ストーカー行為             [記事番号 434]

以下の記録について
 加害者の方はどのように感じますか?
 被害者の方はどのように感じますか?

【記録】
某所で読書中
母子が入ってきた 私のほうを見て嬉しそう に見えた
「パシャッ!」 私の背後で 写真を撮る音が大きく聞こえた
「ジーーー」  電磁波攻撃の音がした いつもとは異なる感じ
帰ろうと歩き出すと 男がついてくる
追い越した男は 腰掛けてi-Padの操作を始めたので 写真を撮られていないか様子を見ていると 元の場所に戻った
私も元の場所に戻った
男女で 外国語を話している と聞こえた
男が近くに来たので何を撮ったか聞いてみた
「わからない」 を連発するので 「Electronic Harassment. Gang Stalking.」 と言ってみた
私をストーカーする人たちに共通の履物を指さした
「わからない」 と言うので 何語を話すか聞くと 女が答えた「日本語」 
「(動画を指して)私のお母さん 自宅が近所でWifiがないのでここに来てる」
私の後をつけて移動したのはなぜ?
少しの移動でWifiの感度が違うと捉えられるようなことを言った
「警察を呼んで  違ったら責任を取って」
マニュアルだと返答すると 話題を変えた
「私には奥さんと子供がいるので 女の写真は撮らない」
趣味のものではない
男は私が後をつけたといい始めたので 帰ろうと歩き出すと後をついてきたというと黙った 
私は写メをよく撮られる
外でエンジンを切らない車が停車しているのも加害行為であることを説明した
女はスマホに赤ちゃんの写真を出し説明を始める
赤ん坊の写メを撮るのは当然 その話をしているのではない

【感想】
・言葉がわからない振りをした
・警察を呼び 違えば責任を取るように恫喝している
・都合が悪くなれば話題変更
・言い訳
・事実の一部を切り取り 自己都合のいい話のでっち上げ
以上のことから いつもの加害行為のマニュアルと同様と感じた
加害者と思われる (いつもの行動や雰囲気からストーカーと感じていた) 
この場所でよくある不快な行為だが 今回は度を越したので声を掛けた
上記以外にも この施設では常に何らかの加害行為がある 聞こえる会話などは同時に大きな音で脳内送信を入れられる 
来館者の付き纏いだけでなく 職員によるものはNu‐Kaたちのブレインジャックと思われる ごっこ遊びをしている
被害者のいる場所の特定は 電磁波照射をピンポイントで行えるそうだ
昼下がりの西日は 電磁波照射が加わっているような強い光だった

上記夫婦?は私を被害者と知らずに 無差別に被害者を作るストーリー展開だったと思えるが どうだろう?
スポンサーサイト

乗っ取りいろいろ           [記事番号 432]

加害者クライアントによる複数のブレインジャックについて記載
極端な思考や感情の操作はすぐにわかるが 
自然なものはわかりにくい 
自身の習慣か否かの違いを自覚しておくことが大事と思う

・走行中トンネル内に入ると見え辛くなった
やがて怖さを入れられてきたのでサングラスを外すと 恐怖心は無くなった=小さな男のブレインジャックによる(夜盲症と弱視)
・直線でも ハンドルを左右に動かす=ピンヒールのブレインジャックによる
(色覚異常により免許を持たず ゲームセンターの遊びの癖と推察 駐車禁止の標識が見えない=赤色の部分が青色混の濃い灰色故 全体が斑の青色)
・速度に20kmの幅のばらつきがある 後続車は走行しにくかったであろう =が 前を走行するバイクと後続車が二個一の加害車両だった可能性がある  
・帰路は通常のドライブを楽しめていた 
が 高速を降りる間際に急激な眠気に襲われた=後続車両の電磁波攻撃によると推察

行き先では至福の時を久々に過ごすことができた
が 長く続くべき余韻と感動は すぐに微々たるものと化した=ブレインジャック・思考操作・記憶への関与によると推察

無関係の人を被害者に仕立て上げ 
・私利私欲 ・(自らの会の結束) ・さつじんと身体の乗っ取りによるすりかえ ・日本をせんそうの代わりに内面から滅ぼす 等
加害行為を一刻も早く撲滅・終息し 被害者の救済を切望している
日本の国の存続にかかわると思われる

地籍調査でもブレインジャックされていた [記事番号 426] 

『国土交通省 地籍調査 Webサイト
地籍調査とは、主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。
 国土調査法に基づく「国土調査」の1つとして実施。 』 http://www.chiseki.go.jp/about/point/index.html

測量後 夜~朝までの電磁波照射+「夏又は秋の虫の音 / 朝は鳥の声(横断歩道と同じ音)」 が広く網羅されていた

境界を決める業者がブレインジャックされていた
測量する業者もブレインジャックされていた 若しくは私が接した人は ニセモノだった可能性もある 最後の日に見かけた二人の体格が縦横大きくなっていた 「へらへら感」がなくなり「重量感」があった 
主となる二人を何度見たか 書き出すと
1.近隣の駐車場で 降車後 北へ歩きかけて戻って西へ歩いて行った 偶々その駐車場に5分間駐車しただけのとき
2.姉の家の裏で見かけた
3.測量を随時行っていく旨の挨拶に来た
4.挨拶に来た 日時を決めて帰った
5.測量当日 「時間が掛かるから家の中に入るよう」指示されたが 邪魔しないよう離れたところで見ていた この時二人増 測量する人が一人 他に棒を持つ人が一人 
6.帰宅途中の交差点から 測量しているのを見た (=遠くの二人を偶々見かけたのは幻視の可能性がある)
7.同上   (=近い距離だった 測量が実か虚かは不明)
8.姉の家の斜め前の道路で測量
9.同上      前の道路
10.私道 以前測量していた場所
11 10/13入館してすぐに外へ出たところで 徒歩でPに入ってきた彼らを見かけた 出庫時顔をこちらに向けたが 操られている雰囲気だった 追記:10/13 

8~10は同日 出かける前と帰宅後 (=タイミングが良すぎるだろう=テクノロジー犯罪のマニュアル=被害者はすべて監視されている
誰でも不審に感じるのが普通ではないだろうか
被害者は疑心暗鬼になっていても更に普通である
測量事務所に確認の電話を入れた
要件を話すと通話が切れた 
外から 「おい!」と聞こえた
1~2分後測量事務所から電話がかかってきた 別人の声 私は名前を即座に名乗らされていた=ブレインジャック
同じ場所でも 障害物がある時は 測量を繰り返す云々
障害物はなかった旨話したが うろちょろしますと断言した
玄関周辺を見回すと 二人は居なくなっていた
10分後 二人のうちの一人が 「事務所から電話があった」と 訪ねてきた
上記経緯を話して確認した旨伝えると「すみません」と言うので 
詫びて頂く必要はなく 確認しただけと伝えても「すみません」を繰り返した
体格が大きかった

私が見た二人の 人格と体格が違うのでブレインジャックされていたのは 間違いないと思われる
実際の測量を 私の外出中にすることもできる その場合には測量する人は本物で 立ち会う私の変わりを ニセ姉がすることもできる
組織が大きいので 幾重にも想像可能である
全てを虚構の世界で繰り広げることもできる 
一刻も早く 終息・撲滅・救済を祈念する


嘘のような実話             [記事番号 424]

脳の操り=ブレインジャック
・すべてを乗っ取られた状態 元に戻ることはない 加害者にスキがあって被害者が気付いても すぐさま操られると思ったことがある
・操られた後 何らかのタイミングで気づく
・操られていたことを 状況判断で知ることがある
・自分の動作だと思わされていたことに 後で気づく
・感情操作
・思考操作
・脳内送信
・自分の思考ではないことの 言動

事例
9/2夜明け前に 仏壇への献茶を手に持ち部屋に入ると 滑るものを踏んだと 思考操作された 
手に持った茶器を上向けに持っていることを意識すると 「こんな転び方をしたことがない」という転ばされ方をした お茶は打ち水をするように弧を描きぶちまかれた (畳の上で水をこぼす嫌がらせをよくやられる)
操作は小さな男の性格と推察
滑ったと思わされたとき 足元を見た 足元周辺が真っ暗ではなく真っ黒だった 薄明りの中見えない筈が無い
月一回様子を見に来る業者がいる 暑さの凌げる気候になった話しの後 「暑いから気を付けて」と仄めかしを言ったのは ブレインジャックする大きな女と推察している 3ヶ月前から頭・体格が本人より大きい (本人はからも集団ストーカーをされたことがある)
昼過ぎから膝に水がたまり始め 夜には歩けない痛みを伴った 膝に水がたまるタイミングがまるで常識外だった
(ぎっくり腰を作られた時と同じ)

強い痛みに体力を使い果たし宵のうちから仮眠した 2~3時間置きに目を覚まされた 滝のように流れる汗 と思わされた
この現象も経験済み 
(高速走行中 加害者二個一の一台が大型バイク 私の後方だった 一瞬にして 体が熱くなり発汗させられた 数時間その体のほてりは治まらなかった 2台はすぐさま逃走した) 
痛みと体力は徐々に元に戻ったが4~5日要した

嘘のような実話
体力がまだ完全ではないので 仰向けになり深い深呼吸を続けた
上記全ての加害行為が なくなった
だけでなく 数か月間 暗い所で物が見えなくなっていたことまで 正常に戻った
当然のことだが 点灯せずとも月明かりでぼんやりと物が見える それが数か月ぶりに経験した明るさだった
歩く動作も ブレインジャックを知る以前のように 軽々と歩けた
ブレインジャックという「足かせ」が全て解かれた瞬間だった
この日は特に 母の病室に行った時から 右目が大変見づらくなっていたので 快適に・軽く目が見えるようになった 

加害者は 新しい玩具を与えられた幼児未満の行動を 嬉々として行っているとしか思えない 
自分の能力ではないにも拘らず 傲慢な態度をとるのは マインドコントロールされている為? 
人を殺傷する権利は誰にもない
軍事秘密兵器として開発されたらしい機器の使用は 法律で許可されていない
電磁波攻撃の電波を使用する申請をしていない
ひとをころす目に合わせ全てを奪う
加害者の行動はアウトロー
「人」と思えない 精神異常 (獣)
「日本を滅ぼすにはせんそうをしかけなくてよい 内面から腐らせればよい」 

     『電子洗脳』
     ニック・ベギーチ博士/内田千穂子訳
     成申書房

類 推             [記事番号 419]     

手紙4通から確信したこと (記事392+コメント3)
Nu‐Kaの遺恨が大変強いということ (150年位前に兄弟だった 隣家)
空き家になっている間に義父が造った屋根が朽ちていた  台所風呂トイレの外側の目隠しになっていたことを  思い出す 
集団ストーカーに気づいた頃 Nu‐Kaの様子から 台所の窓につけていたカフェカーテンに日よけの黒い網をつけて 夜間照明を点灯した時も室内の影が見えにくいようにした 同じような理由があったと想像する
電磁波利用で見られていたので 効果はなかっただろうが・・・

3年前 塀の一部が崩壊した (電磁波攻撃が関与していると推測している)
塀の撤去だけで済むところを 夫の父が知人に作ってもらった 庭の青石と植木をすべて撤去してしまった
撤去した青石の処理ができないとのことで  ほとんどの石が庭に山積みされたまま取り残されている 費用を払って庭を崩したメリットは無い 
松の木をどうするのか業者に尋ねられたので 夫に訊くと残すとの返事だった
この時の夫の態度を不思議に思った 何故かいつも背中を向けていたから
まだ テクノロジー犯罪・ブレインジャックについては知らなかった
集団ストーカー行為を受けていたが 「集団ストーカー」の言葉を知らなかった頃のこと
(業者の一人がトイレを使った後から トイレで電磁波を受けるようになった 徐々にあらゆる攻撃が始まった)

規制のない進化            [記事番号 418]

「○○○っち」 「人工知能」
テクノロジー犯罪から連想すること

現在 攻撃されている傷の付け方について記すと
入浴中に手が触れなかったところに傷をつけてくる と感じたことがある
ほとんどの人が届く場所をその日 触れなかった
その場所を選んで大きな傷をつけてきた
傷跡を見ると 闇雲に傷をつけているのではなさそうだ

上記より想像したのは
人的監視と攻撃ではなく
機械使用の攻撃ではないかということ
ガス漏れ警報器の前を行き来すると 飛行機の飛ぶ音がする すぐに新たな電磁波攻撃が来る
『人工知能』
更に想像したのは
『○○○っち』
機械を育てていた?

全て放置されているテクノロジー犯罪(犯人野放し状態・被害者の救済一切なし)
人工知能の負(悪)の進化に必要な規制はなされているの?


端緒も虚構のストーリー     [記事番号 410]   

『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集』
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社出版サービスセンター
     講談社エディトリアル

被害者にされた経緯を記載されている文章をよく見るが
その経緯も含めて 加害者による虚構のストーリーのでっち上げと思われる
音声のしないところで音声を出すことができる犯罪 音に合わせて感覚も挿入できる
見えないところで音が聞こえると条件反射のように そこに音のするものや人が話していると思うのが常である 
確認すると何もないことがよくある 隣の洗濯機を回す音・母と息子が話す声が 実は何も実体のないところで音声を聞かせているだけだったことを経験している  
集団ストーカー・テクノロジー犯罪を知らなかった数年前に 実家で聞いていた上記音声は 加害者にとっての前哨戦だったと思われる それがあったから被害者にされたという名目を加害者は造った と思われる
全てが虚構のストーリーのでっち上げによる 
加害組織の一方的な加害行為
残虐非道・人間性皆無・跳梁跋扈・アウトロー・戦争をする代わりに日本を内面から腐らせるテロ行為
一刻も早く 撲滅・終息・被害者の救済が必要と思う

思考操作                [記事番号 407] 

思考操作を無視できた具体例 最近のこと

・お腹が空いた
 ハンバーガーショップの新製品を食べたいと思った
・次の日も お腹が空いた と思った
 よく行くお店へ行こうと思った

上記の間違い探し
・満腹なので食べに行こうと思うことはないので 思考挿入されているとわかった
 お気に入りの商品がある
・店舗にいく日を決めている
挿入された思考はすべてNG 自身の考えと異なるものだった
上記の思考は無視できたが 自然に自身の考えが思い浮かんだと思わされる
大変怖い犯罪である
一刻も早い 撲滅・終息・救済が必要と思う

脳を操ること             [記事番号 406] 

幻視・思考操作・感情操作・思考盗聴・思考盗撮 = ブレインジャックの一環 = テクノロジー犯罪 = 電磁波照射

【思考操作】
歯ブラシを新しいものと交換した
歯ブラシをを捨てるとき 「古い方を捨てるよ」念を押すように思った 少しの違和感があった
実際に捨てたのは新しい方だった 古い方が歯ブラシ立てにあった
捨てるときに「思ったこと」はふつう考えながら捨てることではない 新しい歯ブラシを捨てるために「思わされた」 ことだった 後で分かったこと

【幻視】
所要で警察署に行った 待っている間に警察官の幻視を見せられた
前回の 交通事故(私の頭をブレインジャックしている間に 加害者が車をバックしてきて 接触したと思わされた)の時に 寄り添うように近づき嘘を誘導しようとした警察官が暗い通路の奥に佇んでいた 私は下を向いていたが 操られてそちらを見せられた
小さな男が警察官の制服を着用している幻視で 細長すぎる体型だった

蛇足になるが 
警察署に入っていったとき 入口に近い場所の一番近くに座っている制服を着た60歳超の男性が担当場所を教えてくれた 二人いる内の一人を念押しした その人が席を外した間に担当が変わった
そのことが幸いしたことがあったような気がした 代わりに幻視を見せられた と思ったのは考えすぎ?
加害者は初めて接する人をブレインジャックするのも容易いと思われる

【感情操作】
集団ストーカー・テクノロジー犯罪に気づいた頃 初めての信じられない出来事に驚いているが それ以上のパニック状態を感情操作によって作られている
準備万端の用意をして過ごしていると 気づいた時には時間が差し迫っていた 必要以上に慌てている自分に気づいても 更に慌ただしい動作をさせられていた 感情もそれに伴うものにされていることに気づいても 容易に元に戻らなかった

【思考盗聴・思考盗撮・電磁波】
思考盗聴は常に行われている 行き先を間違うと加害者が付いて来られなかったり 付いて来ていた車が慌ててUターンして逃げて行ったことがあった
被害者の目を通して物を見ていると思ったことがある
思考盗聴・思考盗撮・テクノロジー犯罪の電磁波があるところで 加害者は被害者を見張っていると思われる 

仄めかし                [記事番号 405]

24時間365日多くの加害者に 自身の目を通し思考盗聴・思考盗撮され 見張られているので 加害者がほのめかしをするのは簡単なことのように思える 
集団ストーカーの中には 被害者のことを克明に記録している加害者がいると推測
若しくは 初めて出会った人が根掘り葉掘り訊く人がいることを考えると 知り得たことを報告すると対価があるのかもしれない
同じ物を持った人を見かけるのも 仄めかしだろうと思っている
捨てたゴミと同じ物が 近隣の路上に落ちていることも度々ある
「ゴミを持ち去る人がいる」と聞いたことがある

本を読んでいると ブログに書いた言葉が出てくることが最近よくある
気にしないのが普通であるが 思考操作で 「ブログに綴った文字」 と思わされる
そのことで ちょっと閃いた事がある
私が読む本を加害者は知っている 読んでいる箇所より少し先の文章から 加害者が言葉をピックアップしてブログに綴らせているのではないかと思った ブログの中に加害者が考えた言葉を入れるよりも簡単にできると思う

加害者を即刻捕まえて聞いていただきたいと思う
テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪を一刻も早く撲滅し 被害者救済・日本の治安維持を切望している  

オカルト映画            [記事番号 402]

○クソ○ス○
ゾ○○
○バ○ー
○生○
○○ THE ○○○  SECRET

テクノロジー犯罪をオカルト映画で表現する 
上記映画の宣伝映像を見た印象
人のいないところでモノが動く 音がする 大きな力で突き飛ばされる 
ブレインジャックされてしまった人が 集団ストーカーにされる 暴力を振るう
ブレインジャックは 想念と関係すると思われる (犯人が一刻も早く逮捕されて犯罪が撲滅し 全貌が明らかになるのを願っている)
ブレインジャックされると 自身の意思が働かない 随意運動ができない 乗っ取られる 
脳を自由自在に操られる ・思考盗聴 ・思考盗撮 ・思考操作 ・感情操作 ・脳内送信 ・・・・

カルト宗教の宣伝が頻繁になっている
騙されない 嵌められない 載せられない 
危機感を持つ 

幻視 +脳内送信           [記事番号 401]

幻視と脳内送信を組み合わせると 「人」が出来上がる と思われる
 
PCを拝借した
半透明の衝立で仕切られた個室のような場所 ここでの嫌がらせは
・歩き回る足音・見ないときは人物がいないと感じるときもある
・大きな音が出るもの(台車等)を運ぶ音と人物
・点灯している照明などから出る電磁波照射(視点をずらすと実際の照明と別の強い光が見える)
・強い光が何もない通路で光る
・音は 実際の音+脳内送信=大きな音

横で立ち止まり 会話をする 二人とも実際の人物より全体に太く身長が高い 頭が膨らんでいる
聞こえている声は脳内送信の大音量
幻視+脳内送信=二人の人が話しているように見せかけている(と思われる)  そこにいて当然の人たちだ

PC利用中の両隣で大声が聞こえる
片側は 知的障がい児が片言を大声で読み上げている 内容は催眠療法のような言葉
もう一人は 何語かわからない早口言葉を喋り続けている (以前ブレインジャックされた夫や息子がPCに接続したイヤホンから漏れ聞こえた機械音と似ている 嫌がらせ以外にも何らかの目的があるだろう 某FM放送に雑音が入っているのも同様の音)
ハーフの低学年男児 (Nu‐Ka孫の小さな男似) 
大声で聞こえているので脳内送信である 耳を塞ぐと 同じ音量で聞こえている 自身が聞いている音楽も同様に聞こえている

某所で大声と大きな足音が聞こえる
おじいさんと孫2歳
孫は雪道を歩くように膝を高く上げて床を踏みしめて歩き(2歳未満の幼児にはできない行動) 同時に大変大きな足音が響き渡っている
はしゃぐ声も大きい
歩くなら外でやってもらいたいと思うが おじいさんは私を意識している
幻視?大声と大きな足音は 脳内送信である
幼児を操るのは Nu‐Ka妻の姪の孫の担当である

静かな場所で 大声で話す声が聞こえるときは 脳内送信である
実際の人がいる場所から聞こえてくるように細工できるようだ
人物が二人いるところに 幻視を一人増やしていた時があった (二人が一人を無視して歓談)
車内街宣の文言を頭の中でつぶやき続けると消える

嘘を隠蔽するのが常態         [記事番号 385]

嘘をごまかす言い訳 行動についての記事

辻褄の合わない言動を 筋の通らない言い訳で誤魔化そうとする 事象を合わせる
返って墓穴を掘っていると思われる こんなことをしなければならないのかと 気の毒になる

(靴を左右逆に履く年齢の)幼児が  もっと幼い幼児をブレインジャックしている時に名前をフルネーム喋った
この経緯をブログで綴った
次回会った時は 親をブレインジャックしている加害者が誤魔化そうとした
「最近自分の名前が言えるようになった」
ブレインジャックする幼児は促されても名前を言わなかった

電磁波照射による脳内音「キーン・シュー・ゴンゴン等」を加齢によるものと錯覚させる(誘導する)為に 大きく目立つ新聞広告を頻回載せている と思われる
通販故 申し込みがあれば加害者の利益になる 中身は害のないものでありますようにと祈ってしまう 又は本物の通販でありますように

初めて「アトピー性皮膚炎」 という言葉を聞いたのは 新興宗教の熱心な信者さんからだった 30年余り前のこと
ケムトレイルと時期が同期するという文章を読んだことがある
台風のあと ケムトレイルを見た 



ブレインジャックする加害者は被害者同様に体感するようだ   [記事番号 388]

除草しているときに体調が悪くなった
一日中体調が回復しなかった
その間 腕から手指までを見ると 自分の太さだった (筋肉が萎えているので細い) 
最近その細さを見ることはなかった
体調が悪い時にブレインジャックすると 加害者が被害者の体調の悪さを同じ様に体感する為に ブレインジャックをしなかったと思われる

続きを読む

ブレインジャックされた時の感覚   [記事番号 383]  

自身の意識がある場合に ブレインジャックされた感覚は ブレインジャックする加害者(獣)の特徴を感じる
ブレインジャック(思考操作も含めて考えるほうが良いかもしれない)を知らない時は不思議に思うだけで 自分の考え得る理由をあてはめてやり過ごしていた 

NuーKaにブレインジャックされた時
・読書中に瞼の眼瞼下垂が起こる(瞼の垂れ下がる状況は 影が徐々に大きくなり視野が狭くなるのが見える)
・カタカナの拗音が読めない
・右手指が曲がっている 指が太い
・体が大変重い
・つえに体重を載せるので歩きにくい
・血管の詰まった黒い枝のようなものが 焦点内にぼやけて見える

小さな男にブレインジャックされた時
・「無いもの」がある 手に触れるとなくなった(小さな男がブレインジャックを止めたと推測)
・「無い物」を挟む感覚があった
・つま先が上がらず転びそうになり歩きにくい 重い
・上体起こしの背筋運動ができない 腹筋を使い背筋に力がない
・読書中 文字が小さくなる(見るものが小さくなる) 遅々として読み進めることができない
・尿漏れを起こされた時 無い物を通る感覚があった

ピンヒールにブレインジャックされた時
・暗い所では見えにくい
・車の運転が乱暴になる 車庫入れができない 考えていない 
・乗り物酔いをする
・加害者の嫌いな歌を歌っている時 声が出ず喉が苦しい
・赤色が青色交じりの灰色になる

幼児にブレインジャックされたとき
・履物の違和感 左右逆にはいている感覚がある
・溢れるようなお漏らしの感覚


ブレインジャックを知らないときは Si‐Saに操作されていたようだ
・体調が良いと思う間もなく調子が悪くなる 等
・簡単なことも考えられないようにされていた
・食後すぐ 体脂肪の付きやすい部分に脂肪がついてゆく感覚を意識させられた(消化に2時間以上かかる 吸収が始まるのはそれ以降となる ありえない感覚である ブレインジャックを知らないときだったので実際に起こっていることを納得するしかなかった 大変怖い犯罪である) 

ブレインジャックする加害者が誰であれ 筋肉量が変わり太くなるのでわかる 
数日間 酷い痒みを加えられた時 
症状は ニキビ 蕁麻疹 虫刺され 痒みのあるものが 体全体に混在している状態にされた (加害者は何をしたいのかわからないでやっていると思われる)
掻くと傷ができるので掻かずに過ごす 
3日目に足を後ろから抱えるように筋肉質の両腕・グローブのような両手が出てきて 大変力強くゴシゴシと掻いた
私にそんな力はない 掻き終えるまで腕を見ていない 腕と掌は元に戻っていた 
「掻こう」という意思は一切ない
腕を伸ばし力強く掻き始めてから気づくことで 掻いて気持ち良いという感覚も入れられかけた ということがわかった
掻き始めた時から 掻いていない部分と症状のない部分全てが真っ赤になった
10cmくらいの傷が無数にできた 30cm長さのものもあった

翌日から数日間 同様のひっかき傷を創られた ヒリヒリした痛みを伴った
上記の太字症状は全て 新たな電磁波による攻撃である

加害者は自分のしていることがわかってやっているのだろうか?
分かっているなら 精神異常(獣)である
24時間365日見張り 電磁波による攻撃を加えてくる
盗聴 盗撮 集団ストーカー等 仕事をせずに生業にしている加害者・仕事をしながら嫌がらせや電磁波攻撃している加害者がいる
ブレインジャックされている人は乗っ取られている
乗っ取られる人が増えるとどうなるか?
一刻も早く 撲滅終息救済を祈念している

虫・鳥・猫を操ることが好きな加害者   [記事番号 379] 

テクノロジー犯罪の機械は虫・鳥・猫を操ることができる

最近多いのは 虫を私の周辺で飛ばすこと
但し 本物の虫だけでなく 恐らく幻視であろうと思われるものを使用することが多くなった
動き方が本物と違っている
幼児が新しく覚えたことを何度も繰り返すが如く 技術を覚えて乱用しているのだろうか
大変大きなゴキブリが突然現れて 「動かないな」 と思うと徐にゆっくり動く
無視すると 翌日死体となって転がっていた 但し一回り小さくなった 色が違う 干からびている
姉をブレインジャックする加害者の目につく場所へ置いた 翌日更に小さく干からびた 色が濃い 変

庭に出る 外出すると見かけない鳥が飛びまわる 被害者を監視することができるのだろうか?
鳴き声が大きく聞こえる 鳴き声のみ聞こえることもある 日没後暗闇迫るときに鳴き声が聞こえる 電柱と電磁波照射する家の二階外壁辺りから音が移動する 電磁波照射と思われる
自宅に居住していた20年間 毎年2月から数か月間 1羽の鶯の鳴き声が聞こえていた
生まれたての鶯が鳴く練習を始めて 鶯らしい鳴き方に成長する様子だった
この加害者は鶯の鳴き声が好きなようで 木の無い場所でも鶯の鳴き声がすることがあった

庭で除草していると猫が現れる Nu‐Kaが猫をブレインジャックして私のすることを監視しているような態度に見える 立ち止まり私の顔を必ず見る
大きな態度でのっそりと歩き去る
夜中電磁波が強くて目が覚めた どこから電磁波が出ているか外に出た
行き交う車・バイク・自転車・人はいない しばらくすると猫が現れた とてもいいタイミング  

続きを読む

事例⑩                  [記事番号 378] 

24時間365日 見張りと加害行為が 人による操作だけではないと感じる事例
図書館で本を閲覧していると 絵本コーナー方面から大きな声が聞こえる
父親が幼児に話しかけると幼児が笑う これを繰り返している
通りかかると そこには誰もいない 声も聞こえなくなった
すぐに別の方向から同じ父子の声が聞こえてきたが 幼児が大きな声を出すと父親が窘めている
本物の声と思われた
絶妙のタイミングは 人による操作ではなく 機械によるものと思われる
渋滞の道路約4kmをTVコマーシャルのように左右に車線変更しながら前に進む車と 左右に車線変更して道を譲る車の流れを車走行中に見たことがある  とても見事だった 

稚拙な物語設定もまた 機械によるものと思われることがある
以下はどうだろうか?
真冬の夜中に蚊が飛び周り 数か所刺されて強い痒みがあった 
電磁波照射による加害行為 (=蚊が飛ぶ音の脳内送信+痒み+皮膚の火傷を蚊に刺されたように仕上げる) 
起きて手を洗うと 手首から先が異様に赤くなった
(電磁波による火傷には 揮発性の痒み止めではなく 油性のハンドクリーム等を塗布して保湿することが有効)
昨夜 就寝中に蚊の飛ぶ音で起こされた 
蚊の飛ぶ空間がないことを繰り返し話すと 蚊の飛ぶ音が間欠になりやがてなくなった
時間が掛かったが 言っていることは理解できるようだ 

隣家の嫌がらせに思う    [記事番号 375]

被害者の間ではあまりに有名な話 実際の被害者である奈良県の布団を叩くところを映像に捉えられている女性を彷彿する 日常茶飯事のテクノロジー犯罪と嫌がらせ犯罪の記事

向かいの嫌がらせは酷くなる一方だ
電磁波攻撃用の外灯が2個存在する
低周波(=「大きいほう」と言っていた)との切り替えができるようだ 
屋外に電磁波照射機器が置かれていたこともある 
風呂場の電気がつくと電磁波が強くなる
自宅隣家のNu‐Ka達に操られている 
(Nu‐Ka達が更に操られている可能性も否定できない)
屋外の破壊も担当している 電磁波機器を利用しているようだ
ローテクと言われる 声を出す嫌がらせも夜中に近い時刻まで度々ある
屋外の四方から音が出るように 電磁波が張り巡らされているようだ
電磁波が強いとラジオ放送の雑音が大きくなる
「ラジオが聞こえない」 と呟くと すかさず言い返す声が聞こえた
「(ラジオ放送の)ピアノの音が聞こえている」
盗聴していると暴露した言葉である

私はテクノロジー犯罪 集団ストーカー 嫌がらせ犯罪 ブレインジャックの被害者であることを知っているが
騒音が絶えず聞こえ 電磁波照射による苦痛は 日々身心が休まることはない 
どこに行っても 電磁波攻撃が止むことはない 集団ストーカーがついてくる 
この犯罪を知らなければ 数十年お付き合いしてきた近隣の人たちが攻撃してくる事は理解できなかっただろうと思う
身を守る方法は ローテクの同じ方法をとることしか思いつかない
(ただし 盗聴されていることを拝借して家の中で呟く・音を出すことを主とする・嵌められないよう注意)
奈良の女性も同じ事を返す そんな思いだったのではないだろうか

この犯罪を認識していれば 盗聴されていることを知っているので 家の中で音を出すだけで加害者に聞こえるということを知っている
ハイテク被害は念を返すことで助かる場合があると思っている

一般向けへの電磁波照射?   [記事番号 370]

夜外を見ると 一戸建て住宅3階の屋根に近い場所に 大きな強力ライトが両脇に2個点灯している
電磁波照射であろう 近隣から苦情が出ないということは 近隣がブレインジャックされていると考えられる
実家周辺で日付が変わる頃に 向かいが大声や大きな音を出し続けても苦情を言う家はない 空き家とブレインジャックされている家が隣り合っている為であろう
日中~薄暗くなっても 鳥の鳴き声に似せた機械音が断続的に大きく聞こえている 
今までに見たことのないきれいな鳥が2羽見える 目と鳴き声はカワセミに似ている 他に鳥は見えない幻視の可能性がある  
花火大会の夜は時季外れのセミの鳴き声だった 
朝6時 徐行する車が2台周回している 電磁波照射と思える

狭い地域での急速な大きな変化を感じる 一刻も早い 撲滅・救済を懇願する
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪・ブレインジャックによる乗っ取りetc

マーキングに酷似=金を毟り取るマニュアル?    [記事番号 366]

追記:4/30
この記事の1・2回目の記事を探したが見つからない
「2月の記事数3」 少ない 消された記事がどのくらいかわからないが 加害者にとって消さなければならない記事が満載だったということだろう 
余録:2015年5月の記事も少ない 

3回被害にあった給湯器は屋外にある為 忍び込まずに ブレインジャックする加害者(獣・小さな男と推測)が壊すことができる
1回目の水漏れは 忘れ物を取りに戻ると 水漏れが起きていた 
向かい夫(ブレインジャックしているのは小さな男)が普段は持っていないウェストポーチに何かを収納してファスナーを閉めた
顔をあげ私を見ると「あっ」四角に口を開いたまま閉じなかった
給湯器の給水パイプの上部が切断されていた のこぎり等の切断による筋が全くない きれいな切り口だった 電磁波は塩ビパイプを切断できるのだろう
1回目消されたエ●Wa●●●の会話
「エ●Wa●●●です」整髪油をつけた濃い黒色の髪・日焼け顔の男が言った 作業をする人ではない 特徴はあまり出会わない風貌 
「カランは半永久的に使えます」
「上から物が落ちたとき止水する物に替えるのかと思った」 水を出したり止めたりを繰り返していた そのカランであることに気づかないはずはない 詭弁にもなっていない 
カランを変えることが前提のストーリーで ニセ姉は「カランを取り換える」と言い張る
「逆止弁を替えるだけでよい」
午後から来た職人さん風の男が作業をした 交換したパイプを持ち帰らないように頼んだが無くなっていた
代金の振込先を 請求書に記載されているほうに振り込んだ 別の指定口座は裏かもしれないと思った
この後の作業は私の留守中に行われるようになった

2回目:灯油タンクからオイル漏れが起こった
漏れ出したことに 匂いに気づくであろうが ニセ姉は対処しない 
無視していると数日後に周辺を濡らす量が極端に増えた
ある日帰宅すると 給油タンクだけでなく 給湯器も新品になっていた メーカーが代わった CーB 使用説明書がない
奥の脚は見えないが 手前の二脚のうち 片側だけ固定されている ねじ2個で固定するようになったいるが1つだけねじがついている
足をのせる台座は半分に切断したブロックで面積の狭いほうが下になり不安定である 更に雨水でたまった土がブロックを不安定にしている ゴミが散乱している ゴミを残すのは加害者のやり方らしい 
後に何かのついでに 上記を素人工事のようだというと 姉をブレインジャックしているピンヒールは怒鳴った
「素人違う!!」 何をか況や
以上のような文章が見つからない

 
以下3回目(4/29の出来事)
玄関脇にある給湯器付近を3度目加害された(と確信している)話の続き 水漏れが始まってから随分間が空いた
水漏れが起こっているのは 給湯器への給水パイプの地面位置 3cm位の噴水状態
1回目と同じC‐B(=給湯器メーカー)の70代男が水漏れを見て即座に行った
「これは給湯器が悪いのではなく 水栓が悪い 見て回りましょう」
家に上がり 迷わず台所へ行き
「これです」 一目見て断定したが 通常と変わらない
逆止弁の外側の「ー(マイナス)」位置をドライバーで回す
音が止まる =脳内送信で会話ができるので 加害側が作っている音を止めるのは簡単だ
「音が止まったでしょう」 
給湯器への給水パイプの地面位置での水漏れは 台所の『逆止弁』が傷んでいるから起こっている
以前の水漏れ(水漏れ個所は給水パイプの上部 ボイラーの近くだった)と同じことを話した 以前の手順には先ず風呂場を見て 風呂場は違うという手順があった
 
私は加害側の虚構のストーリー展開だと確信しているので
=炊事場の音の起こりは 或る日向かいのトイレに空気を送る機械のようなものが騒音並みに大きな音を立てていた➡ 実家炊事場付近が大騒音を奏でたのでビデオにとっておこうと思った➡玄関脇の給湯器給水パイプから水漏れが起こった &帰宅直後炊事場の音がしていないことが数回あった 夜向かいが寝静まってからは炊事場の音は更に大きくなっている= 
基本的に音がする=電磁は照射である (飛行機の飛ぶ音 車・バイクの走行音 話し声 走る音 向かいが大きな音を立てる等)

以前の経緯も含めてC- B男性に話した
・給湯器付近の不調はこれで3度目である 炊事場の無数の叩いた跡や流し場内側の擦った痕やステンレスカバーを剥がそうとした痕も含めて 外から入ってきた誰かがしたことなら 警察に被害届を出さねばならない
・2度目の灯油タンクが漏れた原因を訊くと 「腐食による」 原因は「水が入った事」 水が入る理由は「結露による」 「水は下に溜る」 灯油漏れ箇所はタンク下から20cm上部で微妙に漏れていたものが 数日後大量に漏れだした その結果は灯油タンクだけでなく給湯器も新品に交換した 
・この男性が乗車していた車はC- Bのメーカー名が入った新品だった
・1度目の止水弁が悪いから水漏れが起こっていると貴方が言って 取り替えた止水弁がまた傷んでいるなら業者の責になる 「(男は動揺を隠せず)誰がしたのか?」 と姉に問い掛けた ニセ姉が答えた 「エ‐Wa」
・ボイラー給湯器の取り換えにゴミを残しているが ゴミを散らかす業者はいないと話すと 「自分は知らない よその業者の事はわからない」と言うが 貴方はボイラー給湯器のメーカーではないの?
・業者とニセ姉は異口同音に言った 「被害妄想だ」 自作自演のストーリー展開のマニュアルである 向かいの奥さんが家の中から出てきてすぐに入った 目的は「被害妄想」を聞いたと目撃証言をする為と思わざるを得ないタイミングである

業者の車を見送る時 ニセ姉に話した
ブログは加害側の誰かが読み 取り繕うこともあるので ブログに書いた事をニセ姉(今回は全てに大きな女がブレインジャックしている)に話した 昨年ピンヒールが因縁をつけていたが何時からかそれは殆んど無くなり 私自身ブレインジャックされている大事な人を見たくもないので話さなくなった 
・業者が車に戻る時「エヘン」と集団ストーカーの嫌がらせをしたので「あれは1回100円?」
・姉の習慣はまるでない
・ブレインジャックされて靴はすぐに傷みファスナーを開けたまま履いているのは何故?
・騒音並みの音と共に漏水が始まってから 修理まで間を空けたのは何故?
・向かいの奥さんの顔を見て怪物だとは思わない?(=Nu‐Ka+幼児=小顔 アンパンマン様の頬 その下から口にかけて窪んでいる まだら色黒=怪物顔) 
・○○電力と総合病院で対面した女のことを話した 居眠りしている人が腰を支点にして上体を三角錐を描くような円を描くだろうか?じょうじの後だったね 
ニセ姉は全てに無言だった 加害者は 都合の悪いことには何時も無言である

数時間後に帰宅すると 水道工事業者が入れ違いに荷物を運び出した 
すでにカランは新品に取り換えられていた (間尺に合わない 長い)
1回目修理の時に 「カランは半永久的に使えます
(エ‐Wa)」とエ‐Waが言った 逆止弁のみ交換して保存している
事情を話しても 「逆止弁が傷んでいた」と繰り返す 取り繕いの言葉
数か月前に交換した金属が傷む?
 あり得ない
交換する必要のないカランを持ち帰った
「パイプが古く折れたので交換した」という 窓の床材に大きく穴(パイプの倍大きさの穴 床材の半分以上の空洞 )が開いていた
古い家を壊す素地になるかもしれない 加害者の熟練技法 人間の行為とは思えない

加害側にカランを取り換える意義があったのだろう 
業者は「Ki‐設備」 1回目と違う
水漏れ箇所を修理した様子がないのが不思議だ  
夜ピンヒールの笑い声が聞こえた 「あ~っはっはっはっはっは」×数回 
取り換える必要のないカランを取り換える悲願(一回目に阻止した)が成就したか 付随するものがあった?

1回目水道工事業者が振込先を請求書記載と違う方を提示した 二重帳簿を連想したので請求書記載の振込先にした
以降ニセ姉は 支払いを託してこない

追記:5/6
数日後 交換したカランから漏水が始まった 数回電話したが繋がらない

入院中に日焼けした母      [記事番号 365]

同じ病棟内で 数回病室が変わった
新しい病室は 南向きで日当たりが良い

母は入院中に日焼けした 大きなシミが顔の周囲を覆っている
入院以前にデイケアに通っていた時のほうが日焼けしていなかった

母は数年前からブレインジャックされている ブレインジャックする加害者によって顔や姿かたちが変わる
Nu‐Kaがブレインジャックした時は色黒で大きなシミが顔の半分を覆う 頬骨周辺がアンパンマンのように出っ張る 顔が大きくなる
Nu‐Ka妻とその姪がブレインジャックすると  顔・目・口・口唇が大きく分厚く下唇が突き出る
ピンヒールがブレインジャックすると 頬の肉が斜めに盛り上がり目が小さく細くなる 流動食を食べることができない クシャおじさん顔になっている
ブレインジャックされていることは疑う余地がないのに 私が病室に行くとわからない言葉を話す芝居をする
大声で唸っているときは阻止した 
以来その病棟では他の患者さんの唸り声は聞こえなくなった
正月 孫ひ孫が来た時には 母をブレインジャックする加害者と 
姉をブレインジャックした加害者が一緒に楽しく歓談していた 勝手なものだ

人を殺す目に合わせている加害者に付き合う度量は 私にはない
「鏡を見たほうが良い 怪物みたいだ」 「入院中にどうして日焼けするの? シミが大変多くできている」 「どうして濁声になったの?」 「今日は顔が大きいね」

日当たりのよい病室にいるから日焼けしたと 筋の通らないことを宣う為に病室を変わったのではないだろうか?
繊細な看護をしてくれる大変良い病院だったのだが どういうからくりになっているのか分からない
病院全体が乗っ取られたのだろうか?
人体実験の為に
どこが得をしているのだろうか?
追記6/15:
副院長が詰め所にいた
いつもより背が高く太い 
詰め所を出たり入ったり ウロウロして業務をしていない ブレインジャックしているのは大きな女と推定
何のためにしているかは理解不能

固定電話も操作されている?   [記事番号 364]

固定電話に 知人の着信履歴があったので架電すると 履歴が残る期間に電話していないとのことだった
携帯電話の着信履歴を操作することができる方法を使えるのかもしれない
固定電話も操作されている可能性がある
固定電話の着信先を加害組織に作ることができるならば
機械音による酷似の声は 作ることはできるので
着信先で 加害者(人工知能?機械?)が会話することは 被害者を思考盗聴することにより容易であると思われる
ただ 話している相手が本人でない場合は 切電後に違和感が残る 
話の筋が合わない・相手が同じことを繰り返し話している・話し言葉に方言(クライアントの居住地のもの)が出る事などがある
ブレインジャックされている人と話している時と同様である
調べる方法はあるだろうか

偽太陽光=電磁波照射    [記事番号 363]

電磁波照射を太陽光や電気照明に見せかける記事
遮光カーテンやアルミ圧着シート・素肌を露出しない等 影を作り少しでも身体が楽になる方法をとる方が良いと思われる
この犯罪を知らない一般の方が 「太陽光が眩しく体が熱くなっている」 「5分間日差しを浴びると2時間頭がぼうっとしていた」 「昼寝をするようになった」 と話しているのを聞くと 電磁波照射されているのを感じる
一刻も早くこの犯罪の撲滅全廃を切望している

数日雨が続いた後の太陽光は大変強くなっている
本物かどうかは定かではない
実際の太陽光に電磁波照射を加えている場合がある 肌に刺激を感じる 体調が悪くなる
日没の1時間前に 20m離れたところの自動販売機から太陽光の照り返しを強く感じた 自販機の下部に周囲がぼやけた丸い白い光が見えている
反射角度が出鱈目だ
太陽がどこにあっても 反射していることにしている
朝日が当たらない隣家の壁(東側)から太陽光が出ているように見せている 一日中(太陽が南にあっても西にあっても)反射していることにしている 
どこから太陽が当たっているかなど 加害組織には関係なさそうだ
低AI? 嘘をつきとおすと道理が引っ込む? 被害者を認知症様にするのはこの為?

室内照明・街灯などにも 電磁波照射をさせることができるようだ
実際に電磁波照射している場合と 
他の場所から電気器具にポイントを合わせて電磁波が出ているように見せかけている場合とがある 視点をずらすと電気器具のない場所で光っている

地球温暖化に関係の有無は?

選挙運動の加害マニュアル      [記事番号 359]

被害者が加害組織と確信している 加害組織せいとうの選挙宣伝カーが近くに来たときは 遠ざかるほうが賢明だ
・徐行選挙宣伝中も電磁波攻撃している
・一時停車しているときはその近隣に被害者がいる確率が高い
・思考盗聴
・宣伝カー内のマイクを持つ女性に脳内送信で話させる(周辺の人の思考盗聴を参考にして好感度アップの内容を話す)
・スピーカー用にバッテリーを積んでいると思われるので 電磁波攻撃は強く遠くまで届くことになる

事例
・総合病院前の交差点で 選挙期間前にマイク操作を誤ったと思わせる雑音の大音響で電磁波攻撃をした
 選挙期間にその車を使用した候補者は落選し 翌年選挙宣伝カーを変えた立候補者は当選した
・後ろから来た宣伝カーのマイクを持つ女性が思考盗聴して呼応する言葉を話した
・後ろをついてきた宣伝カーから強い電磁波照射をされた
・道を間違えて出くわした宣伝カーのドライバーは髭面だった ニヤッと笑い下り坂を先に行った
・公共施設にいるとき強い電磁波攻撃を感じたので場所を移動すると 建物の外に選挙宣伝カーと応援要員乗車の車が停車していた 間も無く発進したが 施設近辺を周回していた 4度見かけた

付録
・加害者間で脳内通信している (「携帯電話がなくても通信できる日が来るだろう」)
・試食販売員が 脳内送信を受けて客に話している (販売員に自覚があるかどうかは不明)

偽 認知症                [記事番号 346]

認知症の作り方
ブレインジャックによる頭の乗っ取り+記憶を消す+探し物を見えなくする=認知症を疑い 受診すると 薬剤により 本物の認知症になる?

父の辿った途がこの方法だったと思われる
脳の萎縮はあった 24時間365日電磁波照射を受けていると 脳が委縮するのだろうか?筋肉の萎縮は経験している
(ブレインジャックされている人の毛髪がバリバリに硬くなった 元はサラサラ細くしなやかだった これも同様だと思うが犯人に問い質したい)

【認知症を疑わせる ブレインジャックによる頭の乗っ取りについて】
何かをしようとしてその場所へ移動する そこでブレインジャックされると何をしようとしたかわからなくなる 若しくは自分がそこにいる理由が分からない
繰り返すと 傍から見れば 認知症の始まりだと思うだろう
「ブレインジャック」というものがあると知っていれば 加害者による犯罪であると理解できる

【記憶の消去】
現在進行形の記憶の消去をされる事は度々ある
上記同様に 加害者が「記憶の消去」をすると知っていれば 記憶を消されたと理解できる
元 信者さんから教えていただいた

【探し物を見えなくする】
被害者が よくされる犯罪行為であろう
同じ場所を何度か探して 後にその場所にあった経験を何度もしている

【記憶の勘違い】
思考操作により 記憶違いをさせられることがよくある
潜入観念を捨てて 探し物をすると 早く見つけることができる

関連したことで疑念を抱いている 疑心暗鬼になっているかもしれないが 被害者として想像しうること 
数年前から 「認知症の早期発見」の 政府広報を見かける
早期発見早期治療は 認知症予防に繋がるのか?
上記記載の認知症を作られているときに 被害者の認識がない人ならば受診するだろう 予診の段階で認知症にされるのではないだろうか? その診療機関に加害者がいればどうなるか想像できる

加害証拠の隠蔽と消滅ができる 

組み合わせ              [記事番号 296]

・電磁波照射の加害行為の組み合わせ 
・ブレインジャックの組み合わせ 
・認知症に思わせる方法
以上の組み合わせを考えた

電磁波照射の加害行為の組み合わせを考えた
・痛みと症状を組み合わせている 例えば激痛の腰痛を引き起こせる タイミングがずれることがあったので組み合わせと思われる
・音の脳内送信と現象を組み合わせている 例えば蚊の飛ぶ音+電磁波照射=広範な発赤と痒み若しくは痛み
(痒みと痛みとは似ている)
・加害行為を二通り組み合わせる 例えば後ろから押す加害行為(又は躓いたと思わせる行為)+足を動かさない加害行為=飛ぶように転ぶ 
・加害者が二人いればブレインジャックを使うと4通りの人がいることになる 実際に3通り見せられた

以下は可能性を考えた
米デューク大学のアカゲザルを三匹繋いでの実験を 被害者一人+加害者三人で行ったとすると 偶然タイムリー(この犯罪によくあること)に片腕若しくは片足を各人が重ならないよう挙げると被害者が四肢を一斉に上げたことになる?
(HPでは 実験はサルがロボットを動かすところまで進化している)

以下は脳の切り替えを考えた
「認知症に思わせる為 加害者から記憶を消されている」と教えて頂いた
記憶を消されていると感じていた その時に思い出さなくとも 後で思い出すこともあった
現在実際にされている加害行為を考えてみると
被害者の脳を加害者が勝手に繋いでいる(上記アカゲザルの実験と同じ方法? 若しくは電磁波照射されているから脳内送信や思考盗聴ができる?残念ながら加害行為の方法は不明)
被害者が自分の行為の記憶がないときは加害者の仕業である 
方法は被害者が記憶する時に加害者の脳と切り替えているのではないかと思われる
最近の加害行為をそのように感じるが どうだろう?

ブレインジャックされた(頭と身体を乗っ取られた状態)被害者一人をブレインジャックする加害者が複数いる 加害者の夫々の個性が出るので多重人格のようになる ブレインジャックされている被害者の意識は一切ない
被害者を加害者二人が同時にブレインジャックすると加害者二人の人格が重なるのでメリットがあるようだ 二人の組み合わせを変えるとブレインジャックされた被害者の人格が変わって見える
実際にNu‐Kaは80歳代 脳卒中の後遺症で右半身不随 一人でブレインジャックすると左右に揺れて前に僅かに進むが サポートする孫と一緒にブレインジャックすると不自由がなさそうだ

不思議な出来事    [記事番号 109]

一昨年4月初旬の夜7時頃 
自宅向かいの家の後の山裾の竹藪がオレンジ色のグラデーションで揺れています 
横幅数メートル高さ2メートル弱の屏風のようで 火事だと思うのですが、違和感がありました 
消防の方による消火活動の途中は大きく炎が噴き出し 隣家の家まで迫っているようでしたが 無事に鎮火してよかったと思っていました
違和感に気付きました
屏風のように見えたのは 炎の先がなかった事
焼け焦げた臭いがしなかった事 
炎が噴き出していた場所に 焼け焦げの跡や 煤が一切なかったこと 炎の熱を感じなかった事
消火途中で「子供が犯人だ」という人がいた事
パジャマ姿で腕組みをしてみていた人
近隣に火事を知らせたが夫々の家に数分かかった事
翌日 隣のおばあさんが 私が犯人だと近所の人に吹聴していた事

操られた息子が 夫と私を同時に投げ倒したことを 数ヵ月後に 
「あの時は怪我をしなかっただろう」と自慢気に言っていたことと共通するものがあります
私は縁台から2度落ちた事があるが 怪我をしなかったのも共通しています
(二次的な体調不良はありました)






プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR