『脳をジャックされた』記事について被害者の立場からの感想 (固定記事3/3)          [記事番号 335]

『被害者は私。ブレインジャックされた』 平野被告が無罪主張 神戸地裁初公判
神戸新聞 https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201702/0009897981.shtmlより引用させて頂きました。

公判が始まったばかりの時期に記事にすることは躊躇われるのですが、『ブレインジャック』『テクノロジー犯罪』という言葉が新聞に掲載されラジオから聞こえてきて注目を集めている機会に、一般の方々に残虐非道の犯罪『ブレインジャック』を認識して頂きたく、記事に取り上げさせて頂くことにしました。公判中の犯罪について記載しているのではないことをご了承頂きたくお願い申し上げます。
ただ 『ブレインジャック・テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪』は報道されていないだけで実際に行われている犯罪であると認識頂きたく重ねてお願い申し上げます。

【経験上からのブレインジャックについての種類】
ブレイン=脳、ジャック=和製英語で不法な強奪・占拠の意味。バスジャック・ハイジャックと同等の言葉であると捉えております。
相違は、バスジャックやハイジャックは乗っ取られてはいるが乗車している人の意思はあります。
ブレインジャックは脳を乗っ取られるのですから、本人の意志や言動はなくなり、ブレインジャックする加害者の意志・言動・習慣が全て出るとご理解頂きたいと思います。
ブレインジャクには、経験上3通りあります。
①自分の意識はあるが、ブレインジャックされている間の自由意思はない。
(ブレインジャックしている加害者が操る自分自身を見ている状態で、それを理解しているときと 違和感のない時とがある。いずれにしても抗えない。)
②自身がブレインジャックされたとき、ブレインジャックされている間の自身の意識がない。状況判断でその間に脳を乗っ取られていたのだと知ることができる。
相手がブレインジャックされていると思われるときに2通りある。
ブレインジャックする加害者の特徴が現れる方法と、 
瞳孔が開き・感情や人間らしさを感じない方法とがある。 
③ブレインジャックされた状態が継続。本人の意識はなく本人の全てを乗っ取られる。動産・不動産・人生の過去~現在を跳梁跋扈されている~未来を奪われることを防げない。加害者の特徴が出る。

【経験している事例】
・自身の意識ではない言葉などを喋らされる。例えば 「1」と発声しようと頭で思っていても、それ以外の数字を言わされた。 どれだけ気を付けても自分で自分をコントロール・修正できないブレインジャック。自身が話しながら「何故こんな事を話しているのだろう?」と疑問に思っている時がある。
・頭を乗っ取られて体を動かされるブレインジャックに本人の意志はない。従って暴力を振るわないようにすることは無理である。ブレインジャクされた人から暴力を受けた。自宅にあるものを破壊された。
・交通事故を起こされた。
・頭を乗っ取られ体を動かされている本人の意思がないブレインジャックされた人を、精神異常者として病院への措置入院・強制入院は意味がない。精神異常の考え方をするのは加害者=ブレインジャックしている人達(組織)である。
・加害者組織は24時間365日、被害者を監視して加害行為を行っている。
・ブレインジャックされた状態を継続されている被害者は身体が生きているだけである。本人の人生はない、基本的人権がない。
・ブレインジャックは加害者の任意で行える。被害者の接する方々がブレインジャックされていることが頻繁にある。
 例えば、被害者である私が病院受診の時の医師はブレインジャックされている。身体は医師だが脳はブレインジャックする加害者なので、素人が医師として患者の診察を執り行っていることになる。通常は医師法違反であるが、身体が医師であるため加害者が「お医者さんごっこ」をしているが、医師の業務を行わなくても罰せられることはなく、患者は真の医師診察を受けられない。
・ブレインジャックされている被害者には、複数の加害者が交代で見張り加害行為を行う。加害者の仕事はブレインジャックすることにある。被害者の全てを乗っ取り、生活している。
・ブレインジャックされている被害者を、集団ストーカーの要員としている。
・平常時にブレインジャックされていると感じることがある。自分の習慣ではないことをしている。ブレインジャックされると歩きにくい。ブレインジャックする加害者の特徴によって、自分の感覚が変わる。
例えば眼瞼下垂のあるおじいさんにブレインジャックされると、瞼が垂れ下がったように感じる、背中が重く感じる、歩きにくい。
幼児にブレインジャックされたと感じるときは、履いている靴が左右逆に吐いている感覚がある。手が小さくなったように見える。
大きな人にブレインジャックされたときは、靴が小さく、足が靴いっぱいに大きく感じる。体が太ったように見える。

被害者の被害記録を集約した本があります。精神病院への入院経験の記事もあります。是非お読み頂きたいと思います。図書館に蔵書がある場合があります。
  『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集1』
  『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社ビジネスーパートナーズ

テクノロジー犯罪について詳細が記載されている本
   『電子洗脳』
     ニック・ベギーチ博士/内田千穂子訳
     成申書房

被害者の会の一つ 「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のホームページに技術資料が掲載されています。ぜひご覧いただきたいと思います。
   「NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク」のホームページ
    http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html
   技術資料       
    http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech.html 

被害者の会がいくつかあります。
被害者の会はテクノロジー犯罪・集団ストーカー・嫌がらせ犯罪の認知・撲滅・被害者救済・法律改正等を目的に、街宣・チラシのポスティング等の活動を独自に行っています。
被害者は、加害者によって虚構のストーリーにより被害者に仕立て上げられました。
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪の被害を被っています。

テクノロジー犯罪(英語: electronic harassment)は今までの常識、法律をあてはめることはできません。
取り締まることのできない(ということで放置されている)、残虐非道・理不尽・人間性皆無の犯罪です。
マスコミは報道していません。
裏社会・水面下での犯罪であり、戦争・拷問の為の兵器として秘密裏に開発された機器が使用されているそうです。
被害者を攻撃するが証拠を残さない犯罪であり、電磁波を使用している為に法律で罰することができない犯罪です。
ちなみに、ローテク犯罪は、 ハイテク機器を使用せず人為的にターゲットを精神的に追い詰める行為です。
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪は組織的な犯罪である一方、一般人をブレインジャックして利用しているようです。
被害者の全てを乗っ取る犯罪です。拡大解釈すると犯罪組織の目的を想像できるのではないでしょうか。
ブレインジャックを阻止する方法を開発する。または世界的にブレインジャック技術をを悪用しないと決めることが肝要と思います。
スマホ・人工知能・車の自動操縦・GPS・ロボット等、科学の進歩である機器を、私利私欲に悪用されることがないよう世界的に抑止するルールが必要ではないでしょうか?

以下は [記事383]の コピー&ペースト

続きを読む

スポンサーサイト

この犯罪の全廃を一刻も早くと願う(固定記事2/3)                          [記事番号 349]

集団ストーカーに次いで テクノロジー犯罪を認知した頃 某ブログにて
『某会員は 被害者&加害者&被害者であり加害者である人 の3タイプに分けられる』 という記事を拝見した
以来 4年経過する間に同じことを実感した
最近気になっているのは 集団ストーカーに固執している記事が多いように思うこと  
自身の経過経緯はテクノロジー犯罪の方が遥かに長い 知らない間に
テクノロジー犯罪=電磁波照射されていた+盗聴もされていた+たぶん全てを見られていた+思考操作・感情操作+病気にされる+ガンにされてころされる+人体実験・・・
振り返ってわかる確かな電磁波攻撃期間は30余年間 
もしかすると小児期からあったと思われることもある
集団ストーカーに気づいたのはテクノロジー犯罪を知らされる3年位前と期間は比較的短い

情報や犯罪には 別のことを大きく取り上げてある事を隠す手法がある
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪・ブレインジャックのどれをとっても 理不尽であり「ひと」の行為ではないし 攻撃の酷さを比較対照するものでもない 全てが攻撃であり ある意味人体実験であると思われる 更に別の人体実験が行われている (「戦争をする代わりに日本を腐らせる」某機関紙より)
この犯罪全てを撲滅しなくてはならないと思う ブレインジャックは人の全てを操作できるので (人の乗っ取りである) 一刻も早く全廃していただきたいと渇望している ブレインジャックされた本人の身体のダメージが少なければ少ないほど良い筈である
(オウム真理教事件の時に「マインドコントロール」という言葉を初めて聞いた ヘッドギアを頭に被り何らかの音を聞いていたと報道された 夫と息子はPCに繋いだイヤホンから 東南アジアの言葉を早送りしたような音を2時間位聞かされていた 毎日 回数は不明)

この犯罪の一つに固執するのではなく 集団ストーカー・テクノロジー犯罪・ブレインジャック・嫌がらせ犯罪の全てを全廃させることが大事だと思う
集団ストーカー被害のみを受けていると思っている被害者の皆様にお願いしたいことは 
集団ストーカー・嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪・ブレインジャック全てを同時に 認知撲滅被害者救済終息を念頭に置いて頂きたくお願い申し上げます
一連の犯罪の全てを表す言葉が必要とも思われます
集団ストーカーにこの犯罪すべてが含まれるなら 若しくは間違った捉え方をしているならば申し訳ありません  

被害に気付いていない人へのアプローチ (固定記事3/1)    [記事番号 397]

電磁波照射による傷がある人を見かけた時、貴方はどうしますか?
男性の首に多数の電磁波攻撃によると思われる赤い斑点があります。
近くにいる私を警戒しています。(ATMに並んでいるだけです。)
過剰反応している様子なので、被害に気付いてパニック状態の時期かと思われます。
女性は男性に守られているからか、堂々としていて 私を一瞥して行き過ぎます。
こんな時はチラシを持っていないことを後悔します。
店内で話すことは不可能と思い、何もできなかったのが悔やまれます。

ターゲットになっていると思われる企業があります。
伝えるほうが良いと思う一方、恐怖心を植え付けるだけでは意味がありません。
どのように伝えればよいのでしょうか?
思考盗聴・盗撮をされていることの不便さを実感します。

電磁波照射がカードに及ぼす影響 [記事番号 429]

状況判断だが 加害車のアイドリング=電磁波照射がカードに及ぼす影響について記載
近隣でアイドリングする車があると 私の車は電磁波照射を受けている
車に電磁波攻撃するものが取り付けられていて それを充電されたかのように 乗車後の電磁波が酷い
駐車場でアイドリングする車は数台ある 駐車時間が長くなると車が交代しているように見える 
その場所の木立が 部分的に枯渇している

ATM等でカード利用するときに誤作動をよく経験する
乗用車を機器の直前に停車させる加害者もいる 普通の人はできない行為 アイドリングをやめていただくように声掛けすると無言で立ち去った 
銀行カードのATM機や スーパーのペットボトルシュレッダー機でカード利用ができない
磁気がなくなっているのでATMカードの交換が必要とのことで 非日常的な出費の時に限って 交換期間を要する為 困窮したこともあった
今回も それを画策された可能性がある
前日使用したカードの磁気を読み取れないとのこと
先にATMを利用した二人の下卑た笑いがその後の事象を物語っていた + 興奮するよう感情操作されていた
近くにアイドリングする車があったので 銀行・すーぱーのATM機をいくつか巡った
後ろをついてくるバイクや車が目に入ると 右左折してやり過ごしUターンするとストーカー車とすれ違う
銀行・スーパーへ行くと加害者の雰囲気漂う人が一気に増える
銀行員に説明を受けていると 目が充血し 黒目勝ちになっている(=ブレインジャックされている) 「暗証番号を変えますか?」加害者の質問と思われた 暗証番号はここでは無関係
組織の大きさを認識する すぐに加害行為をする人が集まる 「仕事」なのだろうか?

ブレインジャックのコロニー      [記事番号 428]

玄関ドアの外側に照明が当たっている  
斜め向かいの家の窓の端上部に光源があるように見える 街灯が反射している位置に合わせている
塀の間の扉の上部を越して 路地を斜めに直進 鉄格子を通過して玄関ドアに薄い淡いオレンジ色の明かりが当たる
ドアを開けると家の中を照らす ドアの光明と影より大きくなっている
夜中に家を出ると聞こえる「キンコン」センサーのようだ
同時に電線から「秋の虫の音に似せた機械音」が聞こえる 歩く場所の先を行くように音が移動する
明かりのついている家が一軒あったが この日は見当たらなかった
三色の明かりの点滅もなかった ブログ記載のおかげかも? 観察継続

斜め向かいに住む人もブレインジャックされている 
数年前に見かけたのは兄弟のほうだった 
今回話した人は家族ではないらしい 
7年前から住んでいる 40代だが 以前見かけたのは20代の若い人の姿だった
私と接触してくるのはブレインジャックされた人ばかり
炊事などの生活感が伺えない

姉宅の隣もブレインジャックされている 夜中外出すると三色の明かりが点滅したのは最近のこと
言動が180度変わった
介護関係の人や車を見かける
毎日9:30頃アイドリングする車を運転する人が出入りする 服装は介護関係の人のものと同様だが デイサービスの車が迎えに来る日もアイドリングしているのが不思議

姉宅反対側の隣は 選挙の時に事務所になっていた 週に一度子供さんが通う場所になっている 親は送迎の際にアイドリングしている
自販機があり アイドリングするバイク・車は多い
20年近く空き家だった家 
被害者が居住すると周辺に加害者が集まってくることは 被害者の文章でよく見かける

上記の向かいは 夜中に明るい室内灯が点灯していることが多い
夜中の点灯は 夜間走行する加害車両の目印になっていると 考えられる

夜中に暫く佇んでいると 車・タクシー・バイク・自転車・新聞配達等 現れる 

近隣加害者の最新情報       [記事番号 427]

【姉】
休日の朝 出勤の日と同じ時刻にやってきた
(シャワー使用中 来ると予測していた)
質問を二つした
仕草から推測すると 数分間 加害者同士で脳内送信の会話をしているようだったが 答えはなかった
10分後にまたやってきた 質問の一つに用事をこじつけたようだが 加害者の言動はすべて本人のものではない
姉をブレインジャックするのは 
《Nu‐Ka+大きな女 ➡大きな女の母親=Nu‐Ka妻の姪》 に変貌した 言葉を発せずとも顔・体格・行動が変わる
答えを催促すると 
「ムシムシ」 私がブログによく書く言葉を発音した Nu‐Ka妻の姪

【向かい】
向かいに人間の助っ人が増えた 夜間担当の加害者と認知して頂くと分かり易い文章になるが 真実を伝えたいと気持ちが先走る
夜中の電磁波攻撃・見張り役担当 記事番号425 「エスカレートする犯罪」の中央に書いた人物
ブログアップの翌日 髪型が五分刈りに変わっていた 以降ときどき見かける 折り畳みの自転車が置いてある 原付バイクもある
向かい夫婦は使用しない
不思議なことがあった
上記男が 着ぐるみ状態(=身体だけある状態)で 向かい夫(=大きな女がブレインジャックしている)が運転する車の助手席に乗っていた 
車が家を出る直前にみた 向かい夫は「しまった!」 と口走った ように口が動いた 私が見ては都合の悪いものだった証拠

着ぐるみ状態(=身体だけある状態)の人を見たのは3回目
①夫がベッドで 夫の年代の人ができない態勢で 苦悶の表情で寝かされていた
②Nu‐Ka孫の小さな男(推察)が 賃貸住宅に入ってきた車の助手席で着ぐるみ状態で座っていた 運転しているのは目の大きな長髪の若い女だった
着ぐるみ状態を想像してみた
①の夫の場合は 操っている加害者が休憩中だった と想像
②③で考え得る事は 本人が誰かをブレインジャック中だった 故に本人は身体だけだった と想像する
「A➡B➡C」 の話をしたのは 被害者をブレインジャックしていた オイリー肌の男(=Nu‐Ka弟の 子か孫と推測) だった
着ぐるみ状態の話は全て推測だが ブレインジャックを知ってからの状況判断である 

【近隣】
Ki‐電気工事店 (永年 Si‐Saと同様の役割をしてきたと推測している 電磁波照射・盗聴) の親子が Nu‐Ka以外に ブレインジャックされた風貌をしている
地籍調査の時 大きな顔をして・親しげに 実家に入ってきた
二人とも 目が細く・胡瓜を半分に切り 太いほうをぶら下げたような形の鼻
初めて見る特徴的な形だった 外国の民族的な顔かもしれないと想像する 
(この犯罪に巻き込まれて以来 日本人以外の人の集団ストーカーもあり 意識するようになった 犯人以外に対しての蔑視はないことをご了承いただきたく付記 犯人に対しては加害行為から人間とは思えない)

家の前の側溝の蓋の金網に 赤や黒色のペンキがつけられている家は被害者であろうと想像している
地籍調査の時に集まった人の様子が ブレインジャックされている雰囲気があった 年齢的な動作を感じなかった

地籍調査でもブレインジャックされていた [記事番号 426] 

『国土交通省 地籍調査 Webサイト
地籍調査とは、主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。
 国土調査法に基づく「国土調査」の1つとして実施。 』 http://www.chiseki.go.jp/about/point/index.html

測量後 夜~朝までの電磁波照射+「夏又は秋の虫の音 / 朝は鳥の声(横断歩道と同じ音)」 が広く網羅されていた

境界を決める業者がブレインジャックされていた
測量する業者もブレインジャックされていた 若しくは私が接した人は ニセモノだった可能性もある 最後の日に見かけた二人の体格が縦横大きくなっていた 「へらへら感」がなくなり「重量感」があった 
主となる二人を何度見たか 書き出すと
1.近隣の駐車場で 降車後 北へ歩きかけて戻って西へ歩いて行った 偶々その駐車場に5分間駐車しただけのとき
2.姉の家の裏で見かけた
3.測量を随時行っていく旨の挨拶に来た
4.挨拶に来た 日時を決めて帰った
5.測量当日 「時間が掛かるから家の中に入るよう」指示されたが 邪魔しないよう離れたところで見ていた この時二人増 測量する人が一人 他に棒を持つ人が一人 
6.帰宅途中の交差点から 測量しているのを見た (=遠くの二人を偶々見かけたのは幻視の可能性がある)
7.同上   (=近い距離だった 測量が実か虚かは不明)
8.姉の家の斜め前の道路で測量
9.同上      前の道路
10.私道 以前測量していた場所
8~10は同日 出かける前と帰宅後 (=タイミングが良すぎるだろう=テクノロジー犯罪のマニュアル=被害者はすべて監視されている
誰でも不審に感じるのが普通ではないだろうか
被害者は疑心暗鬼になっていても更に普通である
測量事務所に確認の電話を入れた
要件を話すと通話が切れた 
外から 「おい!」と聞こえた
1~2分後測量事務所から電話がかかってきた 別人の声 私は名前を即座に名乗らされていた=ブレインジャック
同じ場所でも 障害物がある時は 測量を繰り返す云々
障害物はなかった旨話したが うろちょろしますと断言した
玄関周辺を見回すと 二人は居なくなっていた
10分後 二人のうちの一人が 「事務所から電話があった」と 訪ねてきた
上記経緯を話して確認した旨伝えると「すみません」と言うので 
詫びて頂く必要はなく 確認しただけと伝えても「すみません」を繰り返した
体格が大きかった

私が見た二人の 人格と体格が違うのでブレインジャックされていたのは 間違いないと思われる
実際の測量を 私の外出中にすることもできる その場合には測量する人は本物で 立ち会う私の変わりを ニセ姉がすることもできる
組織が大きいので 幾重にも想像可能である
全てを虚構の世界で繰り広げることもできる 
一刻も早く 終息・撲滅・救済を祈念する


エスカレートする犯罪          [記事番号 425]

テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカーを知ってから徐々に加害攻撃がエスカレートしてきた (4年経った)
マニュアルだろう
昨夜帰宅すると庭で大音響・強い電磁波が流れていた
家の上の電線からの電磁波攻撃はいつものごとく 機械音が鳴っている 「リン リン リン(間歇的虫の音に似せている)」[朝はチュン チュン チュン鳥の声に 夏はセミの鳴き声に似せた音]

家の周囲には東西南北4か所以上から電磁波攻撃できるようになっている 音 光も同様
先日 市の事業で測量業者が 隣家との境界に入った 
翌日から 朝日と見せかけた場所が1mダウンした 光は秋になったにも関わらず 大変強くなった
窓の 透明ガラスではわからないが 型板ガラスの部分が光源の強さと大きさがわかる
影ができるか試すと 
 太陽光と電磁波攻撃の複数の光源とで 影の輪郭が幾重にもなってぼやっと見える

朝6時玄関を出ると 向かい夫婦の声が聞こえた 風呂場もしくは南側との境界あたりから聞こえる 場所的には勝手口外の外灯から出るようになっている可能性がある
数日前同時刻に 向かいの夫(本物)より頭一つ分背の高い パーマをかけた髪(8cm位)が逆立った茶髪の男がスィッチをオンにしていたが 今回も玄関を出ると音声が流れるようにセットされていたのだろう 大きくエコーがかかっていたので機械音とすぐにわかった

炊事場に立っていると 室内履きを固定されたことが数回
履物の裏・床面には何もついていない 電磁波でできるようだ 
移動しようとして 片足が動かないと 転ぶことになる

電磁波攻撃は 種々の攻撃ができる (人が仕掛ける動作の代わりになること と表現すればいいのか?)
・落ちるはずのないカップが15㎝勢いよく落ちて 強い力で割られたようだった
・強い力で押す感覚を与えて 倒すことができる
・給湯器のパイプを切断する (人が操作した)
・壁やコンクリートに穴をあける ステンレスへを強い力でたたいた状態を作る 
・干している布団を 干した形(畳んだ形)のまま落とす(1.5m横だった)
・道路上で 車のロックの開閉 

嘘のような実話             [記事番号 424]

脳の操り=ブレインジャック
・すべてを乗っ取られた状態 元に戻ることはない 加害者にスキがあって被害者が気付いても すぐさま操られると思ったことがある
・操られた後 何らかのタイミングで気づく
・操られていたことを 状況判断で知ることがある
・自分の動作だと思わされていたことに 後で気づく
・感情操作
・思考操作
・脳内送信
・自分の思考ではないことの 言動

事例
9/2夜明け前に 仏壇への献茶を手に持ち部屋に入ると 滑るものを踏んだと 思考操作された 
手に持った茶器を上向けに持っていることを意識すると 「こんな転び方をしたことがない」という転ばされ方をした お茶は打ち水をするように弧を描きぶちまかれた (畳の上で水をこぼす嫌がらせをよくやられる)
操作は小さな男の性格と推察
滑ったと思わされたとき 足元を見た 足元周辺が真っ暗ではなく真っ黒だった 薄明りの中見えない筈が無い
月一回様子を見に来る業者がいる 暑さの凌げる気候になった話しの後 「暑いから気を付けて」と仄めかしを言ったのは ブレインジャックする大きな女と推察している 3ヶ月前から頭・体格が本人より大きい (本人はからも集団ストーカーをされたことがある)
昼過ぎから膝に水がたまり始め 夜には歩けない痛みを伴った 膝に水がたまるタイミングがまるで常識外だった
(ぎっくり腰を作られた時と同じ)

強い痛みに体力を使い果たし宵のうちから仮眠した 2~3時間置きに目を覚まされた 滝のように流れる汗 と思わされた
この現象も経験済み 
(高速走行中 加害者二個一の一台が大型バイク 私の後方だった 一瞬にして 体が熱くなり発汗させられた 数時間その体のほてりは治まらなかった 2台はすぐさま逃走した) 
痛みと体力は徐々に元に戻ったが4~5日要した

嘘のような実話
体力がまだ完全ではないので 仰向けになり深い深呼吸を続けた
上記全ての加害行為が なくなった
だけでなく 数か月間 暗い所で物が見えなくなっていたことまで 正常に戻った
当然のことだが 点灯せずとも月明かりでぼんやりと物が見える それが数か月ぶりに経験した明るさだった
歩く動作も ブレインジャックを知る以前のように 軽々と歩けた
ブレインジャックという「足かせ」が全て解かれた瞬間だった
この日は特に 母の病室に行った時から 右目が大変見づらくなっていたので 快適に・軽く目が見えるようになった 

加害者は 新しい玩具を与えられた幼児未満の行動を 嬉々として行っているとしか思えない 
自分の能力ではないにも拘らず 傲慢な態度をとるのは マインドコントロールされている為? 
人を殺傷する権利は誰にもない
軍事秘密兵器として開発されたらしい機器の使用は 法律で許可されていない
電磁波攻撃の電波を使用する申請をしていない
ひとをころす目に合わせ全てを奪う
加害者の行動はアウトロー
「人」と思えない 精神異常 (獣)
「日本を滅ぼすにはせんそうをしかけなくてよい 内面から腐らせればよい」 

     『電子洗脳』
     ニック・ベギーチ博士/内田千穂子訳
     成申書房

CDラジオ ジャック         [記事番号 423]

記事にするのは憚られるほどの 下劣な行為だが 記録として残す
CDの操りを 加害者は習熟したようだ
最近までは 曲の回転を速くしたり遅くしたりだったが
「エラー」 表示になってCDが止まっている 就寝中も曲を流しているのが 加害者には堪えられない為と推察
曲の流れに滞りの邪魔を入れられた時に曲を変えると すぐにはエラーにできないようだ
ささやかな抵抗
夜 8~12頃寝入ってしまうと 目を覚まさせられる 聞こえてくるのは
卑猥な会話 汚い声 「TBS」 「KBC」 等 放送局名と思われるアルファベットを言っている
電波を乗っ取る犯罪である 
電波を使用するには 周波数帯・利用場所等を申請して 許可されて使用することができるので 電波管理法9種類くらいのの違反となる
証拠をとる方法はビデオ撮影だろうか?
電波を出して邪魔をする家は 一番近い向かい・その隣の2F 若しくは長年電磁波照射してきたKi電気店の可能性がある

ある方が言っていた言葉
「おばあさん相手に卑猥なことしかできないかわいそうな加害者 乗っ取られているのでしょうね」

一瞬のブレインジャック         [記事番号 422]

感覚の違いに気付き 間違いに気付いた 一瞬のブレインジャック
同色・生地の違うタオル2枚を夫々いつもの場所に置いている 一方は湯上りに使用する 他方は浴槽を拭く
湯上りに使用するタオルを手に持った

浴槽をいつものように拭いている 
浴槽用でないことに途中で気付いた 感触が違った 
この間の動作を見ている自分がいた 何も考えていなかった 
操られていたことを自覚できた

この入力中 誤字入力が大変多い

洗面所の出入りをセンサーで感知して 時々向かい宅から 「ピンポンピンポン」と聞こえる 次いで「(飛行機の飛ぶ音)ゴーゴー」➡新たな強い電磁波照射が始まる
同様の音は 玄関の出入りでも聞こえることがある
24時間365日見張る行為の簡略化 若しくは見落としの内容にだろう
夜聞こえた 外に出ると 「ピヨ ピヨ ピヨ」 姉宅の 隣家の真っ暗だった窓から点滅を始めた淡い光が見えた 青➡黄➡桃
静かだった道路を走行する車とバイクが行き交う 話し声が聞こえ一人歩いている  点滅している窓から見えないところに立つと元通り真っ暗になった
この仕掛けを早く見つけられることを祈念するしかない 
ここにあることはどこにでもあるということだろう

「幻視」の見極め方がわからない  [記事番号 421]

近所の方は皆ブレインジャックされているとしか思えない
体型・言動・性格が異なっている

犬を飼っている方と2週間前初めて話した
昨日 犬のほうから寄ってきた
飼い主はすぐに抱きかかえた
「人と接して痙攣するようになったから」と理由を語った
先日話した時よりずいぶん華奢な体形だった
話し方は小さな男風
車のアイドリングをしていた
例えば 話した女性と犬とが幻視だったと仮定すると
犬が私に触れると 感触がないことになる 否 電磁波を操作すると 感覚も取り繕える
触角を操作できても 触ろうとすると突き抜けるかもしれない
それを危惧しての 犬を抱きかかえたと 想像することができる 
幻視に触れてみると 「幻視」と確認できるかもしれない
見知らぬ人に触れることはできないので難問である

メタボの集団ストーカーが付きまとった時期があった
数か月前からお年寄りが付きまとう
Nu‐Kaたちの幻視と思われる 顔や雰囲気が似ている 身長の低い男女が多い 広い場所でも擦れ違うように通過する
凝視している時が多い 
声がするときは大きな声なので 幻視と 後でわかる
条件反射 若しくは 操られて返事させられている
幻視に返事をすれば 傍から見ている人には 独り言を言っている変な人に見えるだろう
幻視の見極め方を知りたい

この犯罪がなければ 考えることもない
一刻も早く撲滅して 被害者が救済されることを記念している

真実は何処?             [記事番号 420]

台風一過の数日後 ケムトレイルが続いた
数キロメートル先が白っぽく見えないときは 早朝のきれいな青空をケムトレイルが数本たなびいて空を白く汚す
大気中にあるものは 降雨とともに地上に降り注ぎ 大地や水に浸透する
誰もの目に見える白いもの 何が飛散していることにしているの?

「アトピー性皮膚炎」という言葉を初めて聞いたのは30年余り前 カルト教団の信者さんからだった
(仮説として考えると 組織的に広めることは 容易い?)
アトピー性皮膚炎の初期と現在とを比べると アレルギー性物質の種類が大変多くなった
ケムトレイルとの関連はある?
アトピー性皮膚炎と同様の症状を 私は電磁波攻撃で簡単に作り出されている
クライアントの感情報復によると思われるタイミング

「ピヨピヨピヨ」 機械的なセミの鳴き声似 の代わりのもの
音響装置付信号機の音と同じ音が昼夜至る所で聞こえる
「秋の虫の音」 が電柱上部から聞こえる
「ゴー」 飛行機の飛ぶ音は 洗面所にいるとき頻繁に聞こえる
これらの目的は被害者への電磁波攻撃だけではないかもしれない
耳にふたをすると聞こえなくなるので 誰にでも聞こえる音らしい
この音を聞いた人や 公的機関の管轄の方々は どのように理解しているのだろう?

「ミサイル打ち上げの緊急連絡を スマホ携帯電話に配信する 受信するために電源をオンにしておく必要がある」
今朝のニュースで聞いた
同時に GPSでピンポイントで居場所が分かることになる
私の車も同様のようだ


類 推             [記事番号 419]     

手紙4通から確信したこと (記事392+コメント3)
Nu‐Kaの遺恨が大変強いということ (150年位前に兄弟だった 隣家)
空き家になっている間に義父が造った屋根が朽ちていた  台所風呂トイレの外側の目隠しになっていたことを  思い出す 
集団ストーカーに気づいた頃 Nu‐Kaの様子から 台所の窓につけていたカフェカーテンに日よけの黒い網をつけて 夜間照明を点灯した時も室内の影が見えにくいようにした 同じような理由があったと想像する
電磁波利用で見られていたので 効果はなかっただろうが・・・

3年前 塀の一部が崩壊した (電磁波攻撃が関与していると推測している)
塀の撤去だけで済むところを 夫の父が知人に作ってもらった 庭の青石と植木をすべて撤去してしまった
撤去した青石の処理ができないとのことで  ほとんどの石が庭に山積みされたまま取り残されている 費用を払って庭を崩したメリットは無い 
松の木をどうするのか業者に尋ねられたので 夫に訊くと残すとの返事だった
この時の夫の態度を不思議に思った 何故かいつも背中を向けていたから
まだ テクノロジー犯罪・ブレインジャックについては知らなかった
集団ストーカー行為を受けていたが 「集団ストーカー」の言葉を知らなかった頃のこと
(業者の一人がトイレを使った後から トイレで電磁波を受けるようになった 徐々にあらゆる攻撃が始まった)

規制のない進化            [記事番号 418]

「○○○っち」 「人工知能」
テクノロジー犯罪から連想すること

現在 攻撃されている傷の付け方について記すと
入浴中に手が触れなかったところに傷をつけてくる と感じたことがある
ほとんどの人が届く場所をその日 触れなかった
その場所を選んで大きな傷をつけてきた
傷跡を見ると 闇雲に傷をつけているのではなさそうだ

上記より想像したのは
人的監視と攻撃ではなく
機械使用の攻撃ではないかということ
ガス漏れ警報器の前を行き来すると 飛行機の飛ぶ音がする すぐに新たな電磁波攻撃が来る
『人工知能』
更に想像したのは
『○○○っち』
機械を育てていた?

全て放置されているテクノロジー犯罪(犯人野放し状態・被害者の救済一切なし)
人工知能の負(悪)の進化に必要な規制はなされているの?


病院職員                [記事番号 417]

病院職員 
以前 狸が酔っぱらった絵のような顔をしていたことがあった (目の周辺が赤くなっていた)
現在はブレインジャックされている 言動・容姿が違う

副院長
偶に見かけるだけ
狸が酔っぱらった絵のような顔をしていたことがあった その時は本人が何かをされていたと考えられる
ブレインジャックする加害者は ・大きな女(Nu‐Ka妻の姪の子) ・Nu‐Ka
数日前 受付に10分くらいいるのを出入りの時見かけた 
初めて見る光景に 何をしているかと思うと 下を向いて不動だった体から手が出て 大きなカタログをめくった カラフルな内容が遠目でも見えた 思考盗聴に合わせた動作をしたと考えられる
通り過ぎるとき 待合席に座っていた小さなおばあさんが 受付に近寄って「先生」と声をかけた
その直前 奥のほうへ2歩進み 手を後ろ手に組んで(Nu‐Kaの癖)声がかかるのを待っていた
振り向きざま 嬉しそうに笑った顔は Nu‐Kaだった 大きな顔 大きな頬骨 開いていないような眼
ごっこ遊びで悦に入っているとしか思えない気味悪差を感じる TVドラマなら ●●● 

看護師 介護士
本人の容貌・言動と違う時がある 私の接する人だけNu‐Ka達にブレインジャックされるのだろうか?
Si‐Sa似の人がいる Si‐Sa親族がブレインジャック若しくは血縁関係の加害者がいると考えられる
母の病室近くの作業部屋に入る人が必ずいる 母の周辺の声を拾えるのかもしれないので(盗聴・思考盗聴) ブレインジャックされている母に話す内容は加害者への言葉以外のものと気を付ける

受付事務員
薬剤室で作業をしている
一人はピンヒールが関与していると感じる
一人はA➡B➡C かもしれないと感じる

今回は本人らしく           [記事番号 416]

お盆のお参りと母の見舞いに来てくれた親子
本人の習慣がなくなってから数年経つ
ブレインジャックされている母と姉には近づかないで欲しいところが私の本音である
こんな犯罪に巻き込まれていなければ嬉しい出来事だが 
順当な微々たる幸せ(=日常茶飯事の事柄)さえ感じることはできない

本人だが目が赤い 体毛の濃い加害者が操っていると思われる 
加害者の特徴が出るときと 本人の特徴の時とが混在しているように感じた
加害者は 髭剃り跡が青くすでに髭が伸びかけている・腕が毛むくじゃら Nu‐Ka妻の姪の子の夫=向かいの娘婿似)   
加害者に都合の悪い場面で 加害者の意思や擁護する言葉が出る
飛行機の後ろに長く伸びるケムトレイルを指して「あれは何?」と聞いてみた
「飛行機雲」 
飛行機雲は水蒸気でできているので 長い航跡を残すことはない
「何かの決まりがあるのでは?」 すり替え・誘導・誤魔化し
今おばさんと言ったことについて
「おばあさんと言ったよ」
連絡が一切ないことについて聞いてみた
まあ 言えば 忙しいから」 加害者の言い訳第一位といいたい 本人ではない 凶暴男の口調似(方言を訂正した)
2歳の子は5歳くらい(上記二人の子がブレインジャックしていると推察)の言動をする 取り繕わず素である 
自分で上手に食べる・大変しっかりした動き・急に眠ったとき座ったまま上体が直立不動だった
中元と土産を見繕ってもらうために代価を託したが 翌々日になっても連絡がない 
固定電話すると 折り返しの電話が鳴ったので受話器をとったが ベルが鳴り続けて切れた
かけなおして話すと 相手の声が大きい(電話機の音量は最小にしている)バックには女の子の声のみ聞こえる 固定電話も操作されていると思われる (急ぎ・初めてのところへ電話を掛けると必ず話し中) 
話し相手は誰?機械?加害組織の担当者?
「おつりのことだね」唐突に話し出す
先様に良いものをと頼んだので何を選んだかを聞きたかった
「なににしようか考えている」
明日帰宅するので時間がないのでは?奥様に頼んでは如何?
「そうする」 以降も音沙汰がない

姉を見た瞬間は本人のようだった すぐに隠れた 呼ばれて出てきたが姉本人なら私たちを見るとすぐに出てくる
出てきたときはNu‐Kaの特徴で歩き出す スニーカーを履いている(加害者の大きい足を 姉には大きい靴に押し込んでいる様子) 姉はスニーカーを持っていなかった 加害者がNu‐Kaたちに代わってからスニーカーを職場で履くようになった

母の病室で ブレインジャックされた姉は隠し撮りするように写メをとる (集団ストーカーの手法) 何に使うのだろうといつも疑問に思う
昨年の転院・手術の日の如く 母と手を繋いでいる 母の人差し指を姉をブレインジャクする加害者が握っている 
意味がありそう? 今後要観察事項

菩提寺の住職
少なくとも昨年の夏頃からブレインジャックされた状態だった 住職・元住職の妻は大きな加害者男にブレインジャックされていたので体格が大きく 頭が3倍くらいの大きさだった 1年間元住職と会うことはなかった
8/16施餓鬼供養の日に塔婆をもらいに行った (姉本人であるときと同様)
元住職妻は本人似だったが近づくといなくなっていた 服装は違った
元住職が上にも塔婆があると声をかけてくれた 本人似だが 眉がサンタクロースのように白くふわっとしていた 本堂への階段を上がるといなかった
住職が塔婆を持ってきてくれた 「特別のが一つありましたね」 奥から父の塔婆を持ってきてくれた 一昨年Nu‐Ka達がブレインジャックするまでは全てがこの大きさだった 以前は更に小さな塔婆を立てていた 
加害者の仕業であるのは間違いないが お寺もブレインジャックされていて 塔婆の大きさを誤魔化すことで加害者にメリットがあると考えられる

お盆 2017               [記事番号 414]

ブレインジャックの目的は人の乗っ取り(個人の全てを盗む)と思わざるを得ない
一刻も早く 撲滅・救済・終息を願っている
姉をブレインジャックする加害者の記録

8月11日 (仕事休日)
お盆用に花を供えた 花が足りない 日にちが早い (昨年はホオズキを下駄箱の上に飾っていた) 

8月13日 (仕事休日)
迎え団子を朝供えた

8月14日(出勤)
昨年は仕事を休んだが今年は出かけた 
朝 お供えを数種おいた その間姉の眼鏡の度数が合わないため姉をブレインジャックする加害者(大きな女Nu‐Ka妻の姪の子)は始終瞬きをしていた
(一昨年は乾燥のお膳材料を5個置いていた 年に一回使用するものを何故5個も買ったのか問うと 詭弁にならないことを言っていたが 5軒分購入したものを他所へ持って行く前に私が見つけたのかもしれないと悟った)

8月15日(早退)
午後仕事を休んだ
午後4時に仏壇のお盆のお供えをすべて撤去してしまった (昨年は3時だった)
仏具のカネを所定の場所に戻さなかったので 供養に使えなかった

8月16日(出勤)
朝 仏具のカネを仏壇に戻した
盂蘭盆の施餓鬼 今年は祖父母のものもあったが 小さい 
 「特別のが一つありました」 住職が言った 
父のものだけが今までの大きさだった 自分たちが殺したから大きくしている?
(昨年は住職に祖父母の塔婆の追加を頼んだ お札を鷲摑みにして挨拶なしに大股で歩き去った 大きな頭の男にブレインジャックされていた 
このことで加害者側にトラブルがあったようだ 「誰に頼んだか言わないなら金を払わない」と 姉をブレインジャックする加害者の言葉 
寺で頼む方は限られているので問題は起こらないのが通常) 

加害者は昨年より学習した部分もあったが すべてが姉の行為・習慣ではない
犯罪に侵される前は 母からの習慣を二人で行っていた 
昨年のように張り合ってこなかったが 神仏を踏みにじる行為を 平気でする犯罪集団だ
(おそらく昨年はピンヒール・今年はすべてが大きな女だったと思われる 途中から人を威嚇する態度の加害者 =小さな男と思われる 毛髪が黒い カールしている= に変わった) 

アイドリングと眩しいライト      [記事番号 413]

駐車場・信号付近の木の枝・葉っぱが焼かれたように枯れて垂れ下がっている
駐車場でアイドリングする車付近の気温が異様に高い アイドリングする車が急増している
乗車すると温度は10度高くなっている
向かいの車がエンジンをかける
最新のヘッドライトが上向きに点灯して目を威嚇する 自動点灯は加害者向きの車だと思う
アイドリング中も転倒している
LEDよりも明るいライトがあると聞いた
眩しすぎて危険ではないのだろうか
脳内でうなり続ける電磁波の音が強くなる 走行中の車からの電磁波照射と思われる 
バッテリー容量の大きな車は強く遠くまで電磁波照射できる

お知らせ

次回は8/16の予定です
ご訪問ありがとうございます
一刻も早く 撲滅・終息・救済を懇願しております

子供編・過去のブレインジャック      [記事番号 412]

ブレインジャックは基本的人権を踏みにじる 誰にも人権を踏みにじる権利はない 

【幼稚園】
・鼻が鬼の鼻のように大きい時と 幼児らしい普通の形の時とがあった

【小学校】
・2~3学期を教卓の横で過ごした (次の年この時の担任は市立の施設に転任した その後離婚転居のはがきが来た 理解不能だったが この犯罪のストーリー展開の一環だった?)
・周辺のものを無造作に落とす あとで 自分で片づけていた (数年前 Nu‐Ka操る息子が同様のことをした)
・少年野球をしていたと担任に言った 担任は嘘つきと認識しただろう 私は不思議に思ったがそれ以上の考えをシャットアウトされた と振り返ると推測できる
・1学期半ばまで登校拒否した

【中学校】
・作って渡した弁当を顔に投げつけた
・ピンポンダッシュ

【高等学校】
・自転車乗車中に意識がなくなったこと 及び事故
・ブレインジャックが頻繁になっていたと 現在は推測できることがあった
・担任に楽器を習っていると言って専門学校への推薦状を貰った

【専門学校】
・1年終了間近に辞めた (無駄な出費) 帰宅までの1週間音信不通になった
・不必要な小遣いを請求していた

【大学】
・4年生のとき腰痛で動けないので来てほしいと依頼された 友人との携帯電話の会話に代わるように言われた のちに息子をブレインジャックした男性だったかもしれない
・卒業を半年延期 (無駄な出費)

【近隣での単身生活】 (無駄な出費)
・偶に訪ねると 性格が変わっていた 話し方・口の開け方も変わっていた
・稀に自宅に来たときは元の性格だった 「A➡B➡C」の話をした

【自宅で生活】
・賃貸解約・帰宅した
・私の車や居室への暴力
・夜間布団を叩く・食器を割る等の異常行動

【専門学校】
・1年間の夜間専門学校入校 後期に入る頃辞めた (無駄な出費)
・夫の母親を恫喝 手紙で予告
・賃貸での居住を数か月継続
【派遣労働】
・1ヶ月で辞めた 精神不安定を想像する言動をした 

【参照】
・学校ではおとなしいが 自宅では家族全員が手を焼く子供がいる 話を聞くと 蒸気と似たところがあった

縦横無尽                [記事番号 411]

母は病室でリハビリを受けている
リハビリの先生から聞いたことと 病室に入った時見たことの記録
・リハビリの先生の指を掴み 母の口に入れようとする
・リハビリ中 母の手はリハビリの先生の胸をさわる
・リハビリの先生と向かいのおばあさんとが肩を組んでベッドに座っている 背中を向けているので誰がおばあさんをブレインジャックしているのか伺えないが 想像は容易にできる

端緒も虚構のストーリー     [記事番号 410]   

『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集』
『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2』
     NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
     講談社出版サービスセンター
     講談社エディトリアル

被害者にされた経緯を記載されている文章をよく見るが
その経緯も含めて 加害者による虚構のストーリーのでっち上げと思われる
音声のしないところで音声を出すことができる犯罪 音に合わせて感覚も挿入できる
見えないところで音が聞こえると条件反射のように そこに音のするものや人が話していると思うのが常である 
確認すると何もないことがよくある 隣の洗濯機を回す音・母と息子が話す声が 実は何も実体のないところで音声を聞かせているだけだったことを経験している  
集団ストーカー・テクノロジー犯罪を知らなかった数年前に 実家で聞いていた上記音声は 加害者にとっての前哨戦だったと思われる それがあったから被害者にされたという名目を加害者は造った と思われる
全てが虚構のストーリーのでっち上げによる 
加害組織の一方的な加害行為
残虐非道・人間性皆無・跳梁跋扈・アウトロー・戦争をする代わりに日本を内面から腐らせるテロ行為

催眠効果?の集団ストーカー    [記事番号 409]

集団ストーカーの風貌の変化を記載したことがある
メタボ・肥満率40%くらいの人が集団ストーカーに多くなったことがあった 今はその割合が減った
数か月前から 集団ストーカーの老人が多くなった
違う人の顔の特徴や表情が同じ 三白眼・細い眼 雰囲気が似ている 等
身体的特徴は 各人異なる部分に 極端な変形を来している 
本物の人か幻視かわからない  最接近して付きまとう様子を見れば お元気な方ばかり
卵からふ化した鳥が 初めて見たものを親鳥と信じるかのごとく
見せられた老人の身体的特徴を記憶させられるような 催眠術のような 錯覚を感じるので
それらの今まで見たことのない光景は 無視するようにしている
この犯罪は 今までになかったことばかりを周辺に起こされる

電磁波による家の破壊 [記事番号 408]

自宅の天井・壁・エアコン・冷蔵庫等を破壊したのは 息子を操る加害者(オイリー肌の凶暴男)が木刀を使って叩き壊した
今居住している家を破壊するのは 電磁波によると思われる
壁 床 ステンレス製品の浴槽と炊事場の流し台に 無数に大きな傷が増えている

脳を操ること             [記事番号 406] 

幻視・思考操作・感情操作・思考盗聴・思考盗撮 = ブレインジャックの一環 = テクノロジー犯罪 = 電磁波照射

【思考操作】
歯ブラシを新しいものと交換した
歯ブラシをを捨てるとき 「古い方を捨てるよ」念を押すように思った 少しの違和感あった
実際に捨てたのは新しい方だった 古い方が歯ブラシ立てにあった
捨てるときに「思ったこと」はふつう考えながら捨てることはなく 新しい歯ブラシを捨てるために「思わされた」 ことだった

【幻視】
所要で警察署に行った 待っている間に幻視を見せられた
前回の 交通事故(私の注意をそらしている間に 加害者が車をバックしてきて 接触したと思わされた)の時に 寄り添うように近づき嘘を誘導しようとした警察官が暗い通路の奥に佇んでいた 私は下を向いていたので 操られてそちらを見せられた
小さな男が警察官の制服を着用している幻視で 細長すぎる体型だった

【感情操作】
集団ストーカー・テクノロジー犯罪に気づいたころは 自身は初めてのことに驚いているが それ以上のパニック状態を作られている
準備万端の用意をして過ごしていると 気づいた時には時間が差し迫っていた 必要以上に慌てている自分に気づいても 更に慌ただしい動作をさせられていた 感情もそれに伴うものにされていることに気づいても 容易に元に戻らなかった

【思考盗聴・思考盗撮・電磁波】
思考盗聴は常に行われている 行き先を間違うと加害者がついてこられなかったり 付いて来ていた車が慌ててUターンして逃げて行ったことがあった
被害者の目を通して物を見ていると思われることがある
思考盗聴・思考盗撮・テクノロジー犯罪の電磁波などで 加害者は被害者を見張っているかもしれないと思う
自宅内の至る所で音が大きく聞こえる 

思考操作                [記事番号 407] 

思考操作を無視できた具体例 最近のこと

・お腹が空いた
 ハンバーガーショップの新製品を食べたいと思った
・次の日も お腹が空いた と思った
 よく行くお店へ行こうと思った

上記の間違い探し
・満腹なので食べに行こうと思うことはないので 思考挿入されているとわかった
 お気に入りの商品がある
・店舗にいく日を決めている
挿入された思考はすべてNG 自身の考えと異なるものだった
上記の思考は無視できたが 自然に自身の考えが思い浮かんだと思わされる
大変怖い犯罪である
一刻も早い 撲滅・終息・救済が必要と思う

仄めかし                [記事番号 405]

24時間365日多くの加害者に 自身の目を通し思考盗聴・思考盗撮され 見張られているので 加害者がほのめかしをするのは簡単なことのように思える 
集団ストーカーの中には 被害者のことを克明に記録している加害者がいると推測
若しくは 初めて出会った人が根掘り葉掘り訊く人がいることを考えると 知り得たことを報告すると対価があるのかもしれない
同じ物を持った人を見かけるのも 仄めかしだろうと思っている

本を読んでいると ブログにつづった言葉が出てくることが最近よくある
気にしないのが普通であるが 思考操作で 「ブログに綴った文字」 と思わされる
そのことで ちょっと閃いた事がある
私が読む本を加害者は知っている 読んでいる箇所より少し先の文章から 加害者が言葉をピックアップしてブログに綴らせているのではないかと思った ブログの中に加害者が考えた言葉を入れるよりも簡単にできると思う

加害者を即刻捕まえて聞いていただきたいと思う
テクノロジー犯罪・嫌がらせ犯罪・集団ストーカー犯罪を一刻も早く撲滅し 被害者救済・日本の治安維持を切望している  

状況確認               [記事番号 404]

酷い電磁波照射をされたときは 外に出て状況確認する方法もある
近くで路駐・アイドリングしている車は 即刻発信する

携帯電話につないだイヤホンを両耳につけて スマホを斜めに持って歩いている
集団ストーカーの手法 以前は複数人がやっていたが 最近は一人で歩いているのをよく見かける
きっかけは向こうからやってきた
彼が私を見た為 「危なくないの?」 声が出ていた 交差点に差し掛かっていた
彼は頷こうとして 肩をビクッと動かした
私の声が二重になって聞こえたと推察 実際の声+イヤホンから聞こえた声
怖そうな人は無視する
加害行為と思える場合には 声を出すのもいいかもしれない 
相手に向かってでも 独り言でも 加害者が被害者を見極める行為の大声を出すなど
相手の反応を見る事ができる かも

昨夜 急に大雨が降ってきた音がした 確認しようかなと思うと 止んだ
確認のため 早朝車で確認した
どこにも雨の痕跡はなかった
向かいの夫婦をブレインジャックする加害者は 何のために大雨と思わせたのか不思議だ
精神異常は 加害者である 

組織犯罪                [記事番号 403]

ブログの某ランキングで 1位を継続して 被害実態の認知活動をしていた方のブログが存在した時 
同じ部門で ブログを始めて1ヶ月で10位になったブログがあった
そんなことができるのは 組織票があるからと推測した

会社のパワハラにも 組織的なものがある事があると読んだことがある
今回 自身も あるところで 短期間で 組織的な集団ストーカーにあったらしい
触れることのないところなので 知らずに済むはずのところを 
この犯罪は 見ていない場合には 振り向かせることができる

某ブログで拝見したことがある
集団ストーカーは 一時期増えて ある期間を過ぎると 集団で移動する為に 減少する
今 自身の周辺には 集団ストーカーが増えていると感じる 
私一人のために増えているとは 到底思えないので
被害者を増やすためではないかと思われる

電磁波による加害行為も エスカレートする一方だ 

オカルト映画            [記事番号 402]

○クソ○ス○
ゾ○○
○バ○ー
○生○
○○ THE ○○○  SECRET

テクノロジー犯罪をオカルト映画で表現
上記映画の宣伝映像を見た印象
人のいないところでモノが動く 音がする 大きな力で突き飛ばされる 
ブレインジャックされてしまった人が 集団ストーカーにされる 暴力を振るう
ブレインジャックは 想念と関係すると思われる (犯人が逮捕されて撲滅し 全貌が明らかになるのを願っております)
ブレインジャックされると 自身の意思が働かない 随意運動ができない 乗っ取られる 
脳を自由自在に操られる ・思考盗聴 ・思考盗撮 ・思考操作 ・感情操作 ・脳内送信 ・○○

カルト宗教の宣伝が頻繁になっている
騙されない 嵌められない 載せられない 
危機感を持つ 

幻視 +脳内送信           [記事番号 401]

幻視と脳内送信を組み合わせると 「人」が出来上がる と思われる
 
PCを拝借した
半透明の衝立で仕切られた個室のような場所 ここでの嫌がらせは
・歩き回る足音・見ないときは人物がいないと感じるときもある
・大きな音が出るもの(台車等)を運ぶ音と人物
・点灯している照明などから出る電磁波照射(視点をずらすと実際の照明と別の強い光が見える)
・強い光が何もない通路で光る

横で立ち止まり 会話をする 二人とも実際の人物より全体に太く身長が高い 頭が膨らんでいる
聞こえている声は脳内送信の大音量
幻視+脳内送信=二人の人が話しているように見せかけている そこにいて当然の人たちだ

PC利用中の両隣で大声が聞こえる
片側は 知的障がい児が片言を大声で読み上げている 内容は催眠療法のような言葉
もう一人は 何語かわからない早口言葉を喋り続けている (以前ブレインジャックされた夫や息子がPCに接続したイヤホンから漏れ聞こえた機械音と似ている 嫌がらせ以外にも何らかの目的があるだろう)
ハーフの低学年男児 (Nu‐Ka孫の小さな男似) 
大声で聞こえているので脳内送信である 耳を塞ぐと 同じ音量で聞こえている 自身が聞いている音楽も同様に聞こえている

某所で大声と大きな足音が聞こえる
おじいさんと孫2歳
孫は雪道を歩くように膝を高く上げて床を踏みしめて歩き(2歳の幼児にはできない芸当) 同時に大変大きな足音が響き渡っている
はしゃぐ声も大きい
歩くなら外でやってもらいたいと思うが おじいさんは私を意識している
幻視?大声と大きな足音は 脳内送信である
幼児を操るのは Nu‐Ka妻の姪の孫の担当である

静かな場所で 大声で話す声が聞こえるときは 脳内送信である
実際の人がいる場所から聞こえてくるように細工している
人物が二人いるところに 幻視を一人増やしていた時があった (二人が一人を無視して歓談)
車内街宣の文言を頭の中でつぶやき続けると消える

誘  導 [記事番号 400]

「セミが鳴き始めました」
この言葉を聞いた時は まだ ≪セミの鳴き声と秋の虫の音が混じったような≫ 機械音だった
同じ言葉を複数回聞くと それが本当のことのように認識されるだろう
加害者が扇動している
同じ方法を繰り返し行ってきたのだろう

蝉の鳴く季節がやってきた
大音量で泣いている
蝉が止まるものが何もない空中から 大音量で鳴いているように聞こえている 自宅内でも同様
「蝉はどこにいるの?」 呟くと聞こえてくる場所が変わった もう一度呟くと
機械音のみが残った 細かなサイクルの周波数の音が頭の中で鳴り響いている
被害者の頭の中で聞こえる音を ごまかさねばならないの? 今更?

追記:7/17から何度か試しているが
タイトルの文字と 記事番号の空間を作ることができない
加害者に牛耳られているのだろうか?

気付いて頂きたい加害者       [記事番号 399]

夜 3人の女性とすれ違いざまに 聞こえた言葉
「あまやかされているな」
「復唱」
場所は 向かいの家の玄関側の門の前
加害者の雰囲気があったので仄めかしととらえることができる
加害者末端も操られて 日本を戦争をする代わりに腐らせる行為 さつじんこういに加担させられていると思われる
自分のしていることに疑いを持つことすらできないようだ
働かず ころした人 若しくはころすめにあわせている人から奪った金品を貰っているだろう加害者たちが
増えていると思われる

私の行く場所は加害者にわかっているので待ち構えている
通り過ぎると 大声で会話する振りを装って 大声で叫ぶ
前後で手元の携帯電話を覗き込む
同じような目的で 目の前の男性二人が大声で話し続けている
操られているのか 対価を目的に行っているのかは不明





頂いたコメントが消えている     [記事番号 398]

頂いたコメントの内 ある方の非公開コメントが全て消えている
コメントの管理画面内と FC2から送信して頂く ホットメール内のコメントのどちらからも消えていた
加害者にとっては重要なコメントだったのだろう
PCの習熟度には雲泥の差がある
同時に嫌がらせもされるが 
パスワードを堂々と盗み見ているので 加害者には楽勝である

・飛鳥さんの記事に関すること および返信メール
・加害者と私との仲介のメール3通ずつ位

夜中外に出ると新聞配達が来た   [記事番号 396]

電磁波が強くて目が覚めた
外に出ると すぐに 新聞配達のバイクがやってきてポストに入れた
他の日に 同じことをすると 同じことが起きた
二者の時刻には2時間の差があった
今までの経験では 新聞配達は時計の変わりができるくらい同じ時刻に配達してくれていた
ところが この家では 2~5時前までの2時間差があった 
この時間の差の意味が分かった
新聞配達が見張り役 若しくは集団ストーカー役になっている
近隣の2階の窓の照明の色がネオンサインのように変化していた

虫                  [記事番号 395]            

今まで見たことのない虫や 今まで見た虫の色と違う虫(幻視を除く)や 今までここでは見たことのない虫などを見せられたことを考えると 
加害者が飼育しているものを屋内に入れた可能性を思う

加害者がすり替えた(以外 考えられない)植物の例では
・ねじ花 ねむり草➡よく似た植物に変わった 
・彼岸花 ラン植物➡色が変わった

国内数か所で外国産の虫が複数回見つかっていることに同じようなものを感じるのは疑心暗鬼?

付きまとわなければならない加害者  [記事番号 394]

加害者がいつも付きまとわなければならないらしい事例
私が接触する初めての人たちをブレインジャックしている
ブレインジャックはこんなに簡単にできる ということになる

後続するバイクが直進しかけて大きくUターンして私の後ろをついて来た
別のバイクが先のバイクに並んで 瞬間止まったかのように見えた
先のバイクは別方向へ行き 後から来たバイクがついてきた
老人に見えた人が 背筋を反り気味に伸ばし 40代くらいに若くなっている
電磁波が強くなるので 右折して予定の道を変えた
目的地に着くと 後からバイクが近くに来た
老人に戻っている 着衣に特徴があるために一目瞭然であった

某店舗で 声をかけた店員が ピンヒールに変わった
検索機を使いプリントアウトしたので その見方を訪ねた
「担当が違うのでわからない 私らはカンでわかるので」
「誰が好きですか?」 全員で一つのグループとして好きだと返答しても
「先日来たおばあさんはAさんが好きと言っていた」 誘導してくるが 何の意味があるのだろうか?一人の名を聞き出せば金一封もらえるのだろうか?
タイミングよくやってきた眼鏡をかけたラーメン髪の小さな男性店員に聞いている
やがてその店員が品物を持ってやってきた どこから持ってきたのだろうか?
会話は大変親しい喋り方 兄妹であると推測 ピンヒールと小さな男

いつも行くところの受付の女性 
私を通り越して二人で話しながら歩いてゆく
一人はピンヒール 腕を大きく振っている 歩き方に特徴がある
横にいる人は操られているように歩いている
同じ動作を何度も見かけた
以前見たのは 男性だった 出入り口から見える狭い光景を わざわざ見せる
男性同士だった 上記の女性二人の動作と まるで同じ動作だった
ストーリーは 加害者が作ったものと推測

嘘を隠蔽するのが常態         [記事番号 385]

嘘をごまかす言い訳 行動についての記事

辻褄の合わない言動を 筋の通らない言い訳で誤魔化そうとする 事象を合わせる
返って墓穴を掘っていると思われる こんなことをしなければならないのかと 気の毒になる

(靴を左右逆に履く年齢の)幼児が  もっと幼い幼児をブレインジャックしている時に名前をフルネーム喋った
この経緯をブログで綴った
次回会った時は 親をブレインジャックしている加害者が誤魔化そうとした
「最近自分の名前が言えるようになった」
ブレインジャックする幼児は促されても名前を言わなかった

電磁波照射による脳内音「キーン・シュー・ゴンゴン等」を加齢によるものと錯覚させる(誘導する)為に 大きく目立つ新聞広告を頻回載せている と思われる
通販故 申し込みがあれば加害者の利益になる 中身は害のないものでありますようにと祈ってしまう 又は本物の通販でありますように

初めて「アトピー性皮膚炎」 という言葉を聞いたのは 新興宗教の熱心な信者さんからだった 30年余り前のこと
ケムトレイルと時期が同期するという文章を読んだことがある
台風のあと ケムトレイルを見た 



同時進行で何をしていたの?     [記事番号 393]

昨日 ブログ入力中に「fc2.comが応答していません」のメッセージが出た
時々あること 
ログアウトのために画面を拡大した 入力中の画面は右半面が真っ白で 「ログアウト」文字がない
ブログ確認のための 拙ブログ画面を拡大すると 右側にタブが2つ出ていた 色は黒と黒っぽいえんじ色
「しまった!!」 脳内送信の音量ではない 遠くで男の小さな声が聞こえた
同時進行で 加害者が何かを行っていたと思われる

記事が消されていたことがある 本文を消した画面を出されたことがある 画面を出したとき画面が揺れて見えたことがあるが恐らく画面の切り替えをされていたと思われる  文字色が違う色の時があった
入力しかできない私には どうすればこんなことができるか知りたい

手紙の目的               [記事番号 392]

子 (30歳代) の氏名で手紙が届いた
自分の住所は記載せず 「この住所(自宅)で届く」と但し書きをつけている 転送にしているのだろう
ワープロ使用の2枚 この事からも本人では無いことが伺える 封筒の文字は手書き

頻度はわからないが 幼い時からブレインジャックされて翻弄されてきた と今は断言できる
人の人生(脳 身体)を好き勝手にしていい人・組織があるだろうか 
殺人に匹敵するブレインジャック 人権侵害 名誉棄損 傷害 詐欺 ・・・  
「今日から勉強しない」 「今日から暴力を振るう」 Nu‐Kaの言葉
担任にウソを言ったのは Nu‐Kaの弟(次男)の息子もしくは孫がブ レインジャックしていたと推測している 
(オイリー肌の凶暴男 自宅を破壊) 

手紙の目的は精神的動揺を誘うためと推察する
夫の母を恫喝 建具の損壊も同人であろう 
金品は 加害者がブレインジャックする10人くらいの給与・年金・所有する全てから欲しいだけ奪える状態にある

被害者をブレインジャックして乗っ取り その人に取って代わることができる怖い犯罪である
某機関紙掲載 「日本を滅ぼすには 戦争を仕掛けなくてよい 内面から腐らせれば良い」
テロ行為と言えるのではないか
一刻も早い対処 撲滅が必要と思われる

以下は 「手紙 本文」
加害行為のマニュアルではないかと思われるので添付する 
(数年前に何度か同じことを聞かされた 加害者による作話と思っている)

母氏名様 ←ヘッダーに手書き

無題 ←2枚目にも記載 

感謝しています。
日ごろお世話になっております。
子供のころから数多く支えていただきありがとうございました。
○○さんのところでの生活、お疲れさまでした。

魂の話です。
家族は一般的には血縁で結ばれているそうですが、
魂的に見れば全くの赤の他人だそうです。

母旧姓さんの話です。
本人名は将来旧姓を継ぐのかなと思っていましたし、その準備もありました。
ですが、本人名のことを見ず世間の価値基準に合った優秀な人材が欲しいのであれば、
世間には本人名よりも体力があり頭もよく学歴もある素晴らしい人が沢山います。
その方に頼ってください。
見当違いであれば、ご容赦下さい。

本人名の事が不安であるならば、本人名を頼るのは 辞めて下さい。
私は私の人生に興味があるのであって、母親には興味がありません。
宇宙の真理を解いてくださる 「母性」 に対して興味があるのであって、
人間でしかも血縁関係のある母親に、興味はありません。

例え本人名を大学院へ入れてその後立派に育てても、母親の持つ劣等感は無くなりません。
本人名以外の愛する何かを見つけて応援してあげてください。

また、本人名さん以外の優秀な人材が  母旧姓さんを救ったところで、
あなたの持つ劣等感、及び心の中であなたを否定し続けている鬼のような何かは、
あなたの事を認めることはありません。

鬼のような何かの正体は、あなた自身の恐れと、ニュースやワイドショーで垂れ流されている、
日本人をダメにするための消極的なメッセージです。
真に受けすぎると負の感情が暴走します。

「こんなこと思ったり考えるのは絶対私とは違う!私はこんなことを思う訳がない!」
って思ったことはありませんか?

それ、本当にその人本人ではありません。 
原因は、二つあります。

一つはGHQです。
江戸時代に派遣された侍、第二次世界大戦での日本人の強さ、
その源である精神性の高さを恐れた戦勝国が、日本人を弱体化させるためにも心を汚す情報を垂れ流しています。
テレビのニュース、ワイドショー、バラエティ番組、お笑いが情報源です。
脳がテレビに養育されることが原因です。
純粋な人ほど真に受けて、気が狂います。

行く果ては、事件を起こすか、精神障害で病院か施設に監禁。
薬を強要され、頭の中が溶けて行きます。
状態によりますが、薬の服用を止めれば正常に戻ります。

以上が一つ目です。

二つ目は、
5行割愛

上記二つとも、大学の卒論の研究過程で偶然気づいた事です。

世の中の仕組みを簡単に解説します。

テレビ、雑誌が常識を作る。

その常識に合わない人=異常

異常な人=再教育し、再利用or処分

人間として生きていくうえで本当に必要なのは、学歴ですか?
本人名は、 例え学歴が高くても、知識をいっぱい持っていても、
自分の気持ちを踏みにじる人は、自分の大切な事や仲間やものを傷つける人は、
人間とは違うと思います。

大学院も、母旧姓さんも、ごめんなさい。

      署名・押印 ←姓を二重線で消去し訂正印

【手紙内容の注釈を少しだけ】
・進路はすべて本人の選択 (絶対無理が 自明の理の時も何度かあった)
・本人=本物と ブレインジャックする加害者の指図(=思考操作)するところがあったと断定できる
・私の実家を継ぐ話には 数年前 姉(本人)と共に唖然としたことがある 
・加害者は子をブレインジャックし 進路をやりたい放題無茶苦茶をし 自宅を破壊し 数年働かず やがて介護施設への就職が決まったと自宅を出て行方不明にしている 
 
ブログに気持・感情は記載しないようにしているが 「人」が「人」を思うことに大差はないと思っている
加害者 組織がしている事は 人間のすることではないと思っている

追記:
青色文字本文を変えた部分と補足
以下コメントは手紙② ③ ④(No titleは間違いです 申し訳ありません)

続きを読む

PC入力の邪魔(電磁波照射)=音+閃光      [記事番号 391]

個室風になった場所のPCを拝借した
すぐに数種類の大きな音が聞こえてきた 加害行為の大きな音は実の音でなく 脳内送信である
今回継続している音は脚立を使う音
音が鳴りやまないので 見ると長身の男が長い脚立を持ち 後方の部屋から出てきた 私を見る
男は 見て欲しかったために大きな音を立てていたかのように 大きな音の余韻を残して消えた
これも幻視であろうか
判断しきれない
個室の外で いつもの如く加害する閃光があった

男が出てきた部屋は
扉に張られていた以前のポスターの人物たちを2年前に某所で見かけたとき 加害者の雰囲気を醸し出していた
故にこの部屋の持ち主は加害組織と思わざるを得ない

ピヨピヨ=電磁波照射の機械音    [記事番号 390]

電話線工事についての記載は数回目
賃貸住宅に居住したときも電話光回線工事(と言っていた)を数回見かけた
社名がない車ばかりなので 許可証があっても本物と認識し辛い
許可証を写メに撮ると 来たばかりで早々に退散した車もあった
電力会社の名称が入った車に よく見る工事用の制服を着ている人を見かけたが 多人数の為 半信半疑になる
集団ストーカー効果と思われる
電柱上部からセミの鳴き声が聞こえていたのは花火大会終了後 帰宅した時
近隣の家の2階外壁辺りから 「ピヨピヨ」 と聞こえるようになったのは その後すぐだった 歩いて通ると 「ピヨピヨ」という音の出る場所がついてくる 鳥の姿も見えるが 音は機械音
電磁波照射の犯罪を知らない人は 疑問を持たずに鳥の鳴き声と思うだろう 

本日 交差点で紅白の旗を振っている警備員がいるので 通れないところがどこか見ると 警備員の女性は2回見たことがある
本物の工事でも同じ人が来ることがあるだろうが 今回もニセ工事の雰囲気が漂っている
許可証を出していない 
ナンバープレート「・・・100 さ340・」
作業は今まで見たものと逆 電線に取り付けられた黒い箱から 線を一本抜いた 
その後もまだ何かしている 
「ピヨピヨ・・・」機械音が鳴りだした 作業者は慌てている 予想外の事と推察 
車の横で若い男が民家の塀にはしごをかけてなにかしている 大きな音がした
手に持った金属(棒の先が大きな弧になっている 家に何かを取り付けているもので 取り外すものとは思えないもの)を車に投げ込んだ
先ほど外された黒い線をまとめている
上で作業をしている男は 民家の2階部分の線を外した
この民家は空き家らしい
隣家はブレインジャックされた家の雰囲気がある 夜中とても明るい室内灯をつけている 年配の夫婦が住んでいる

蛇足だが 今回登場した女性の体型は メタボ50%くらいありそうな肥満体である
賃貸住宅に住んだ時から メタボ体型の集団ストーカーを多数見るようになった
加害者組織の末端と思えるのはなぜだろう?
加害者をメタボにするメリットが 加害者組織にあるのだろうか?
又は 代謝障害の基礎年金支給によって 経済圧迫することを目的にしている?
と疑問が湧き出る 

深夜にも見張り             [記事番号 389]

毎夜遅く 向いの就寝前の強い電磁波照射は 朝まで続く
前夜は30分 電磁波照射する外灯を点け 音・声も賑やかだったので
またかという焦燥とともに 外に出て声をかけた
ブレインジャックされた向かい夫がしゃがんでいた場所は もう一方の電磁波照射のスィッチがある場所
「ゴキブリがここにいるんです」 というが
家の中からそこが見えるわけがない いるのが分かっていれば昼間退治すればいい
「ここんところに」 
毎夜 同じ時刻に? あり得ない

車で仮眠して道路に出ると いつもの如く 路駐車両が20m先に待機していた 
私が見えなくなるとすぐに出て行ったので 見張り車両と推定
夜中でなければチラシのポスティングをしたい気分だった
再び車で仮眠した 
車に戻る時に前方を黒い人影が道を横断している タイミングが良すぎるので幻視と推定 やはりAIが関与していると思われる 
何かをせずにはいられないようだ

何のために見張るのか
携帯電話の電源を切っているが 車には赤く点滅するものがある GPSだと思われる
どこに行こうがすぐに見張りが現れる
見張っていると見せるのは威嚇のためか?
初めて路駐で仮眠した時にも見張り車両があった 移動するとすぐに付けてくる車があった

ブレインジャックする加害者は被害者同様に体感するようだ   [記事番号 388]

除草しているときに体調が悪くなった
一日中体調が回復しなかった
その間 腕から手指までを見ると 自分の太さだった (筋肉が萎えているので細い) 
最近その細さを見ることはなかった
体調が悪い時にブレインジャックすると 加害者が被害者の体調の悪さを同じ様に体感する為に ブレインジャックをしなかったと思われる

続きを読む

幻視+脳内送信=集団ストーカー     [記事番号 387]

館内に入り本を読みだすと 誰もいなかった場所で人が行き交うようになる
斜め後ろの席に座った夫婦らしい二人連れは新聞を広げ 話し始める
徐々に声が大きくなった 大柄な夫婦をよく見ると蝋人形のような表情 大きな声は脳内送信だった
席を移動すると新たな二人連れが話し始める 祖父と孫・親子・友人等 二人連れで会話する 
見えない場所から時々大きな声が聞こえる 誰もいない

大きな声は脳内送信
幻視は大変良くできている
TVで見るような抽象的な物が歪むようなものではなく 本物の人が動作をする時と同様に 違和感がない
微妙に大きさが違う時に 後で分かる時がある
幻視を見分ける方法がまだわからない

2年前集団ストーカーが激しかった頃 通行人が手足を変わったふり方をしていたのも 幻視だったと思われる
最近はこの不思議な行動を全く見ないことからそう思う 

本日の一コマ              [記事番号 386]

いつもの音が向かいから聞こえてきた
「車がなかった(=不在である)」と呟くと音はしなくなった

この時の音は脳内送信による音であろう
いつも音を聞かされていると 本物の音でなくても「また音を立てている」と思っていた時もあった 
負の思考操作をされることもよくある
本物・脳内送信に拘わらず  音を聞いたときに条件反射的に不快感を植え付けられているのだろう
その為に いつも賑やかに音を立てているのかもしれない
外出前と 就寝前に大きな音を立てるのも ずっと嫌がらせが続くのだという心理的なフェイクかもしれない

タイミングを合わせて集団ストーカーに見せる                      [記事番号 384]

後ろを歩いている人が 仄めかしや 嫌がらせの文言を喋る手法が見え易くなってきた
昔 TVを見ていると映像と音声とが微妙にずれて 見辛いということがあった それに似ている
後ろを歩いている人は 普通の人で 通るタイミングを合わせて脳内送信の音声を加えている
集団ストーカーの場合も 実物地域集団ストーカーも群がるが (お揃いの履物や 黒いキャップ)
その場にいる人の動作に合わせた 言葉を脳内送信の音声を入れてきている
目の前にいる人達がこちらを見る 睨む動作等も 電磁波を使用して操っているのだろうと推察する
中には 指示を受けた本物の集団ストーカーもいる場合もあるだろう

ブレインジャックされた時の感覚   [記事番号 383]  

自身の意識がある場合に ブレインジャックされた感覚は ブレインジャックする加害者(獣)の特徴を感じる
ブレインジャック(思考操作も含めて考えるほうが良いかもしれない)を知らない時は不思議に思うだけで 自分の考え得る理由をつけて過ごしてしまっていた 

NuーKaにブレインジャックされた時
・読書中に瞼の眼瞼下垂が起こる(瞼の垂れ下がる状況は 影が徐々に大きくなり視野が狭くなるのが見える)
・カタカナの拗音が読めない
・右手指が曲がっている 指が太い
・体が大変重い
・つえに体重を載せるので歩きにくい

小さな男にブレインジャックされた時
・「無いもの」がある 手に触れるとなくなった(小さな男がブレインジャックを止めた)
・「無い物」を挟む感覚があった
・つま先が上がらず転びそうになり歩きにくい 重い
・上体起こしの背筋運動ができない 腹筋を使い背筋に力がない
・読書中 文字が小さくなる(見るものが小さくなる) 遅々として読み進めることができない
・尿漏れを起こされた時 無い物を通る感覚があった

ピンヒールにブレインジャックされた時
・暗い所では見えにくい
・車の運転が乱暴になる 考えてない 
・乗り物酔いをする
・加害者の嫌いな歌を歌っている時 声が出ず喉が苦しい

幼児にブレインジャックされたとき
・履物の違和感 左右逆にはいている感覚がある
・溢れるようなお漏らしの感覚


ブレインジャックを知らないときは Si‐Saに操作されていたようだ
・調子が良いと思う間もなく調子を悪くされる 等
・簡単なことも考えられないようにされていた
・食後すぐ 体脂肪の付きやすい部分に脂肪がついてゆく感覚を意識させられた(消化に2時間以上かかるので吸収が始まるのはそれ以降となるので ありえない感覚である) 

ブレインジャックする加害者が誰であれ 筋肉量が変わり太くなるのでわかる 
数日間 酷い痒みを加えられた時 
症状は ニキビ 蕁麻疹 虫刺され 痒みのあるものが 体全体に混在している状態にされた (加害者は何をしたいのかわからないでやっていると思われる)
掻くと傷ができるので掻かずに過ごす 
3日目に足を後ろから抱えるように筋肉質の両腕・グローブのような両手が出てきて 大変力強くゴシゴシと掻いた
私にそんな力はない 掻き終えるまで腕を見ていない 腕と掌は元に戻っていた 
「掻こう」という意思は一切ない
腕を伸ばし力強く掻き始めてから気づくことで 掻いて気持ち良いという感覚も入れられかけた ということがわかった
掻き始めた時から 掻いていない部分と症状のない部分全てが真っ赤になった
10cmくらいの傷が無数にできた 30cm長さのものもあった

翌日から数日間 同様のひっかき傷を創られた ヒリヒリした痛みを伴った
上記の太字症状は全て 新たな電磁波による攻撃である

加害者は自分のしていることがわかってやっているのだろうか?
分かっているなら 精神異常(獣)である
24時間365日見張り 電磁波による攻撃を加えてくる
盗聴 盗撮 集団ストーカー等 仕事をせずに生業にしている加害者・仕事をしながら嫌がらせや電磁波攻撃している加害者がいる
ブレインジャックされている人は乗っ取られている
乗っ取られる人が増えるとどうなるか?
一刻も早く 撲滅を願っている

楽しい催しが台無しになる行為     [記事番号 382]

本日午前中に地域の催しがあり参加した
楽器のきれいな音色と歌声そしてきれいなバラの花とお抹茶のお持て成しを頂いた
一昨日から電磁波照射攻撃が大変酷い故 至福の時だった
だが集団ストーカーが何時もの如く現れる さりげなく しかし目立つように
Ki‐De店の妻 本人の特徴はまるでない 怪物である
過日数十年ぶりに出会った方も同様
最近始めて行った場所にいた加害者組織の女 (目の端で見る特徴があった)
車に戻ると隣の車のおじいさんがアイドリングをしている 私を見ながら乳酸菌飲料を飲んでいる Nu‐Kaの好物 迷わず言った「校内のアイドリングはやめませんか?」 不承不承エンジンを切った 偶々隣あわせた車のおじいさんをブレインジャックしてアイドリングによる電磁波照射をしている構図だった
赤いコーンを置いていた場所に駐車させてくださったのは 加害者の筋書きがあったと理解した
催しに参加することは決めていたが 1時間余りの 普段は入ることのない場所での集団ストーカーは唖然とする
プロフィール

~月桂樹~

Author:~月桂樹~
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者。
残虐非道の被害実態を記しています。
SF映画よりも怖い現実がエンドレスで拡大されている現実を知って頂く為にブログを立ち上げました。病気怪我を創り、脳内送信・思考盗聴・感情操作等脳を操り、脳の乗っ取りも行い、事故等誘発、あらゆる悪事を操作する。
親・兄弟姉妹・家族・お世話になっていた方々がブレインジャックされました。個人の全てが奪われてしまいます。
被害者救済・犯罪撲滅には法の改正が急務です。同時に秘密裏に開発された電磁波兵器の悪用禁止の措置は世界的に必要なことと思います。
多くの被害者が苦しみ、永い年月の間にどれだけの方々が無念の死を遂げたか計り知れません。
この犯罪が一刻も早く撲滅されるよう懇願しております。  2016/3/20

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問有難うございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR