加害者が作ったストーリー 息子のこと

2年前の夫と息子のブレインジャックから記します

【一昨年】

1月7日日付が変わった頃 一人で暮らしたいと近くのワンルームに住んでいた息子が急に自宅に荷物を運び始めた時 私の部屋の扉と私の車の後部ドアを蹴ったので息子が賃貸に戻った間に 私は夫に言われて家を出て実家で様子を見ることにした
この時息子はブレインジャックされていたと考える 
(後に聞いたが脳内送信があった その内容は両親が息子の悪口を言っている内容だった)
夫は同居していたが 夜になると襖・壁・布団を木刀で叩くので生きた心地がせず 10日前後を2回家を出て精神的に落ち着くための旅をした

春になり 息子は専門学校に行くために家を出て県外に住んだ 1年間の夜間のカリキュラムでお盆に私の実家を訪ねてきたときには秋から実習が始まるから頑張ると言っていたが9月に辞めたい旨の電話をかけてきた 
(この時の話し方は息子をブレインジャックする凶暴な男の話し方だったが 当時は知らない人が私を威嚇してくるという感覚で 何もわかっていなかった)

10月4日に「祖母(父方)宅を訪れる」と予告のメールが来たので 夫は前日から義母宅で待機し
夫は私には来るなと言っていたが 私も当日昼頃から待機した
やってきた息子を夫は家に入れようとしなかったが 義母と私が家に入れてしまった
息子は祖母と二人だけで話がしたいと言い 私たちを奥に追いやりなぎ倒した 
急に倒れた私たちは何があったのか解らなかった
(後に「あの時はケガをしなかっただろう」とブレインジャックする凶暴男が自慢気に言ったが 夫は私の歯で顔を腫らし 私は膝を腫らして歩けなかった これも電磁波によるもの)
息子が一方的に無理難題の質問をぶつけ 穏やかに答える義母に恫喝まがいの声を出し始めたので 二人で入っていくと 私を処払いした 
一方的に息子が恫喝し義母が応え夫が息子を諌めようとするが 手近な建具を叩き 息子の一人舞台で金銭的な話が出てきて 急に息子の勢いが収まり 出ていった
義母と私は 息子の仕業と思えなかった 誰かに支持されての行為と考えた
その日の夜遅くまで息子の電話やメールが続いた 話し声のバックには何故か電車の通過音と遮断機が下りた時の音が入っていた 当然違和感を感じた
その数日後 息子から手紙が来て金額を要求していたが結局ご破算にした
年の暮れ 息子が帰省したいと連絡してきたが 夫が激しく吐き気をもよおすので自宅に泊まるのは無理だと答えると レンタカーを借りて過ごすことにしたと接触してきた
自宅にやってきた息子は家の中に入らないで庭で夫と二人だけで話をしていた
激しく吐き気をもよおした夫が 優位に立つ形で息子と話している姿を見かけた 
違和感を感じたが それ以上考えないようにされたと思える
その期間中 夜中に電話をかけてきて 脱輪したからJAFを呼んだと別途費用を要求された

【昨年】

1月4日夜 電話がかかってきて 「迎えに来て 駅まで送ってほしい」とのこと 
神のお告げがあり NA~OKA(地名)まで5往復するように言われたので走っていて最終電車に乗る時刻が迫った
帰寮するため急いでいた
半月前の12月後半から派遣先の寮に住んでいるとのことだったが1月8日夜突然帰省しそのまま居ついてしまった 
夫からは息子を家に入れないよう言われていて 私もそのつもりだったが 詐欺行為に巻かれてしまった
この時の息子は精神的に弱っている態を演じていた 派遣先を辞めることを電話連絡し 手続きのため派遣先へ行った 
帰って来た時iは雄弁に派遣先の上司を褒め称えていた

2月中旬 夫と息子の大きな声が聞こえたので行ってみると 夫が狭いところに仰向けになり
手足を挙げて動かしていた(ゴキブリのようだった)息子はその前に立っていた
またしても息子が私に所払いして次いで夫が「そうや あっちへ行け」と言った
この時夫は警察に来てもらったが 後で知ったことは暴力行為はなかったということ 
違和感を感じたことは暴力行為がないのに警察の方に来て頂いたこと 
          夫が狭いところに倒れているが倒れる音がしなかったこと
          息子の言葉に夫が同調したこと
          数日後に警察の方から夫に対して何度か問い合わせがあったこと
ブレインジャックされてからわかったことは 夫は隣の80代のおじいさんが操り  息子はそのおじいさんの親戚と思われる男が操っていた

2月中旬さほどの理由なしに「こんな家にはもう住めない」と夫は家を出て賃貸住宅に住み始めた

3月中旬息子(この時は 隣のおじいさんがブレインジャックしていた)が壁を蹴り私を恫喝したので 私も賃貸住宅に住むことにした 

4月に夫が(隣のおじいさんがブレインジャックした夫)私に暴力行為に及ぶときは自宅に泊り 自宅で息子(隣のおじいさんの親戚の男がブレインジャックしている)が 暴力行為に及ぶときは賃貸住宅に泊まる生活をしていたが 息子(ブレインジャックされている)が私を自宅に戻れないよう 自宅の破壊を繰り返し(家具・襖・壁・電気製品など) 
お宮参りの着物を庭に捨てていた それにはケチャップがつけられていた
玄関のガラス扉を壊して車が庭に入れないようにガラスを巻き散らしていた
それ以降は自宅の中に入っていない        
スポンサーサイト

10年位前ポストに入っていたチラシが繋がりました

10年位?前 ポストに 個人的なチラシが入っていた
大変切実な内容で 名誉棄損で陥れられて失脚せざるを得ない状況が伺えたが この被害を知らずに受けていて 想像出来る筈もない頃だった
《この方々がお元気でいることを祈念申し上げます》
同業他社が切磋琢磨せずに この加害者が雄弁に誘いかけたと想像するのは難しくない
3年位前 私は2~3人(後にわかったが加害者側の人だった)からここ(仮名WAさん)の良い噂を聞き 半年余りお世話になったが合わずに(トラブルもあった)途中で別のところに変わった 
現在は1年に2度お世話になるが 何度も通うと ブレインジャックされてしまう 
ブレインジャックする加害者は 70代の女が2回 その後WAさん妻が1回 
そして夫婦(有資格者)+無資格の女が1回=この時はWAさんの場所であるかのような会話があった
解っていてもここで本当のことを言うことができないのがこの加害行為の酷いところである
噛めないのがわかっていて「噛めますか」と問う残酷さ 

ブレインジャックされると歯を磨かなくなり歯科治療を受ける
私の周りでブレインジャックされた数人が同じ目にあっている
(私の周辺で歯科治療を受けた場所は WAさんのところの可能性がある) 
1度クライアントになると仲間になり必要な時に加害者として働くようになると推測する
WAさんは別の科の医院で70代医師のブレインジャックをして私の治療を行った
まるでネズミ講のように組織が大きくなる構図が想像できる

これもマニュアル?

この犯罪に気づいた後だった
8年会わなかった人数人と立て続けに出会った
この犯罪の被害者になってから「偶然」はないと思うようになっていた

①親子姉妹と思える顔がよく似た3人
30代の女性と某店舗で会い少し会話をして別れた
日を開けずに ある菓子店に入ると先の女性とよく似た顔の店員がいる
名札を見ると名前が違うのでお姉さんかと思う程よく似ていた
先の店舗へ行ったときよく目につくカウンターに お母さんかと思えるほどよく似た人が働いていた
お母さんという雰囲気を醸し出し乍ら 大変若く見えた為違和感を抱いた
その後 彼女を数回見かけたが無視すると合わなくなった
この3人は彼女を利用して ブレインジャックの操作で他人を操り 被害者を翻弄する為に出没した行為であると推測 

②「何かあったら連絡して」意味深な言葉を残した50代女子
やはり8年ぶりに某店舗で出会った50代女性 
世間話をした後 別れ際 唐突に 「何かあったら連絡して」と言い残した
何が言いたいのかは解らないが 加害者側の発言と捉えるのが自然だと思った
この犯罪を知る以前 顔が彼女にそっくりで雰囲気が違う女性を同店で見かけたことがあった
それを彼女に確認する機会があったので尋ねたが否定した やはりブレインジャックを楽しんでいたと思える 

③高校時代の同級生と出会った
転居以来稀に見かけることがあった
電磁波照射や集団ストーカーが酷くなりブレインジャックを認識してから出会ったとき 「私がわかる?」と意味深な疑問を投げかけられた わかると返事すると興味なさそうに別れた
彼女にとてもよく似たお姉さんと想像する女性と正月の初詣で見かけた 知らぬふりをしながらチラ見して意識しているように感じた 夫らしき男性は濃いサングラスで私を凝視しながら休憩所まで一緒だった 集団ストーカーの一組ととらえて無視した  

④20余年前隣人だった家族が賃貸住宅の2階に住んでいる
賃貸住宅に引っ越した時 夫々に出会ったので挨拶したが 夫は頷くだけ 妻は横向き無言で挨拶しなかった 20余年前に県外に住んでいた時の隣人で思い出したのは少し後だった
この賃貸住宅及び周辺の賃貸は仮住まいの住居ばかりでファースト・セカンドの担当がいる
この家族は5人家族で ファーストを夫婦 セカンドを子息たちが担当していた
最近はこの住居をブレインジャック担当の男が使用していることもある 

種々雑多な出来事

【廃棄】
この犯罪と気づく前に家中の色々なものを沢山捨てさせられた 
20余年保存していた思い出の品も捨てた
ブレインジャックされている息子が捨てるように言ったから
ある方法は 現在ブレインジャックされている息子が別の部屋を使いたいと申し出たので その部屋を使っていた者は別の場所に住んでいたので持ち出せる少量のもの以外大部分のものを捨てた 今考えると捨てるように【思わされていた】と理解できる 部屋の交換で済むことだ
後のブレインジャックされた息子による家中の破壊もあり 住み慣れた実家に帰ることはなくなった
廃棄させた理由は何か? 過去の物は脳を操る加害者側には不要なものだから?
家中を破壊し物色する為に手間を省いた?

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【蜂に刺されたこと】

一昨年の夏 庭で蜂に顔を3か所刺された 大きさはスズメバチより一回り小さい位のかなり大きな蜂で 酷い痛みに横を見ると1m余り離れた場所で 縦横後に4~5匹位ずつの等間隔で蜂がホバーリングして巣を守っていた 受診依頼の電話後病院の救急科に行くと向かいに座っている家族祖父母と孫の4人がマスクを外した私の顔を見て大袈裟に驚いて見せた この家族を見るのは2度目なので この病院担当の嫌がらせ加賀者と思われる 

その2か月後、新興宗教の会に所属の友人から誘われ数年振りに会って昼食をとることになった
その友人が予約していたランチは「ハチの巣(ホルモン)のスパゲティ」だった。
そして今年の1月に実家の風呂場に蜂の死骸があった 種類は違うが大きさは同じ位の大きな蜂だった 
蜂に刺されたこと・通常のスパゲティ店にあるメニューとは思えないものを友人が頼んでいたこと・実家の中で蜂を見たことは初めてで 一連の流れを見ると加害者側の画策したことと想像できる 
人を操ることができる技術は動物や虫をも操作できる 

カラスを見せられることが多い 先日はカラスに目を留めるよう鳴き声を出させる・ 大きな音で羽ばたかせる等していた カラスが他の鳥を食べている場面・小鳥を足で掴んでとまっている・口に何かを咥えているところなどはよく見せられる 
黒いので不気味に感じる効果を狙っているのかもしれない

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【攻撃危機?】
以前電磁波照射している車のフロントパネル中央にスマホより一回り大きなものが設置され画面が棒グラフ(灰色)と周囲が緑色になっているものをみたが 1週間ほど前賃貸住宅の駐車場で電磁波攻撃機器かもしれないものを見た
夜暗い中で隣の車の助手席が青白く光っている 30×25㎝位×2面が開かれた状態である
細かな青く光る点が多数光っていた それをつなぐフロント部分に付けられた電源をとるものが青く大きく光っていた
この日から毎日 今までと違った攻撃が加わった
その数日後 徒歩の男性が持っているアルミのトランクの小さなもの 上記位の大きさで厚みは10cm位のものを見た 同じものを2度見せるやり方に思えた もしくは被害者がそう思っているから
仕向けるというマニュアルがある

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【集団ストーカー・電磁波攻撃・探偵風以外の人物について】

①公的施設(県の施設・県立図書館・市役所・市立図書館)でよく出会う宇宙人をイメージする男 
初めて見かけたのは一昨年夏頃 私の後をつけてきたようだが 私を認めると逃げる動作をして
目立つ行動をとった 数回見かけたがいつも同じ服装・履物・リュックを背負っていた
昨年の夏以降度々見かけるようになった 夏の装いは基本的に同じ(色が違うこともある)最近は
リュックを持っていない
県立図書館で新聞を丹念に読ンでいる姿を見かけた 新聞下部の方をメモしていた

②某家に出入りする70代位の男
電磁波攻撃を毎日受けるようになったとき 照射元に一番近い自宅風呂場でラジオをつけていた 時々外国語(TVニュースで聞く)の放送が入ってきた
いつもと違う装いの某家の女性をある場所で見かけたときに集団ストーカーをしていると思われた

③脳内送信を使って会話をしているかもしれない女性
自主トレができる場所で見かける女性 服装は黒や紺色・リュックを持って 徒歩で通っている
声がとても大きく たいへん丁寧な言葉遣いをするが 丁寧な話方以外できなさそう
言い間違いをしたときに中国語若しくは韓国語のようだった
脳内送信を聞き乍ら会話をしているので声が大きくなるのかと思った
次の機会に会ったとき声の大きさが普通になっっていた
この施設内入り口を異にする 「機動捜査隊」の看板があるが無関係か?

④県立図書館ロビーでロールプレイングする男女
県立図書館ロビーで読書していると前のテーブルに1組の男女が座りPC利用で商談している
雰囲気で話し始めた 間もなくロールプレイングと判った 
・ここは自習する場所で私語は禁止の場所である・脈絡のない会話・私の頭の中でちょっと突っ込むと流暢な会話を続け乍ら 男性の顔が赤くなり続いて青くなりすぐに席を立った

「日本はスパイ天国」という言葉を思い出した

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【病気】
町内会の班は13軒だった そのうち5軒で5人が癌で亡くなった 年代は40代から90代まで 
時期は20年住んでいるうちの10年前位まで
ここは転居した時から電磁波照射されていた (ゴールデンウィークから鳴き始める蝉の鳴き声・鶯が毎年一羽だけ鳴いていた・年明けの1月に日差しの強さを感じ腕がヒリヒリした・低く鳴り響く電磁波の音・操作された息子(身体は息子 ブレインジャックされている)が得意げに話したこと
「半径1km以内の人の思考が読める」など 
因みにこの加害者が我が家のアイドルだった犬を癌にして殺した 息子を操作する加害者は7~8人いるが70代女が息子を操作したときのみ写真を伏せる 今は隠されてしまった
私の神経難病は電磁波攻撃を感じる強度に正比例して進行している 
パーキンソン病はこの被害の例に挙げられている 
認知症が急激に増えていることは無関係ではないと推測する 
電磁波照射を受けると通常体温が上がる 車の温度計が上昇する 
この被害は日本だけでなく世界中で起きている 地球に対する影響はないのかと疑問に思う

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【情報流出】
この被害のひとつである思考盗聴は 被害を知らない人も同様に思考盗聴されている
(次の被害者を仕立て上げる好機を狙っている)
集団ストーカーにあっている被害者の集団ストーカー車両№は 被害者の暗証番号など通常 人に教えない番号もよく使われている 
仄めかしは当人だけが知りうることをすれ違いざまに聞こえるように話す
例えば私が要職に就いているならば 守秘義務を私自身が守ったとしても 大勢の加害者が知り得ることになる 
近年情報流出が多いのはこの技術による事もあるかと想像する
早急に対策を要する犯罪だと思う

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【映像の思考盗聴】
最近あった思考盗聴は 言葉を思い描かなくても風景を見るだけで思考盗聴されるという現象
早朝大きな声が聞こえるので声の主を探すと若い男女が歩いていた 
瞬時に女の方が 「見てる」と話す声が聞こえた

   🍂🍂 👑 🍂🍂

【アイドリング】
賃貸住宅の駐車場にある車は全て電磁波照射する 
この駐車場に出入りする車・バイクはすべて同様である
宅配ピザのバイク・郵便局のバイク・駐車場に入ってきて10分位アイドリングして出ていく車もある
隣家に出入りする数人はいつも同じ人=ブレインジャック専門=で
不定期に多数出入りして 何人出入りしているかわからない
その中で若いピンヒールを愛用している女子が送迎車のドライバーにアイドリングを強要している 夜中でも大声で指示する
賃貸住宅の裏側に数台置ける駐車場がある ここに置く車は全て入出庫の際電磁波照射をする
少し離れた介護レンタルの会社へ出勤している

「アイドリングストップ」の看板をよく見かけるようになり 嬉しいことである
アイドリングしている車から電磁波照射されているから
被害を知らない頃は アイドリングしている車の横を通ると エコの時代にガソリンが勿体ないと思っていただけだった
今はアイドリングにより脳内が大音響となる それを加害者は機器を見て確認してほくそえんでいる
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR