本日の一コマ              [記事番号 386]

いつもの音が向かいから聞こえてきた
「車がなかった(=不在である)」と呟くと音はしなくなった

この時の音は脳内送信による音であろう
いつも音を聞かされていると 本物の音でなくても「また音を立てている」と思っていた時もあった 
負の思考操作をされることもよくある
本物・脳内送信に拘わらず  音を聞いたときに条件反射的に不快感を植え付けられているのだろう
その為に いつも賑やかに音を立てているのかもしれない
外出前と 就寝前に大きな音を立てるのも ずっと嫌がらせが続くのだという心理的なフェイクかもしれない
スポンサーサイト

タイミングを合わせて集団ストーカーに見せる                      [記事番号 384]

後ろを歩いている人が 仄めかしや 嫌がらせの文言を喋る手法が見え易くなってきた
昔 TVを見ていると映像と音声とが微妙にずれて 見辛いということがあった それに似ている
後ろを歩いている人は 普通の人で 通るタイミングを合わせて脳内送信の音声を加えている
集団ストーカーの場合も 実物地域集団ストーカーも群がるが (お揃いの履物や 黒いキャップ)
その場にいる人の動作に合わせた 言葉を脳内送信の音声を入れてきている
目の前にいる人達がこちらを見る 睨む動作等も 電磁波を使用して操っているのだろうと推察する
中には 指示を受けた本物の集団ストーカーもいる場合もあるだろう

頻繁に行く場所             [記事番号 381]

頻繁に行く場所で私が接する人は ブレインジャックされない人はいないのだろうか

館内の電気が消えた スイッチの前にいる職員が消したのだろう
別の職員が歩み寄り 電気を点灯した 
電磁波が強くなった
電気を消した職員は座っている カウンターに両腕を載せて体を支えている Nu‐Ka似

閉館前になっても同様
他の職員も閉館業務を行っていない
「閉館業務をしないの?」 と思うと カウンターにいる二人は キョロキョロしている
館内にいる職員数人は皆ブレインジャックされている為 夫々の役割りを果たしていないと思われる 
1時間で担当を交代していた集団ストーカーは減った 閉館間際にいないこともある

他館で 受付の二人がささやいている 通常は聞こえない距離
「自分がした粗相を 他人のせいにしている」
一方はブレインジャックされている職員の顔がピンヒールに似ていた

いとも簡単にブレインジャックできるようだ
放置していていいの?
もう対処できない状態なの?

  

高校生            [記事番号 374]

図書館閲覧場所には 集団ストーカーが 交代で嫌がらせをする
どこの図書館にもいるようだ
新学期から高校生が数人テーブルを囲んでいる
近くを通るとき頭の中で呟いた
「貴方のしていることは 人間のすることではなく さつじんです」
3人が驚いたように反応した イヤホンをつけている
それを制する目配せをする女性は 制服姿ではなく クラブのユニフォーム風の着衣だった イヤホン無し
反応した3人は 加害者でなく一般人のように見えた

受付カウンターではNuーKaが図書館員をブレインジャックして 得意そうに大声を出している
(実際の音に脳内送信を加えられている大きな音)
上記の呟きの続き
 ブレインジャック・テクノロジー犯罪・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪について
「今聞こえている図書館員の声は 80代のおじいさんが図書館員をブレインジャックして操っている 次回来た時に同じ人を見比べて欲しい」 等呟いた
場所を移動していたので どこまで聞いていたかは不明だが 帰るときに見かけたのは2人 
顔つきがかなり険しい ブレインジャックされているように感じた



市の事業でのテクノロジー犯罪 [記事番号 274]

市の事業でのテクノロジー犯罪の事例
【地籍調査】
行き成り 正面1.5mの距離でカメラを構えて撮ろうとしたので持っている書類を顔の前に上げた
隣にいる担当者は顔を上げて前を見た
一泊遅れで 「調査風景を撮るなら後ろからでいい」
カメラを持った男は後ろへ移動したと思わせた
その後出かけた先で 望遠レンズ付きの本格的カメラを持った者と 上記似のカメラを持った者に遭遇した

数日間 上記は市の事業に関わる者が加害組織の一員で 撮影したと思っていた
幻視と脳内送信だと気付いた
カメラを構えた男は 以前見た ロールプレイングの先生と思える男を一回り小さくしていた 記憶を引き出すことができるのだろう
幻視と私の行動に合わせて 隣にいる担当者の声を機械音で脳内送信したと考えられる 緻密な素早い対応はAIだろうか

【市委託の上水道工事】
2~3年前 集団ストーカーにあっていた頃のこと
自宅隣家のNu‐Kaの上水道が出なくなったので 大掛かりな工事が始まった
何も聞いていない 車が通る場所を大きく掘削して 当日は車を出すことができなかった 私の足である
この時はNu‐Ka妻が近隣に声をかけたそうだ 私の家以外 
知らぬ間に Nu‐Kaからの攻撃が始まっていた 
次回からは工事のある日を 担当者が教えてくれた
工事最終日 スポーツジムでストーカーのように付きまとった(大柄メタボライオンヘア髭面丸顔)男が集団ストーカーの様相を呈していた 担当者と共に 担当者も髭面だった
この工事終了後から 上水道から出る水がヌルヌルしたものになった

賃貸住宅でも 入居後数か月後から 水道水がヌルヌルしたものに変わった 大きな泡も時々できた

事例④ [記事番号 262]

偽物=ブレインジャックする加害者=が ブレインジャックした被害者を本物と見せたい為の工夫(と思われる行為)を記載
一昨年の3月 息子がブレインジャックされたのを見て以来 
家族・知人がブレインジャックされていることを残念乍ら疑う余地はない
言動・顔や体格などの特徴・思考・嗜好 等 全てが違う

【旅行写真をスライドショーにして見せる】 
加害者はオイリー肌の男  
家族の北海道旅行の写真をスライドショーにして見せた 
理学療法士と奥様は兄妹のように似ている
持ってきた理由は ラベンダーがきれいな季節ではないと言った人にラベンダーのきれいな写真を見せる為
見せたいと称する患者は 午後にリハビリを受けるが午前で見せた 
本物はしないだろう
北海道旅行の後数日後に再び連休を取り家族サービスと称していた 
休暇をよくとるのは Nu‐Ka加害者一味の特徴と捉えている

【向かいの一人芝居】
庭に出たときに合わせて電話を掛けた(フリ)ようだ
この時の設定は釣果を送った内容 電話は掛かって来たのか掛けたのか設定していない
庭で用事をしていると話し方があいまいになって尻切れトンボになってきた
恐らく声が聞こえると家の中に入るような仕掛けをしていたのかも知れない
聞きたくはない 偽物の声と話し方など 電磁波があるから大きく聞こえるのであろう

事例③ [記事番号 260]

集団ストーカーの事例編

【仄めかし】
私を通過し立ち止まり 携帯操作後
「かき氷 アイスクリーム」 単語で喋る
集団ストーカー初期でも このタイミングは滑稽である 最近攻撃の初期化が増えた マニュアルを一巡すると初めに戻るのかと感じる
正気でやっているなら やはり 精神異常●である

外食する時 集団ストーカーが脇を固めてくる (最近どの場所でも増えた 私のブログが加害者に有用な証拠?)
上記同様に 調べ上げた事実を会話に盛り込んで私の反応を見る 
雰囲気で加害者であることが判断できる
大変美味しい食事が不味くなる それもまた目的の一端なら 美味しいと言い続ける 頭の中で 満面の笑みを添えて

【パソコンを使わせない邪魔】
駐車場で直後に来た車から降車し急ぎ足で職員通用口から入館した男性(どう見ても加害者の風貌)の後を付いて行きたい(私は歩くのを頑張らねばならない)と思うが 私は単なる来館者 利用できない
利用者入口は遠い パソコンの所に辿り着くと件の男性がPC前に座り 職員がプリンターを用意していた
集団ストーカーの連絡を受け 急ぎ指示に従ったと推測できた 職員入り口から入った男は私同様利用者だった

【携帯電話で人探し】 :10/4追記
行事が間もなく始まる 近くの夫婦の会話
「紺色の服に 首にストール」 妻が夫に話して私を振り向く 色は違うが暗いからそう見えるかもしれない
手ぶらの徒歩でやってきた
暗く大勢の人の中で被害者を探し出すことができないらしい
それでも電磁波照射は継続中である

「シシシ」 Nu‐Kaの笑い方       [記事番号 250]

久しぶりに携帯ラジオを付けた
キー局に周波数を合わさずに ダイヤルを端に合わせて 一番大きな音のする場所に置いた すると
「シシシ」 Nu‐Kaの笑い方 今日この時刻の 実家向かいの夫を担当している
賃貸住宅でNu‐Kaが夫をブレインジャックしているときに度々聞いた変わった笑い方 
(ブレインジャックされた夫は外出2時間前後 それ以外の時間はパソコンに向かっているようだ  その時に聞こえた)
数か月前のある期間 向かい夫が携帯ラジオを持って歩いていた 聞いている様子ではない 思い当たることは
3年前8月 初めて強い電磁波攻撃を受けた時期 同様の方法で自宅向かいのOo宅に一番近い塀にラジオを置いたとき Nu‐Kaがおばあさん宅に入って30分間出て来なかった Ooを説得するために入ったができなかった ということだろう
この時まで 二軒の間に親しい付き合いはなかった Nu‐KaはOoに挨拶していなかった

実家には向かいから一番多くの電磁波が照射されている 
(向かいの家の電磁波照射機器:風呂場・台所の実家に近い場所・勝手口上の外灯・魚冷凍庫の上の外灯・他?) 
電磁波は直線で進む 向かいに近いところで一番大きな音がする場所と 実家で一番大きな音のする場所を繋ぐと 狭い実家の庭の音のする場所にたどり着く 3ヶ所ある
ここから考えられる事・出来る事ははないのか?

🍂🍂🍂 👑 🍂🍂🍂

携帯ラジオについて
・上記と同時期 Oo宅との距離が5m位の風呂場では2種類の音が聞こえた 一方は給湯器の風呂側 
一方はOo宅に一番近い所
風呂場に置いたラジオ(ダイヤルは一番端)から定時刻にTVニュースで聞く 近隣国の言葉が聞こえてきた
・同時期 電車で出かけるときに携帯ラジオを持っていた 始発駅の為空席が目立つ 
強い電磁波を感じたので ラジオを持ち斜め前に座っている男(身長体格ともにでかい)に近づいた時 ラジオから大きな音が聞こえた すぐに音は小さくなった=電磁波が弱くなった 少し助かったことがある 
この男は 友人とたまに食事をする店で再びであった もちろん 被害者の行動は 加害者には手に取るように分かっていることから 偶然とは思えない

事例②                   [記事番号 240]                

最先端科学・テクノロジー犯罪の一端を記録する
軍事兵器として開発された技術 
秘匿されているので取り締まる法律がない 
加害者は堂々と 然し証拠を残さず加害行為を拡大していると思われる
利権は如何程だろうか?

【図星の時の電磁波攻撃】
私の想像が図星の時は電磁波攻撃が強まる
頭の中で聞こえている音が大きくなる 錐で突き刺す攻撃 皮膚表面を痙攣させる
知れば知るほど精神異常●だ 

【図書館職員の行為に思わせた幻視】
図書館職員が本棚の前を歩いている
突如走る大きな音が聞こえたので こちらに走ってくると思い 立ちどまって待った
数秒後 右手後ろから出てきて左に曲がりすぐに右に曲がった
カウンターに戻っている筈 見ると 数秒後反対側からカウンターに回り込み着席した 本物だった
音と実像が微妙にずれていた
近くを通っている時の姿は不鮮明で 体格が小さかった 走り方がNu‐Kaの親族に似ている
幻視を見せられたと理解できた
目的を想像する 嵌めること・精神的な苦痛

【相手が違っている】
昼時入った店に続いて来たNu‐Kaと小さな男 視界に入れないように前を見ると目に入ったカップル
店を出ると近くを歩いているが 男はひょろりと背が不自然に高い 着衣は同じ 相手の女性が全く違っている
幻視と思わざるを得ない 何故? 精神異常を来させる為と推察せざるを得ない   :8/31記

【効果音】
2階から音が聞こえる 天井裏ではない 
実家は平屋である
音に呼応するように音を立てると 少し大きな音を出す
繰り返すと 音も繰り返してくるが
相手にしてはいけない
嵌めるためにやっていると思われる

【地中に産卵する蜂】
ジガバチが小路の両側に穴を掘り 通ると威嚇してくる
4年位前は実家の庭に巣を作った
どちらも自然現象とは思えない
(今朝 地蜂が台所の窓際でパニックになったように飛んでいる 窓は開けていない どこから入ったのだろう?)

2年前 20年住んでいた自宅の庭に初めて蜂(コスズメバチ似)が巣をつくっていて知らずに草引きをしていると刺された 半年間不在にして帰宅後すぐの事だった 
病院へ行くと集団ストーカー4人(祖父母と孫2人)が救急の待合席に陣取っていた 同じメンバーが 同じ場所で待ち構えていたことがあったことから 集団ストーカーと後にわかった その時は集団ストーカーに慣れていなかった
その後 蜂を使った嫌がらせが後を絶たなかった 真冬に風呂場に蜂が死んでいる・周辺を飛び回る等
蜂を操るのに苦労しただろうと想像した

【草】
道端の1m丈の草が刈れている
中ほどから奥には緑の草が鬱蒼と茂っている
電磁波照射によるものと思われる
集団ストーカー車両通行道路でのこと

路駐車両の周囲に草が生えている 
電磁波照射をしてくる
次に通った時 三方が枯れている
緑色の草があるのは 路駐車の後方部分である

草刈りしたばかりの草が枯れている
虎刈りのように茂っているものもある

【木】
夏には有難い生い茂った木の中で 不自然に枯れた葉 焼けたように枯れている 
枯れた部分が 点在するもの・一塊のもの 車からの電磁波照射によると推察 
調査可能?費用は?

【庭木の剪定と パイプの切断】
いつも通り 庭木の剪定をしようと思うと先を越されたことがあった 
木の切り口表面がきれいだったので電気製品を使用したと思っていた
生い茂った草や 倒れた植木鉢はそのままだった 
上記「草」と同様に考えると 電磁波を使うときれいに木を伐り 茂った葉を形作ることができるのかもしれない
以前記事にした 「ふろ給湯器の漏水の原因」となったパイプの切断も 切り口がきれいだったため 電磁波を使用してできるのかもしれない
いずれにしても正真正銘の姉のしたことでない 姉はブレインジャックされたままである

事例①             [記事番号 238]     

最先端科学技術であるテクノロジー犯罪のブレインジャック技術を使った 嫌がらせ犯罪の記録
【お弁当バイキング】
○お弁当箱にセルフで好きなものを詰める仕組みの店舗(狭小のスペース)にて
狭い通路で 地域季節に合わない服装の男二人が立ち話と続けている 日本語の発音ではない・片方の男が一方的にしゃべり若い男は相槌を打ちかねる
○弁当を詰めている私を選んでバイキングについて聞いてくる 日本語の発音ではない 年配の方ばかり お店の方を紹介した
○担当店員をブレインジャックするSi‐Sa (・・・集団ストーカー初期に活躍した・自宅周辺の電磁波攻撃担当?・「私は半径1kmの人の思考を読むことができる」といった70代女 )
・お弁当を前に喋りかける
・急いでいるとき渡した弁当箱を落とす 入れなおせという
・客が多く立て込んでいるときに試食販売のコーナーで試食している 

【嫌がらせ担当のゴア似女性】
(ゴアについて説明:50年前のTV番組に出てくる悪役 髪を長めのセミロングにするとイメージが似ている)
・3年前のお盆の送り火に 黙って捩じった紙を突っ込んできた 40年以上送り火を経験しているが初めて見た暴挙
・某所で私のすることの邪魔を直近で執拗に繰り返した 
第三者がいたにも拘らず 平然とできる嫌がらせ担当と感じた

【交番にて】
住所からある場所を教えて頂く為 交番に入り 訪ねようとすると 署員が3人出てきて1列に並んだ
道を教えてほしい旨話すと2人残った
年配嘱託風の警察官は短い箒をもってきて 応対してくれている署員の横を掃いている
私が交番を出る前に その二人が中に入り誰もいなくなった
年配の嘱託風の男はブレインジャックされていたと思われる
「さらに」 と思えることはある

【警察署にて】
夜 所要で入って行くと その場にいた全員がカウンター前に出てきた
帰るときは 全員が事務仕事に没頭していた
不自然だった


【市役所にて】
要件を告げると奥にいた人に声をかけた女性職員が「エヘン」 即 「エヘン」と返す男性職員 どちらも大きな音だった (昼休み中に訪問したため課員は二人だけだった
女性は私を振り返ったのでニコッと(見てくれたかどうかはわからないが)笑っておいた 不思議そうな顔をした 加害者たちは瞬時に判断する 以降触ってこなかった

【携帯電話を操作されている事実】
宅配業者から荷物が届いているとの連絡があったので数時間後に折り返しの電話を入れると担当が変わっていた 
伝言を頼むが「???(話し方がNu-Ka親族の男似)」に電話しろとの指示 営業所の電話番号は教えない業者である 「サービスセンター」か尋ねると肯定する
以前 サービスセンターに電話を入れたとき 幾つかの故意と思われる行き違いが生じるようなファックスが店舗に届いていた事がある コールセンター員が復唱した内容は依頼内容であった
今回もそれを狙ったと思われる 電話中の効果音は 「台風の時のような風の音」が入っていた
(この音は ブレインジャックされた息子が祖母を襲撃した後 何度か電話してきた際の効果音と同じである)

【昼食】
席が自由なバイキング方式の店 空いている席の隣の客に声掛けした時は返事があった
席に戻ろうとすると隣の客が倒した私の杖を立て掛けようとしている
迷惑をかけた旨話しても返事がない
アンパンマン顔の看護師がブレインジャックしていると感じた
隣の男性をブレインジャックしているのはNu‐Ka孫の小さな男 すれ違う時接触されないように用心した

別の店舗での事
隣のテーブルに案内されてきたのは Nu‐kaとNu‐Ka孫の小さな男が操っていると思える二人連れ
Nu‐Ka操る男性が携帯電話で大声で話しだす
無視
店を出ると 店内で見かけた男性が 背が高く・細くなった姿で歩いている
見ず知らずの一般人をブレインジャックして執拗に付きまとう 理解不能
容易くブレインジャックができる 大変怖い犯罪である

【電話の乗っ取り~ブレインジャック】
某業者に仕事を依頼 固定電話を掛けると いつもの声だが応答の仕方がまるで違う
機械音声若しくは 加害者の応対と思われる
いつも主になって作業をする男性は来ず いつも助手をしている男が作業をした
無口な男性が饒舌である
普通はしないだろうこともする
作業手順はまるで違う
助手をする男性の風貌はこの職業の人には見えない 初めての経験のように見えた
専門家をブレインジャックしているが 作業を終えて貰えたので安堵した 

選挙の思い出 加害行為を伴う事実  [記事番号 227]

昨日現在選挙期間中の全国比例区立候補者の選挙宣伝カーとPC拝借施設を出る交差点で遭遇した もちろんこの犯罪の被害者と気付いてからの偶然は加害者の意図するところであると理解している 近隣に事務所を構える候補者である 元はS会支持政党の全国比例区候補者のポスターを掲示していたので 候補者が変わっても内実は変わらないと実感している
下卑た笑いを携えたアイドリング=電磁波攻撃 
元は交通量の大変少ない場所であったが交通量が増えて加害行為車が引っ切り無しに通る 
選挙事務所前に人(何も知らない信者さんの風情)を立たせてクラクションを行き交う車に鳴らさせる
道交法を無視して駐車している 国会議員候補選挙事務所前に… 常に見かける集団ストーカーのマニュアルと思しき行為である
ゴミが散乱する

○○○○市会議員選挙のS会所属候補のこと①
交通量がそこそこある大きな交差点で 選挙宣伝カーから大きなミススピーカー音が聞こえたとき 大変強い電磁波を照射された
この選挙ではこの市議候補者は落選したが 次の選挙では当選した 組織票は大変堅実である

同②
S会候補者の選挙宣伝カーが後ろに来た 思考盗聴していると思われるセリフがスピーカーから聞こえてきた

選挙権が18歳以上になった 組織票を持つ政党は一気に獲得票が増えるであろうと想像すると 加害者に都合のよい政治になっているなぁと思うのは穿った見方だろうか?
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR