し ひどい虫刺され状態のものも火傷に痒みを加えている
痒みのために掻くと傷がひどくなるのは火傷を掻いていることになるから 
掻かずに我慢するか 火傷に対応した処置をするほうがよい (ハンドクリーム・化粧品のクリームで効果がある)
ひっかき傷は 痒みではなく 火傷とヒリヒリする痛みである

【実家 向かいの集団ストーカー】
常軌を逸した会話風の独り言・夫婦の会話・物音を出す・窓や硝子戸をあけて手を2拍する等の嫌がらせが 強弱の波はあるが集団ストーカーの一環であった
今回実家の向いで見た嫌がらせは 夫婦ともにブレインジャックされていた 人相・容姿が別人だった 母をブレインジャックする加害者の内の一人が 向いの奥さんをブレインジャックして不要な音を立てていた 向かいの夫はピンヒールに操られて 道路を歩いていた
加害者間の了解の有無は計り知れないが 嫌がらせ行為が本人でないこともあると認識を新たにした

【長いスパンで虚構の構築と実現】 
姉に実家での生活感が無くなったのと 「父が亡くなってから半年後」という言葉が呼応する
誰もいない姉の家で物音・歌声等聞こえる為に警察の方に来ていただいた時に 玄関の中から唯一聞こえた言葉である 警察官の復唱の声だった
集団ストーカー及び電磁波攻撃の被害者と分かってから 迷惑を掛けないように 連絡すら取らないようにした期間がある その間にも着々と準備が進められていたことになる 
遡って 遥か以前からの可能性も考えられる
どうすれば 防げるのか
どうすれば この犯罪を取り締まっていただけるのか 知りたい

【緻密に練り上げた計画性と瞬時の即効性】 
上り階段のあと3段のところで声を掛けられた
それまでは小さな声であいまいな話し方ばかりだったのが この声掛けは大声だった 二つの可能性がある
ひとつは脳内送信で大声で聞かせ返事させると 上で待ち構える3人には 異常者の行動ととらえることができること
もう一方は 手摺が途切れる場所で声掛けられて上を向くと 階段から落下して 病院と薬剤のお世話になることになる
この前に階段を下るときに落ちかけたことによる仕掛けと考えられる?

【ある薬剤の血中濃度】
血液検査の結果 服薬していない薬剤の血中濃度が高いことがあった 
通常血液中にいつまでも残るものではないらしい
知らずに飲んだ可能性が考えられるのは ある人と一緒に食事をしたときに摂取した可能性があること もしくは自宅の飲料水 他に思いつかない
この時期体調が大変悪かったことから 目的は推し量ることができる 常々加害者が私に浴びせかける言葉「病院へいけ!」

上記と関連がありそうなこと 今年賃貸住宅で感じた違和感は 水道水で手を洗うと滑りを感じたこと 「そう感じさせられている」とも考えることができる跳梁跋扈する犯罪である できるだけその水は摂取しないようにしている

血中濃度が高かった成分は救急外来受診時によく使用されるものらしいが 先の血液検査時には救急外来受診から一定期間過ぎているので考えられることは以下の通り
集団ストーカーに会い始めた頃 比較的新しく知り合った人が二人いて 1年余り 一緒に食事をする機会があった
ひとりは1年で数回だったが 集団ストーカーにあってから付き合いがなくなっていた 今春買い物客をブレインジャックしたと思えるその女性が夫婦で間近にきたことがある 本人の意思かどうかは不明 以前近所トラブルがあったと聞いたことがある 解決方法は教えてくれなかった
ひとりは月に1~2度の外食で 入る店は彼女のお気に入りの店が多かった ご自宅に伺いお茶をご馳走になることもあった 彼女からの誘いの電話は人前で話している雰囲気があった
被害者と認知してから付き合いをやめた 今夏一度 信号待ちでドライバーの顔が ブレインジャックしている彼女の顔であった 窓が閉まった隣の車から会話が聞こえてきた 「ほんまやな」 この言葉はNu‐Ka達がよく使うので 脳内送信だったと考えられる
この女性と付き合いがあるとき 飼っている犬が1ヶ月間 娘のところへ引き取られていた その間に私はこの家で電磁波を感じるようになった  家族皆信者である 何故電磁波を受ける? 犬を引き取る娘は事情を知っていた筈である 虚偽の説明でそうしたと思えるが 犬を電磁波から守り 母親を電磁波にさらすという理解し難い出来事だった

結果ありき               [記事番号 162]

姉が不在の家で2度大きな物音がした 2・3か月前から 留守宅で姉が使わない部屋の電気が点灯する・物音がする・若い女性の大きな歌声が聞こえる・その二人の会話が聞こえる・雨上がりのたまった水の排水・雨戸を数枚大きな音を立てて閉める などがあり今回は警察の方に来ていただいた
帰宅した姉はピンヒールの特徴があった 顔を斜めに突き出して威嚇する仕草・腕時計を見る・頬が楕円形に膨らんでいる 
脳内送信での会話を声に出す「まだ来てないから大丈夫!」 駆けつける警察官との約束の時刻のことだと思われる 警察官かどうかを確認する人はいないだろう 
玄関が2階になっており 3度突き落とされそうになった 階段から降りるとき落ちそうになったのは電磁波による攻撃である
外を見ると パトカーは到着しており 警察官が入るところを探していた 私の悲鳴が聞こえたかもしれないタイミングだ
警察の方に家中を確認して頂いてブレインジャックする加害者を発見して貰いたかったが 加害者に操られた姉が拒否したために無理だった
途中経過は以下の通り
警察の方が3人いるにも拘らず 玄関内に入ることを拒否された 以前用事があるとき玄関に行くとドアの前で手だけを突き出し物を渡されチェーンを掛けられたことがあったが 私が玄関内に入ると都合の悪いものがあるということ 玄関には高く積んだ機関誌様のものがあり 向こう側は見えない
私が玄関内に入って都合の悪いものがあるところで姉は生活している
言い換えれば姉は その不都合が見えない状態だということである 
 「お父さんが亡くなって半年」 玄関内から聞こえたのは警察官のこの言葉だけだった
私の担当になった警察官は最初から目が赤かった 
「事情を話してください」答え始めるとすぐに同じ質問をかぶせてくる 口調は吃音交じり 同じ事を数回質問した後
まず お姉さんの名前を教えてください」 漢字を説明すると顔を歪める 書いたのは姓無し 名のみ平仮名
「あなたの名前は」 漢字を説明 顔を歪める 「住所は?」 市を書かず町名と番地のみ A4の用紙に書いたのはその2点のみ
玄関から出てきた人に声を出さずに話すそぶりをする 
私はその人に「今話したことをもう一度説明していいですか?」と確認して先の事情を説明した
返事は「[ホーホーホー」 
玄関内に入った私担当の警察官はチェーンを掛けた 不思議である
私担当の方が玄関から出てきて問う
「なぜ夫が来ないのか?」
「今回来た目的は何か?」
姉は承知していることで 私担当の警察官から訊かれるのも疑問を持つが 警察官が介在した質問に答えた
今渡したばかりの 某被害者の会のパンフレットを見ていただき 
この被害にあっている夫に暴力を振るわれた為 顔の骨を折ったことと 
来る目的を告げたが  話している途中に顔を歪め再度同じことを質問する  ブレインジャックしているNu‐Kaからの質問である 無言で玄関内に入った 
3人が外に出てきたので 本人が拒否しているため家の中を見てもらうことはできないのか尋ねると 明確な肯定の返事だった
あなたを送らねばならない」 何故?私は今回の被害者でなく 実家は数軒先なので不安があれば見ていてもらえば済むことなのに?
その前に私の車の被害を見ていただいたが 途中から指示されたように後部ドアのけり跡は見てもらえなかった
実家に向けて歩き出したとき ミニパトに話しかけているNu‐Kaが操る姉がいた (特徴は口を占めると唇を歯で噛むが その形が入れ歯と分かる・手を後ろで握っている・頭と両腕が体より前に出て前傾姿勢・背中が丸い・背が低い・右足が浮いている・頬が垂れている・首の表皮と筋が目立つ・眼瞼下垂 )
ミニパト内に 外に出ていない警察官がいたことになる
3人の警察官が先に歩く 実家近くで後ろの道で明るい下向きのライトが一瞬光り 1人が振り向き確認する
そこで用事はなくなったように 緊張をほぐして帰って行った 送る名目は ミニパト内の人物とNu‐Kaとが話す為?

被害を認識してから 何度か警察の方にお世話になったが 今回の対応は初めてで 結果ありきと感じた
加害者でない警察官が操られたと思うことは毎回あったが 操る警察官は私に接触してこなかった 
パトカー内にいた人が操る加害者だった可能性がある
蛇足ですが 錐で突き刺す電磁波攻撃は この直後から今も続いている ピンヒールの仕返し 顔を歪める特徴がある
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR