FC2ブログ

(固定記事3/4) この犯罪の全廃を一刻も早くと願う                       No. 349

集団ストーカーに次いで テクノロジー犯罪を認知した頃 某ブログにて
『某会員は 被害者&加害者&被害者であり加害者である人 の3タイプに分けられる』 という記事を拝見した
以来 4年経過する間に同じことを実感した
最近気になっているのは 集団ストーカーに固執している記事が多いように思うこと  
自身の経過経緯はテクノロジー犯罪の方が遥かに長い 知らない間に
テクノロジー犯罪=電磁波照射されていた+盗聴もされていた+たぶん全てを見られていた+思考操作・感情操作+病気にされる+ガンにされてころされる+人体実験・・・
振り返ってわかる確かな電磁波攻撃期間は30余年間 
もしかすると小児期からあったと思われることもある
集団ストーカーに気づいたのはテクノロジー犯罪を知らされる3年位前と期間は比較的短い
長い期間 電磁波照射されていた 更に 集団ストーカーされるようになった理由は何か? 
被害者と知らしめるため?

続きを読む

スポンサーサイト



客が増える原理               No.857

集団ストーカーに気付いた初期の頃
どこに行っても 周辺に 見知らぬ人が増えたことで余計に不安感が大きくなった経験がある
『幻視+脳内送信+人のいる感覚挿入』 だったと思われる
なぜそう思うかは 「推して知るべし」 
今までの経験上 本日の事例は大変分かり易かった

以下は詳細
加害攻撃が酷いので 
コーヒーを飲みながら読書できる店に行くと
昼時にも拘らず
空席だった店内に 客が入り 聞こえてくる大きな話し声が順次変わってゆく
コーナーの席に座ったので 店内の様子は視界に入らない 音のみ聞こえる
・同時に入店した 顔色の悪い男3人の会話が大音量で聞こえる
=実際の会話+増幅した脳内送信
・真後ろで 加害●お決まりの 咳払いが何度も大きく聞こえる
=脳内送信のみ 実物はいない
・Nu‐Ka地域の方言を話すおばあさんの声が聞こえた
・店側の 氷を入れる音が 増幅して聞こえてくる
店を出るとき 店内に客がまんべんなく着席している
何度か見たことのある顔がこちらを見ている
幻視はどのくらいいるのだろう?
チラ見だけで十分

スーパーに寄ると 向かいの妻が前をウロチョロしていたが
幻視である
帰宅 駐車場から出ると 向かいの車が入庫するのを見せられた
後をつけていたと思わせるためのタイミングだろう

ムシ=何も思わないことが肝要である
新たにつけられたひっかき傷等がその証左だろう
加害●にある権利・資格は 行った加害行為を返されて受け取ること 捕まること 撲滅されることであると私は思っている

誘い水は無視                No.848

車のナンバーを見ながら入力し 出てくる情報を読んでいる光景をよく見かける
書き込むと末端加害者のメリットになるのだろうかと訝るが 加害者に訊いてみたいと思う

自作自演の加害行為は 経験していることであり 元信者さんからも聞いたことがある
「元夫から長い棒を渡され 天井を突くように命令された
上階からの音に対抗するためだった」
それが 実際の嫌がらせ行為だったか 脳内送信の音だったかは定かではないが 
近隣とのトラブルを画策した行為だったことは確かであろう
(画策したのが 近隣 又は夫の違いがあっても 加害者組織に変わりはない)

稀に 疑心暗鬼の場合もあるかも知れないが
自作自演を画策されたケースと考えられる事柄を記載する
初めての店舗で注文したものを持ってきてくれたが
コーヒーが皿に零れたので取り変えると 聞こえた
皿の窪みをたっぷり満たしていた
支障はないので そのまま頂いた
会計の時に 再び誤ってくれたが
ブラックでいい旨を伝えていればよかったことを 詫びた
ん~どちらかな?とは思うが 
ここは 加害車両ナンバーが駐車していることがあるので
遠慮してよかったと思っている

加害者が親切を装って 誘い水を向けるときは
それを 無視しなければ はめられると 実感することがあった

筋の通らない主張              No.847

10年前 テクノロジー犯罪を知らなった頃のこと
確定したことを夫に話したとき 「それではない」 にやけた顔で返事が返ってきた
夫の実家に転居後 筋が通らないことを主張すると感じることがあった
Nu‐Kaがブレインジャックしていた為だったと 被害者になった経験から 振り返ると理解できることがある

今回 役所で席をはずしていた職員が 着席と同時に 別の病名を言った
「○○○○ではないのですか?」
病気の説明をしたが
後で考えると 職員はそのような押し付けた誘導はしないのではないだろうか?
脳内送信だった可能性がある
もしくは 加害者が操っていた可能性も考えられる
被害者はいつも加害者に見張られ 加害行為をされている

はめようとしたのかな?           No.843

車のナンバーを見ながらスマホに入力し 
出てくる情報を読んでいる光景をよく見かける
書き込むと末端加害者のメリットになるのか 加害者に訊いてみたいと思う
加害者に対価があるなら ころしたひとや ころすめに合わせた人たちから奪ったものであろうと推測する

自作自演の加害行為は 経験したことであり 元信者さんからも聞いたことがある
それは 元夫から長い棒を渡され 天井を突くように命令された
上階からの音に対抗するためだったそうだが
それが 実際の嫌がらせ行為だったか 脳内送信だったかは 話の中には出てこなかった
脳内送信について ほとんど知らない時期だった

確かに稀に 疑心暗鬼もあるかも知れないが
自作自演を画策されたケースと思われる事柄を記載する
初めての店舗でコーヒーを注文
持ってきてくれたが
コーヒーが皿に零れたので 取り替えると言う
皿中央の窪みをたっぷり埋めていた
支障はないので そのまま頂いた
会計の時に 丁寧に詫びてくれたが
ブラックでいい旨を伝えていればよかったことを 詫びた
ん~どちらかな?とは思う部分はあるが
普通の会話を 加害者側のストーリー展開することは容易であるし
加害者は嘘が大得意である 
この店舗は 加害車両ナンバーが駐車していることが多々あるので
遠慮してよかったと思っている
加害者は「無いこと無いこと」をストーリー展開して 被害者を嵌める
蟻地獄の犯罪組織である

いつも自作自演               No.842

テクノロジー犯罪は 加害者が一方的に自作自演の加害行為をしている犯罪である と私は理解している
被害者は 加害者の作った嘘と虚構のストーリー展開により 加害行為を受けて苦しめられている

●夏祭りを楽しんだ帰り 転ばされた
左右の足が 互いに引っかかって 躓いて転んだと感じさせられた
道路に打ち付けられたような強い衝撃があった
2~3秒後に かなり後ろから声がかかった
素早く横に来て 
「大丈夫?」という声は男のようなおばあさんの声
腕をつかまれ 片腕を少し上げた状態になった
枯れた木肌のような太いごつい手指だったが 力はなかった
てをつかまれているので すぐには起きあがれず
起き上がるのに時間がかかった =地面に倒れたまま時間が経った 
「ここ 段差があるから」 と嘯く声は すぐに遠くへ行った

全ては 脳内送信と幻視だったと思われる 
被っている帽子は 以前 車間が無いところにいきなり切り込んできた車のドライバーが被っていたのと同じもの 同じ被り方だった 
腕を上げたのは つかまれたからではなく 腕を操作されたのが実際だったと思われる

毎回 躓くものはなく 躓いてなどいない 
足を操作され 後ろから突き倒す勢いで転ばされた
その都度何に躓いたのか 虚構のストーリーを脳内送信してくる 
転ばされた回数は数えきれない そして
転んだ時に打った部位を継続して攻撃してくる
目的は身体を壊すこと
非道

大雨の音に負けないセミの鳴き声     No.840

台風の影響の土砂降りの雨の音にも負けないセミの鳴き声
(機械音 セミの種類不明 耳から聞こえている)が鳴り続けていた
秋の虫の音も混じっていた
日本の習慣がわからないのか
未発達のAIなのか
嘘のみ刷り込まれているのか
さっしょう行為と 嫌がらせ行為のみ行っているので 常識がわからないのか?

「○○でん」 真新しい塗装のクレーン付きの車が数台連なって仕事をした範囲は
セミ・秋の虫の音・鳥の鳴き声が絶えず大きく聞こえ続けている
頭の中では 電磁波照射の音が聞こえ続けている
この電磁波が何をしているかは 不明であるが
被害者が 何かをされていることには間違いない

ブレインジャックされている方の家のコロニーができている
早期 撲滅・終息・被害者救済を記念している

脳内送信の嘘を信じていた          No.838

嘘を聞かされていたことを 3年後に知った
市役所でのこと
カウンターを挟んで 職員の方と話していた最後に聞こえた言葉を疑うことなく 
普通に聞こえた言葉として記憶していたが
3年後に それが嘘であったことが分かった
『職員の声を機械音声でつくり
脳内送信されていた』 という方法であろう
脳内送信を普通に使う テクノロジー犯罪では容易いことと思われる

被害者は気をつけねばならない
一般の方も 同様である
(この手法を使い あらゆる場面で 仲違いさせていると想像する)
加害組織は 理不尽 人間性がない 残虐非道
どんな言葉でも言い表すことができない

新聞広告と加害攻撃             No.833

新聞広告掲載の通販の商品が 現在被害にあっている症状に合致することが多い
・皮膚症状
・身体のある部位の痛みを軽減する為のグッズや 漢方薬風
・高額の読書用ライト
偶然とは思えないタイミング
加害者のおすすめ商品=誘導する商品であれば
薬剤系は 信用に値する商品か疑問を持つ
そして 私だけではなくて 少なくともその地域で複数の方が被害にあっている可能性を想像する
なかには 同じ広告が繰り返し掲載されている
人物写真がついていて 不快感をを抱くものもある

詐欺行為と共に 騙される人が皆無であることを願う 

気付くと話していた             No.828

【ブレインジャック犯=加害者の証拠】
・自分自身の意志で話しだしたのではない
・「朝刊配達のバイクが家の前を掘っている」と断定
・軽自動車のことを大きな車と表現 
・「上記車が 塀の角を傷つけた」と断定
・「古い家は 自然に壁に小さな穴が多数できる」
・妻の顔は中国人を装った男の顔に酷似していた
 夫は体格が大きくなっていた 顔も大きい
・「路地に石は敷かれていなかった」
・「自分の家の前だけ草引きしている」 根本的な事情を知らない
・草引きを数回お願いしたが 「聞いたことがない」と言った
・「来る以前のことをあんたは知らない!」と断定 ブレインジャック犯は事情を知らない

【詳細】
気付くと話していた 口調は加害者得意の「怒」が少々 
気付いた後も 話し続けた
被害者をブレインジャックして 虚構のストーリー展開を画策したと推測する以外ない

路地に敷いていた石がなくなり 向かいの塀の際に20cmほどの高さに積み上げられていた 
状況判断から路地の石をかき集め 積んだものと推測する
わずかに残っていた小石がなくなり 土が露出しているところがあるのが目に入った
路地に小石があったことは 小石が邪魔になり サニーウォーカーが役立たなかった それが証明している
説明するが 加害者が知らないことは なかったことになるらしく 
それに対する返事は 私が住むようになるまでのことを 「あんたは知らない」 と何度も繰り返した
事情を知らない加害者がよく使うマニュアルである
加害者自身が話すことは すべて事実になると思っているらしい


「軽自動車」のことを「大きな車」と表現するのも解せない 大きな車について訪ねると 時々入ってくる軽自動車のことだとわかった
実際に見たことのない車の イメージ送信があった若しくは 映像を見せられたと想像することもできる
そしてその車が塀を傷つけたと断定する根拠はない 見ていたのであれば その場で話し合っているであろう
自作自演の 電磁波照射で破壊することなど簡単にできる
(玄関横にある給湯器を2度 壊された)
ヘルパーや 弁当配達の車が 稀に入っているのを見たことがある 塀の角を欠いた可能性はこちらのほうがありそうだ)
車が当たらずとも傷つけることができることを話し 我が家の壁に小さな穴があけられていることを話すと 
「古い家は壁に穴が開くのは自然だ」と言った
なんとなく感覚が違っていると感じた
根拠のない思い付きを話すマニュアル

石がなくなり草が生えているので 草引きをお願いすると 「自分の家の前だけ引いている」と わずかな草を引く
数回お願いしたことがあるというと 「聞いたことがない」という
ブレインジャック犯は何人か交代する 
今回 妻をブレインジャックする特徴は 初めて見る
以前図書館で中国人風を演じた男に似ていた
夫は 前半だけで 姿を消した
妻役が 家の中に入った

それ以降の電磁波照射は 皮膚が膨らむ痛みを伴った攻撃が継続
被害者に 攻撃を受ける資格 義務はない
加害者に 攻撃する 資格 権利はない
被害者に寄生するさつじんき せいしんいじょうしゃである

ブレインジャックする加害者は 被害者のことを知らない
もしかしたら お国柄が違う加害者がいるかもしれない
全てが大嘘で加害差に都合のよいストーリーをでっちあげる
虚を実にするために  押しつけがましい言葉を吐く
「一緒にいたのは高校の時までだ そうだろう!」 
以前ブレインジャック犯が言った 理解不能だった言葉である

虚構のストーリー?             No.824

加害組織のクライアントは 居丈高にすることに喜びを感じているようだ
医療関係の方をブレインジャックして 患者さんの名前を呼ぶだけで嬉しそう 

ドン!!!
車とバイクとがぶつかった音と同じ音だった
内心 「またやっている」 と思った

中学生(高校生)の自転車二人乗りが 二組交差点を渡ったところに
軽トラックがやってきた
見ていると
「ドン!!!」 大きな音がした
軽トラはバックして ドライバーが出た
学生は 首を垂れて謝っている
行き違ったときは大金体格だったが 首を垂れ続けている男の子は 大変小さくなっていた
ドライバーはすんなり車に乗り 交差点を渡って横を通過
小さな男だった

『音+衝撃』 を 学生に与えたのかもしれない
学生がブレインジャックされていたのかもしれない
原子の可能性もある

人に偉そうにすると満足そうにする姿をまた見せられた
●●●●● 
加害組織の特徴だろうか?

違和感のある歯科医院           No.822 

差し歯が外れた
4回目故 テクノロジー犯罪の技術で操作できると断定できる 
どこに行っても加害者がブレインジャックするので
行き当たった歯科に入った

【経緯】
治療室からおばあさんの声と医師の声が聞こえる
「今日は料金はいりませんから 入れ歯の様子を見ていてください」
待合室にいた若い男が治療室に入った
数分後 呼ばれて入ると 若い男は口を開いている
今まで使っていた義歯を 「削って調整する」 と言って 削る音が聞こえた
つけてくれたことは 一安心

二日後に来るように言うので行くと 保険証の確認だけだった
「入れ歯は 様子を見るように言ったでしょ!」
金具の破損を直していただきたい
「治せるか つくりかえになるかわかりませんが」
予約は 翌週月曜日とのことで予約したが 
すべてに違和感があり
当日 予約の数時間前に歯科を訪れ 声をかけたが出てこなかったので 断りのメモを置いた

【違和感】
・歯科治療室の特有の臭いがしなかった
・若い男を治療する音が聞こえなかった 
・幼児が 「先生 ごちそうさま」
 「食べたらすぐに歯磨き」
 「歯がグラグラしてる」 
 生え変わり時期は6歳から
・今まで使っていた差し歯が外れたものを削る理由がわからない 接着だけでよいのでは?
 実際に削られていて 食物が挟まるようになった
・入れ歯は 先のおばあさんと勘違いしているだけではなく 治療したくないようだった
・普通の家を改築して治療室を造っている 歯科用の椅子などは大変古い 

【感想】
・歯科を利用した詐欺かと訝しく思った
・患者は 騙す役割のように感じた
・医師の頭髪の量は薄いが 「真っ白」 と 「黒」 に変わったので テクノロジー犯罪かもしれないが
それとは異なる 詐欺集団もありうると感じたので 継続することは憚られた

よくある営業車もどき            No.821 

新たな電磁波照射の音が唸りだす
アイドリングしている音がするので 小路を歩き出すと大きな声が聞こえた
「○○さん」
「???へ置いておけばいいですね~」
ワンボックスの軽自動車に乗り込む男が見えた
青と白の縞模様の服が見えた
髪型は クリクリヘアが少し伸びた感じだった
座った様子から背丈は高そうだった
交差点で譲り合う車が多い中(電磁波照射する時間が長くなる) 
その車は見えなくなっていた
逃げ足は素早い
なんたって 「証拠がない」 Oo母親が面と向かって言った言葉である

よくある営業車からの電磁波照射
・赤いワンボックス軽自動車
・黒い小動物がマスコット 
・青いワンボックス軽自動車

エスカレート                No.800

新聞配達 郵便配達の配達時刻が1時間以上遅れていたが
以前の時刻の時がある
久々に現れた郵便配達のバイクと制服は本物らしいが 配達する人の雰囲気は仕事をしているそれではない
ニンマリ笑っている 面白いらしい 体全体が弛緩している 

・新聞折り込み広告の中で 大型スーパーのチラシの特定日のみ入っていない
・配達日指定のメール便の 出荷日や受付日が 著しく異なる
 加害者は 同時にパソコンを閲覧 邪魔しているため 届いた確認メールを悪用している可能性がある
 電話で確認したが 応対するのは 詐欺集団の電話のように 加害組織の女だった 
 話の内容に違和感がある

・固定電話・携帯電話が繋がらない
 メール ショートメールが 送信失敗を繰り返す
 繋がったときは 機械音声が応答している感がある

画  策                 No.783

この犯罪を 是非知っていただきたいと思うこと
加害者は 大ウソをつき 虚構のストーリー展開により
何でもやりたい放題 跳梁跋扈している
人間性皆無であるとしか思えない

例:
人と人とのつながり・仲を裂く方法 
 思考操作
 ブレインジャック
 虚偽内容の脳内音声送信

交通事故を起こす 交通違反を画策
 音+感覚+思考挿入(思わせる)+電磁波照射により車の破損と 人に傷をつくる
 (交通違反を画策した時の罰金は 国庫に入っているのか疑問を持つ)

集団ストーカー
 幻視
 ほのめかし(・大勢で付きまとい個人情報を調べる ・ごみの回収とばら撒きも行う)

夜中の蚊
 音声送信+皮膚への電磁波照射による発赤+痒み

声が出ない
 喉への電磁波照射

身体のある部分を正常でなくする (強い電磁波照射が継続)
 タイミングよく新聞広告に 
 上記の疾病名を記載し 
 「効能がある薬?」の宣伝・販売をする
 騙されないでいただきたいと切に願う

季節の鳴き声(鶯などの鳥の囀り セミや秋の虫の音 カエルの鳴き声 等)
 機械音声を流す=電磁波照射が始まる 
 (・電磁波照射の音を消している? ・条件反射を作る?

過去記事より 一部を列記した
騙されないように 嵌められないようにするために 
この犯罪を知っていただきたく思う

そして 一刻も早い
撲滅・終息と 被害者救済を祈念している

院長を利用した威嚇のストーリー?     No.761

母が入院する病棟で 幻視を利用したストーリー展開

母の耳元でささやく声が 看護師に聞こえているらしい
想像できる方法は数種類ある
今回は 院長の幻視を利用して 画策した模様
他の詰所にいる院長を見せるための幻視も用意していた
看護師たちは挨拶してくださったが 
興味津々の目で私の顔を覗き込んでいる
幻視もしくは 大きな男がブレインジャックしている 院長らしくない大きな男とすれ違っただけで
何もなかった結末だった

他の詰め所にいる院長を見せた方法について記載
病院玄関内で バケツと雑巾を持った70歳代の女が話しながら 私の行く先を歩いて行く
エレベーター前でウロウロしていたが 私の到着と共にエレベーターに乗り込む
私は当然遠慮した
流石に 幻視と断言できるものへの気遣いは無用と思われる
EVは2階で停まり 間をおいてから降りてきた
ドアが開くと先ほどの老女が顔を出し 「奥さん乗らないの?」 声をかけてくる
無視

次にドアが開いた時に乗ると 親子が乗ってきて降りたとき 院長が詰め所内に見えた
下を向いて一瞬みただけ故 特徴のメガネと髪型を見ただけだった

想像することさえ怖い状況である

よくすれ違うミニパトカー         No.753

同じナンバーのミニパトカーと最近よく遭遇する
遭遇するタイミングがベストなので 幻視と思われる
パトカーと遭遇させるということは
加害者が 怖いのだろうと推察する

「9676」 とよくすれ違う
●派出所の数十メートル手前に 一見警察官風の制服・活動服を着た 細い男が下向きで 直立不動の姿勢をしているのを見せられた
派出所には ミニパトカーが駐車している
同じ制服・制帽の男3人が 直立不動で 腰をくっつけるように立っていた
腰をくっつけるのは 加害者の習慣のようで 何度も見た
4人とも 同じ人物のように見えた 背丈175cm位 痩躯 直立不動の姿勢等 全て同じで動きがなかった
ここで見た 警察官の制服と活動帽には なんとなく違和感があったが 一瞬見せられただけ故 判断はできない
本物を注視して見た事もない 

●図書館の駐車場に上記ミニパトカーが駐車していた
近隣から戻ってきた警察官風の男二人は すぐに乗車し出て行った

●上記駐車場で パトカーからのマイク音声が聞こえたが (たぶん「そこの車止まりなさい」という決まり文句) 
実物は見えなかった サイレンもならなかった
脳内送信の可能性が大である

●スーパー内の道路で2度も目の前を走行した
付いて行ってみたいと思った

●上記記事を投稿した数日後のこと
アイドリング車が継続的に駐車しているバス停がある
その直前に 「9676」を中央に 前に白い覆面パトカー(赤いパトランプが載っている)
後ろに 黒バイのように荷台に大きな箱を積んだ全体がベージュのバイク
隙間なく3台並んでいた
人影はない
印象は 警察が何かの用事で 停車していると感じるが
警察車両も 駐禁場所に停車できないのではないだろうか?
そして 黒バイではなく ベージュのバイクが並んでいることで 加害組織のものと想像できる
極めつけは
交差点手前に 青い車が停車している(左右確認して進めない? 故意に停車している? 走行する車はなかった)
そこに無理やり パトカーが右折してきたような動きが見えたので 
(この動きが幻視と断定できる 青い車のすぐ前=反対車線から右折した動きになっていた)
駐車場から出しかけた車をすぐに中に入れて
パトカーが過ぎるのを待っていると 運転席(クリアーに見えた)の警察官が軽く頭を下げた
助手席は全く見えない
再び車を出していると パトカーが見えないと思うと その先に現れ 動いていなかった
結果として 
覆面パトカーのナンバーを見なかったのは 思考操作された感がある
「9576」の行為が本物であると思わせるストーリーの可能性が高いと感じる

得意満面の幻視               No.706

タイミングよく 先に見える交差点の右側からパトカー(幅広い赤いケースの中で2個の赤色灯が回転状態)が来て 右折 50m直進 右折した
右折の時 細い道に入るようなハンドル操作で車体が動いたように見えたが 最後は 映像が一瞬消えた後 つなぎ合わされたように車体がダブって見えた
4年前狭い交差点で 白バイが横倒しになる直前まで車体を倒して 「8」の字を何度も描いていた時と同じ印象だった
「これみよがし」 「ドヤ顔」 を車体が表現していた

勿論 幻視
人の脳を勝手に弄んでいる
精神異常組織である

疑心暗鬼                  No.704

久し振りの知人から着信履歴があったので折り返しの電話をした
以外にも 難無くつながった
以前と同様の会話を楽しめたが
二つ不思議に思ったことがある

ひとつは 私が電話をする前に 間違い電話があったので 私が掛けたかもしれないと思ったそうだ
電話は基本的に乗っ取られているので
着信履歴に気づいたときに
加害組織から まず電話がかけられた可能性を考えられる
TVアニメの「名探偵コナン」 のように 機器を通して 本物の声と同じ声で喋ることができると感じている
他方は消費税について知らなかったこと
同年代の主婦なので知らないのは不思議である
聞かれたので 答えている自分がいる
忘れたといえばいいのもを 加害者にいつも喋らされている感がある
疑心暗鬼になるのは 被害者なら当然のことと思われるが
この電話自体に 何らかの意図があるのかとも ふと思う
電話の相手が 加害者でなく ブレインジャックされていなくても
加害者に意図があれば誰でも思考操作して 電話をかけさせることは いとも容易いことのように思われる
思考操作があること自体 加害者や 被害者以外に知る人はいないこともあるが
それほど自然に 思考を挿入してくる怖い犯罪である
一刻も早く 終息・撲滅・被害者救済を祈念している

制服が違っている              No.695

洗濯物を干しているとき ヘルメットと作業着姿の男が 自宅の前で何かを書いているので声をかけた
「○○電力です」 
「電柱にひびが入っているため交換するので 電線が伸びている場所を調べている」 とのこと
この容姿と眼鏡の男性は 以前 ○○電力会社もしくは 「○○でん」のヘルメットと制服を着ていた 件の電柱の前で その前の家の住人と くさい大仰な芝居をしているところを見せられたことがあった
本日の制服は ○○電力会社の制服に色は似ているが 白い帯のようなものを着用しているので 警察交通課の制服のように見えるが・・・
(前日に 駐車しているパトカーの手前で 携帯を耳に当てている姿を見せられた制服と同じだった)
いい機会なので 電柱と 電線について 疑問に思っていることを尋ねると 親切丁寧に教えてくれた
加害者は 嘘・虚構のストーリー設定が大変上手である
数時間後 「○○でん この地域の地名」が記載されている 新車のような(塗装が新しい?)クレーン車両とすれ違った 
どのようになるか???

「相談したいことがある」          No.688

マニュアルを複数取り入れた 被害者を嵌めるストーリー展開 と思われることがあった
①「相談したいことがある」 大仰な話しかけは マニュアルの言葉のようだ
②被害者を立ち去らせ 被害者が「怒」であるとの嘘のストーリー展開を画策して 被害者を貶める行為

病院の予約を取ろうと電話すると 加害者の話し方だったので諦めた
(・筋が通らない ・大仰である ・話す人が交代する ・上から目線の話し方 =周知されている詐欺の特徴に似ている) 
数か月後 病院予約コーナーを訪れて 同じ話をすると 大仰なしぐさで架電し 「相談したいことがある」と話し出した
(※3年ほど前 ニセ姉に電話がかかってきて同じセリフを聞いた 
相談内容が変わり ニセ姉が相談をはじめると それまで下手だった相手の口調が 上から目線の口調に変わった)
予約担当者は 大きな女の特徴があった (大きな顔・アーモンド形の大きな目・突き刺すような眼差し・大仰な仕草)
そして 瞳孔が開いているような瞳

担当医が外出中 連絡が取れないので電話番号を聞きたい 結果を連絡するといわれた
(※これは 以前郵便の誤配があったときに郵便局を訪れて 訊いたことがあった 
この時と同じ対応だった この時は小さな男だった
帰宅して電話を待つ必要を感じなかったので その場で待っていると 担当者が平身低頭でやってきた 
同じ質問をする私に 職員の顔の表情には ?マークがついていた
想像するに 被害者を陥れるマニュアルの可能性があると思われた)

当日最終時刻に再度訪れると 予約担当者は普通の人だった
状況から予約を入れることができるからと 予約票を渡してくれた
加害者が 嘘のストーリー展開をしなければ 簡単に済む話である
どんな場面でも 加害者は担当者や有資格者をブレインジャックして 
嘘のストーリー展開をする 酷い行為である

続きを読む

犯罪に便利な幻視             No.670

幻視を利用した加害行為を列挙

・被害者と知る前には見たことのなかった風貌の人物が次々と現れ ストーカー行為をする
・使おうと思っているものを手に取ると 小動物の排泄物が付着している
・室温15度以下の部屋で 蚊が活発に飛んでいる
たたくと落ちたがすぐに 復活し羽をバタバタさせた後 活発に飛び回った 
ある時は 本物のように落下した蚊を紙でつまむと ゴム製品のような硬さと見えていた以上の大きさがあった
・洗濯する衣類に汚れがないか見ていると それまでなかった汚れが見えた (ブレインジャックしている加害者に魅せられた)
・脳内送信で声をかけてくる 見た瞬間幻視と思っても 思考操作 操られ ストーリー展開に付き合わされる 周囲にいる人から見れば 「精神異常」と見えるだろう 実際に精神異常は 加害組織である 

上記は全て幻視である
加害者の好きなマニュアル 『証拠は残らない』
学校等で 「いじめ」に使われたなら リアルな最強の手段であると想像する
そして 思考盗聴を駆使して 幻視の人物を本物の人に見せることができる
都合の悪い時は 記憶の削除ができる

以下の入力中に邪魔が入ったので 現在進行形で見張っている加害者にとって 困惑する文章である可能性があるので 文字色を変えた
幻視の回避方法は 見ないことである
幻視の操りは 被害者の『眼と反応』 であるので 無視することである
見せてきているので見てはいけない

続きを読む

でっち上げのマニュアル          No.667

下書き保存時の日時設定が
1901 年 12月14日 05時 45分 52秒 になっていた為
NO.667が消えていた
加害者が入力したのは 「1901」だけと推測できるので
早朝の5時45分52秒に私のブログを操作したことになる
法を犯していないのだろうか?

番号順になるよう日時設定する

以下本文
『ストーリーをでっちあげて PCに記録する』 方法は被害者を陥れる嫌がらせの加害マニュアルであると思われる

・某所受付で PC画面の文字を読んでいる
渡してくれる前に 大仰に目の前で確認をとるようになった
何度かあった
通常は不愉快な思いをするであろう行為

・a社
使用中の携帯電話が使用できなくなると 新たな携帯を送付してきたことがあった
初期設定?が面倒だったので 近隣のショップに行って話したところ
担当してくれた男性が どこかに電話をかけて 苦情を言ってくれた
その後 a社に行くたびに 長々とPC画面を読んだ後 態度が改まる不愉快さを味わうことになった
「個人情報保護法」 は 個人の情報を本人に見せない法律 と思う

憶 測                  No.666

被害経験と状況からの 直観と想像を膨らませた記事

・車中泊をしていた4年前のこと
広い駐車場は 3の倍数の時刻が交代時刻のようであった
駐車場に入ってきた車から降車した人が 別の車に乗車して夫々出て行く状況を見かけた
目の前に停車した車の男女の表情は 相反するものだった
30歳代と見える男は 「ではまた」と言ったような感じで降車したが 「次回はない」と 「満足している表情」に見えた
ドライバーの女性は 狐につままれたような 違和感を感じたような顔に見えた
推察は
男は加害者組織で新人発掘役 
女は初めての経験(車で走行する集団ストーカーと推測)
疑問を感じたのではないだろうか?
説明されたことと 実際に感じたことに落差があった?
直観は
男女の組み合わせと 同性二人組の組み合わせがあるようだ
理由はあるのだろうか?

・知らずに加害行為に加担させられていたかもしれないと想像したこと
数年前 息子をブレインジャックする男の目の下が黒かった
その数日前 目の周囲が殴られた後のように青く腫れ 眼は充血していた
加害行為について知らなかった男が やめることができなくて 暴力を振るわれ 薬剤を使用されたりしたのではないかと想像した 
某所の男性の目の下に黒っぽいクマがある
数人見かけた
想像が膨らむ

じえい                   No.659

TVや新聞だけでご尊顔を拝する方達の印象が違って見える
ある講演会に参加する機会を得たとき
特徴・雰囲気・話し方が違うと感じた
新聞に掲載される写真が大きく鮮明になった それについての印象が違う 大丈夫?
この犯罪はなぜか報道されない
ブレインジャックは 目の前に身体を残した○○ではないだろうか
誰もが 「ブレインジャック」 を認知する必要がある
この犯罪を周知徹底することは最大の防御になるかもしれない

そして 「じえい」することが肝要だが その方法はわからない
見知らぬ加害者が 一方的に攻撃してくる犯罪である
唯一思いつくことは 常日頃から 大事な人たちとのコミュニケーションを頻繁に行うことが大事だと思う
会えなくとも 頻繁に会話をすることは大事である
詐欺行為の顕著な例 「オレオレ」 で信じてしまうのは 疎遠になっているからではないだろうか
ブレインジャックされたときは 声室も含めて ブレインジャックする加害者の特徴が出るため 一目瞭然でわかる

放置していると 蔓延してしまう
認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念する

続きを読む

虚構のストーリーと不法侵入        No.633

1か月余前 近隣のブレインジャックされている方が 「ネズミを見た」と言った
大きな猫が我が物顔で徘徊している (ブレインジャックされているような行動をしている 顔つきも似ている)
ネズミはいるかな? 
イタチは数年前にKi電気工事店から走り出すのを見たことがあると話した
数週間後 家の中で ゴソゴソと音がする
重さが軽くないものが パッケージを踏む音がする
昨日 仏壇に供えているリンゴが 大きくかじられた跡があった 
褐変していなかったので かじってから 時間が経っていない
帰宅してから 物音はしていなかった
虚構のストーリーのでっち上げと思われる
加害者は マニュアル以外の思い付きでもストーリー展開してゆくようだ
加害者が 留守宅に不法侵入していることになる
そして窃盗?

今月初旬から 玄関の鍵の施錠・解錠が使いにくくなった 
仏間の照明器具を点灯する紐を引く回数が 5回目に点灯するという不思議なことになっている
さらに 照明の強弱が今までと反対の順番になっている
家じゅうのものが 少しずつ 少なくなっている  窃盗
当然のことだが 母や姉の物を 勝手に処分する権利は 加害者にはない
金銭を使うことも同様である
被害者は 加害者が攻撃しなければ (テクノロジー犯罪 ブレインジャック等一連の犯罪) 通常の生活を営んでいた
現在は 基本的人権がないだけでなく 身体を乗っ取られている 人生がない
認知 撲滅 終息 被害者救済を祈念している

追記は虚構のストーリーの展開

続きを読む

幻視+脳内送信              No.614

【幻視+脳内送信】
幻視の見極めができない
脳内有声送信で語りかけてくる
見ると見知らぬ人が 私のほうを向いている
条件反射のように答える自分がいる
もしかしたら ブレインジャックされて 答えさせられている可能性もある
そして 後で気づく
幻視だったと

【ブレインジャック】
ある講演会に参加した
迎える側に立っている方は初めての会う人と見えた 
すれ違いざまに声が聞こえた
「以前来た人だ」 話し方は 幼児の声と話し方だった
脳内送信だった
立ち止まって振り返ると 体格が大きくなっていた
確かに以前教えていただいた方に似ているので
会釈すると返してくれたが別人のようだった

誰をもブレインジャックできるようだ
人の脳を操る怖い犯罪を認知していただきたい
この犯罪の被害者が増えないように

加害行為の理論?             No.609

腹いせの加害行為だろうか
また事故を画策していると思われることが続いていたが  
業を煮やして他の方法・虚構のストーリー展開を考えた?
やられた 
自身の考えではない思考を目まぐるしく挿入され(ある加害者の癖?) 思考操作されて行動させられたと 後で気付いた
やられた後に 感情操作が長時間加えらた
意識しても 感情を鎮めるのは難しい

加害者に 人を攻撃する権利があるのだろうか?
犯罪に加担していることを認識すらしていない
(人間性皆無・未発達のAI?外国人?)
盗聴されている家の中で呟く 
当然 通常は聞こえるはずがのない 警察もできない盗聴をしている加害者には 電磁波使用で大きくはっきりと聞こえているのは間違いない
「加害者が大ウソを吐き 虚構のストーリーをでっちあげ 被害者をでっちあげ 組織の結束と 財力の強化を目論見 法を犯した加害行為をしている
すべての加害行為は加害者に返った 
All of the perpetrators act was returned to the perpetrators.」

TVドラマ…「必殺仕事人シリーズ」 「名探偵コナン」 「主人公の心の中を周囲の人が音声で聞くことができるドラマ」
映画・・・「エクソシスト」 「ゾンビ」
加害者の立場により加害行為が変わる (たぶん騙されて)攻撃する理由も異なり 真実をすべて知る加害者は少ないと感じる

あんた 気づいたのが悪い」 面と向かって私に言ったのは 挨拶をした時 20年間頷くだけだった近隣の人MuさんはOoの義妹
随分自分勝手な言い方だと思えるが 加害者の考え方?
何に気づいたのかを聞き忘れたので 未だにわからない
・集団ストーカーをしているところを 4年前に見かけた
・内縁の夫は 車の運転が横柄で 工作員風だった
・自宅に盗聴器があるかもしれないと思わされたとき ラジオをつけていた 昼12時に 毎日外国語放送が聞こえた 
・夜 火事を見つけて通報した 本当に消防車が来ていたのか? 車道にはいけなかったので 消防車もパトカーも私は見ていない
縦横無尽に燃え盛る火を見たが違和感があった 翌日明るい時に見ると 煤がついていない 焼け焦げた臭いがしなかった 
Nu-Ka妻が近隣の人に家事通報した者が放火犯だと話していた

テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪の撲滅・終息・被害者救済を切に祈念する

台風と停電                  No.607

台風21号の影響で停電した時に推察できたこと

停電中に外に出てみた
見える範囲が暗いなか 点在する明かりがあった

電磁波照射の関係と思われる 裸電球の色で 大変強い光がついている家がある
中には家中の電気がついている家もある
街灯はついているものとついていないものとがあった

停電数時間中の電磁波照射は継続していたが いつもに比して弱かった
電磁波が強くなったので 確認するために外に出た
ブレインジャックされた姉が 車のエンジンをつけたままで車に水をかけていた
その向かいのKi電気工事店の駐車場に入ってきた車が エンジンを切らずに降車して行ってしまった
その後 駐車場の塀の奥に電磁波照射の色の明かりが灯った 
隣の空き家でも低く大きく 唸り音がするようになった
この明かりは夜間見ることが多い
これについて 翌日我が家に産卵する屋根瓦を取りに来た男に 「自家発電か」問うた
他人事のような返事だったので 再度確認
「自家発電である」との返事だったが 
事実は違うと推測できる
この男は 地籍調査の時は雄弁だったがこの日は寡黙 日本語が話せないのだろうか? ブレインジャックしている加害者は外国人?目が細い

姉宅の隣の家の中にも 電磁波照射に関わると思われる明かりが灯った
周辺はまだ停電中である

携帯電話で写メを取り乍ら 近隣周辺を歩いてみた
向かいの駐車場と隣り合う家の70代女が近づいて来た
無視を決め込むと
その女と話していた老婆が 携帯で話す仕草をしながら近づいてきて 私の顔を凝視した
暗いので動画は取れていなかったが 電気のついている家の人と推測できる 
そこはS会のポスターを掲示している
台風が遠くなり周辺に明かりが灯りだした 交通量はまだ少ない

続きを読む

誤魔化すマニュアル             No.605

破損個所の確認と修理を急ぎたく 姉の職場を訪ねた
昼休みに話せるか 退勤後になるかを尋ねた
姉を取り囲む加害者が二人いた 一人はこの持ち場ではない

別の日 遅々として進まないため 業者の手配をしたく 業者名を聞くため もう一度訪ねた
3人が取り囲んでいた 一人は 事務員の制服を着ているが 電話で話す振りをしている外 仕事をしているのを見たことがない
(公衆浴場の幻視とその声に酷似している)
加害者が修理の名目で 壊す可能性を排除したい
台風から4日後に 業者が見に来たと声をかけられた 
夫婦 素人 70歳代 仕事をしているようには見えない
話す内容も素人
加害者が好みの履物を履いている
妻が夫に声をかけた
「滑るから危ないよ」 「そうか」 夫は裸足になって屋根に乗った
屋根に尻をつけ前進して割れた個所を見ていた
 
建築中の家が 一軒先である
さも建築関係に知り合いがいるという芝居をした 
「○○さん こっちこっち」 夫婦が大声で何度も呼びかけた
この位置から 向こうの建築現場は見えない
昨日 同じ位置に立って見ている

降りてきたところで聞いた
「初めて屋根に上がりましたか?」
「そうです」
屋根は専門の方がいいと思う
「瓦屋さんは 今忙しい」
雨漏りの心配がなければ 待つことも可能である
偽姉の言い訳は
なんでも屋さんである 波板も直さないといけないから」
「そう 何でも屋」夫婦が言った
後で気づいたが 姉からショートメールが入っていた 「工務店の人が見に来る」

もう一度 偽姉に念を押した 屋根を葺いた業者さんに頼むほうがいい
工務店だから 采配するだけだ
・工務店の社長は 屋根に上らない?
・帰る前 夫婦は姉の名を連呼し 親しいという芝居をした
・妻の特徴は 嗄れ声と らんらんと輝く目 背中が曲がっている
 Si‐Saの特徴だ
・夫は動作が大変緩慢であった 太っているだけでなく 腹がかなり出ていることが動きを鈍くしているようだった

こんなバカげたことをまかり通す加害者は 精神異常(獣)というしかない

ニセ姉                   No.604

久し振りに ブレインジャックされている姉と数十分話した 
姉の習慣が無い ブレインジャックされている証拠の記録

・台風で飛んできた屋根瓦を 隣人が拾っていったことを ブレインジャックされている姉に伝えた
・夕刻 詳細を話したとき ブレインジャックする加害者が数人変わり それにより顔と癖が変わった
・揚げ足を取る 食って掛かる 居丈高に話す等が 基本の加害者達
・顔と顔色が変わった TVの画面が変わるように一瞬で変わった 鬼の形相 姉宅の東隣 (選挙事務所・現在お稽古事に貸している家)2階に出入りする女に酷似
 3年前に目の前で変化(夫をブレインジャックしていた Nu‐Ka妻が私の友人に変わった)したときは アニメの「妖怪人間」のような変化の過程を見せられた
・両手を腰の後ろで握り左右に揺れながらゆっくり歩く 顔が体感より前に出ている 背中が曲がっている=Nu‐Kaの癖を見せられたのか?
・停電によって 電話機から「設定するように案内が流れ 点滅していることを話すと 眼鏡をはずし 体を90度屈め顔を近づけて(小さな男の特徴)触っていたが 設定はできていなかった 姉でない証拠である

「20年前」 「初めからこうなっていた」 堂々とした口調である 
ごまかすためのマニュアルの言葉らしい
現在20~30歳の人は 20年前のことを覚えていないのだろう

急ぎの用件でも 加害者は「壊し屋」である
大事に保存することの反対の方法をとる

未発達AI?                  No.593

幻視の顔の表情について 気づいたこと
公衆浴場の 幻視と目が合うと嬉しそうに笑う
無視すると 下を向き 悲しそうな顔をする
表情の表現の仕方が違っているようだ
「嬉しい」 「悲しい」 にも種類がいくつかあり その表情も当然違う
が 公衆浴場で嫌がらせをする幻視は 表情の種類が違っている
何故違うかを想像すると 未発達のAIが支配しているからではないかと思うがどうだろう?

音の再現                   No. 555 

帰宅 玄関を開けたときに電話のベルが大きく鳴り驚く
向かいから聞こえる大きすぎる音 妻が応対している 久しぶりに聞く本物の妻の声と話し方
しかし 数年前 (集団ストーカーを知った頃) 向かいから何度か聞こえてきた電話応対の内容と雰囲気を思い出した
その時の電話の相手はSi‐Saだった 向かいの妻の話し方が時々 Si‐Saの特徴になった
今回 数年前の音声を再現した理由は何だろう?

玄関内外や小路にセンサーがあり 私の歩く近辺で音が出るようになっている
向かいの台所の電気がついてない時に聞こえる声は 幾つかのパターンで再現されていると感じることがある
老若男女 
声・話し方ともに特徴がある (唇を突き出して話す・大きな顎・嗄れ声・ツッパリ・傲慢等)
外国滞在が長期間 だった人の特徴の時もある
(文字色が違う部分はIME無効中だった)

向かいから出る音(西)と家の中にいる時に 東南北から聞こえる音は同じであるが 微妙に違って聞こえる
被害を認識していなければ 周囲の家から嫌がらせを受けていると思うだろう
実際の音量 + 同時に同じ音の脳内送信をされる =大きな音量
電磁波が照射されている 電磁波の通り道(?)は 声が響き大きく聞こえる

TVで見た奈良の実刑を受けた女性をいつも思い出す
知らなければ受けている被害と同じことで対抗措置をとる可能性がある
 

挑発に乗らない               No. 545 

被害者の周辺で大きな音がする 加害者が音を出して嫌がらせを頻繁に行う 
本当の音と脳内送信された音の2通りあるので要注意
今まで見掛けなかった風貌の人がタイミングよく通る=幻視である可能性のほうが大きい
何の為にしているか? 
被害者が加害者の真似をして大きな声を出したり 話しかけてくるのが幻視の場合に返事をすると 精神異常と見える行いを画策していると思われる
精神異常者(獣)は加害者である 加害者が被害者のリアクションを待っているなら スルーするべし

玄関を出ると 向かいの話し声(夫婦+1人で3人の声)が大きく聞こえる 
以前小路を出た通りでも同じ音量が聞こえたが(操作ミス?) 本日聞こえるのは小路内だけ
近所に通っている人が入って来ると 向かいの3人の声が妻の独り言に変わった
少路で徐草していると 「鯵が云々、鰹が出てきた、鰻を食べなければいけない」と聞こえてきた
本物の向かいの夫婦は魚釣りを趣味にしていたが ブレインジャックする加害者は 釣りをしない
釣りをしている振りをして 臭い水を小路に流す
向かいの勝手口外の流し台で 魚料理をする振りをするが 木を叩いている音に聞こえる
向い夫婦をブレインジャックしている加害者は 料理を一切しない

太陽光の反射にそぐわない反射光を玄関前に作り 私の出入りのセンサーにしている
上部が支点・下部が開閉する天窓を開けている 窓ガラスは上を向いているから 太陽の光を下に反射しないが ここから電磁波を照射している
玄関を出ると 向かいの家の中から夫婦の声が聞こえるようになっている
不在の時(10~16時)でも 声が聞こえてくるのはセンサーにより自動的に音が出る仕組みと想像している
気温の上昇とともに 勝手口を開けているが 留守番は夜間当番し夫婦をブレインジャックする男(何度か見かけている)と想像している

ちなみに 夜間の玄関ドアの見張りには 小路入り口の街灯の光が反射していることにしているようだ
5m斜め前に位置する窓で反射して そこから10m斜め前の玄関(=街灯側にある)に反射光を作っていることになる
実際には 窓周辺から電磁波が出ていると思われる

追記6/1:
ブログアップ後 玄関前のセンサーは アルミサッシの塀が反射している角度に変化した
台所北側の隣のブロックが太陽の光を反射する
東側の隣家のトタン板から 朝陽が出る 夜間は月の光が出る 
何れも電磁波照射である
自然の摂理は無い

画  策                  No.527

インターホンが鳴ったが 宅配の予定がないので出なかった
インターホンが鳴る前後に いつもの嫌がらせの音がにぎやだった
対処法は 家の中で音を出すこともあるが この時は静かにしていた
正解だった
近所の方がチラシを入れていた
もし 家の中で音を出していると 加害者の思うつぼだったと推測
奈良の実刑を受けた女性はこういうこともあったのだろうと想像してしまう

加害者が虚構のストーリーをでっちあげ テクノロジー犯罪( electronic harassment)・ブレインジャック・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー等の攻撃を一方的に仕掛けてくる 
目的は事例からの状況判断で推測する {傷病害・致死・強奪・ブレインジャック(操る・体の乗っ取り・動産不動産の乗っ取り)・戦争をする代わりに日本を内面から腐らせる為}
被害者は一方的に攻撃され対処方法がない
加害者曰く「証拠がない」
早期 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している 

虚構のストーリー              No.521

①スーパーにて
前を見て歩いていると 横を向かせて店員が歩いて来るのを見せる
「こんばんは」
挨拶の大きい声が聞こえた 脳内音声送信だ
加害者は被害者が返事することを期待していると思われる  
無視

②近隣の会話は機械音
近所のFさん(80~90歳)とTさん(70歳代)の会話が聞こえてきた 「頑張ってね」
外見の特徴や声・話し方・性格が違う 
日常出会うときは 二人ともブレインジャックされている
二人が仲良く話しているのを見たことがない
電磁波があると機械音声を聴かせることができるようだと何度も経験している
今回は 何を期待して作ったストーリーなのだろう?

③誤配
Sさん充ての封筒がポストに入っていた 住所は我が家
同姓同名の方が裏に住んでいるので ポストに入れた
翌早朝 近くを通りかかると パジャマ姿のSさんが門のところまで出てきた姿を見せられたが
身を屈めているので顔は見えない
Sさんはパジャマ姿で人前に出る方ではない
加害者男性にブレインジャックされているような動作だった
若しくは 依然見た時と同様の幻視だった可能性がある
Sさんの姿を見せた 加害者の目的がわからない

④近隣のKuさんについて
測量の男性が Kuさん妻は独り暮らしかと訊かれたが 数か月前に夫の声が聞こえてきたと返事すると無言のままだった
どのような展開にしたかったのだろう?

散歩中 前方に立っている男性とすれ違う時に Kuさんの娘婿だとわかった 
数十年振りに見たが ブレインジャックされていると思った
背がとても低く 顔が違った 
幻視だったと思われる
私が挨拶すると ストーリー展開があったのだろうか?
加害者は跳梁跋扈する

⑤配達の人をブレインジャックする加害者
駐車場にいると ゆうパックの配達がタイミングよくやってきた
(=加害者である小さな男がブレインジャックしている 小さな男=毛先が外側にカール・眼鏡をかけている・目が細く小さい・歩き方に特徴がある・話し方に特徴がある)
配達希望日の部分が剥がされて 無い
サインするときに近づくが 何かされているのだろうか?

違う住所に配達した
郵便と宅配会社のメールが一緒に配達されたことがある
郵便配達の時刻が変わった(11時過ぎ➡夕方4時すぎ)
朝刊の配達時刻が変わった(3時➡4時過ぎ) 電磁波照射が酷くなる 
夕刊配達の方を Nu‐Kaや小さな男がブレインジャックしているときは門を開いている
加害者は小路に入ってくる人を操り 被害者が不快になるようにストーリー展開していると思われる

ミスリードにラジオを利用         No.512  

加害者はミスリードにラジオを利用している (私を専門に加害している加害者ではない この地域の加害者は増えている)
某ラジオ放送局
半年くらい前 ラジオの30分番組で 「ホテル飲食部門で働く友人が苦労する場面はアレルギーのある客の対処」30分の話の中で3回繰り返していた
話の最後は「疲れた時にアルコールを飲むと首の周囲にストレスによる発疹が出きる」と2回繰り返した
私は加害者から「電磁波照射による火傷」 によって 「様々な傷+痛みまたは痒み」をつくられる
そのうちの一つが首に痒みを伴う発疹である (とても細かなサイクルの強い電磁波を照射され続ける)
リスナーのメールでも数回同様の投稿があった
「ストレスで首の周囲が痒くなる」 「帯状疱疹ではなくストレスによるものである」 等
加害者が 誰彼構わずに電磁波照射して被害者を増やしていることへの 防御策とミスリードであると思われる
被害にあって受診すると被害が酷くなっていくのではないかと危惧する
私が医療機関を受診すると 医師や看護師は加害者がブレインジャックしている為 医師による医療行為を受けられない

人の乗っ取り(らち・さつじんに匹敵) 専門職の乗っ取り 日本を内面から腐らせるテロ行為等放置すると蔓延すると思われる犯罪である
早期 認知・撲滅・終息・被害者救済を祈念している

以下 ラジオ聴取中に気になること

続きを読む

いちるの望み                No. 504

残虐非道な犯罪が放置されている
認知・撲滅・終息・救済を願ってブログを綴っている
被害者の多くのブログがある
途中から加害者側の文章になっているものもある
最初から被害者を装った加害者のブログもある

一縷の望みはここかな?
被害者や一般人(この犯罪を知らない方)を騙す・ミスリードするブログがあること
騙されないで 諦めないで 負けずに 頑張ろう

嫌がらせ電話は詐欺集団?        No. 452

嫌がらせ電話の記事
全ての電話がコール4回で切れる
被害者の在宅確認の為?電話番号が何かの指示?心理的な嫌がらせ?と思った時もあった
1年くらい?無視した
あるとき間違って受話器を取ると話し慣れた男性の声が聞こえた
「姉が 賃貸目的で新築マンションを購入した ローン返済と賃貸で得る収入とから勘案すると 今手放す方がお得である 昨年も連絡したが今はその考えがないとのことだった」
胡散臭い話なので ブレインジャックされた姉への伝言はしなかった

フリーダイヤルからかけてくる電話も 4回で切れるので常識外のことである
他に090 080 070 050 東京 大阪 福岡のナンバー などがある
車のナンバー同様嫌がらせ数字の並んだものが多い
こちらを無音状態にして 切れる前に通話状態にする 
声を出したのは1件だけだった 姉の名前を少し遅れて呼びかけた やがて切れた
ほとんどの電話は BGMに話し声が入っている
話し慣れた声だが 普通の会話とは違って聞こえる
やがて掛けてくる側も 声を出さずに様子を見る状態になった 10秒前後で切れる
新たな詐欺ではないかと思うのは 疑心暗鬼だろうか?
姉はブレインジャックされたままである
ブレインジャックしている加害者が 話に乗って金を騙し取られても 加害者の腹は痛まない 騙し取られた被害者は 自身の脳を使えなくされている
この犯罪を知ってから 加害者の詭弁(とは言えないが) 取り繕う言葉は 詐欺集団の一員かと思えるものばかりだった
この犯罪の認知・撲滅・終息・被害者救済を記念している

5№の覆面パトカー?            No. 443

「5№の覆面パトカー」と 最近3回遭遇したので 「警察が集団ストーカーかもしれない」と思わせる??記事

①信号待ち 対向車線を走行してきた車は 助手席側の車の屋根に赤色灯(小さいかもしれない)を載せている
眩しいので両手で顔をカバーしていたのを見咎めたようにブレーキを踏むが 了解した顔をして走り去った 
②道路を見下ろす位置に座っていた そこに目を向けさせられたと 後に思った
赤色灯を運転席側に乗せた車が道路脇に停車 上下同じ色の服(濃い濁った灰色)を着た男二人が降りた 次に来た軽車両を誘導し切符を切っていると想像する様子が見え 再び誘導して軽車両を解放した
数分後 よく似た車が同じ場所に停車し 数分後に走り去ったことで 覆面パトカーが違反車を見張っている構図に見せた?
③②の数十分後 駅近の店で買い物をしてパーキングに戻るときに ①で見かけた同じ男二人が乗車した車が交差点に差し掛かった ドライバーは腰を上げ 大仰に後ろの交差する道路を振り返った 赤色灯はない 服装はYシャツとネクタイ

動作が大仰でわざとらしいのは集団ストーカーのマニュアルと推察
「5・67」というナンバーも加害車両と思える
遭遇した時は無視するに限る

「幻視」の見極め方がわからない     No 421

近所の方は皆ブレインジャックされているとしか思えない
体型・言動・性格が異なっている

犬を飼っている方と2週間前初めて話した
昨日 犬のほうから寄ってきた
飼い主はすぐに抱きかかえた
「人と接して痙攣するようになったから」と理由を語った
先日話した時よりずいぶん華奢な体形だった
話し方は小さな男風
車のアイドリングをしていた
例えば 話した女性と犬とが幻視だったと仮定すると
犬が私に触れると 感触がないことになる 否 電磁波を操作すると 感覚も取り繕える
触角を操作できても 触ろうとすると突き抜けるかもしれない
それを危惧しての 犬を抱きかかえたと 想像することができる 
幻視に触れてみると 「幻視」と確認できるかもしれない
見知らぬ人に触れることはできないので難問である

メタボの集団ストーカーが付きまとった時期があった
数か月前からお年寄りが付きまとう
Nu‐Kaたちの幻視と思われる 顔や雰囲気が似ている 身長の低い男女が多い 広い場所でも擦れ違うように通過する
凝視している時が多い 
声がするときは大きな声なので 幻視と 後でわかる
条件反射 若しくは 操られて返事させられている
幻視に返事をすれば 傍から見ている人には 独り言を言っている変な人に見えるだろう
幻視の見極め方を知りたい

この犯罪がなければ 考えることもない
一刻も早く撲滅して 被害者が救済されることを祈念している

誘  導       No. 400

「セミが鳴き始めました」
この言葉を聞いた時は まだ ≪セミの鳴き声と秋の虫の音が混じったような≫ 機械音だった
同じ言葉を複数回聞くと それが本当のことのように認識されるだろう
加害者が扇動している
同じ方法を繰り返し行ってきたのだろう

蝉の鳴く季節がやってきた
大音量で鳴いている
蝉が止まるものが何もない空中から 大音量で鳴いているように聞こえている 自宅内でも同様
「蝉はどこにいるの?」 呟くと聞こえてくる場所が変わった もう一度呟くと
機械音のみが残った 細かなサイクルの周波数の音が頭の中で鳴り響く
被害者の頭の中で聞こえる音を ごまかさねばならない理由は? 今更?
自宅周辺で広く加害行為が必要な理由があるのだろうか?
もしくは被害者が増えている(加害者の数が増えている)と思われるので 新たな被害者用に 先入観念を植え付けているとも考えられる
スーパー・公立の施設など 人の集まる場所周辺の広い範囲でセミの鳴き声が聞こえている

追記:7/17から何度か試しているが
タイトルの文字と 記事番号の空間を作ることができない
加害者に牛耳られているため?

虫                        No. 395            

今まで見たことのない虫や 今まで見た虫の色と違う虫(幻視を除く)や 今までここでは見たことのない虫などを見せられたことを考えると 
加害者が飼育しているものを屋内に入れた可能性を思う

加害者がすり替えた(以外 考えられない)植物の例では
・ねじ花 ねむり草➡よく似た植物に変わった 
・彼岸花 ラン植物➡色が変わった

国内数か所で外国産の虫が複数回見つかっていることに同じようなものを感じるのは疑心暗鬼?

新聞広告                   No. 373 

「平和」という文字に釣られて参加した会の新聞広告(新聞紙半面大)を見た
都会での講演(ビデオ上映)があるようだ
光+音+電磁波攻撃≠平和=不快+強度の体調不良 だった
常に攻撃されているものと同じものだったが 30分間に強い攻撃が凝縮していた
被害者でありながら 「平和」に釣られて参加したことを悔いた

騙されないで下さい 嵌められないで下さい 嘘に乗せられないで下さい
・多くの被害者が攻撃主体だと思っているカルト教団の会と酷似した会の動きが活発になった感がある
 新聞やラジオ放送で見かけるので要注意
・電磁波照射の音が脳内で聞こえる 音の強弱・電磁波の強弱・攻撃内容がわかることもある 
 電磁波攻撃を誤魔化す広告と思われるものがある 
「キーン・ジー 耳鳴りは老化が原因という」漢方薬のコマーシャル
                  修正と追記:10/14’17

事例⑤                     No.355

被害者を嵌めようとしたストーリー展開の事例 (被害者を悪者に仕立て上げる意図があった)
間違いがあったので その物を持って行って尋ねた 夜間の担当者が出てきて詳細を復唱
2回目出て来て調べるのに時間がかかるため電話番号を記入するよう言われたが 待つと返事した途端急に顔つきが変わった
3・4回目出て来て名を呼ぶので行きかけると 後ろから私を追い越した太めの男性が応対した 同姓はあまりいないのだが
夜間担当者が出てくる時刻ではなく この方は身長が高く 私の目の前に顔が来ることはない 頭髪は軽いウェーブがクリクリに変わりボリュームダウンしていた
担当者が出て来て 「間違いを訂正する」と平身低頭して説明してくださった 
以上のことから私に対応したのは加害者がブレインジャックしていた 名を書かそうとしたのは「立腹して帰ったので電話をする」ストーリーをでっち上げ 電話での応答を 機械音で作って悪人に仕立て上げようとしたと推測できる
被害者は常時 同様の攻撃を受けている
加害者の展開するストーリーは 人とは思えない

ある家が乗っ取られた          [記事番号 352]

ある家が乗っ取られた 墓地もなくなった
家系図のある家だったそうだ
本来相続できるが兄に全てを譲った 男の妻が信者だった
その悲しみをはかり知ることはできない
にも拘らず 末代まで攻撃するという記事を見たのはこういうことだったのかと想像

新人の発掘~ミスリード?         No.317

初めて被害者の会に参加させて頂いた折 数人が声を掛けて下さった
「今度(地名)で久し振りに街宣するから 良かったら来ない?」
街宣で知り合った加害者との顛末
●電話で猛攻撃を仕掛けて来た (○ェ○ ○○○○○○ョ○○ ○ァ○○ に似た内容を話した)
●加害行為等教えて頂いた方とは電話での交流が主だったが 電話中に加害者に向かって大声を出すことが多くなりやがて交流を絶たれたが フォーラムで出会ったときはブレインジャックされた姿だった
●残虐非道な攻撃を受けたときにアドバイスを頂いたが フォーラムで出会ったときは小柄な女にブレインジャックされていた
●電話で数回教えて頂いたが二度目に会った時は 皺の無いSI‐Saだった
●街宣告知を見たので行くと 「一人でやってる 前回は被害初心者だったので一緒に街宣した」と膠も無かった

電磁波照射は知らない間に受けていた 約20年間 それ以前8年遡った時から何らかの攻撃があった事を 現在は分かっている
(賃貸住宅に住んだ時の上階の家族が8年間隣人だった)
3年前の夏 酷い攻撃を受け 『電磁波照射』の言葉を知った 
『集団ストーカー』は電磁波攻撃の更に1年前から徐々に酷くなっていった
何が起こったか分からない状態だった
加えて感情操作(パニック状態になるようにされている) 思考操作(考えられないようにされていた)
警察署に逃げ込んだがそこでも同じ攻撃を受けた
被害者の会に出かける電車内で「ひろくせんでんするさつじん部」の大きな男が強い電磁波照射を至近距離から仕掛けて来た この男は数か月後にファミレスにもやって来た

被害者を追い込むこと ミスリードすることはマニュアルであろう
そこに 人間性を微塵も感じない

真実を知る加害者はどれほどいるだろうとの疑問はいつもある

騙す仕組み                 No. 316

加害者が発する言葉は虚偽だけのように感じる
必要があればそれを本当のように見せかける 嘘を重ねる
掛け合い漫才のような設定もある
犬の行動を彷彿させる
嘘を聞かされた被害者は 信じると思っているのだろうか

嘘の中に真実が一つあった時 真実は嘘と認識される
本当の中に嘘が一つあった時 嘘は本当の事と誤認される

被害者は騙されてはいけない
認知・撲滅・終息・救済
負けない

因  縁                  No. 297

因縁をつけてきた 以前は常に因縁をつけてきていたが 今回はお盆以来 
目的を考える
①負の感情を与えて切れさせる為?
「仕返ししたいと思うでしょう」 オイリー肌・家を破壊する男がリハビリの先生(PT)をブレインジャックしたときに私に言った言葉 話の脈絡はなかったと思う 「いいえ」の返事に隣のリハビリの先生(OT)が「あらっ」と素早く振り返った 加害女性が男性をブレインジャックしていた
「馬脚を現すのを待て」 姉をブレインジャックするピンヒールの言葉 (馬脚を現すのは加害者だが 意味は精神異常者として入院させる為の行動を待つという事と想像できる)
②自分の仕事に見せる為の言い訳 若しくは物を盗る為?
③庭を少し触ることで被害者宅の目印がなくなる為?
ニセ姉に 加害者が姉をブレインジャックしていると宣言している (家族肉親はブレインジャックされている)
ブレインジャックする加害者が姉を装うことを最初から放棄して跳梁跋扈している 因縁をつけてくる
思い付きの虚偽のストーリーを作り上げ さも姉本人の意思であるように見せかけているところが・・・・・言葉で表しきれない

話が飛躍するが イジメの手法と似ていないだろうか?
テクノロジー犯罪・心理学を利用した集団ストーカーをイジメの手法とするなら何でもできるだろうと想像できる(じさつ誘導を目的にすることも可能だろう)
汚れのないところに 汚れを幻視で見せることができる(数回経験した)
脳内送信で会話を成立させることができる
体を固定することができる 飛ばすことができる
因縁・恫喝・暴力
加害者たちは乳幼児の頃から加害行為を継続している
加害行為が常態となっている 
通常の常識は人を揶揄するときのみに使う
24時間365日見張り加害行為をする 
人に非ず

下記にメモを記す 文章・文字共に姉のものではない 姉をブレインジャックする加害者が書いた証拠品
『母が30年以上大事にしていた芝をはがさないように
 父が好きなみょうがを抜かない
 千両を切らない
 庭に手を出さない   (「手」は読めなかった 「平」に似ていた)
 祖父母はご先祖様に入ってもらった とうばはいらない』

メモについて雑感
・芝は30年前にはなかった 加害者は「30年」という数字を好んで使用する 30年前に遡れば記憶が薄れているか記憶していない筈だからからウソが通ると考えていると思われる
芝生を剥がした部分には母が置いた白い石が並んでいた 20個ほどあったものをすべて持ち去った 盗人である
(後に土の中に埋めているのを見つけたので 別の場所に移した) 
姉が大事にした部分の芝生を剥がして移動させた 姉でない者の仕業という証拠である   
・茗荷が枯れるような強い電磁波照射をしているのは加害側である 丈が通常の2倍以上に伸びた後カラカラに枯れた 文章がウソと分かっていても憤りを感じる 加害者に「父」「母」と呼んでほしくない 私は父が加害行為によりころされたと思っている
・千両は実が生っている時に大量に切られていた Nu‐Kaに確認したほうが良いだろう 実がタワワニなっている枝がバッサリと切られているのを見たときは悲しく また加害者に跳梁跋扈されたと思った 
・庭の管理は細々と私が続けてきた 今まで通りのことをするのは当然である 加害者が知る筈の無い事
・奪った金の出し惜しみとしか思えない 間違ったことをごり押しするのはマニュアルと思われる 
塔婆をご住職に頼んだ時 ブレインジャックする加害者は「亡くなってすぐにご先祖様の塔婆だけにする人もいる」と誘導しようとした ピンヒールは新仏様をすぐにご先祖様に入れるのだろう
母の代理をしてくれている姉ならば 勝手に変更しない 我が家の習慣は変わらない

音 + 光 + テクノロジー犯罪 +我慢 ≠ ○○○○             No. 286

音と光のハーモニーは視覚的・精神的に大変綺麗なものとなる 例えば「花火+音楽」のように

テクノロジー犯罪において 
音と光を同時に使うと人を暗示にかける(マインドコントロール)できるようだ
被害者は 音と光とテクノロジー犯罪とを同時に使われて攻撃されている

音はけたたましく聞こえる方が被害者に効果的 
例えば早口に聞こえる外国語などを驚いた調子で話しているとき
 二重に聞こえると更に良い 外国語の同時通訳
光は 明と暗を交互に見せると被害者に効果的
 光を昔のカメラ撮影のフラッシュのように見せるとさらに有効
上記不快な 音と光の組み合わせに 不快効果音を合わせると 鉄壁の暗示効果・マインドコントロールとなる 
そして当然のごとく 知らぬ間に テクノロジー機器で電磁波攻撃を加えていた
たった30分の間に とてもひどい攻撃を受けていた 眠らされていたので気づきようがなかった

上記のようなとき どのように対処すれば 被害から逃れることができるだろうか

「人の心を持たない」組織が拡大している
二者 平行なのか 同一なのか 手打ちしているのか 想像できない
(一方は広く知られているカルト教団一味=複数 新興宗教団体
 他方は「平和」を標榜していたが 上記の攻撃を受けた)

世界的に早く対処すべき怖い犯罪と思う 
テクノロジー犯罪を我慢をしても 世界は平和にならないだろう
加害組織トップだけが思い通りに生きられる世を作ろうとしていると見受けられる
気付いて頂きたく懇願したい
早く助けてください 早く終息・撲滅に向けて対処してください 乗っ取られてしまわないように 

前半30/60分熟睡だった 自然な眠気が来るときの 寝てはいけないという意識は毛頭なかった 気付くと眠らされていたとわかった
まだ眠らされている人がいた
途中退席した方がふらつきながら出て行った 
先にエレベーターに乗った方二人急ぐように手招きしていた 早くしなければ連れ戻される恐怖を抱いていたようだ 大変驚いた様子だった

「平和」の文言にひかれて出かけた
名古屋会場のビデオ(大きな会場が満場だった)を見せられた 
ここは人口の少ない町だが 5年前から来ているとのこと
犯罪組織の周到性が伺える

一刻も早い対処が必要ではないのかと とても怖かった
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR