『脳をジャックされた』記事について被害者の立場からの感想 (固定記事3/3)          [記事番号 335]

『被害者は私。ブレインジャックされた』 平野被告が無罪主張 神戸地裁初公判
神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201702/0009897981.shtmlより引用させて頂きました。

公判が始まったばかりの時期に記事にすることは躊躇われるのですが、『ブレインジャック』『テクノロジー犯罪』という言葉が新聞に掲載されラジオから聞こえてきて注目を集めている機会に、一般の方々に残虐非道の犯罪『ブレインジャック』を認識して頂きたく、記事に取り上げさせて頂くことにしました。公判中の犯罪について記載しているのではないことをご了承頂きたくお願い申し上げます。
ただ 『ブレインジャック・テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪』は報道されていないだけで実際に行われている犯罪であると認識頂きたく重ねてお願い申し上げます。

【経験上からのブレインジャックについての種類】
ブレイン=脳、ジャック=和製英語で不法な強奪・占拠の意味。バスジャック・ハイジャックと同等の言葉であると捉えております。
相違は、バスジャックやハイジャックは乗っ取られてはいるが乗車している人の意思はあります。
ブレインジャックは脳を乗っ取られるのですから、本人の意志や言動はなくなり、ブレインジャックする加害者の意志・言動・習慣が全て出るとご理解頂きたいと思います。
ブレインジャクには、経験上3通りあります。
①自分の意識はあるが、ブレインジャックされている間の自由意思はない。
(ブレインジャックしている加害者が操る自分自身を見ている状態で、それを理解しているときと 違和感のない時とがある。いずれにしても抗えない。)
②自身がブレインジャックされたとき、ブレインジャックされている間の自身の意識がない。状況判断でその間に脳を乗っ取られていたのだと知ることができる。
相手がブレインジャックされていると思われるときに2通りある。
ブレインジャックする加害者の特徴が現れる方法と、 
瞳孔が開き・感情や人間らしさを感じない方法とがある。 
③ブレインジャックされた状態が継続。本人の意識はなく本人の全てを乗っ取られる。動産・不動産・人生の過去~現在を跳梁跋扈されている~未来を奪われることを防げない。加害者の特徴が出る。

【経験している事例】
・自身の意識ではない言葉などを喋らされる。例えば 「1」と発声しようと頭で思っていても、それ以外の数字を言わされた。 どれだけ気を付けても自分で自分をコントロール・修正できないブレインジャック。自身が話しながら「何故こんな事を話しているのだろう?」と疑問に思っている時がある。
・頭を乗っ取られて体を動かされるブレインジャックに本人の意志はない。従って暴力を振るわないようにすることは無理である。ブレインジャクされた人から暴力を受けた。自宅にあるものを破壊された。
・交通事故を起こされた。
・頭を乗っ取られ体を動かされている本人の意思がないブレインジャックされた人を、精神異常者として病院への措置入院・強制入院は意味がない。精神異常の考え方をするのは加害者=ブレインジャックしている人達(組織)である。
・加害者組織は24時間365日、被害者を監視して加害行為を行っている。
・ブレインジャックされた状態を継続されている被害者は身体が生きているだけである。本人の人生はない、基本的人権がない。
・ブレインジャックは加害者の任意で行える。被害者の接する方々がブレインジャックされていることが頻繁にある。
 例えば、被害者である私が病院受診の時の医師はブレインジャックされている。身体は医師だが脳はブレインジャックする加害者なので、素人が医師として患者の診察を執り行っていることになる。通常は医師法違反であるが、身体が医師であるため加害者が「お医者さんごっこ」をしているが、医師の業務を行わなくても罰せられることはなく、患者は真の医師診察を受けられない。
・ブレインジャックされている被害者には、複数の加害者が交代で見張り加害行為を行う。加害者の仕事はブレインジャックすることにある。被害者の全てを乗っ取り、生活している。
・ブレインジャックされている被害者を、集団ストーカーの要員としている。
・平常時にブレインジャックされていると感じることがある。自分の習慣ではないことをしている。ブレインジャックされると歩きにくい。ブレインジャックする加害者の特徴によって、自分の感覚が変わる。
例えば眼瞼下垂のあるおじいさんにブレインジャックされると、瞼が垂れ下がったように感じる、背中が重く感じる、歩きにくい。
幼児にブレインジャックされたと感じるときは、履いている靴が左右逆に吐いている感覚がある。手が小さくなったように見える。
大きな人にブレインジャックされたときは、靴が小さく、足が靴いっぱいに大きく感じる。体が太ったように見える。

被害者の被害記録を集約した本があります。精神病院への入院経験の記事もあります。是非お読み頂きたいと思います。図書館に蔵書がある場合があります。
  『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集1』
  『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社ビジネスーパートナーズ

テクノロジー犯罪について詳細が記載されている本
   『電子洗脳』
     ニック・ベギーチ博士/内田千穂子訳
     成申書房

被害者の会の一つ 「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のホームページに技術資料が掲載されています。ぜひご覧いただきたいと思います。
   「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のホームページ
    http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html
   技術資料       
    http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech.html 

被害者の会がいくつかあります。
被害者の会はテクノロジー犯罪・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪の認知・撲滅・被害者救済・法律改正等を目的に、街宣・チラシのポスティング等の活動を独自に行っています。
被害者は、加害者によって虚構のストーリーにより被害者に仕立て上げられました。
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪の被害を被っています。

テクノロジー犯罪(英語: electronic harassment)は今までの常識、法律をあてはめることはできません。
取り締まることのできない(ということで放置されている)、残虐非道・理不尽・人間性皆無の犯罪です。
マスコミは報道していません。
裏社会・水面下での犯罪であり、戦争・拷問の為の兵器として秘密裏に開発された機器が使用されているそうです。
被害者を攻撃するが証拠を残さない犯罪であり、電磁波を使用している為に法律で罰することができない犯罪です。
ちなみに、ローテク犯罪は、 ハイテク機器を使用せず人為的にターゲットを精神的に追い詰める行為です。
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪は組織的な犯罪である一方、一般人をブレインジャックして利用しているようです。
被害者の全てを乗っ取る犯罪です。拡大解釈すると犯罪組織の目的を想像できるのではないでしょうか。
ブレインジャックを阻止する方法を開発する。または世界的にブレインジャック技術をを悪用しないと決めることが肝要と思います。
スマホ・人工知能・車の自動操縦・GPS・ロボット等、科学の進歩である機器を、私利私欲に悪用されることがないよう世界的に抑止するルールが必要ではないでしょうか?

以下は [記事383]の コピー&ペースト

続きを読む

スポンサーサイト

この犯罪の全廃を一刻も早くと願う(固定記事2/3)                          [記事番号 349]

集団ストーカーに次いで テクノロジー犯罪を認知した頃 某ブログにて
『某会員は 被害者&加害者&被害者であり加害者である人 の3タイプに分けられる』 という記事を拝見した
以来 4年経過する間に同じことを実感した
最近気になっているのは 集団ストーカーに固執している記事が多いように思うこと  
自身の経過経緯はテクノロジー犯罪の方が遥かに長い 知らない間に
テクノロジー犯罪=電磁波照射されていた+盗聴もされていた+たぶん全てを見られていた+思考操作・感情操作+病気にされる+ガンにされてころされる+人体実験・・・
振り返ってわかる確かな電磁波攻撃期間は30余年間 
もしかすると小児期からあったと思われることもある
集団ストーカーに気づいたのはテクノロジー犯罪を知らされる3年位前と期間は比較的短い

情報や犯罪には 別のことを大きく取り上げてある事を隠す手法がある
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪・ブレインジャックのどれをとっても 理不尽であり「ひと」の行為ではないし 攻撃の酷さを比較対照するものでもない 全てが攻撃であり ある意味人体実験であると思われる 更に別の人体実験が行われている (「戦争をする代わりに日本を腐らせる」某機関紙より)
この犯罪全てを撲滅しなくてはならないと思う ブレインジャックは人の全てを操作できるので (人の乗っ取りである) 一刻も早く全廃していただきたいと渇望している ブレインジャックされた本人の身体のダメージが少なければ少ないほど良い筈である
(オウム真理教事件の時に「マインドコントロール」という言葉を初めて聞いた ヘッドギアを頭に被り何らかの音を聞いていたと報道された 夫と息子はPCに繋いだイヤホンから 東南アジアの言葉を早送りしたような音を2時間位聞かされていた 毎日 回数は不明)

この犯罪の一つに固執するのではなく 集団ストーカー・テクノロジー犯罪・ブレインジャック・嫌がらせ犯罪の全てを全廃させることが大事だと思う
集団ストーカー被害のみを受けていると思っている被害者の皆様にお願いしたいことは 
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪・ブレインジャック全てを同時に 認知撲滅被害者救済終息を念頭に置いて頂きたくお願い申し上げます
一連の犯罪の全てを表す言葉が必要とも思われます
集団ストーカーにこの犯罪すべてが含まれるなら 若しくは間違った捉え方をしているならば申し訳ありません  

被害に気付いていない人へのアプローチ (固定記事3/1)    [記事番号 397]

電磁波照射による傷がある人を見かけた時、貴方はどうしますか?
男性の首に多数の電磁波攻撃によると思われる赤い斑点があります。
近くにいる私を警戒しています。(ATMに並んでいるだけです。)
過剰反応している様子なので、被害に気付いてパニック状態の時期かと思われます。
女性は男性に守られているからか、堂々としていて 私を一瞥して行き過ぎます。
こんな時はチラシを持っていないことを後悔します。
店内で話すことは不可能と思い、何もできなかったのが悔やまれます。

ターゲットになっていると思われる企業があります。
伝えるほうが良いと思う一方、恐怖心を植え付けるだけでは意味がありません。
どのように伝えればよいのでしょうか?
思考盗聴・盗撮をされていることの不便さを実感します。

幻視 +脳内送信           [記事番号 401]

PCを拝借した
半透明の衝立で仕切られた個室のような場所 ここでの嫌がらせは
・歩き回る足音・人物
・大きな音が出るものを運ぶ音と人物
・点灯している照明などから出る電磁波の光(視点をずらすと実際の照明と別の強い光が見える)
・強い光が何もない通路で光る

横で立ち止まり 会話をする 二人とも実際の人物より全体に太く身長が高い
聞こえている声は脳内送信の大音量
幻視+脳内送信=二人の人が話しているように見せかけている そこにいて当然の人たちだ

某所で大声が聞こえる
おじいさんと孫
孫は雪道を歩くように歩き 同時に大変大きな足音が響き渡っている
はしゃぐ声も大きい
歩くなら外でやってもらいたいと思うが おじいさんは私を意識している
幻視?大声と大きな足音は 脳内送信だ

静かな場所で 大声で話す声が聞こえるときは 脳内送信である
実際の人がいる場所から聞こえてくるように細工している
人物が二人いるところに 幻視を一人増やしていた時があった
車内街宣の文言を頭の中でつぶやき続けると消える


誘 導 [記事番号 400]

「セミが鳴き始めました」
この言葉を聞いた時は まだ 「セミの鳴き声と秋の虫の音が混じった」機械音だった
同じ言葉を複数回聞くと それが本当のことのように認識されるだろう
加害者が扇動している
同じ方法を繰り返し行ってきたのだろう

気付いて頂きたい加害者       [記事番号 399]

夜 3人の女性とすれ違いざまに 聞こえた言葉
「あまやかされているな」
「復唱」
場所は 向かいの家の玄関側の門の前
加害者の雰囲気があったので仄めかしととらえることができる
加害者末端も操られて 日本を戦争をする代わりに腐らせる行為 さつじんこういに加担させられていると思われる
自分のしていることに疑いを持つことすらできないようだ
働かず ころした人 若しくはころすめにあわせている人から奪った金品を貰っているだろう加害者たちが
増えていると思われる

私の行く場所は加害者にわかっているので待ち構えている
通り過ぎると 大声で会話する振りを装って 大声で叫ぶ
前後で手元の携帯電話を覗き込む
同じような目的で 目の前の男性二人が大声で話し続けている
操られているのか 対価を目的に行っているのかは不明





頂いたコメントが消えている     [記事番号 398]

頂いたコメントの内 ある方の非公開コメントが全て消えている
コメントの管理画面内と FC2から送信して頂く ホットメール内のコメントのどちらからも消えていた
加害者にとっては重要なコメントだったのだろう
PCの習熟度には雲泥の差がある
同時に嫌がらせもされるが 
パスワードを堂々と盗み見ているので 加害者には楽勝である

・飛鳥さんの記事に関すること および返信メール
・加害者と私との仲介のメール3通ずつ位

夜中外に出ると新聞配達が来た   [記事番号 396]

電磁波が強くて目が覚めた
外に出ると すぐに 新聞配達のバイクがやってきてポストに入れた
他の日に 同じことをすると 同じことが起きた
二者の時刻には2時間の差があった
今までの経験では 新聞配達は時計の変わりができるくらい同じ時刻に配達してくれていた
ところが この家では 2~5時前までの2時間差があった 
この時間の差の意味が分かった
新聞配達が見張り役 若しくは集団ストーカー役になっている
近隣の2階の窓の照明の色がネオンサインのように変化していた

虫                  [記事番号 395]            

今まで見たことのない虫や 今まで見た虫の色と違う虫(幻視を除く)や 今までここでは見たことのない虫などを見せられたことを考えると 
加害者が飼育しているものを屋内に入れた可能性を思う

加害者がすり替えた(以外 考えられない)植物の例では
・ねじ花 ねむり草➡よく似た植物に変わった 
・彼岸花 ラン植物➡色が変わった

国内数か所で外国産の虫が複数回見つかっていることに同じようなものを感じるのは疑心暗鬼?

付きまとわなければならない加害者  [記事番号 394]

加害者がいつも付きまとわなければならないらしい事例
私が接触する初めての人たちをブレインジャックしている
ブレインジャックはこんなに簡単にできる ということになる

後続するバイクが直進しかけて大きくUターンして私の後ろをついて来た
別のバイクが先のバイクに並んで 瞬間止まったかのように見えた
先のバイクは別方向へ行き 後から来たバイクがついてきた
老人に見えた人が 背筋を反り気味に伸ばし 40代くらいに若くなっている
電磁波が強くなるので 右折して予定の道を変えた
目的地に着くと 後からバイクが近くに来た
老人に戻っている 着衣に特徴があるために一目瞭然であった

某店舗で 声をかけた店員が ピンヒールに変わった
検索機を使いプリントアウトしたので その見方を訪ねた
「担当が違うのでわからない 私らはカンでわかるので」
「誰が好きですか?」 全員で一つのグループとして好きだと返答しても
「先日来たおばあさんはAさんが好きと言っていた」 誘導してくるが 何の意味があるのだろうか?一人の名を聞き出せば金一封もらえるのだろうか?
タイミングよくやってきた眼鏡をかけたラーメン髪の小さな男性店員に聞いている
やがてその店員が品物を持ってやってきた どこから持ってきたのだろうか?
会話は大変親しい喋り方 兄妹であると推測 ピンヒールと小さな男

いつも行くところの受付の女性 
私を通り越して二人で話しながら歩いてゆく
一人はピンヒール 腕を大きく振っている 歩き方に特徴がある
横にいる人は操られているように歩いている
同じ動作を何度も見かけた
以前見たのは 男性だった 出入り口から見える狭い光景を わざわざ見せる
男性同士だった 上記の女性二人の動作と まるで同じ動作だった
ストーリーは 加害者が作ったものと推測

嘘を隠蔽するのが常態         [記事番号 385]

嘘をごまかす言い訳 行動についての記事

辻褄の合わない言動を 筋の通らない言い訳で誤魔化そうとする 事象を合わせる
返って墓穴を掘っていると思われる こんなことをしなければならないのかと 気の毒になる

(靴を左右逆に履く年齢の)幼児が  もっと幼い幼児をブレインジャックしている時に名前をフルネーム喋った
この経緯をブログで綴った
次回会った時は 親をブレインジャックしている加害者が誤魔化そうとした
「最近自分の名前が言えるようになった」
ブレインジャックする幼児は促されても名前を言わなかった

電磁波照射による脳内音「キーン・シュー・ゴンゴン等」を加齢によるものと錯覚させる(誘導する)為に 大きく目立つ新聞広告を頻回載せている と思われる
通販故 申し込みがあれば加害者の利益になる 中身は害のないものでありますようにと祈ってしまう 又は本物の通販でありますように

初めて「アトピー性皮膚炎」 という言葉を聞いたのは 新興宗教の熱心な信者さんからだった 30年余り前のこと
ケムトレイルと時期が同期するという文章を読んだことがある
台風のあと ケムトレイルを見た 



同時進行で何をしていたの?     [記事番号 393]

昨日 ブログ入力中に「fc2.comが応答していません」のメッセージが出た
時々あること 
ログアウトのために画面を拡大した 入力中の画面は右半面が真っ白で 「ログアウト」文字がない
ブログ確認のための 拙ブログ画面を拡大すると 右側にタブが2つ出ていた 色は黒と黒っぽいえんじ色
「しまった!!」 脳内送信の音量ではない 遠くで男の小さな声が聞こえた
同時進行で 加害者が何かを行っていたと思われる

記事が消されていたことがある 本文を消した画面を出されたことがある 画面を出したとき画面が揺れて見えたことがあるが恐らく画面の切り替えをされていたと思われる  文字色が違う色の時があった
入力しかできない私には どうすればこんなことができるか知りたい

手紙の目的               [記事番号 392]

実子(の氏名 30歳代)から手紙が届いた
自分の住所は記載せず 「この住所(自宅)で届く」と但し書きをつけている 転送にしているのだろう
中身はワープロ使用の2枚 この事からも本人では無いことが伺える 封筒の文字は手書き

頻度はわからないが この子は幼い時からブレインジャックされて翻弄されてきた と今は断言できる
人の人生(脳 身体)を好き勝手にしていい人・組織があるだろうか 
殺人に匹敵するブレインジャック 人権侵害 名誉棄損 傷害 詐欺 …

「今日から勉強しない」 「今日から暴力を振るう」 Nu‐Kaの言葉
担任にウソを言ったのは Nu‐Kaの弟(次男)の息子もしくは孫がブ レインジャックしていたと推測している 
(オイリー肌の凶暴男 自宅を破壊) 

手紙の目的は動揺を誘うためと推察する
夫の母を恫喝 建具の損壊をしたのも同じであろう 
金品は 加害者がブレインジャックする10人くらいの給与・年金・所有する全てから欲しいだけ奪える状態にある

被害者をブレインジャックして乗っ取り その人に取って代わることができる怖い犯罪である
某機関紙掲載 「日本を 戦争をする替わりに 内面から腐らせる」 テロ行為と言えるのではないか
一刻も早い対処 撲滅が必要と思われる

以下の続きは 「手紙」
加害行為のマニュアルではないかと思われるので添付する 
(数年前に何度か同じことを聞かされた 加害者による作話と思っている)

続きを読む

PC入力の邪魔(電磁波照射)=音+閃光      [記事番号 391]

個室風になった場所のPCを拝借した
すぐに数種類の大きな音が聞こえてきた 加害行為の大きな音は実の音でなく 脳内送信である
今回継続している音は脚立を使う音
音が鳴りやまないので 見ると長身の男が長い脚立を持ち 後方の部屋から出てきた 私を見る
男は 見て欲しかったために大きな音を立てていたかのように 大きな音の余韻を残して消えた
これも幻視であろうか
判断しきれない
個室の外で いつもの如く加害する閃光があった

男が出てきた部屋は
扉に張られていた以前のポスターの人物たちを2年前に某所で見かけたとき 加害者の雰囲気を醸し出していた
故にこの部屋の持ち主は加害組織と思わざるを得ない

ピヨピヨ=電磁波照射の機械音    [記事番号 390]

電話線工事についての記載は数回目
賃貸住宅に居住したときも電話光回線工事(と言っていた)を数回見かけた
社名がない車ばかりなので 許可証があっても本物と認識し辛い
許可証を写メに撮ると 来たばかりで早々に退散した車もあった
電力会社の名称が入った車に よく見る工事用の制服を着ている人を見かけたが 多人数の為 半信半疑になる
集団ストーカー効果と思われる
電柱上部からセミの鳴き声が聞こえていたのは花火大会終了後 帰宅した時
近隣の家の2階外壁辺りから 「ピヨピヨ」 と聞こえるようになったのは その後すぐだった 歩いて通ると 「ピヨピヨ」という音の出る場所がついてくる 鳥の姿も見えるが 音は機械音
電磁波照射の犯罪を知らない人は 疑問を持たずに鳥の鳴き声と思うだろう 

本日 交差点で紅白の旗を振っている警備員がいるので 通れないところがどこか見ると 警備員の女性は2回見たことがある
本物の工事でも同じ人が来ることがあるだろうが 今回もニセ工事の雰囲気が漂っている
許可証を出していない 
ナンバープレート「・・・100 さ340・」
作業は今まで見たものと逆 電線に取り付けられた黒い箱から 線を一本抜いた 
その後もまだ何かしている 
「ピヨピヨ・・・」機械音が鳴りだした 作業者は慌てている 予想外の事と推察 
車の横で若い男が民家の塀にはしごをかけてなにかしている 大きな音がした
手に持った金属(棒の先が大きな弧になっている 家に何かを取り付けているもので 取り外すものとは思えないもの)を車に投げ込んだ
先ほど外された黒い線をまとめている
上で作業をしている男は 民家の2階部分の線を外した
この民家は空き家らしい
隣家はブレインジャックされた家の雰囲気がある 夜中とても明るい室内灯をつけている 年配の夫婦が住んでいる

蛇足だが 今回登場した女性の体型は メタボ50%くらいありそうな肥満体である
賃貸住宅に住んだ時から メタボ体型の集団ストーカーを多数見るようになった
加害者組織の末端と思えるのはなぜだろう?
加害者をメタボにするメリットが 加害者組織にあるのだろうか?
又は 代謝障害の基礎年金支給によって 経済圧迫することを目的にしている?
と疑問が湧き出る 

深夜にも見張り             [記事番号 389]

毎夜遅く 向いの就寝前の強い電磁波照射は 朝まで続く
前夜は30分 電磁波照射する外灯を点け 音・声も賑やかだったので
またかという焦燥とともに 外に出て声をかけた
ブレインジャックされた向かい夫がしゃがんでいた場所は もう一方の電磁波照射のスィッチがある場所
「ゴキブリがここにいるんです」 というが
家の中からそこが見えるわけがない いるのが分かっていれば昼間退治すればいい
「ここんところに」 
毎夜 同じ時刻に? あり得ない

車で仮眠して道路に出ると いつもの如く 路駐車両が20m先に待機していた 
私が見えなくなるとすぐに出て行ったので 見張り車両と推定
夜中でなければチラシのポスティングをしたい気分だった
再び車で仮眠した 
車に戻る時に前方を黒い人影が道を横断している タイミングが良すぎるので幻視と推定 やはりAIが関与していると思われる 
何かをせずにはいられないようだ

何のために見張るのか
携帯電話の電源を切っているが 車には赤く点滅するものがある GPSだと思われる
どこに行こうがすぐに見張りが現れる
見張っていると見せるのは威嚇のためか?
初めて路駐で仮眠した時にも見張り車両があった 移動するとすぐに付けてくる車があった

ブレインジャックする加害者は被害者同様に体感するようだ   [記事番号 388]

除草しているときに体調が悪くなった
一日中体調が回復しなかった
その間 腕から手指までを見ると 自分の太さだった (筋肉が萎えているので細い) 
最近その細さを見ることはなかった
体調が悪い時にブレインジャックすると 加害者が被害者の体調の悪さを同じ様に体感する為に ブレインジャックをしなかったと思われる

続きを読む

幻視+脳内送信=集団ストーカー     [記事番号 387]

館内に入り本を読みだすと 誰もいなかった場所で人が行き交うようになる
斜め後ろの席に座った夫婦らしい二人連れは新聞を広げ 話し始める
徐々に声が大きくなった 大柄な夫婦をよく見ると蝋人形のような表情 大きな声は脳内送信だった
席を移動すると新たな二人連れが話し始める 祖父と孫・親子・友人等 二人連れで会話する 
見えない場所から時々大きな声が聞こえる 誰もいない

大きな声は脳内送信
幻視は大変良くできている
TVで見るような抽象的な物が歪むようなものではなく 本物の人が動作をする
微妙に大きさが違う時に 後で分かる時がある
確かな見分け方がまだわからない

本日の一コマ              [記事番号 386]

いつもの音が向かいから聞こえてきた
「車がなかった(=不在である)」と呟くと音はしなくなった

この時の音は脳内送信による音であろう
いつも音を聞かされていると 本物の音でなくても「また音を立てている」と思っていた時もあった 
負の思考操作をされることもよくある
本物・脳内送信に拘わらず  音を聞いたときに条件反射的に不快感を植え付けられているのだろう
その為に いつも賑やかに音を立てているのかもしれない
外出前と 就寝前に大きな音を立てるのも ずっと嫌がらせが続くのだという心理的なフェイクかもしれない

タイミングを合わせて集団ストーカーに見せる                      [記事番号 384]

後ろを歩いている人が 仄めかしや 嫌がらせの文言を喋る手法が見え易くなってきた
昔 TVを見ていると映像と音声とが微妙にずれて 見辛いということがあった それに似ている
後ろを歩いている人は 普通の人で 通るタイミングを合わせて脳内送信の音声を加えている
集団ストーカーの場合も 実物地域集団ストーカーも群がるが (お揃いの履物や 黒いキャップ)
その場にいる人の動作に合わせた 言葉を脳内送信の音声を入れてきている
目の前にいる人達がこちらを見る 睨む動作等も 電磁波を使用して操っているのだろうと推察する
中には 指示を受けた本物の集団ストーカーもいる場合もあるだろう

ブレインジャックされた時の感覚   [記事番号 383]  

自身の意識がある場合に ブレインジャックされた感覚は ブレインジャックする加害者(獣)の特徴を感じる
ブレインジャック(思考操作も含めて考えるほうが良いかもしれない)を知らない時は不思議に思うだけで 自分の考え得る理由をつけて過ごしてしまっていた 

NuーKaにブレインジャックされた時
・読書中に瞼の眼瞼下垂が起こる(瞼の垂れ下がる状況は 影が徐々に大きくなり視野が狭くなるのが見える)
・カタカナの拗音が読めない
・右手指が曲がっている 指が太い
・体が大変重い
・つえに体重を載せるので歩きにくい

小さな男にブレインジャックされた時
・「無いもの」がある 手に触れるとなくなった(小さな男がブレインジャックを止めた)
・「無い物」を挟む感覚があった
・つま先が上がらず転びそうになり歩きにくい 重い
・上体起こしの背筋運動ができない 腹筋を使い背筋に力がない
・読書中 文字が小さくなる(見るものが小さくなる) 遅々として読み進めることができない
・尿漏れを起こされた時 無い物を通る感覚があった

ピンヒールにブレインジャックされた時
・暗い所では見えにくい
・車の運転が乱暴になる 考えてない 
・乗り物酔いをする
・加害者の嫌いな歌を歌っている時 声が出ず喉が苦しい

幼児にブレインジャックされたとき
・履物の違和感 左右逆にはいている感覚がある
・溢れるようなお漏らしの感覚


ブレインジャックを知らないときは Si‐Saに操作されていたようだ
・調子が良いと思う間もなく調子を悪くされる 等
・簡単なことも考えられないようにされていた
・食後すぐ 体脂肪の付きやすい部分に脂肪がついてゆく感覚を意識させられた(消化に2時間以上かかるので吸収が始まるのはそれ以降となるので ありえない感覚である) 

ブレインジャックする加害者が誰であれ 筋肉量が変わり太くなるのでわかる 
数日間 酷い痒みを加えられた時 
症状は ニキビ 蕁麻疹 虫刺され 痒みのあるものが 体全体に混在している状態にされた (加害者は何をしたいのかわからないでやっていると思われる)
掻くと傷ができるので掻かずに過ごす 
3日目に足を後ろから抱えるように筋肉質の両腕・グローブのような両手が出てきて 大変力強くゴシゴシと掻いた
私にそんな力はない 掻き終えるまで腕を見ていない 腕と掌は元に戻っていた 
「掻こう」という意思は一切ない
腕を伸ばし力強く掻き始めてから気づくことで 掻いて気持ち良いという感覚も入れられかけた ということがわかった
掻き始めた時から 掻いていない部分と症状のない部分全てが真っ赤になった
10cmくらいの傷が無数にできた 30cm長さのものもあった

翌日から数日間 同様のひっかき傷を創られた ヒリヒリした痛みを伴った
上記の太字症状は全て 新たな電磁波による攻撃である

加害者は自分のしていることがわかってやっているのだろうか?
分かっているなら 精神異常(獣)である
24時間365日見張り 電磁波による攻撃を加えてくる
盗聴 盗撮 集団ストーカー等 仕事をせずに生業にしている加害者・仕事をしながら嫌がらせや電磁波攻撃している加害者がいる
ブレインジャックされている人は乗っ取られている
乗っ取られる人が増えるとどうなるか?
一刻も早く 撲滅を願っている

楽しい催しが台無しになる行為     [記事番号 382]

本日午前中に地域の催しがあり参加した
楽器のきれいな音色と歌声そしてきれいなバラの花とお抹茶のお持て成しを頂いた
一昨日から電磁波照射攻撃が大変酷い故 至福の時だった
だが集団ストーカーが何時もの如く現れる さりげなく しかし目立つように
Ki‐De店の妻 本人の特徴はまるでない 怪物である
過日数十年ぶりに出会った方も同様
最近始めて行った場所にいた加害者組織の女 (目の端で見る特徴があった)
車に戻ると隣の車のおじいさんがアイドリングをしている 私を見ながら乳酸菌飲料を飲んでいる Nu‐Kaの好物 迷わず言った「校内のアイドリングはやめませんか?」 不承不承エンジンを切った 偶々隣あわせた車のおじいさんをブレインジャックしてアイドリングによる電磁波照射をしている構図だった
赤いコーンを置いていた場所に駐車させてくださったのは 加害者の筋書きがあったと理解した
催しに参加することは決めていたが 1時間余りの 普段は入ることのない場所での集団ストーカーは唖然とする

頻繁に行く場所             [記事番号 381]

頻繁に行く場所で私が接する人は ブレインジャックされない人はいないのだろうか

館内の電気が消えた スイッチの前にいる職員が消したのだろう
別の職員が歩み寄り 電気を点灯した 
電磁波が強くなった
電気を消した職員は座っている カウンターに両腕を載せて体を支えている Nu‐Ka似

閉館前になっても同様
他の職員も閉館業務を行っていない
「閉館業務をしないの?」 と思うと カウンターにいる二人は キョロキョロしている
館内にいる職員数人は皆ブレインジャックされている為 夫々の役割りを果たしていないと思われる 
1時間で担当を交代していた集団ストーカーは減った 閉館間際にいないこともある

他館で 受付の二人がささやいている 通常は聞こえない距離
「自分がした粗相を 他人のせいにしている」
一方はブレインジャックされている職員の顔がピンヒールに似ていた  

携帯電話で話したい加害者      [記事番号 380]

着信拒否しても架かってきた電話があった 後にその加害者は他ブログを介して携帯電話で話そうとしてきた
彼女が私を別の被害者と思ったのかどうかは確認しなかったが加害者が知ろうとすればできるであろう 
その後数回 ブレインジャックして姿を現した
今回 初対面で強引に携帯電話番号を訊いてきたのは加害者であろう Si‐Saに酷似していたが雰囲気は年配で 顔のハリは40代くらいだった(若い人を操っていたのかもしれない) 

携帯電話を使用したい目的の一つは電話使用中は 被害者のいる場所に寸分違わず電磁波照射できるからであろう 肉体的に傷つけることが可能
大変強い電磁波照射をされ始めた頃 広い駐車場にいるときは数人から電話がかかってきた 今は駐車してすぐにアイドリングする車がある
二つ目は会話中に仄めかし・脅し・嫌がらせをすることができる 心理的に陥れることができる
例①
知り合った1年後に出会った人は 別人によるなりすましだった 疑う余地のない皴のないSi‐Sa(娘?)だった 「痩せた」と言っていたが骨格が違う
その後電話で話すことになったが 電話の度に上記のような内容がふんだんに盛り込まれていた 長話ばかりだった
すぐに拒否できなかったのは 自身が操られていたからかもしれないし 本人との関係が分かりかねるからでもあったと思っていた(思わされていたのかもしれない)
数か月は相手をしていたが 他の人の醜い話に辟易してやめた 内容はエスカレートした
例②
知人を操り不愉快な話のみをする 一緒に外出してもSi‐Saが操っていた 目的地で30分間いなくなる 探している間に一人でその場所を楽しんでいたと推測できた 夫と出かけたときも同様だったから

虫・鳥・猫を操ることが好きな加害者   [記事番号 379] 

テクノロジー犯罪加害者が利用している機械は 虫・鳥・猫を操れることを 実体験で理解している

最近多いのは 虫を私の周辺で飛ばすこと
但し 本物の虫だけでなく 恐らく幻視であろうと思われるものを使用することが多くなった
幼児が新しく覚えたことを何度も繰り返すが如く 技術を覚えて乱用しているのだろうか
大変大きなゴキブリが突然現れて 「動かないな」 と思うと徐にゆっくり動く
無視すると 翌日死体となって転がっていた 但し一回り小さくなった 色が違う 干からびている
姉をブレインジャックする加害者の目につく場所へ置いた 翌日更に小さく干からびた 色が濃い 変

庭に出る 外出すると見かけない鳥が飛びまわる 監視することができるのだろうか?
鳴き声が大きく聞こえる 鳴き声のみ聞こえることもある 日没後暗闇迫るときに鳴き声が聞こえる 電柱と電磁波照射する家の二階外壁辺りから音が移動する 電磁波照射と思われる
自宅に居住していた20年間 毎年2月から数か月間 1羽の鶯の鳴き声が聞こえていた
生まれたての鶯が鳴く練習を始めて 鶯らしい鳴き方に成長する様子だった
この加害者は鶯の鳴き声が好きなようで 木の無い場所でも鶯の鳴き声がすることがあった

庭で除草していると猫が現れる Nu‐Kaが猫をブレインジャックして私のすることを監視しているような態度に見える 立ち止まり私の顔を必ず見る
大きな態度でのっそりと歩き去る

 

続きを読む

事例⑩                  [記事番号 378] 

24時間365日見張り行う加害行為が 人による操作だけではないと感じる事例
図書館で本を閲覧していると 絵本コーナー方面から大きな声が聞こえる
父親が幼児に話しかけると幼児が笑う これを繰り返している
通りかかると そこには誰もいない 声も聞こえなくなった
すぐに別の方向から同じ父子の声が聞こえてきたが 幼児が大きな声を出すと父親が窘めている
本物の声と思われた
絶妙のタイミングは 人による操作ではなく 機械によるものと思われる
渋滞の道路約4kmをTVコマーシャルのように左右に車線変更しながら前に進む車と 左右に車線変更して道を譲る車の流れを車走行中に見たことがある  とても見事だった 

稚拙な物語設定もまた 機械によるものと思われることがある
以下はどうだろうか?
真冬の夜中に蚊が飛び周り 数か所刺されて強い痒みがあった 起きて手を洗うと 手首から先が異様に赤くなった
(電磁波による火傷には 揮発性の痒み止めではなく 油性のハンドクリーム等を塗布する)
昨日就寝中に蚊の飛ぶ音で起こされた 蚊の飛ぶ空間がないことを繰り返し話すと 蚊の飛ぶ音が間欠になりやがてなくなった

事例⑨                 [記事番号 377]

ブレインジャックの事例 遠出した日の記録
バス乗車1.5時間を ピンヒールにブレインジャックされていた
乗り物酔いの感覚があり不快だった
パーキングエリアで バスの近くに乗用車が止まりドライバーが交代している
私を見た顔の仕草はSi‐Saだった
一瞬にして乗り物酔いの不快な気分が無くなった 以後目的地に着くまでと帰路は乗り物酔いに関しては快適だった

目的地最寄り駅名の錯覚を起こされていた 駅名3文字の両端が同じ字の地名に着いた
目的地は駅に直結の案内だったが 見当たらないので尋ねた
2人のうち 女性が教えてくれたのは 「タクシーで行くしかない」
男性は パソコン画面を見ながら乗り物の案内をしてくれた
正しい駅名を聞いて 正確な駅名を見た記憶を思い出したが すぐに消された  
正しい駅名は新しい記憶に残っている
そして女性の言葉は 操られて(ブレインジャックされて)言わされた言葉だと感じた

着座した途端 後ろの女性がしきりに話しかけてきた
見かけの年齢は実年齢より随分若く見えた 雰囲気と話し方はSi‐Saだが 若い誰かとブレインジャックしていると想像 
「誰も話す人がいないので 電話番号を教えてほしい Cメールでもよい」 随分強引だ
腕を強い力で5回叩き振り向かせる  
関係ありそうで無意味な話
「ブレインジャックについての応答」の時には 更に大声で話し続けた 聞かせたくないのだろうと感じた
「私はもうすぐ死ぬから日本がどうなろうと関係無い」 と仄めかし
叩かれて後ろを向いたとき女性の後ろを見せられた こちらを見ている男性は小さな男(Nu‐Kaの孫と推定)の特徴があった
大きな声は 脳内送信されていると思われる 
腕を強く叩く動作も実際に見ていない 感覚を利用していたのかもしれない
≪実際にどのくらい迷惑をかけたかわからない 申し訳ありません≫
迷惑に感じながら 無視できずに返事していた
女性を無視する 又は席を移動する等の処置がとれないのは 私自身が操作されているからと思われる
(夫をブレインジャックしている加害者が暴力を振るった時も 逃げようと考えなかった 振るわれる拳をじっと見ていた 頬骨を骨折していた)

帰宅後 本を読み始めると小さな男が邪魔をする 
小さな男の特徴は弱視 漢字の形が分からない
(歩くときに邪魔されると 躓きそうになり大変歩き辛いetc)
足を引っ張られているような歯痒さを覚える 本を先に読み進めることができなかった

ブレインジャックされると自分の意思や能力で抗う方法がわからない
ここ半年間 好物をあまり食べていないのも この関係だと思われる
24時間365日見張り 嫌がらせ(集団ストーカー)・ブレインジャック・テクノロジー犯罪をする
一刻も早く 終息することを願うばかりだ

思考盗聴        [記事番号 376]

バスや電車で隣席の人が自分の見ているものを見せてくる
思考盗聴をする為に 個人の周波数を調べる方法のように思われる

3年前電車内で隣に座った男が 私が見易い角度に時刻表を持ち イヤホンを付けた携帯ラジオ(風)の機器のつまみを回した 
時刻表には北海道の地図があった
男が大きな腕時計のつまみを触ったとき 「それが盗撮器ですか」と声に出さずに思うと 男は体をビクッと動かし 即座に席を立った
この男は私が被害者と知っていて隣に座ったと思われた

先日バスの隣席の男が アイパッドをしきりに見せようとする 上記の経験から見ない方が良いと思い 無視
幾つかのものを見せつけてくるが無視
食物を口に放り込み バリバリと大きな音を立てる 脳内送信も加えているようだったが 無視
頭の中では車内街宣の文言を呟き続けた 
2時間後には諦めたようだった
男の目論見通りに私が文字を読んだときはどうしたのだろうか?
この男は何をしたかったのか不明 
私を被害者と知らずにした行為なのか否かも判断がつかない
どこにでも加害者がいるということは間違いない

隣家の嫌がらせに思う    [記事番号 375]

被害者の間ではあまりに有名な話 実際の被害者である奈良県の布団を叩くところを映像に捉えられている女性を彷彿する 日常茶飯事のテクノロジー犯罪と嫌がらせ犯罪の記事

向かいの嫌がらせは酷くなる一方だ
電磁波攻撃用の外灯が2個存在する 
屋外に電磁波照射機器が置かれていたこともある 
風呂の電気がつくと電磁波が強くなるようだ
自宅隣家のNu‐Ka達に操られている 
(Nu‐Ka達が更に操られている可能性も否定できない)
屋外の破壊も担当している 電磁波機器を利用しているようだ
ローテクと言われる 声を出す嫌がらせも夜中に近い時刻まで度々ある
家の外四方から音が出るように 電磁波が張り巡らされているようだ
電磁波が強いとラジオ放送の雑音が大きくなる
「ラジオが聞こえない」 と呟くと すかさず言い返す声が聞こえた
「(ラジオ放送の)ピアノの音が聞こえている」
盗聴していると暴露した言葉である

私はテクノロジー犯罪 集団ストーカー 嫌がらせ犯罪 ブレインジャックの被害者であることを知っているが
騒音が絶えず聞こえ 電磁波照射による苦痛は 日々身心が休まることはない 
どこに行っても 電磁波攻撃が止むことはない 集団ストーカーがついてくる 
この犯罪を知らなければ 数十年お付き合いしてきた近隣の人たちが攻撃してくる事は理解できなかっただろうと思う
身を守る方法は ローテクの同じ方法をとることしか思いつかない
奈良の女性も同じ事を返す そんな思いだったのではないだろうか

この犯罪を認識していれば 盗聴されていることを知っているので 家の中で音を出すだけで加害者に聞こえるということを知っている
ハイテク被害は念を返すことで助かる場合があると思っている

高校生            [記事番号 374]

図書館閲覧場所には 集団ストーカーが 交代で嫌がらせをする加害者がいる
どこの図書館にもいるようだ
新学期から高校生が数人テーブルを囲んでいる
近くを通るとき頭の中で呟いた
「貴方のしていることは 人間のすることではなく さつじんです」
3人が驚いたように反応した イヤホンをつけている
それを制する目配せをする女性は 制服姿ではなく クラブのユニフォーム風の着衣だった イヤホン無し
反応した3人は 一般人のように見えた

受付カウンターではNuーKaが図書館員をブレインジャックして 得意そうに大声を出している
(実際の音を脳内送信で聞かされている大きな音)
上記の呟きの続きで ブレインジャック・テクノロジー犯罪・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪
「今聞こえている図書館員の声は 80代のおじいさんが図書館員をブレインジャックして操っている 次回来た時に同じ人を見比べて欲しい」 等呟いた
場所を移動していたので どこまで聞いていたかは不明だが 帰るときに見かけたのは2人で 顔つきがかなり険しいので ブレインジャックされているように感じた



新聞広告           [記事番号 373] 

「平和」という文字に釣られて参加した会の新聞広告(新聞紙半面大)を見た
都会での講演(ビデオ上映)があるようだ
光+音+電磁波攻撃≠平和=不快+強度の体調不良 だった
常に攻撃されているものと同じものだったが 30分間に強い攻撃が凝縮していた
被害者でありながら 「平和」に釣られて参加したことを悔いた

次元が違う          [記事番号 372]

厳しい訓練を積んで 命を賭して人命救助にあたるを人たちがいる
自身も被災しながら 救助活動をする人たちがいる

一方で自己利益を追求する加害組織がある
 人をころす(自殺誘導・脳を乗っ取り操る) 傷つける  全てを奪う
 利用する施設を壊す 盗む 嫌がらせをして楽しんでいる
 「滅ぼすために 内面から腐らせる」 「敵対者は末代まで…」

消された記事    [記事番号 371]

3/5~6の記事が消されていた
  記事番号339 『3月19日 加害者の異常性』
        340 (記事がなくなっている)
パソコン画面が揺れることがある パソコン入力中 同時進行で嫌がらせを受けることがある 
揺れる原因の一つに 記事の編集画面から切り替えて 記事を消した〔339〕画面を出された
そこに記事を入力・保存を行った可能性がある

記事番号と 入力した日付の順序が違っているものも同様に嫌がらせ 若しくは加害(獣)にとって都合の悪い記事があったのかもしれない
記事番号352 4月12日 ある家が乗っ取られた
      353 4月6日 想像を超える機器
      354 4月12日 犯人(クライアント)は隣の住人か否か

一般向けへの電磁波照射?   [記事番号 370]

夜外を見ると 一戸建て住宅3階の屋根に近い場所に 大きな強力ライトが両脇に2個点灯している
電磁波照射であろう 近隣から苦情が出ないということは 近隣がブレインジャックされていると考えられる
実家周辺で日付が変わる頃に 向かいが大声や大きな音を出し続けても苦情を言う家はない 空き家とブレインジャックされている家が隣り合っている為であろう
日中~薄暗くなっても 鳥の鳴き声に似せた機械音が断続的に大きく聞こえている 
今までに見たことのないきれいな鳥が2羽見える 目と鳴き声はカワセミに似ている 他に鳥は見えない
花火大会の夜は時季外れのセミの鳴き声だった 
朝6時 徐行する車が2台周回している 電磁波照射と思える

狭い地域での急速な大きな変化を感じる 一刻も早く 全廃を願う
集団ストーカー 嫌がらせ犯罪 テクノロジー犯罪 ブレインジャックetc

ナンバープレートを付け替える?   [記事番号 369]

5/4夜 娘がの声が聞こえた 本人ではなさそう(ブレインジャックされている)
「む1144黒バン」が駐車 新車で大きく 正方形に近い形 ナンバープレートが斜め下向き 
ナンバープレートにスモークフィルムを張っているときは下向きだったが 地域表示を変更後 垂直だった
ナンバープレートを交換している内容のブログを拝見したことがあり
自身 ナンバープレートのついていない車を見たことがある
賃貸住宅居住時 夜中2時代に ベランダの正面でライト点灯しアイドリングしている車があり(電磁波照射) 助手席の女はナンバープレートで顔を隠していた 
(隣家I-102夫をブレインジャックする拠点の中心女性の妹と推測 外見がよく似ている 
スポーツジムで時間帯を変えても常時近くにいた 集団ストーカーとは思っていなかった) 

上記に続いて ゴールデンウィークの趣向らしいので余禄記載 
5/5夜 複数の男性の大声が聞こえている
話し方や声が機械音のようだった
音がしたときに外を見ると音が聞こえなくなることはよくある
この時は外に出ようと思えなかった 思考操作されていたと感じる
早朝外を見ると 向かい電磁波照射する室内灯がついていた 窓際に黒い布がかけられている 換気扇がついていた=電磁波照射

Si‐Sa出没             [記事番号 368]

昨夜向かいからSi‐Saの話し声が聞こえた
声は向かいの奥さん似だが 歯の間から空気が漏れる特徴とSi‐Saの話し方だった
電磁波によるひっかき傷の指南に来た?
ブレインジャックされている息子の暴力退避の為夫の勧めにより 数年前の半年間を実家に滞在した時 
毎朝起きると約10cm長さの太いひっかき傷ができていた
集団ストーカーに会い始めた頃で 電磁波照射による攻撃については想像もつかない時だった
(犯罪による傷を睡眠中に自分で作った傷と思わされることに気付く意味でも テクノロジー犯罪=Electronic Harassment=を知っていただきたく思う)
Si‐Saにされたことを以下に記す
・実家周辺の電磁波照射 転居当初からあった
・電磁波照射による体調不良を創る
・集団ストーカー(・スポーツジムでの扇動 ・初期の集団ストーカー組織)
・家族同様の愛犬をガンに罹患させ殺した
・盗聴
・折々に対面する人をブレインジャックして嫌がらせをする
 賃貸住宅関連の女性 警察官 スーパー店員 
・知人をブレインジャックして嫌がらせ 金銭盗  


・息子をブレインジャックして就寝する前に玄関でシーツのゴミを払っていた
・がんで亡くなった愛犬の写真盾を伏せていた やがて隠された
(上記2例は 息子をブレインジャックする加害者は7人いたがSi‐Saが担当した日のみ違った) 
・盗聴していると気づかせた (ラジオからSi‐Saの声が聞こえた)
・夜中ネズミが走る音のように家の中を走っていた 何をしていたか不明
・息子をブレインジャックしているとき 家の中に仲間がいると勘違いしたようで Si‐Saとその夫の声が大きく聞こえた
 「ほれな」「ほんまやな」
・スポーツジムで初めて見かけた時 Si‐Saの私を見る目が爛々と輝き ず~っと見られていた
・知人をブレインジャックした 知人は変貌した 
 知人は半身不自由だが自分で全て熟す優れた人だった 
 ロングヘアを器用にアップしていたが バッサリと髪を切ってしまった 
 芸術的センスに優れていて創作する陶器は表情豊かなものだったが
 ブレインジャックされてからの作品は人並み以下になった

吝嗇漢(りんしょくかん)Nu‐Ka   [記事番号 367]

吝嗇間Nu‐Kaと親族の記録。 金銭の記事です。申し訳ありません。

今朝 ニセ姉が入って来た 大きな女がブレインジャックしている 
仏壇に飾っている花は 母・姉が備えるものと違う
ニセ姉は知らないことを指摘したが 何やら喚き散らしている
「ガスの請求書がなければ払わないよ」 目的はこれだったようだ いつもの場所に置いていると返事しても無駄
因縁の付け方は同じ 奪った金さえ出し惜しみする 上納金(推定)+剰余金は親族の勤める保険会社に貯蓄している
加害者(獣)がはびこる前の状態に戻すことを促しても 当然無駄である
部屋を出て再び入って来たときはNu‐Kaがブレインジャックしていた
(Nu‐Kaは下顎を閉じることができないとオイリー肌の男が言っていた 無理に閉じるとカエルの口のように横長になり突き出す)
私の荷物を勝手に物色して目についたものを持っていこうとした
人の物も自分のものと考えているようだ 
(賃貸住宅に住んでいる時 私の荷物を全て部屋から放り出した 夫をブレインジャックするNu‐Kaに4度暴力を振るわれた時とこの時も警察の方に来ていただいた) 
今朝のニセ姉は 昨年の何事にも因縁をつけて喧嘩腰だった加害者だった 暴力行為はなかった
4/29に話したことから 因縁をつけてけんか腰に話すのが姉であると勘違いしたのかもしれない 
(4/29留守中に 新品に替えたばかりの炊事場カランの逆止弁が壊れているため 玄関外の給湯器に給水するパイプから水漏れが起こっているとうそぶき 取り換える必要のないカランを取り換えた カランにつながるパイプを壊して 窓下の床材に縦の長さの半分余りの大きな穴をあけた 何かの目的があるのかもしれない 業者は逆止弁を取り換えたのはエ●Wa●●● 今回はKi●●ni設備 同じ業者だと作れないストーリーである)

言葉遣いはNu‐Kaが住む地域の方言である
(見かけるときはブレインジャックされたままの向かいの奥さんも同様にNu‐Ka方言を話す 本人は出身地の方言イントネーションを話す)

以下はNu‐Kaがブレインジャックして言った言葉
仕事を退職して何故金がない!
保険金はどうした?
わしが金を握る 全てよこせ!
金がなければ解約しろ!
本当に知らんのだったら金はやらん!
勝手に買っているから(自分が使っても)金をやる必要はない!
この家にあんたのものは一切無い!
まだ相続してなかったな
以下はピンヒールがブレインジャックして言った言葉
ここは私の家よ!
私の新聞だ!見るな! (持ち去る)

追記6/6
親戚の一周忌があった
粗供養を持って来ない 私からのお供えをしなかった 若しくは 粗品さえ奪い去るNu‐Kaが奪ったと考えられる
包装紙のない「粗供養」と書かれた熨斗紙付きの箱を置いているが親戚からのものではない
ラーメンが2個紙袋に入って届いた 空港店内の土産物屋からの発送で これも親戚からのものではない
昨年お葬式の粗供養が安価だったことから 近隣と同額のお供えだったことを推察した のちにカタログギフトが送られてきた 親戚の習慣ではない 嘘にうそを重ねる論理ととらえた

毎年母の友人からいただくものがある
今朝 仏壇に供え 出て行く時に持って行ってしまった
仏様用に持って来るように言ったときは2年前のものを持ってきた 
贈答品は見なくなった 

マーキングに酷似=金を毟り取るマニュアル?    [記事番号 366]

追記:4/30
この記事の1・2回目の記事を探したが見つからない
「2月の記事数3」 少なすぎる 消された記事がどのくらいかわからないが 加害者にとって消さなければならない記事が満載だったということだろう 
余録:2015年5月の記事も少ないので消されたようだ 

3回被害にあった給湯器は玄関外にある為 忍び込まずに ブレインジャックする加害者(獣・小さな男と推測)が壊すことができる
1回目の水漏れは 忘れ物を取りに戻ると 水漏れが起きていた 
向かい夫(ブレインジャックしているのは小さな男)が普段は持っていないウェストポーチに何かを収納してファスナーを閉めた
顔をあげ私を見ると「あっ」四角に口を開いたまま閉じなかった
給湯器の給水パイプの上部が切断されていた のこぎりなどでの切断による筋が全くない きれいな切り口だった 電磁波は塩ビパイプを切断できるのだろう
1回目消されたエ●Wa●●●の会話
「エ●Wa●●●です」整髪油をつけた濃い黒色の髪・日焼け顔の男が言った 作業をする人ではない 
「カランは半永久的に使えます」
「上から物が落ちたとき止水する物に替えるのかと思った」 水を出したり止めたりを繰り返して そのカランであることに気づかないはずはない 詭弁にもなってない 
カランを変えることが前提のストーリーで ニセ姉は「カランを取り換える」と言い張る
「逆止弁を替えるだけでよい」
午後から来た職人さん風の男が作業をした 交換したパイプをも持ち帰らないように頼んだが無くなっていた
代金の振込先を 請求書に記載されているほうに振り込んだ 別の指定口座は裏かもしれないと思った
この後の作業は留守中に行われるようになった

2回目:灯油タンクからオイル漏れが起こった
漏れ出したことに 匂いに気づくであろうが ニセ姉は対処しない 
無視していると数日後に周辺を濡らす量が漏れだした
ある日帰宅すると 給油タンクだけでなく 給湯器も新品になっていた メーカーが代わった CーB 使用説明書がない
奥の脚は見えないが 手前の二脚のうち 片側だけ固定されている 足をのせる台座は半分に切断したブロックで面積の狭いほうが下になり不安定である 更に雨水でたまった土がブロックを不安定にしている ゴミが散乱している ゴミを残すのは加害者のやり方らしい 
後に何かのついでに 上記を素人工事のようだというと ピンヒールを姉がブレインジャックしていて怒鳴った
「素人違う!!」 何をか況や
以上のような文章が見つからない

 
以下3回目(4/29の出来事)
玄関脇にある給湯器付近を3度目加害された(と確信している)話の続き 水漏れが始まってから随分間が空いた
水漏れが起こっているのは 給湯器への給水パイプの地面位置 3cm位の噴水状態
1回目と同じC‐B(=給湯器メーカー)の70代男が水漏れを見て即座に行った
「これは給湯器が悪いのではなく 水栓が悪い 見て回りましょう」
家に上がり 迷わず台所へ行き
「これです」 一目見て断定したが 通常と変わらない
逆止弁の外側の「ー(マイナス)」位置をドライバーで回す
音が止まる =脳内送信で会話ができるので 加害側が作っている音を止めるのは簡単だ
「音が止まったでしょう」 
給湯器への給水パイプの地面位置での水漏れは 台所の『逆止弁』が傷んでいるから起こっている
以前の水漏れ(水漏れ個所は給水パイプの上部 ボイラーの近くだった)と同じことを話した 以前の手順には先ず風呂場を見て 風呂場は違うという動作があった
 
私は加害側の自作自演だと確信しているので
(=今回の音の起こりは或る日向かいのトイレに空気を送る機械のようなものが騒音並みに大きな音を立てていた➡ 実家炊事場付近が大騒音を奏でたのでビデオにとっておこうと思った➡玄関脇の給湯器給水パイプから水漏れが起こった &帰宅直後炊事場の音がしていないことが数回あった 夜向かいが寝静まってからは炊事場の音は更に大きくなっている) 
基本的に音がする=電磁は照射である (飛行機の飛ぶ音 車バイクの走行音 話し声 走る音 向かいが大きな音を立てる等)

以前の経緯も含めてC- B男性に話した
・給湯器付近の不調はこれで3度目である 炊事場の無数の叩いた跡や流し場内側の擦った痕やステンレスカバーを剥がそうとした痕も含めて 外から入ってきた誰かがしたことなら 警察に被害届を出さねばならない
・2度目の灯油タンクが漏れた原因を訊くと 「腐食による」 原因は「水が入った事」 水が入る理由は「結露による」 「水は下に溜る」 灯油漏れ箇所はタンク下から20cm上部で微妙に漏れていたものが 数日後大量に漏れだした その結果は灯油タンクだけでなく給湯器も新品に交換した 本日乗車していた車はC- Bのメーカー名が入った新品だった
・1度目の止水弁が悪いから水漏れが起こっていると貴方が言って 取り替えた止水弁がまた傷んでいるなら業者の責になる 「(動揺を隠せず)誰がしたのか?」 の問いにニセ姉が答えた 「エ‐Wa」
・ボイラー給湯器の取り換えにゴミを残しているが ゴミを散らかす業者はいないと話すと 「自分は知らない よその業者の事はわからない」と言うが 貴方はボイラー給湯器のメーカーではないの?
業者とニセ姉は異口同音に言った 「被害妄想だ」 自作自演のストーリー展開のマニュアルである 向かいの奥さんが家の中から出てきてすぐに入った 目的は「被害妄想」を聞いたと目撃証言をする為と思わざるを得ないタイミングである

業者の車を見送る時 話した
ブログは加害側の誰かが読み 取り繕うこともあるので ブログに書いた事をニセ姉(今回は全てに大きな女がブレインジャックしている)に話した 昨年ピンヒールが因縁をつけていたが何時からかそれは殆んど無くなり 私自身ブレインジャックされている大事な人を見たくもないので話すことがなくなっている 
・業者が車に戻る時「エヘン」と集団ストーカーの嫌がらせをしたので「あれは1回100円?」
・姉の習慣はまるでない
・ブレインジャックされて靴はすぐに傷みファスナーを開けたまま履いているのは何故?
・騒音並みの音と共に漏水が始まってから 修理まで間を空けたのは何故?
・向かいの奥さんの顔を見て怪物だとは思わない?(=Nu‐Ka+幼児=小顔 アンパンマン様の頬 その下から口にかけて窪んでいる まだら色黒=怪物顔) 
・○○電力と総合病院で対面した女のことを話した 居眠りしている人が腰を支点にして上体を三角錐を描くような円を描くだろうか?じょうじの後だったね 
ニセ姉は全てに無言だった 都合の悪いことは何時も無言である

数時間後に帰宅すると 水道工事業者が入れ違いに荷物を運び出した 
すでにカランは新品に取り換えられていた (間尺に合わない 長い)
1回目修理の時に 「カランは半永久的に使えます
(エ‐Wa)」とエ‐Waが言った 逆止弁のみ交換して保存している
事情を話しても 「逆止弁が傷んでいた」と繰り返す
2か月前に交換した金属が傷む?
 あり得ない
交換する必要のないカランを持ち帰った
「パイプが古く折れたので交換した」ということになっていて 古い窓床材に大きく穴が開いていた

加害側にカランを取り換える意義があったのだろう 
業者は「Ki‐設備」 1回目と違う
水漏れ箇所を修理した様子がないのが不思議だ  
夜ピンヒールの笑い声が聞こえた 「あ~っはっはっはっはっは」×数回 
取り換える必要のないカランを取り換える悲願(一回目に阻止した)が成就したか 付随するものがあった?

1回目水道工事業者が振込先を請求書記載とと違う方を提示した 二重帳簿を連想したので請求書記載の振込先にした
以降支払いを託してこない

追記:5/6
数日後 交換したカランから漏水が始まった 数回電話したが繋がらない

入院中に日焼けした母      [記事番号 365]

同じ病棟内で 数回病室が変わった
新しい病室は 南向きで日当たりが良い

母は入院中に日焼けした 大きなシミが顔の周囲を覆っている
入院以前にデイケアに通っていた時のほうが日焼けしなかった

母は数年前からブレインジャックされている ブレインジャックする加害者によって顔や姿かたちが変わる
Nu‐Kaがブレインジャックした時は色黒で大きなシミが顔の半分を覆う 頬骨周辺がアンパンマンのように出っ張る 顔が大きくなる
Nu‐Ka妻とその姪がブレインジャックすると  顔・目・口・口唇が大きく下唇が突き出る
ピンヒールがブレインジャックすると 頬の肉が斜めに盛り上がり目が小さく細くなる 流動食を食べることができない クシャおじさん顔になっている
ブレインジャックされていることは疑う余地がないのに 私が病室に行くとわからない言葉を話す芝居をする
大声で唸っているときは阻止した 以来その病棟で唸り声は聞こえなくなった
正月 孫ひ孫が来た時には ブレインジャックされている姉も一緒に楽しく歓談していた 勝手なものだ
人を殺す目に合わせている加害者に付き合う度量は 私にはない
「鏡を見たほうが良い 怪物みたいだ」 「入院中にどうして日焼けするの? シミが大変多くできている」 「どうして濁声になったの?」 「今日は顔が大きいね」

日当たりのよい病室にいるから日焼けしたと 筋の通らないことを宣う為に病室を変わったのではないだろうか?
繊細な看護をしてくれる大変良い病院だったのだが どういう絡繰りになっているのか分からない
病院全体が乗っ取られたのだろうか?
人体実験の為に
どこが得をしているのだろうか?
追記6/15:
副院長が詰め所にいた
いつもより背が高い 詰め所を出たり入ったり ウロウロして業務をしていない ブレインジャックしているのは大きな女と推定

固定電話も操作されている?   [記事番号 364]

固定電話に 知人の着信履歴があったので架電すると 履歴が残る期間に電話していないとのことだった
携帯電話の着信履歴を操作することができる方法を使えるのかもしれない
固定電話も操作されている可能性がある
固定電話の着信先を加害組織に作ることができるならば
機械音による酷似の声は 作ることはできるので
着信先で 加害者(人工知能?機械?)が会話することは 被害者を思考盗聴することにより容易であると思われる
ただ 話している相手が本人でない場合は 切電後に違和感が残る 
話の筋が合わない・相手が同じことを繰り返し話している・話し言葉に方言(クライアントの居住地のもの)が出る事などがある
ブレインジャックされている人と話している時と同様である
調べる方法はあるだろうか

偽太陽光=電磁波照射    [記事番号 363]

電磁波照射を太陽光や電気照明に見せかける記事
遮光カーテンやアルミ圧着シート・素肌を露出しない等 影を作り少しでも身体が楽になる方法をとる方が良いと思われる
この犯罪を知らない一般の方が 「太陽光が眩しく体が熱くなっている」 「昼寝をするようになった」 と話しているのを聞くと 電磁波照射されているのを感じる
一刻も早くこの犯罪の撲滅全廃を切望している

数日雨が続いた後の太陽光は大変強くなっている
本物かどうかは定かではない
実際の太陽光に電磁波照射を加えている場合がある 肌に刺激を感じる 体調が悪くなる
日没の1時間前に 20m離れたところの自動販売機から太陽光の照り返しを強く感じた 自販機の下部に周囲がぼやけた丸い白い光が見えている
反射角度が出鱈目だ
太陽がどこにあっても 反射していることにしている
朝日が当たらない隣家の壁(東側)から太陽光が出ているように見せている 一日中(太陽が南にあっても西にあっても)反射していることにしている 
どこから太陽が当たっているかなど 加害組織には関係なさそうだ

室内照明・街灯などにも 電磁波照射をさせることができるようだ
実際に電磁波照射している場合と 
他の場所から電気器具にポイントを合わせて電磁波が出ているように見せかけている場合とがある 視点をずらすと電気器具のない場所で光っている

本日の担当         [記事番号 362]

ブレインジャックされた状態が継続している被害者の担当加害者(獣)は 最低4人いる
昨日の担当は 幼児だった 
時刻にルーズ・TVを夢中で見ている・指示されたことのみする・足音が軽い・新聞紙が折り畳めない

出先で接する人をブレインジャックするのも同じ加害者(獣)だ
ある場所でブレインジャックされている人は 通常立位の場面で座位である
頭を左右に振り 口に力を入れて言葉を発して満足している
対面している人に対して傲慢な態度を出せれば満足のようだ 

ある日は頭がとんがっている ある日は四角である ブレインジャックする担当者により特徴が変わる
PC画面が固定されたので担当者の手を煩わせた 膨よかな顔が斜めに肉が盛り上がり 両肩を挙げてため息と同時に落とした
モデル体型の方の体積が3倍になっている 話し方も加害者の特徴が出ている 館外から入ってきて帰路の私とすれ違った

人が居なくても音を出し電磁波も強くなる犯罪    [記事番号 361]

「ドン!ドン!ドン!」 庭に居るときに音がした
聞こえるている場所が曖昧で特定できない
音を出した加害者は 私が家の中にいると断定して音を出したと推測する 家の中にいれば庭から音が聞こえてきたと感じるのであろう
足音は オイリー肌の男のものと酷似している〔=凶暴男=自宅を(息子をブレインジャックして)破壊した男〕
足音の直後に聞こえてきた向かいの夫婦の声は 小さな男と幼児が 夫婦をブレインジャックしていると思われる話し方だった
(この日 姉は朝から不在のため 遅い出勤だったと思われる 向かいの夫婦をブレインジャックする出勤と同時にまず音を出したと推測)

人が居なくても音を出せる犯罪と確信している 
夜中に向かいの夫婦が寝静まっている時刻にも 度々音が聞こえる 同時に電磁波照射が強くなる
賃貸住宅で 洗濯機付近にいるときは 上階が不在の時に音が聞こえてきた 音を出しているのは隣家(夫をブレインジャックしている拠点)だった 
在宅の時に聞こえてくる音は生活に伴う音だった 音と共に電磁波照射が強くなった

事例⑧               [記事番号 360]

集団ストーカーの事例
食事中 近くで大声が聞こえてきた 
「箸の持ち方が汚い」 よく通る癇に障る声で話し続けている
一目見て 加害組織のカップル
そんな時は決まったフレーズを繰り返す もちろん頭の中で
「大声で喋り続けているのは貴方だけ」 忘れずに付け加えた 
食事よりもスマホを見ている男性は 季節外れの黒い毛糸の帽子を被っている
やがて女性が静かになった 
同じようなケースで 店舗を罵る言葉が聞こえてきた 一人で座っている女性の口が動いているので 実際に声を出しての非難であろう
「嫌なら出ていけばいいだけのこと」と思うと 隣席でタブレットを見ていたふくよかなおばさんが声を出して笑った どちらも加害者であると思われた 地域・若しくは指示された嫌がらせ要員と推測

選挙運動の加害マニュアル      [記事番号 359]

被害者が加害組織と確信している 加害組織せいとうの選挙宣伝カーが近くに来たときは 遠ざかるほうが賢明だ
・徐行選挙宣伝中も電磁波攻撃している
・一時停車しているときはその近隣に被害者がいる確率が高い
・思考盗聴
・宣伝カー内のマイクを持つ女性に脳内送信で話させる(周辺の人の思考盗聴を参考にして好感度アップの内容を話す)
・スピーカー用にバッテリーを積んでいると思われるので 電磁波攻撃は強く遠くまで届くことになる

事例
・総合病院前の交差点で 選挙期間前にマイク操作を誤ったと思わせる雑音の大音響で電磁波攻撃をした
 選挙期間にその車を使用した候補者は落選し 翌年選挙宣伝カーを変えた立候補者は当選した
・後ろから来た宣伝カーのマイクを持つ女性が思考盗聴して呼応する言葉を話した
・後ろをついてきた宣伝カーから強い電磁波照射をされた
・道を間違えて出くわした宣伝カーのドライバーは髭面だった ニヤッと笑い下り坂を先に行った
・公共施設にいるとき強い電磁波攻撃を感じたので場所を移動すると 建物の外に選挙宣伝カーと応援要員乗車の車が停車していた 間も無く発進したが 施設近辺を周回していた 4度見かけた

付録
・加害者間で脳内通信している (「携帯電話がなくても通信できる日が来るだろう」)
・試食販売員が 脳内送信を受けて客に話している (販売員に自覚があるかどうかは不明)

第10回テクノロジー犯罪被害フォーラムのお知らせ[記事番号 358]

『世相を知る‼ テクノロジー犯罪と 嫌がらせ犯罪』
 1 高度情報化時代の兵器とテクノロジー犯罪
 2 高度な監視技術に基づく嫌がらせ犯罪
 3 大沼安史さんを交えて質疑応答

・東京2017年5月13日(土)13:00開演(12:30開場) 
       東京ウィメンズプラザ 大ホール
             (東京都渋谷区神宮前5-53-67)
    
・大阪2017年5月21日(日)13:00開演(12:30開場)   
       大阪住まい情報センター ホール 
              (大阪府大阪市北区天神橋6-4-20)
  
・チケット 1000円 (当日券のみ・全席自由)


主催・特定非営利活動法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク

     http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

事例⑦               [記事番号 357]

ブレインジャックの事例
実家近辺でブレインジャックするのはNu‐Ka親族 
・Nu‐Ka夫婦・孫男女(ピンヒール・小さい男)・妻の姪の母子がメインだ

【向かいの奥さん】
集団ストーカーの頃 この方はSi‐Saから接触されて 
「強請・タカリですか?」と話していたが 集団ストーカーのようなことをしていたこともある
いつの間にかブレインジャックされている
日暮れに町内会費を集めに来たその容貌は怪物のようだった
・目が細く窪んでいる
・頬が 大きく丸く飛び出している=アンパンマン様
・口は横長で窪んでいる
・輪郭は とても小さく丸い=幼児(Nu‐Ka妻の姪の孫 外の流し台でトントン音を立てていることもある)
「顔がまるで違うのですが 大丈夫ですか?」と言うと
「これは(顔に当てた手は小さな顔より更に小さかった)おふろに入ったから」
踵を返した姿形は おむつを当てて歩いているようだった

【Ki‐De夫】
この地で数十年電磁波照射してきたと思しき電気工事店
17年前母の体調が悪いとき(電磁波攻撃によると確信している)月3回くらい帰省し手伝っていたが 自宅に帰るときは いつも見上げていた
昨年来 Nu‐Kaがブレインジャックしている
図書館で見かけたことはなかったが 最近何度か見かけた 咳ばらいをしたり 新聞をめくる音を立てたり 歌を歌うなど姦しい
精神異常と言わざるをえない

【行き先の職員】
ピンヒールがブレインジャックすると 頬の筋肉が斜めに細く盛り上がっている・両腕を大きく振って歩く・
大きな女がブレインジャックすると 大きな男性が更に大きくなる
小さな男がブレインジャックすると 頭髪クリクリ・目が細くなる・口を四角に開けるまたは丸く突き出す・華奢になる
Nu‐Kaがブレインジャックすると 居丈高な態度(出入り口の前で腰に手を当て小学生を見下ろし説教していた 職員のとる態度ではない) ・立位の筈が根が生えたように着座 ・目が三白眼になる・口が閉まらない・横に揺れて少しずつ前に進むように見える・背中が曲がっている・頭部と両腕が体感より前に出ている片足を股関節から外側に開く

事例⑥              [記事番号 356]

嫌がらせの事例
パソコン拝借場所での嫌がらせ
【PCの文字入力を阻止する事例】
キーボードに手を置くと「文字種」が入力文字以外のものに変わる
同じことが続くので見ていただいたが その間のみ通常に入力できた
立ち去ると同じ事が起こり この日の入力を諦めた 
担当の方曰く 「このPCの文字種変換はこのPC以外無い」「ウィンドウズキーを間違って触れたのだろう」

【耳を塞いでいても聞こえる邪魔】
PC入力中はヘッドホンで音楽を聴いている 「えへん!」 「話し声」が大きく聞こえる 
PCを拝借する場所が変わっても台車が傍を通り過ぎる

実家付近での嫌がらせ
【入出庫時のアイドリング】
帰宅に合わせてアイドリングをする近隣に駐車する車
遠回りをして戻るとまだアイドリング中10分以上経つので声を掛けた
嫌そうに横を向き正面を向いた顔は「Nu‐Ka+小さい男」の特徴になった
近所迷惑なのでアイドリングをやめていただきたい旨話した
すぐにエンジンを切った
以前にも話した旨を伝える
「自分ではない」
この場所この車に乗っている人に話した旨伝えた
自分ではないと繰り返す
「中身が違った」と呟くと
エンジンをかけて出庫しバックしてきたが門を閉めて出て行った
入出庫の際はいつもアイドリングしている 
車を駐車場に止めているときは 家の前でハザードランプをつけて数分と待っている
くしゃみ1回100円との記載を見たが アイドリング1回につきいくらだろうか?
この男は加害組織の一員だが クライアントにブレインジャックされるのが不思議だ

【出先での機械を誤作動させる嫌がらせ】
ペットボトルのシュレッダーを利用するために遠回りした
車を止めてシュレッダーに向かいかけると その場所の前に車を止めてアイドリングを始めた車
数回目である シチュエーションはその都度異なる
ドライバーはATMの列に並んだ 助手席には赤ん坊を抱いた女が座っている この場所に車を止めねばならない理由はない あからさまな嫌がらせは得意中の得意である 自分がやられる側に立つと警察を呼ぶのさえ厭わないふざけた組織である 日本人的ではない (蛇足ながら付け足したくなる 今回は温存する)
シュレッダーの機械は誤作動を起こしてペットボトルを返してくる
車を除けてくれるように声をかけたが 時すでに遅し 機械は帯電しているかのように誤作動あるのみ 店員さんに声をかけるとすんなり動いた 
金を無駄遣いさせられなくとも 全てを邪魔してくる

嫌がらせをして対価があるのか? その出処は被害者(殺された若しくは殺す目に遭わされている被害者から奪ったもの)であろう
それでも貰えるのか 目的をどのように聞かされているのか?

事例⑤                 [記事番号 355]

被害者を嵌めようとしたストーリー展開の事例 (被害者を悪者に仕立て上げる意図があった)
間違いがあったので その物を持って行って尋ねた 夜間の担当者が出てきて詳細を復唱
2回目出て来て調べるのに時間がかかるため電話番号を記入するよう言われたが 待つと返事した途端急に顔つきが変わった
3・4回目出て来て名を呼ぶので行きかけると 後ろから私を追い越した太めの男性が応対した 同姓はあまりいないのだが
夜間担当者が出てくる時刻ではなく この方は身長が高く 私の目の前に顔が来ることはない 頭髪は軽いウェーブがクリクリに変わりボリュームダウンしていた
担当者が出て来て 「間違いを訂正する」と平身低頭して説明してくださった 
以上のことから私に対応したのは加害者がブレインジャックしていた 名を書かそうとしたのは「立腹して帰ったので電話をする」ストーリーをでっち上げ 電話での応答を 機械音で作って悪人に仕立て上げようとしたと推測できる

ある家が乗っ取られた          [記事番号 352]

ある家が乗っ取られた 墓地もなくなった
家系図のある家だったそうだ
本来相続できるが兄に全てを譲った 男の妻が信者だった
その悲しみをはかり知ることはできない
にも拘らず 末代まで攻撃するという記事を見たのはこういうことだったのかと想像
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR